▼対応エリアのご注意点

対応エリアご注意

東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、茨城県、栃木県1都6県のみの対応となります!

不用品となったチャイルドシートの処分方法を徹底解説!

チャイルドシートの基本的な処分方法は次の4つです。チャイルドシートの状態などに適した方法で処分しましょう。

不用品となったチャイルドシートの処分方法

友人・知人に譲る

費用をかけないで、チャイルドシートを処分する方法があります。それは、友人・知人に譲ることです。そういった人たちの中に、チャイルドシートが欲しいという人がいる場合には譲ってあげましょう。資源を無駄にしないですみますし、譲った相手にも喜ばれるのではないでしょうか。ママ友のネットワークを活用し、欲しいという人を探すのもよい方法です。そこから新しい交友関係が発展する可能性もあります。甥や姪などが生まれるのに備え、実家に預かっておいてもらう、という方法もあるでしょう。自らに新しいお子さんが誕生することだってあるかもしれません。チャイルドシートの御下がりというものも、よいものです。

ただこの方法は、チャイルドシートが欲しいという人が誰もいないのでは使えません。子どもをあえて産まないという夫婦も珍しくはないのです。周囲に小さなお子さんをもつ家庭が見当たらないような場合には、他の方法でチャイルドシートを処分しましょう。

自治体に家庭ごみとして出す

チャイルドシートのサイズによっては、自治体に家庭ごみとして出すことができます。家庭ごみとして出すメリットは、費用がほとんどかからない、という点です。実質、収集袋代だけでチャイルドシートを処分できるというのは、家計にとって有難いことではないでしょうか。サイズの規定は自治体ごとに異なります。たとえば川崎市では、最長辺が50cm未満のチャイルドシートなら普通ごみとして出すことが可能です。ただし金属を含まないものに限ります。金属を含む場合は、最長辺が30cm未満なら小物金属、30cm以上なら粗大ごみという分類となります。

家庭ごみを出す際には、収集日と収集場所、分別方法などをきちんと守りましょう。自治体のルールに従わず、勝手に出すのはいけません。回収してもらえない可能性がありますし、近所迷惑にもなってしまいます。ごみの出し方のルールは、自治体のHPなどで確認できます。事前にチェックしておき、正しい方法できちんと出しましょう。

売却する

チャイルドシートを売却するという選択肢もあります。売る方法は幾つかありますが、リサイクルショップやネットオークション、フリマサイトなどを活用するのが一般的な方法です。売れればお金になりますし、リサイクル活動にも貢献できます。買い取り価格はチャイルドシートのメーカーやモデル、状態に大きく左右されます。500円のものがある一方、10,000円ほどで売れるものも少なくありません。少しでも高く売りたいのであれば、ネットオークションがおすすめです。出品のタイミングによっては、予想以上の金額で落札されることもあるからです。

ただし、すべてのチャイルドシートが売れるわけではありません。壊れたものは売れませんし、汚れがひどいものも同様です。また、ネットオークションやフリマサイトへの出品は、売れるまで時間がかかることがあります。その場合、売れるまで保管しておかなければなりません。すぐに処分したいときには、他の方法を選びましょう。

不用品回収業者に回収してもらう

不用になったチャイルドシートの処分に困っているのなら、私たち不用品回収業者にお任せください。どんなチャイルドシートでも回収します。壊れたり、汚れていたりして、使えそうにないチャイルドシートでも構いません。当店では買い取りも行っています。できれば売りたい、そう考えている場合もご相談ください。買い取り可能なものであれば買い取ります。また私たちは、ご自宅まで回収にうかがいます。電話一本で、自宅にいながらチャイルドシートを処分できる、というわけです。

当店はチャイルドシート単品の回収も行っています。また、他にも回収して欲しいものがある場合には、遠慮なくお申し出ください。まとめて回収します。申し込み当日の回収もエリアによっては可能です。チャイルドシートは意外にかさばるものです。生活の邪魔にならないよう、早めに処分することをおすすめします。当店はお客様満足度98.7%を記録している会社です。安心してお任せください。

チャイルドシートを処分する際の注意ポイントとは

チャイルドシートを処分する際の、最初の注意ポイントは絶対に不法投棄をしてはならない、という点です。不法投棄はれっきとした犯罪ですし、環境破壊にもつながります。大事なお子さんの思い出が詰まったチャイルドシートは、適切な方法で処分するのが何よりです。またこれは、業者選びにも関係します。回収した粗大ごみを不法投棄するところも存在します。そういった業者に処分を依頼すると、不法投棄に関与してしまう可能性があるのです。業者選びは慎重に行いましょう。

売れるものは積極的に売るということも、大事なポイントです。チャイルドシートには一定の需要があるので、売りやすい商品のひとつです。チャイルドシートを売る方法は複数あるので、少しでも高く売れる方法で売却しましょう。そのためには汚れをしっかりと落とし、付属品や取り扱い説明書などを揃えておくのが肝心です。子どもが貼ったシールなどを、剥がしておくのも忘れてはいけません。

チャイルドシートを粗大ごみとして処分する方法

チャイルドシートを粗大ごみとして処分する主な方法は、次の5つです。状況に合わせて選びましょう。

自治体に粗大ごみとして出す

家庭ごみの基準値以上の大きさのチャイルドシートは、粗大ごみ扱いとなります。粗大ごみを家庭ごみの日に出しても収集してもらえませんし、なんらかのペナルティを課せられる可能性もあります。気をつけましょう。粗大ごみの処分方法や、料金は自治体によって異なります。川崎市の場合、長さが50センチメートル以上で、180センチメートル未満のチャイルドシートの処理手数料は500円です。180センチメートル以上のものは1,000円となります。また、荒川区の処理料金は400円です。

粗大ごみの出し方や料金は、自治体のHPや、自治体が発行しているガイドなどで知ることができます。直接自治体に聞くのもよい方法です。粗大ごみの収集を申し込むと、収集日や収集場所を指定されるので、しっかりと守るのが肝心です。自分勝手に出すのは慎みましょう。粗大ごみの収集日まで待てなかったり、自治体では収集してくれなかったりする場合には、他の方法で処分するようにしましょう。

自治体の処分場に持ち込む

自治体の処分場まで、自分で持ち込むという方法もあります。この方法のメリットは、粗大ごみとして収集してもらうよりも安くすむことが多い、という点です。世田谷区の場合、チャイルドシートの収集処理手数料は400円で、持ち込みによる処理手数料は200円です。また、足立区のように、年2回までなら無料で処理してくれる自治体もあります。処分場まで持ち込むもうひとつのメリットは、処分場の営業時間内ならいつでも処分できる点です。収集日まで待つ必要がありません。処分場まで持ち込むことができるのであれば、この方法はとても有効だと言えるでしょう。

ただし自治体の中には、収集と持ち込みの処理手数料が変わらないところもあるので注意が必要です。そもそも車を処分したので、チャイルドシートが不用になったという人もいるかもしれません。車がなければ持ち込むのはたいへんです。その場合には、自宅まで回収に来てくれる業者に処分を依頼しましょう。

寄付をする

不用になったチャイルドシートを寄付するというのは、とても有意義な行動です。チャイルドシートを必要とする相手に届きますし、リサイクルの一環としての意味もあります。自治体がチャイルドシートの寄付を受けつけている場合には、積極的に利用してみましょう。処分費用がかかりませんし、住んでいる地域に貢献できます。チャイルドシートの寄付を募っているのは、自治体だけではありません。NPO法人の中にも、チャイルドシートの寄付をお願いしているところが存在します。

とあるNPO法人は、チャイルドシートやぬいぐるみなどを国内外でリサイクルするという活動を行っています。チャイルドシートを寄付することにより、その活動に間接的な寄与ができる、というわけです。この方法で決して行ってはならないのが、壊れて使用不能なチャイルドシートを送りつけることです。使えなくなったチャイルドシートはリサイクルできませんし、活動の妨げにもなってしまいます。

引っ越し業者に処分してもらう

引っ越しに合わせてチャイルドシートを処分したい場合、有効なのが引っ越し業者に粗大ごみとして処分してもらう方法です。引っ越し荷物と一緒に持っていってくれるので、チャイルドシートの処分で悩まなくてもすみます。また、処分料金は引っ越し代金に上乗せされることが多く、別々に支払わなくてよいのもメリットです。子どもが大きくなったものの、なかなか捨てられなかったチャイルドシートを、引っ越しを機会に処分するというのはよい方法なのではないでしょうか。ただひとつ問題なのが、処分料金です。テレビなどの処分料金の相場は3,000円~6,000円で、少し割高なのが引っ越し業者による粗大ごみの処分料です。

ちなみにチャイルドシートの処分料金を公表している業者はほとんどありません。チャイルドシートの処分を引っ越し業者に依頼するのであれば、見積もり時に処分料金を確認しておく必要があります。割高だと感じたときには、他の方法で処分しましょう。

不用品回収業者に処分を依頼する

チャイルドシートを含め、不用になった粗大ごみの処分がいつでも可能な方法があります。それは、私たち不用品回収業者に処分を依頼する方法です。不用になった粗大ごみは、早めに処分するに限ります。保管していても邪魔になるだけですし、ごみがごみを呼び、ごみ屋敷化してしまう可能性もあるからです。粗大ごみは、思い立ったら即処分するのが賢い選択です。エリア内なら当日回収も可能な当店に、ぜひご連絡ください。専門のスタッフが現場まで駆けつけます。粗大ごみの処分料金は、業者やプランによって異なります。当店のプランは、10,000円ほどから数万円までと豊富です。粗大ごみの量や予算に合わせて選べます。

不用品回収業者を利用する際、大事なのは業者選びです。料金設定が明瞭で、追加料金が発生しない業者を選ぶのが大事です。作業が終わったあとに、高額な料金を請求する業者なども一部存在します。口コミなどを参考に、信頼できる業者を選びましょう。

チャイルドシートの処分を業者に依頼する方法

チャイルドシートの処分を業者に依頼する場合、最初に行うステップは回収の申し込みです。申し込み方法は業者によって多少異なりますが、主なものは電話やメール、申し込みフォームやファックスなどです。なお当店では、LINEによる申し込みも受けつけています。ご利用しやすい方法でお申し込みください。電話などによる事前の簡単見積もりも行えます。予約が完了後、専門のスタッフが現場までうかがいます。エリアによっては、30分で到着可能です。ごみの量や品目、希望する作業内容などをスタッフが確認後、確定した見積もりを詳しくご説明します。不明な点や疑問点などありましたらお聞きください。

見積もりに了解された時点で作業スタートです。作業はすべて見積もりどおりに行います。勝手に作業を追加したり、作業内容を変更したりすることはありません。積み込みはスタッフが担当しますが、プランによってはお客様ご自身が積み込みを行う場合もあります。重たいものが多い場合には、お任せプランがおすすめです。作業が終了後、積み忘れなどがないか、ご確認ください。なにもなければ作業完了で、お支払いとなります。現金やクレジットカード、銀行振り込みなどでお支払い可能です。

まとめ

小さいお子さんがいて、車を所有している家庭にとって、チャイルドシートはある意味必需品です。子どもの安全に欠かせませんし、運転に集中するためにも役立ちます。しかしチャイルドシートは、いつまでも使うというものではありません。子どもが成長すれば不用になります。不用になったチャイルドシートの処分は簡単ではないので、不用品回収の専門家である当店にぜひお任せください。

関連記事

お電話の方はこちらから
電話:0120935930

受付時間 / 9:00〜21:00(年中無休)

フォームからのお問い合わせはこちら
無料相談・お見積もり

 不用品ゴミ回収料金プラン

単品アイテムのみならず、大量の不用品回収もご対応できます!!
様々なご要望に応える豊富なプランをご用意しております!!

  • 3~4月限定!

    軽トラ積み放題
    Sパック
    こちらのサービスはお客様ご自身で運んでいただくプランです!
    費用を安く抑えたいお客様のためのプランとなっております!
    トラック近く3メートルまで。
    4月30日まで!! ¥10,000(税別)
    ※リサイクル家電4品目・PC関連除く
    9,000円(税別)

    東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県

  • 軽トラ積み放題
    Sパックプラス
    こちらのサービスは不用品の運び出しからトラックへの積み込みまで全て当店スタッフが行います!
    お客様は見ているだけのらくらくパックになっております!
    14,800円(税別)
  • 軽トラ積み放題
    Lパック
    こちらのサービスはお客様ご自身で運んでいただくプランです!
    費用を安く抑えたいお客様や、体力に自信がある方へのプランとなります!大きな家具や結構量がある方へおススメ!トラック近く3メートルまで
    24,800円(税別)
  • 2トン積み放題
    Sパックプラス
    かなり量がある方、ご自身で運び出し困難な回収物がある方へのおすすめのプランです!
    39,800円(税別)
  • 2トン積み放題
    Lパック
    一軒家まるまる大量な回収物がある方へのプランです!当店スタッフが運び出しすることをオススメします!
    54,800円(税別)
  • 2トン積み放題
    Lパックプラス
    一軒家まるまる大量な回収物がある方へのプランです!
    3人がけソファや大型家具、家電など一人で運び出し困難な回収物や梱包作業など全て当店スタッフが行います!
    59,800円(税別)
  • ゴミ屋敷
    かたづけパック
    どんな大規模なゴミ屋敷でもスピード解決いたします。作業時間が長くなってしまうと、お客様にも負担をかけてしまうため、できるだけ早く作業を終えられるよう努めています。
    お見積完全無料・経験豊富なスタッフがお客様にとって最適なご提案をさせて頂きます。
    50,000円(税別)~
  • 遺品整理パック
    経験豊富なスタッフが極め細やかな仕分け作業を迅速に行ないます。仕分け中に出てきた貴金属や家電など、買取可能なリサイクルやリユース品はできるだけ買取させていただき、不用品処分の軽減に努めております。お見積完全無料・経験豊富なスタッフがお客様にとって最適なご提案をさせて頂きます。
    30,000円(税別)~
【料金の注意事項】
  • ・単品回収については作業スタッフが一名でお伺いすることがございますので、運び出しを手伝っていただいたり、玄関前に運び出していただく場合がございます。
  • ・単品回収については5000円以上から回収に伺います。
  • ・高額な処理費用や工賃がかかる不用品に関しては、別途料金がかかる場合がございます。
  • ・お見積りの連絡なしのキャンセルは交通費10000円をいただく場合がございます。

不用品回収アイテム関連記事は量や作業内容によって料金が異なる場合がございます。
お気軽に電話やフォームにてお問い合わせいただけますと幸いです。

お電話の方はこちらから
電話:0120935930

受付時間 / 9:00〜21:00(年中無休)

フォームからのお問い合わせはこちら
無料相談・お見積もり