不用品となったウォーターサーバーの処分方法を徹底解説!

この記事ではウォーターサーバーの処分方法を紹介します。ウォーターサーバーの処分でお困りの方はぜひご参照ください。

不用品となったウォーターサーバーの処分方法

自治体に依頼して処分してもらう

自治体に依頼して、ウォーターサーバーを回収してもらう方法があります。ただし、ウォーターサーバーは燃えるごみなど、一般的な家庭ごみと同じように捨てることはできません。サイズにもよりますが、基本的に粗大ごみとして扱われるため、事前に申し込みが必要です。また、回収してもらうためには粗大ごみシールを購入しておく必要があります。回収料金がかかってしまいますが、比較的安く処分できる方法です。

回収しに来てもらうのではなく、自分で処理施設まで運ぶ方法もあります。各自治体には指定の処理施設があるため、そこに自分で直接持ち運べば自宅まで回収しに来てもらう必要はありません。ただし、処理施設が遠い場合、持ち込むのに手間がかかってしまいます。ウォーターサーバーはサイズが大きいものも多く、持ち運ぶ時に軽トラックなどを用意する必要があるため、車を持っていない方にはあまりおすすめできません。

リサイクルショップに買取してもらう

身近にリサイクルショップがある方は、買取をお願いしてみるのもよいでしょう。買取という形になるため処分費用はかかりません。費用をかけずに処分できるだけではなく、お金が入ってくるのは大きなメリットです。ただし、すべてのリサイクルショップがウォーターサーバーの買取に対応しているわけではありません。対応していても、商品の状態によっては買取を拒否されてしまう可能性もあります。リサイクルショップに買取を依頼する時は、事前にウォーターサーバーの買取に対応しているか確認しておくことをおすすめします。

身近にリサイクルショップがない、もしくは車がなく店舗まで持ち込めないという方は、出張買取に対応しているリサイクルショップを利用するのも1つの手です。出張買取であれば、スタッフが自宅まで買取に来てくれるため、自分で店舗まで持ち込む手間がかかりません。しかし、出張買取を依頼した場合、出張費用がかかってしまうこともあります。買取してもらうために、わざわざ手数料を払うのは嫌だという方も多いと思いますので、手数料がかかるかどうかは事前に確認しておきましょう。

フリマアプリやネットオークションに出品する

お金をかけずにウォーターサーバーを処分したい方は、フリマアプリやネットオークションを利用してみるのもよいかもしれません。ネット上には誰でも商品を出品できるオークションサービスがありますし、スマホから簡単に出品ができるフリマアプリも増えています。人気のサービスを利用すれば多くの購入者がいるため、商品も売れやすくなるでしょう。しかし、人気がないウォーターサーバーや使い古されたものは、出品しても売れないケースが多いです。

また、会員登録の手続きや商品の出品手続き、購入者への商品の発送などすべて自分で行わなければならないため、慣れていない方は手間取ってしまうかもしれません。ネットオークションやフリマアプリは利用するのに手数料がかかりますが、商品が売れればお金が入ってきます。費用をかけずにウォーターサーバーを処分したい方にはおすすめの方法ですが、出品すれば必ず商品が売れるというわけではありませんのでご注意ください。

不用品回収業者に回収してもらう

とにかく手軽にウォーターサーバーを処分したいという方におすすめなのが、不用品回収業者に回収してもらう方法です。不用品回収業者に依頼すれば、自治体で処分してもらえないごみや、リサイクルショップに買取を断れてしまった商品でも、回収してもらえる可能性があります。不用品回収業者にウォーターサーバーを回収してもらうメリットは、面倒な手続きや持ち運びの手間がかからないことです。自治体に回収を依頼した場合、指定場所まで自分で持っていく必要がありますが、弊社では不用品の運び出しなどすべてスタッフが行っています。

大きなウォーターサーバーを持ち運ぶのが難しい、女性やお年寄りでも安心して処分することができます。また、ウォーターサーバーだけではなく、様々な品目を回収しているため、家にある不用品をまとめて処分したい時にも便利です。弊社でも家電や家具などジャンルを問わず、様々な不用品の回収に対応しています。ただし、業者によって回収可能な品目は変わってきますので、業者を選ぶ時は、ウォーターサーバーの回収に対応しているか確認しておくことをおすすめします。

ウォーターサーバーを処分する時に注意しておきたいこと

ウォーターサーバーは、購入したものかレンタルしたものかによって処分方法が変わるため注意しなければなりません。購入したものであれば自分が好きな方法で処分すれば問題ないですが、レンタルの場合は契約している会社に返却する必要があります。会社から借りているウォーターサーバーを、勝手に処分してしまわないように注意してください。契約内容を確認して、解約した時に返却するようになっているのであれば、会社に連絡して引き取りに来てもらってください。

フリマアプリやネットオークションを利用してウォーターサーバーを処分する時は、購入者とトラブルになることも少なくありません。商品を発送したにも関わらず代金が振り込まれない、突然購入者と連絡が取れなくなってしまったなどのトラブルはよく聞きます。トラブルが起こった時に自分だけで対処するのは大変ですので、保証やサポートがしっかりしているサービスを利用するようにしてください。

ウォーターサーバーを処分する時の具体的な流れと料金

自治体に回収を依頼する方法と費用

ウォーターサーバーを粗大ごみとして自治体に回収してもらう場合は、まず粗大ごみ受付センターに申し込みをします。申し込みをすると、粗大ごみ処理券を購入するように言われるので、指定された処理券を購入してください。ウォーターサーバーのサイズや住んでいるエリアによって費用は変わりますが、1,000円前後で回収してもらえるケースが多いです。申し込み時に希望日を指定すれば、その日にウォーターサーバーを回収しに来てくれます。

ただし、部屋まで回収しに来てくれるわけではありません。収集場所が決められているため、回収日に自分でウォーターサーバーを指定の場所に出しておきましょう。また、その時に購入した粗大ごみ処理券をウォーターサーバーに貼っておくようにしてください。自治体によって細かな手順が変わる場合もあるため、事前に問い合わせておくと安心です。自治体によってはウォーターサーバーの回収を行っていないところがありますので、その場合はぜひ弊社に回収をご依頼ください。

リサイクルショップに買取してもらうにはどうすればよいか

リサイクルショップに買取りしてもらう方法であれば、基本的に費用はかかりません。身近でウォーターサーバーの買取を行っているリサイクルショップを探して申し込みをしてください。店頭にウォーターサーバーを持ち込み申し込みをすると、スタッフがいくらで買取可能か査定をしてくれます。スタッフと交渉をして、納得できる金額を提示されたら買取を依頼しましょう。ただし、商品の状態によっては買取を拒否されてしまうかもしれません。

その時に、買取ではなく処分をしてくれるリサイクルショップもあります。しかし、処分する場合は数千円程度の手数料を請求されることが多いです。中には相場以上の手数料を請求してくる業者もありますので、相場より高くないかどうかを見てお願いするか決めるようにしてください。自宅まで買取に来てくれるリサイクルショップに依頼した場合、出張手数料がかかることがあります。また、キャンセル料などを請求してくる業者もあるため、事前に手数料がどのくらいかかるのかを確認しておきましょう。弊社では見積料や出張費など、すべて無料で不用品の回収を行っていますので、安心してご利用ください。

フリマアプリでウォーターサーバーを売る方法とかかる手数料

フリマアプリを利用する場合は、まずスマホにアプリをダウンロードします。AndroidならGooglePlay、iPhoneならAppStoreから好みのアプリを探してダウンロードしてください。なるべく利用者が多い人気のアプリを選ぶほうが、商品は売れやすくなるでしょう。出品するためには会員登録が必要になりますので、名前や住所等必要事項を入力して登録を済ませておきましょう。出品できる状態になったら、商品の写真登録や商品情報の入力、金額の設定などをして出品作業を行います。

出品をして購入者が見つかったら、商品の発送をして支払いの確認ができれば取り引きは終了です。発送方法や支払い方法などはアプリによって変わるため、出品前に確認しておきましょう。フリマアプリは出品するだけであれば、手数料がかからない場合が多いです。しかし取り引きが成立した時の販売手数料や、振込手数料などがかかってきます。販売手数料の相場は販売価格の5%~10%程度、振込手数料は100円~200円程度です。

ネットオークションを利用してウォーターサーバーを売る方法

ネットオークションを利用するためには会員登録が必要です。自分に合ったオークションサイトを見つけ、会員登録を済ませておきましょう。登録が完了したら、ウォーターサーバーの出品を行います。購入者が商品の状態を把握しやすいように、ウォーターサーバーの写真を撮影して登録しておくことをおすすめします。前面だけではなく裏面や傷がある部分のアップなど、色々な写真を載せておくと見た人が安心して購入しやすくなります。

後は商品説明文や開始価格などを決めて出品するだけです。オークションの場合は販売価格ではなく、開始価格を決めることになります。購入したいと思う人が複数人現れれば、開始価格よりも高く売れる可能性があるということです。出品して購入者が見つかったら、相手に送料や自分の連絡先などを伝えて入金してくれるのを待ちます。入金確認後商品を発送して、無事相手に届けば取り引きは完了です。出品手数料は無料のところが多く、販売手数料は販売価格の10%程度、振込手数料は100円~200円程度が相場です。

ウォーターサーバーをレンタルしている会社に引き取ってもらう

レンタルのウォーターサーバーを利用していて、もう使わなくなったのであれば契約している会社に引き取りを依頼しましょう。電話やメールで会社に引き取りの申し込みをすれば、指定した日に業者が自宅までウォーターサーバーを回収しに来てくれます。会社によっては、自分でウォーターサーバーを発送するようになっているところもあります。その場合はウォーターサーバーを梱包し、指定の住所へ発送してください。

ウォーターサーバーは使ってすぐに持ち運ぶと水漏れしてしまう可能性があるため、回収してもらう前に水抜きをしておくと安心です。返却は基本的に無料で行っている会社が多いですが、利用者の過失で故障を起こしている場合などは、料金を請求される可能性もあるため注意してください。返却方法や故障している時の料金などは、プランや利用している会社によって変わってきます。引き取りを依頼する前に、返却方法や料金のことなどを問い合わせておくと安心です。

ウォーターサーバーを不用品回収業者に依頼する方法

ウォーターサーバーを不用品回収業者に引き取ってもらいたい時は、まず電話やメールで申し込みをしてください。その時にプラン内容や料金、回収までの手順などを説明してくれるので、不安なことがあれば質問しておきましょう。業者の中には事前見積りに対応しているところもあります。電話でウォーターサーバーの大きさや状態などを伝えれば、おおよその費用を見積りしてくれます。弊社ではLINE見積りのサービスも用意していますので、ぜひご利用ください。申し込みをすると、指定した日に業スタッフが自宅まで見積りに伺います。

回収して欲しい商品を伝えて、料金がいくらかかるのか確認します。提示された料金に納得ができたら、実際に回収を依頼しましょう。弊社では見積内容の細かな説明もしっかり行いますので、不明な点があれば気軽にご質問ください。ウォーターサーバーの運び出しはスタッフが対応しますので、作業が終わるのを待っているだけで大丈夫です。作業が終わり料金の支払いが済めば、不用品の回収は終わりです。作業が終了したらその場で現金で支払うのか、クレジットカードや振り込みで支払うのかは業者によって変わります。希望の支払い方法に対応した業者を選ぶと安心です。

まとめ

ウォーターサーバーは、粗大ごみとして自治体に回収してもらう方法や、リサイクルショップに引き取ってもらう方法など色々な処分方法があります。少しでも手間をかけずにウォーターサーバーを処分したいと考えている方におすすめなのは、不用品回収業者です。ゴミ回収バスターズは1点のみの回収も受け付けていますので、処分に困った時はぜひご相談ください。

関連記事

お電話の方はこちらから
電話:0120935930

受付時間 / 9:00〜21:00(年中無休)

フォームからのお問い合わせはこちら
無料相談・お見積もり