不用品となった大型家具処分の4つの方法を徹底解説!

この記事では大型家具の処分方法を紹介します。大型家具の処分でお困りの方はぜひご参照ください。

不用品となった大型家具処分の4つの方法

処分方法1:自治体のサービスを使って回収処分

大型家具が不用になったときは、それぞれの自治体の粗大ごみ回収サービスを使って処分ができます。多くの自治体では、似通った回収方法を採用しています。しかし、地域の事情に応じた細かい違いなどがあるので、処分する際には事前に自治体のホームページなどから処分方法を確認しておくと良いでしょう。なお、費用は粗大ごみとして出す大型家具の種類やサイズによって変わります。

また、自治体のサービスを利用した場合には、自分で回収場所まで大型家具を搬出しなければなりません。大型家具はその重量や大きさから、とても運搬が難しいものです。そのため、家族や友人など、近所で手伝ってくれる人がいない場合は、違う方法での処分の検討もした方が良いかもしれません。特にお年寄りや力の弱い女性には難しい作業です。自分たちで運ぶ場合には、けがをしたり、建物を損壊させたりしないように、細心の注意を払いながら運搬するようにしましょう。

処分方法2:リサイクルショップで処分してもらう

まだ使える大型家具なら、リサイクルショップで処分をお願いすれば、リユースされる可能性があります。大型家具は粗大ごみとして処分されると、二度と家具として誰かに使ってもらえることはなくなります。それがもったいないと考える人におすすめの処分方法です。また、大型家具の状態や程度によっては、良い収入になるかもしれません。リサイクルショップに出す場合は、なるべく家具の状態を良くしておくことが大切です。汚れがあるのなら、きれいに落としておきましょう。 

傷や壊れている部分がある場合には、そのままリサイクルショップに持ち込みます。素人の手で修繕してしまうと、評価が大きく下がる可能性が高いからです。なお、リサイクルショップの在庫によっては、引き取ってもらえない大型家具もあります。処分したい大型家具があるときは、まずリサイクルショップに連絡をして、引取り可能かどうか確認しておくようにしましょう。

処分方法3:大型家具をオークションやフリマアプリで売却処分

不用な大型家具が、ブランド品であったり、状態が良かったりする場合には、高いお金を出してでも買いたいと思う人がいるかもしれません。近ごろではネットオークションやフリマアプリなどが使いやすくなっているので、自分にとって都合の良いものを選びましょう。どのサイトやアプリを使えば良いか迷ったときは、利用者数が多いものを選択するのがおすすめです。なぜなら、利用者数が多いほど出品物の閲覧者が多くなるからです。

高く買い取ってもらうコツは、大型家具の状態が正確に分かるようにすることです。色々な方向から写真を撮り、詳細に状態を記載するようにしましょう。また、後にトラブルとならないように、不具合がある場合には正直に申告しておくことが大切です。さらに、オークションやフリマアプリで大型家具を出品した場合、配送や梱包が難しいという問題があります。家の外へ持ち出しが難しい場合には、配送業者のサービスを利用すると良いでしょう。中には、梱包サービスを提供している配送業者もあるので、梱包が難しい場合には利用を検討してみてください。配送業者を使えば、大型家具の破損や持ち出し時に家屋を傷つける心配もないので、安心して荷物を送れます。

処分方法4:引っ越しや家具の購入時は処分のチャンス

引っ越しの予定があるのなら、家具の処分を引っ越し業者にお願いしてみるのも一案です。近ごろでは不用品処分をサービスに取り入れている引っ越し業者が少なくありません。引っ越し業者の引取りサービスを利用すれば、引っ越しの当日まで家具を使い続けられるので便利です。大型家具を家の外に持ち出す作業をプロの手に任せられるので、自分で搬出する必要も、建物を傷つける心配もありません。ただし、大型家具でも品物によっては引き取れない場合があるので、サービスを利用したい場合は事前に打ち合わせをしておくようにしましょう。

また、引取りサービスは引っ越し業者以外でも行っています。例えば、新しい大型家具へと買い換える場合には、同等の商品を購入することを条件に、古い大型家具の引取りをしている家具販売店もあります。新しい大型家具を搬入する際に引き取ってもらえるので、回収場所や処分場に自らで持っていく必要がありません。大型家具の運び出しに自信のない方でも安心して処分をお願いできます。条件はそれぞれのお店によって異なりますが、引取先を探している場合には検討してみてはいかがでしょうか。

大型家具の処分で注意するべきポイント

自治体の処分に任せるにも、民間業者に依頼するにも、大型家具とはどのサイズのものを指しているのかわからなければ、処分の方法に困ってしまいます。一般的に大型家具とは、運び出しが難しい家具全般を指しているようで、具体的な定義は決まっていません。ベッド・タンス・ソファといった家具は、大型家具と言って差し支えないでしょう。これらは自力での運搬や処分が非常に困難です。サイズが大きく持ち運びにくいため、転倒や落下によって家を傷つけたり大けがをしてしまったりする場合があります。

大型家具を搬出する際には、サイズを計測しておくことが大切です。最も短い辺が玄関口やエレベーターホールなどを通るなら、搬出可能です。次に、搬出経路をよくチェックしておきましょう。階段がある場所を通すなら、手すりの内側の幅も計測しておきます。大型家具の幅が通らない場合があるからです。大型家具によっては玄関やエレベーターなどを通せずに、窓から搬入されているものもあります。さらに、細かく分解して搬出することもできますが、専門的な技術を持たない方には非常に難しい作業です。このように、大型家具の処分方法を選ぶ際には運搬方法について考慮する必要があります。

費用はいくら?粗大ごみとして大型家具を処分する方法

処分方法+料金1:分解して粗大ごみを最小限したら処分費用は200円から

大型家具を捨てる時、細かく分解することで、一般ごみと粗大ごみに分けられます。粗大ごみとしての量を減らせば、処分料金を安くできるかもしれません。30cm未満の小さなパーツは一般ごみとして無料で捨てることが可能だからです。ただし、専用のごみ袋に入れていないと回収してもらえない地域や、45Lサイズのごみ袋に入るものだけを回収している地域などもあるので、ごみ出しルールに関してよくチェックしておくようにしましょう。

多くの自治体では、経が30cmに以内収まらない、もしくは長さが1mをこえる棒状のものは、粗大ごみとして処分しています。そのため、大型家具を分解して、一辺が30cmをこえてしまうパーツがでた場合は、粗大ごみとして処分します。処分料金は地域によって異なるので注意しましょう。例えば、神奈川県横浜市の処分手数料では、金属製品で30cm以上・木製で50cm以上のごみは、粗大ごみとして200円の処分手数料が必要です。なお、地域によっては分解しても、元の大型家具としての処分料金を請求する自治体もあります。

処分方法+料金2:自治体の粗大ごみ回収サービスは大型家具の種類で料金が変化

自治体の粗大ごみ回収サービスで大型家具を処分する場合には、まず自治体の粗大ごみセンターに連絡します。その上で決められた処分手数料を支払い回収してもらいます。処分手数料は自治体によって異なりますが、おおむね200円から3,000円程です。処分手数料は、品目や処分の難しさ、処分する粗大ごみのサイズによって変わります。1例として神奈川県横浜市の粗大ごみを処分する際の手数料をあげると、1m以上の長さがある書棚で1,500円、ベッドの枠で1,000円、2人用ソファで1,000円となっています。手数料は自治体のホームページなどに記載されているので、処分する際には参照すると良いでしょう。

料金の支払いは前払いです。自治体が指定している店舗で粗大ごみ処分手数料のチケットを購入することで処分料金の支払いに代えます。このチケットは、ほとんどの自治体では、スーパー・コンビニエンスストア・郵便局で購入可能です。なお、自治体のサービスを利用する際には、回収場所まで自分で大型家具を運ぶ必要があります。ただし、高齢者や障害者で構成している世帯で、身近に手助けをしてくれる人がいない場合には、粗大ごみ受付センターなどで運び出しの手助けをしている場合もあります。搬出困難な場合には、相談してみてはいかがでしょうか。

処分方法+料金3:処分場に持ち込む場合も大型家具の種類で費用が変わる

大型家具を粗大ごみとして捨てる時は、自分で処理場に持ち込むことも可能です。粗大ごみとして大型家具を処分場に持ち込むには、受付センターに連絡する必要があります。最近では、LINE(ライン)やチャット、インターネットによる申込を受け付けている自治体も多くなりました。処理費用の決定方法は自治体によって異なり、前述の神奈川県横浜市では粗大ごみの種類で処分費用が決まります。支払い方法は粗大ごみの回収と同じくチケット購入です。自治体によっては、持ち込んだごみの重さで料金が決まる場合もあるので、処分予約を入れる際に確認しておくと良いでしょう。

なお、事業活動にともなって排出された粗大ごみや、処理場が管轄するエリア以外の粗大ごみの処理は受け付けていません。このような不正なごみ処理をなくすために、処分場では免許証や車検証をチェックしています。予約を入れた本人以外が粗大ごみを運んできた場合も、処分の受付をしません。自治体の許可を持たないものが、自分以外の者の粗大ごみを収集運搬する行為は、違法行為となる場合があるので注意しましょう。

処分方法+料金4:不用品回収業者を利用するなら基本料金3,000円から

自治体の回収は連絡をしてから1週間から2週間ほどかかります。急いで処理をできないかと考える人もいるでしょう。自分ではどうしても大型家具を粗大ごみとして搬出できない人もいます。そのような方々は、私たちのような民間の不用品回収業者の利用を検討してみてはいかがでしょうか。多くの不要品回収業者は、基本料金と不用品の処理費用によって、作業料金の大枠が決まります。基本料金は3,000円ほどを設定している業者が多いようです。

費用をなるべく下げたいのであれば、オプション料金を避けると良いでしょう。不用品回収行者の多くは、解体作業・深夜早朝の作業・人員追加が必要な作業など、不用品の運び出しにオプション料金が発生します。このような費目が発生しないように、自分で準備しておくと、料金が安くなる場合があります。なお、大型家具以外にも、一緒に処分したい不用品が多数ある場合には、弊社のようにパック料金を設定している不用品回収業者を利用するとお得です。

処分方法+料金5:買取サービスを利用すれば料金が発生しないことも

不用品回収業者の中には、価値がある不用品を買い取ってくれるサービスを提供している業者があります。買取価格によっては、実質的に不用品処分の料金が無料になることも期待できます。買取サービスを利用する場合には、事前に見積もりを依頼しておくことが大切です。不用品回収の当日になってから、買取を依頼しても対応できない場合があるので注意しましょう。なお、買取サービスではどのような大型家具でも買い取るわけではありません。あくまでも買取可能なものに限られ、買取を拒否される場合もあります。

また、不用品回収業者は、回収した不要品をすべて廃棄するとは限りません。状態が良い大型家具や人気があるものは、許可を得てリユースすることで利益をあげています。不用品回収の価格設定は、このような利益が還元される形で設定されています。そのため、買取サービスが付いている不要品業者を利用することが、必ずしもお得な大型家具の処分方法とは限りません。買取の有無も含めて、複数の業者の見積もりを比較検討して処分先を決めるようにしましょう。

大型家具の処理を専門業者に依頼する方法

まず、広告やインターネットなどから、不用品回収の専門業者を探します。業者選定の際には料金体系・会社の連絡先・営業許可証の3つが明確であるかをチェックしたり、会社実績や口コミを調べてみたりしましょう。気に入った業者が見つかったら、見積もり依頼を出します。見積もりの際にはなるべく詳細に現状を伝えることが必要です。処分したい大型家具の種類・サイズ・大きさだけでなく、玄関の広さや建物の階数なども知らせると、正確な見積もりが出しやすくなります。

最近では、電話だけでなくメールやLINE(ライン)を用いた見積もりを受けている業者も珍しくありません。言葉での説明が難しい場合には、写真を添付して見積もりをしてもらうのも良い方法です。ただし、不用品回収は現場の状況や持ち出しのしやすさで、見積料金よりも実際の請求額が高くなる場合があります。追加料金が発生するおそれがある場合には、作業を依頼する前に、実際に現場を確認してもらうと良いでしょう。 

見積もりを済ませ契約を締結したなら、あとは決定した回収日を待つだけです。複数の大型家具がある場合には一カ所に集めておいたり、可能なら玄関先に出しておいたりすると、より効率的に作業を進められます。

まとめ

大型家具は自治体の粗大ごみ回収でも処分ができます。しかし、搬出が難しく転倒や落下による事故の可能性があります。また、1人での搬出は非常に困難です。そのため、体力に自信がある方や、周囲の手助けが期待できる方以外は、私たちのような粗大ごみ回収のプロに任せるのをお勧めします。

関連記事

お電話の方はこちらから
電話:0120935930

受付時間 / 9:00〜21:00(年中無休)

フォームからのお問い合わせはこちら
無料相談・お見積もり