▼対応エリアのご注意点

対応エリアご注意

東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、茨城県、栃木県1都6県のみの対応となります!

不用品となった鉢植えの処分方法を徹底解説!

鉢植えの処分が厄介なのは、素材や大きさによって回収先が異なるからです。ここからは、鉢植えの代表的な処分方法を解説していきます。

不用品となった鉢植えの処分方法

処分方法1:可燃ごみとして捨てる

プラスチック製で30センチメートル角を超えない鉢植えは可燃ごみに該当します。また、木製や紙でできている鉢植えも、当然ながら可燃ごみの一種です。これらの鉢植えは通常の家庭ごみと同じ扱いでかまいません。自治体が指定しているごみ袋に入れて、決められた場所に置いて回収を待ちましょう。ただし、ごみ袋に入らない形状の鉢植えは、バラバラに解体しなくてはなりません。のこぎりや金槌といった道具を使い、安全にごみ袋へと詰められる破片にしましょう。

可燃ごみとして捨てる際には、自治体のルールをしっかり守らなくてはなりません。自治体からごみの種類ごとに、出していい曜日、時間帯などが決められているはずです。鉢植えを可燃ごみにする際にも、原則的にそれらのルールを守ることが大切です。さらに、自治体によっては鉢植えを「プランター」「植木鉢」など、違う名称で呼んでいるので要注意です。

処分方法2:不燃ごみとして捨てる

金属や陶器でできた鉢植えは不燃ごみに該当します。その場合もやはり、自治体のルールに従いながら通常の家庭ごみと同じように処分しましょう。まず、自治体が指定している不燃ごみ用の袋に鉢植えを入れます。そのうえで、定められた日時に集積所へと出せば、回収車が取りに来ます。ただし、サイズが30センチメートル角を超える鉢植えについては、粗大ごみの扱いになります。粗大ごみについては、家庭ごみと同じ方法で集積所に置いてはおけません。また、小さな鉢植えについても、ごみ袋にうまく入らないようなら自力で処分することになります。

不燃の鉢植えを解体すれば、ごみ袋に入れられる可能性もあります。ただ、金属や陶器を解体する作業は危険で、一般の方にはおすすめできません。不燃ごみ以外の別の方法で回収できるところを探すのが得策です。

処分方法3:粗大ごみとして出す

サイズの大きな鉢植えは、粗大ごみとして処分しましょう。粗大ごみのルールは自治体によって異なるものの、一般的には自治体の運営する処理施設で回収しています。まずは施設に電話をして予約してから、鉢植えのサイズに応じた「手数料納付シール」を購入します。そして、鉢植えにシールを貼ってから、指定の日時に指定の集積所へと出しましょう。時間になれば施設からの回収車がやって来ます。

ただし、自治体によっては自ら施設まで鉢植えを持ち込むことも可能です。持ち込みを希望する際には、予約が必要です。多くの自治体では、前日予約を推奨しています。月曜日に持ち込みたいのなら、前の金曜日には予約しましょう。予約が殺到しているケースでは、希望日とは別の日を提案されることもあります。そうやって日程を調整できたら、自力で施設へと鉢植えを運びます。

処分方法4:不用品回収業者に頼む

持ち主の方の手間がかからない方法として、不用品回収業者もご検討ください。不用品回収業者はごみの回収作業だけでなく、搬出や運搬も担っています。つまり、依頼があったお宅まで車両で駆けつけ、スタッフが鉢植えを外に運び出しトラックに積み込みます。お客様の選ばれたプランによっては、一切手伝っていただく必要もありません。

不用品回収業者の強みは、一度に大量のごみを回収できる点です。仮に鉢植えの数が多かったり、別のごみもたくさんあったりするなら、不用品回収業者がぴったりです。お客様が集積所や施設にまでごみを運ぶ手間はなくなります。しかも、不用品回収業者には産業廃棄物処理の許可を得ているところも多く、ごみの種類に関係なく取り扱い可能です。素材やサイズに悩まなくても、不用品回収業者なら最短即日でお訪ねして鉢植えを持ち帰らせていただきます。

中の植物はどうするの?鉢植えを処分する際の注意点

鉢植えを処分する際には、中の植物や土を別に分けましょう。まず、植物は可燃ごみにできます。もしも小さな植物を育てていた場合、鉢植えから引っこ抜いてそのままごみ袋に入れます。あとは、他の一般ごみと同じ扱いで集積所に持っていく流れです。ただし、大きな植物はごみ袋に入りきらないので、あらかじめ細かく刻んでおくことが大切です。

次に、土については自治体が不燃ごみとみなしているかどうか確認しましょう。不燃ごみとして処分できるなら、指定の方法で集積所まで持っていきます。もしも土を不燃ごみにできない地域なのであれば、不用品回収業者に相談するか、自分の敷地内に破棄します。他人の土地や公共の場所に土を破棄するのは違法なので、絶対に避けなくてはなりません。このように、鉢植えを処分する際には関連するいろいろな作業が発生します。予定通りに鉢植えを処分したいなら、余裕をもって作業にあたりましょう。万が一、時間がない中で鉢植えを捨てたいのであれば、土や植物も一緒に回収できる不用品回収業者へとご相談ください。

安く抑えられる?鉢植えを処分する方法・料金

鉢植えを処分する際は、費用も気になるところです。特に、専門業者が動く場合の料金は気になるところではないでしょうか。この段落では、鉢植えのさまざまな処分方法について、それぞれの費用を説明していきます。

家庭ごみとして捨てる費用は200円~

可燃ごみや不燃ごみとして鉢植えを捨てる場合、基本的には袋の料金だけしかかかりません。10枚入りのごみ袋は200~800円ほどで販売されています。コンビニやスーパーで手軽に買えるので、鉢植えを家庭ごみにするのは比較的楽な方法だといえるでしょう。注意点としては、サイズが大きくなると家庭ごみにはできなくなることです。また、家庭ごみは回収車が集積所に来る時間を細かく指定されています。そのタイミングを逃せば、次の指定日が来るまで自宅に鉢植えを置いておかなくてはなりません。数が多い場合も一度に持っていけないので、すべてを回収させるまでには時間がかかってしまうでしょう。

粗大ごみとして出す費用は400円~

鉢植えを粗大ごみにするなら、手数料納付シールを買って貼らなくてはなりません。シールの相場は鉢植え1個あたり400円ほどです。ただ、この料金は自治体によって変わります。さらに、巨大な鉢植えを処分する場合には料金も高くなる可能性があります。基本的には、この手数料納付シールの価格が、粗大ごみとして出すときの費用となります。それに加え、鉢植えを自治体の施設にまで持ち込む際には、別の手数料がかかってくる決まりです。手数料そのものは300円ほどです。そのかわり、ごみの総量が多くなると追加料金がかかってきます。

施設持ち込みでは、「対象エリア内の粗大ごみしか対応されない」というデメリットもあります。すなわち、手数料が高い施設であっても、持ち主の方が対象エリアに住んでいる限りはそこに鉢植えを持って行かなくてはならないのです。他の自治体のほうが格安の場合も、別地域の住民からの持ち込みは拒まれてしまいます。

不用品回収業者に頼む費用は2300円~

業者によって鉢植えの回収料金は変わってきます。1個300~500円ほどのところもあれば、2000円以上するところも珍しくありません。また、鉢植えのサイズによっても料金は左右されます。ここに基本料金が2000~5000円ほどかかってきます。お得な不用品回収業者を見つけていただくには、事前に電話やLINEで見積をとってください。たとえば、ゴミ回収バスターズは見積や相談だけなら無料です。他社で見積を取った場合、金額を教えていただければ交渉にも応じています。

さらに、不用品回収業者には「パック料金」もあるのが強みです。多くの業者においてパック料金とは、トラックへの積み放題プランを意味します。すなわち、トラックの積載量の範囲であれば、どれだけごみを回収しても一定額を上回ることがありません。パック料金の中には「お手伝い不要」「ごみ屋敷の片づけも込み」といったオプションが含まれているケースもあります。鉢植えの数が多いお客様なら、不用品回収業者のパック料金がおすすめです。

リサイクルショップに持っていくとプラス200円~

鉢植えの処分では、お金に換える方法も検討してみましょう。リサイクルショップでは中古の鉢植えの需要があります。1個あたり200円ほど、高価なものであれば3000円以上での買取も可能です。出張買取や宅配買取を実施している店舗もあり、持ち主の方の手間がそれほどかからない方法です。買取のデメリットは、「絶対に処分できるわけではない」という点です。リサイクルショップでは査定を行っており、結果次第では値段がつきません。汚れや傷の多い鉢植えは、買取ってもらえるケースが少なくなってしまいます。

また、リサイクルショップで取り扱っているのは鉢植えだけです。中の植物や土まで一緒に処分できるわけではありません。植物や土の処分方法は自分で探さなくてはならないのです。

人に引き取ってもらう費用は0円~

いっそ、知人に鉢植えを譲ってしまうのもひとつの方法でしょう。人に引き取ってもらえば、処分方法に悩むこともなくなります。土や植物も欲しがってくれる人がいたら、中身を捨てる心配もありません。処分にかかる費用がないのも大きなメリットです。そのかわり、鉢植えを引き取ってもいいという人が周りにいるとは限りません。条件に合う人を探す手間は発生します。それに、貰い手が見つかったとしても、遠方の人であれば鉢植えを送るためのコストがかかってきます。

SNSや掲示板で知った面識のない相手に送るときは、特に要注意です。送料を負担するのはどちらで、いつまでに送ればいいのかという話し合いがついていないとトラブルになりかねません。もしも鉢植えを買取ってくれるというなら、入金の段取りもしっかり打ち合わせておきましょう。そこまでしても鉢植えのお金を支払ってくれない可能性はあるので、信頼できる貰い手を見つけられるかどうかが鍵となります。

見積から当日までの流れ!鉢植えの処分を業者に依頼する方法

処分のノウハウがあり鉢植えの持ち主の負担も少ないという点で、不用品回収業者に依頼するメリットは大きいといえます。まずは気軽に相談してみてください。ゴミ回収バスターズでいえば、電話やメール、LINEでご連絡を受け付けています。鉢植えの形状や数量、希望される作業内容を伝えてもらえれば、その場で見積も出せます。それから予約を行ってもらい、スタッフが現地まで駆けつける流れです。スケジュール次第では、最短で即日対応も可能です。現地ではスタッフがお客様に作業内容の確認を行います。そのうえで見積で提示していた費用を確定させていただき、作業開始です。

作業中はお客様に搬出のお手伝いをしていただくこともあります。ただし、選択してもらったプランによっては作業をスタッフのみで進めます。作業が終わったらお客様に内容をチェックしてもらい、完了です。費用のお支払いは現金、クレジットカード、銀行振込に対応しています。なお、業者を決める際には複数社から見積を取り、比較していただくのが賢明です。複数社の金額を比べれば費用の相場が見えてきますし、悪徳業者にも気づきやすくなるからです。他社と比べて金額が高すぎたり、作業内容がはっきりしなかったりする業者には十分警戒しましょう。

まとめ

鉢植えはサイズが大きくなると、粗大ごみとして自治体のルールに基づき特別な処分をしなくてはなりません。また、鉢植えの中身の土や植物を個別に捨てる作業もたいへんです。ゴミ回収バスターズなら、さまざまな種類のごみを一緒に持ち帰らせていただきます。まずは電話やLINEをくだされば、作業内容について詳しく説明いたします。

関連記事

お電話の方はこちらから
電話:0120935930

受付時間 / 9:00〜21:00(年中無休)

フォームからのお問い合わせはこちら
無料相談・お見積もり

 不用品ゴミ回収料金プラン

単品アイテムのみならず、大量の不用品回収もご対応できます!!
様々なご要望に応える豊富なプランをご用意しております!!

  • 10月~11月限定!

    軽トラ積み放題
    Sパック
    こちらのサービスはお客様ご自身で運んでいただくプランです!
    費用を安く抑えたいお客様のためのプランとなっております!
    トラック近く3メートルまで。
    11月30日まで!! ¥10,000(税別)
    ※リサイクル家電4品目・PC関連除く
    9,000円(税別)

    東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県

  • 軽トラ積み放題
    Sパックプラス
    こちらのサービスは不用品の運び出しからトラックへの積み込みまで全て当店スタッフが行います!
    お客様は見ているだけのらくらくパックになっております!
    14,800円(税別)
  • 軽トラ積み放題
    Lパック
    こちらのサービスはお客様ご自身で運んでいただくプランです!
    費用を安く抑えたいお客様や、体力に自信がある方へのプランとなります!大きな家具や結構量がある方へおススメ!トラック近く3メートルまで
    24,800円(税別)
  • 当店一番人気!

    軽トラ積み放題
    Lパックプラス
    こちらサービスは不用品の運び出しからトラックへの積み込みまで全て当店スタッフが行います!
    お客様は見ているだけのらくらくパックとなっております!大きな家具や結構量がある方へおススメ!
    29,800円(税別)
  • 2トン積み放題
    Sパックプラス
    かなり量がある方、ご自身で運び出し困難な回収物がある方へのおすすめのプランです!
    39,800円(税別)
  • 2トン積み放題
    Lパック
    一軒家まるまる大量な回収物がある方へのプランです!当店スタッフが運び出しすることをオススメします!
    54,800円(税別)
  • 2トン積み放題
    Lパックプラス
    一軒家まるまる大量な回収物がある方へのプランです!
    3人がけソファや大型家具、家電など一人で運び出し困難な回収物や梱包作業など全て当店スタッフが行います!
    59,800円(税別)
  • ゴミ屋敷
    かたづけパック
    どんな大規模なゴミ屋敷でもスピード解決いたします。作業時間が長くなってしまうと、お客様にも負担をかけてしまうため、できるだけ早く作業を終えられるよう努めています。
    お見積完全無料・経験豊富なスタッフがお客様にとって最適なご提案をさせて頂きます。
    50,000円(税別)~
  • 遺品整理パック
    経験豊富なスタッフが極め細やかな仕分け作業を迅速に行ないます。仕分け中に出てきた貴金属や家電など、買取可能なリサイクルやリユース品はできるだけ買取させていただき、不用品処分の軽減に努めております。お見積完全無料・経験豊富なスタッフがお客様にとって最適なご提案をさせて頂きます。
    30,000円(税別)~
【注意事項】
  • ・単品回収については作業スタッフが一名でお伺いすることがございますので、運び出しを手伝っていただいたり、玄関前に運び出していただく場合がございます。
  • ・単品回収については5000円以上から回収に伺います。
  • ・高額な処理費用や工賃がかかる不用品に関しては、別途料金がかかる場合がございます。
  • ・お見積りの連絡なしのキャンセルは交通費10000円をいただく場合がございます。

不用品回収アイテム関連記事は量や作業内容によって料金が異なる場合がございます。
お気軽に電話やフォームにてお問い合わせいただけますと幸いです。

お電話の方はこちらから
電話:0120935930

受付時間 / 9:00〜21:00(年中無休)

フォームからのお問い合わせはこちら
無料相談・お見積もり