▼対応エリアのご注意点

対応エリアご注意

東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、茨城県、栃木県1都6県のみの対応となります!

不用品となった食器棚の処分方法を徹底解説!

食器棚の処分方法は、サイズや素材、まだ使えるかどうかなどで違ってきます。主な方法は次の4つなので、処分する食器棚に合わせて選びましょう。

不用品となった食器棚の処分方法

家庭ごみとして自治体に出す

自治体が指定しているサイズ内のものは、家庭ごみとして出すことが可能です。サイズは自治体によって異なります。30センチメートル未満のところもありますし、50センチメートル未満の自治体もあります。どちらにせよ一般的な食器棚は、指定サイズよりも大きいのがほとんどです。そのため家庭ごみとして出すには、ある程度分解しなければなりません。処分費用が比較的安いのが家庭ごみとして出すメリットですが、分解するのは慣れていないとたいへんです。道具はもちろん、分解するためのスペースもいるでしょう。

分解したあとは、ごみの分別が必要です。木は可燃ごみですし、ガラスは基本的に不燃ごみ、もしくは危険物となります。分別の仕方もまた、自治体によって違います。ルールを守り、きちんと出すのが肝心です。また、量が多いと、家庭ごみとして出せない場合があるので注意が必要です。こうした作業が面倒なときには、他の方法を選ぶのがよいでしょう。

友人・知人に譲る

使用可能な食器棚を、友人・知人に譲るという方法もあります。処分費用がかかりませんし、資源のムダにもなりません。譲ってもらう側にとっても、無料で食器棚が手に入るのは嬉しいのではないでしょうか。心当たりがある場合には、積極的に声をかけてみましょう。さて、知り合いに譲るというのは有効な処分方法ですが、問題点がないわけではありません。まず、食器棚を知人宅まで運ぶ必要があります。自家用車に収まるくらいの大きさなら別ですが、無理なときには軽トラックなどを手配するしかありません。レンタカーを借りるとすると、お金がかかります。

その費用をどちらが負担するのか、誰が運転するのか、事前に決めておくのが大事です。また、この方法は基本的にきれいで、使える食器棚に限ります。汚れたものや、破損しているものでもよい、という人は多くはないでしょう。そしてなにより、欲しいという知り合いがいなければ成り立たないのがこの処分方法です。

リサイクルショップなどに売る

食器棚は、中古市場での人気の高い家具のひとつです。食器棚を、リサイクルショップに売るというのは現実的な方法だと言えるでしょう。お金になりますし、食器棚によっては高額で売れることもあります。ただし、組み立て式の食器棚はあまり売れません。リサイクルショップに査定を依頼する際、組み立て式でもOKか確認する必要があります。汚れたものや、ガタがきているものも買い取ってもらうのは難しいでしょう。レールや蝶番の状態をチェックし、問題なく使えるかどうか確認しておくのが大事です。また、食器棚は重いものが多いので、リサイクルショップに持ち込むのは簡単ではありません。

持ち込みが無理なときには出張査定、出張買い取りとなります。査定は無料なところが多いのですが、中には出張費を取るところもあるので、ショップ選びは慎重に行いましょう。口コミなどを参考にして、できるだけ評判のよいリサイクルショップに依頼するのが肝心です。

不用品回収業者に処分を依頼する

使わなくなった食器棚や、売れそうにない食器棚は私たち不用品回収業者にお任せください。当店では買い取りも行っています。売れるか売れないか判断がつかない場合も、ぜひご利用ください。不用品回収業者に処分を依頼するメリットは、どんなものでも確実に処分できるという点です。私たちは不用品回収のプロなので、いらなくなったものをまとめて処分することができます。重たいものや、大きなものでも大丈夫です。お任せプランなら、スタッフがすべて作業を行います。お客様が重たい食器棚を運ぶ必要がありません。申し込みをするだけで片付くのも、不用品回収業者のよい点です。

不用になった食器棚をそのまま放置していると、日常生活の邪魔になりかねません。できるだけ早く処分することにより、空間的にもゆとりをもって生活できるようになるでしょう。不用品回収業者なら、好きな日時に食器棚の処分ができますし、エリアによっては当日の作業も可能です。

食器棚を処分する際に注意すべきポイントとは?

食器棚を処分する際、注意すべき点が2つあります。最初のポイントは、売れるかどうかの見極めです。リサイクルショップやネットオークションなどで人気なのは、マホガニーやウォールナット、チークやパインなどの天然木を素材にしたものです。これらは使い込むほどに味が出るのが特徴なので、中古品となってもそれほど価値が落ちません。そのため質のよいものは、比較的早く売れる可能性があります。汚れたものや、反りが生じたものは売れにくいでしょう。売れない場合、いつまでも自宅に保管しなくてはならなくなります。質がよく、売れると判断できるもの以外は、粗大ごみとして処分することをおすすめします。

もう1つのポイントは、無理して食器棚を動かさない、ということです。キッチンの邪魔になるからといって、重たい食器棚を無理に動かすと腰を痛めかねません。怪我をする可能性もあります。重たくて大きな食器棚の処分は、専門家に任せるとよいでしょう。

食器棚を粗大ごみとして処分する方法5選!

売れなかったり、小さく分解できなかったりした食器棚は、粗大ごみとして処分するしかありません。粗大ごみ扱いとなる食器棚の主な処分方法としては、次の5つが挙げられます。

自治体に粗大ごみとして出す

家庭ごみの基準値を超える大きさのごみは、粗大ごみ扱いとなります。また、重さによって粗大ごみと判断されることもあります。食器棚の場合は、大きさの面でも重量の面でも粗大ごみに区分されるのがほとんどです。粗大ごみの処分費用は自治体によって異なります。住んでいる自治体のHPなどをチェックし、事前に把握しておきましょう。たとえば横浜市の処分料金は、最も長い辺が1メートル未満の食器棚が1,000円、1メートル以上の食器棚が1,500円となっています。

粗大ごみは、自治体が定めたルールに則って出すのが鉄則です。出し方を守らないと、ペナルティを受けることもあります。粗大ごみは基本的に通常のごみ回収日には出せません。申し込み時に決定した日時のみです。出す場所も守りましょう。違うところに出してしまうと、回収してもらえない可能性が生じます。粗大ごみの回収場所まで重くて運ぶのが困難なときには、他の方法で処分することを検討してみましょう。

自治体の処分場に自分で持ち込む

粗大ごみを、自治体の処分場に自分で持ち込んで処分するという方法もあります。この方法のメリットは、処分場の営業時間内ならばいつでも処分ができるという点です(予約必須な自治体もあります)。また自治体によっては、粗大ごみを回収する場合よりも、安く処分することが可能です。たとえば世田谷区の粗大ごみの持ち込み処分料は、回収料金の半額です。その反面横浜市では、持ち込みと回収の料金に違いはありません。同額です。食器棚を持ち込むには手間がかかります。処分料金に違いがないのであれば、回収してもらった方がよい、という人もいることでしょう。

自分の状況に合わせ、持ち込みか回収か選ぶのが賢明です。またこの方法では、車の手配が必要不可欠ですし、食器棚の積み込みと積み下ろしが避けられません。体力がなかったり、軽トラックなどを用意するのが難しかったりする場合、自宅まで回収に来てくれる専門業者に依頼することをおすすめします。

家具販売店に回収してもらう

食器棚を、家具販売店に回収してもらうのもひとつの手です。新しい家具を納品する際、古いものを持ち帰ってくれる場合があるのです。結果的に食器棚の入れ替えになるので、古い食器棚が邪魔になったまま放置されることがありません。家具の納品スタッフがトラックに載せてくれるので、重たい食器棚を持たなくてよいのもメリットです。家具販売店の中には、違う家具を購入した場合でも処分可能なところも存在します。「新しいテーブルを買ったら、古い食器棚を引き取ってもらえた」という例が実際にあります。

引き取り料金の相場は3,000円~5,000円です。基本的に持ち帰ってくれるのは、購入した家具と同じ大きさのものです。引き取り自体を行っていない家具店もあります。購入時にお店で、回収してくれるかどうか、確認しておくのが大事です。またこの方法は、家具の買い替え時限定のサービスです。新しい家具を買わず、古いものの処分だけを依頼することはできません。

引っ越し業者に処分を依頼する

引っ越し先では別のものを使うため、古い食器棚が不用になることがあります。その場合、とても役立つのが引っ越し業者に処分を依頼することです。引っ越しトラックへの積み込みは、引っ越しスタッフが行います。自分で運ぶ必要がありません。食器を片付けるまで食器棚を、そのまま使用できるのもメリットです。また、引っ越し荷物と一緒に運び去ってくれるので、あとの掃除が容易です。他にも粗大ごみがある場合、まとめて処分をしてもらえることもあります。処分料金は引っ越し業者によって違いますが、ほとんどの業者は料金を公表していません。そのため見積もり時に、確認しておく必要があります。

また、回収するのはリサイクル家電4品目に限る、という業者も存在しています。そもそもこの方法は引っ越し時限定です。粗大ごみの回収を行っていない業者もあります。回収してもらえなかったり、引っ越しの予定がなかったりする場合、他の方法で処分するしかありません。

不用品回収業者に処分してもらう

粗大ごみを処分する方法にはいろいろありますが、不用品の種類や回収する時期を問わず処分できる方法があります。それは、私たち不用品回収業者に処分を依頼することです。自治体によっては、粗大ごみとして出せない種類のごみがあります。数量や重量、サイズが問題になることもあるでしょう。家庭から出るごみに関しては、私たちにはそういった制限がほとんどありません。粗大ごみとして出せるかどうか不安なときには、遠慮なくご相談ください。必要があれば、ごみ屋敷の片付けも行います。

回収料金は回収業者によって違います。当店の場合は10,000円ほどのプランから、数万円のプランまで、予算と状況に合わせて選ぶことが可能です。スタッフに任せるプランだけではなく、体力に自信がある方向けの、お客様自身で積み込むプランもあります。不用品や粗大ごみの処分に困っているのなら、まずは私たちにご連絡ください。専門の担当者が、親身になってお話をうかがいます。

食器棚の処分を不用品回収業者に依頼する方法

不用品回収業者に食器棚の処分を依頼するとき、最初に行うステップは回収の申し込みです。申し込み手段は回収業者により違いますが、一般的なのはメールや電話、申し込みフォームなどで申し込む方法です。当店の場合は、LINEによる申し込みも受け付けています。電話の場合は見積もりも可能なので、回収品目や希望する作業内容などをお伝えください。予約の完了後、専門のスタッフが現地まですぐに駆けつけます。実際の状況や回収品目などをチェックし、確定した見積もりを詳しくご説明します。不明な点や疑問点がある場合には、遠慮なくお申し出ください。

見積もりに了解後、作業開始です。見積もりに納得いかないうちに、勝手に作業をスタートすることはありません。また、無断で作業を追加することもありません。ご安心ください。品目によっては買い取りを行います。すべての作業は当店スタッフが担当しますが、プランによってはお客様自身で積み込みをする場合もあります。全作業終了後、やり残しや積み残しがないかご確認ください。何もなければ作業完了で、お支払いとなります。現金やクレジットカード、および銀行振り込みのうち、お客様の都合のよい方法でお支払いください。

まとめ

食器棚は大きくて重いことが多く、いらなくなった場合に自分で処分するのが難しいもののひとつです。分解して捨てるという方法もありますが、あまり現実的ではないでしょう。質のよい食器棚の場合は売れることもありますが、売れるまで保管しておかなければなりません。食器棚の早急な処分に適しているのは、私たち不用品回収業者です。サービス内容や口コミなどを参考にして優良な業者を選び、早めに処分しましょう。

関連記事

お電話の方はこちらから
電話:0120935930

受付時間 / 9:00〜21:00(年中無休)

フォームからのお問い合わせはこちら
無料相談・お見積もり

 不用品ゴミ回収料金プラン

単品アイテムのみならず、大量の不用品回収もご対応できます!!
様々なご要望に応える豊富なプランをご用意しております!!

  • 3~4月限定!

    軽トラ積み放題
    Sパック
    こちらのサービスはお客様ご自身で運んでいただくプランです!
    費用を安く抑えたいお客様のためのプランとなっております!
    トラック近く3メートルまで。
    4月30日まで!! ¥10,000(税別)
    ※リサイクル家電4品目・PC関連除く
    9,000円(税別)

    東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県

  • 軽トラ積み放題
    Sパックプラス
    こちらのサービスは不用品の運び出しからトラックへの積み込みまで全て当店スタッフが行います!
    お客様は見ているだけのらくらくパックになっております!
    14,800円(税別)
  • 軽トラ積み放題
    Lパック
    こちらのサービスはお客様ご自身で運んでいただくプランです!
    費用を安く抑えたいお客様や、体力に自信がある方へのプランとなります!大きな家具や結構量がある方へおススメ!トラック近く3メートルまで
    24,800円(税別)
  • 2トン積み放題
    Sパックプラス
    かなり量がある方、ご自身で運び出し困難な回収物がある方へのおすすめのプランです!
    39,800円(税別)
  • 2トン積み放題
    Lパック
    一軒家まるまる大量な回収物がある方へのプランです!当店スタッフが運び出しすることをオススメします!
    54,800円(税別)
  • 2トン積み放題
    Lパックプラス
    一軒家まるまる大量な回収物がある方へのプランです!
    3人がけソファや大型家具、家電など一人で運び出し困難な回収物や梱包作業など全て当店スタッフが行います!
    59,800円(税別)
  • ゴミ屋敷
    かたづけパック
    どんな大規模なゴミ屋敷でもスピード解決いたします。作業時間が長くなってしまうと、お客様にも負担をかけてしまうため、できるだけ早く作業を終えられるよう努めています。
    お見積完全無料・経験豊富なスタッフがお客様にとって最適なご提案をさせて頂きます。
    50,000円(税別)~
  • 遺品整理パック
    経験豊富なスタッフが極め細やかな仕分け作業を迅速に行ないます。仕分け中に出てきた貴金属や家電など、買取可能なリサイクルやリユース品はできるだけ買取させていただき、不用品処分の軽減に努めております。お見積完全無料・経験豊富なスタッフがお客様にとって最適なご提案をさせて頂きます。
    30,000円(税別)~
【料金の注意事項】
  • ・単品回収については作業スタッフが一名でお伺いすることがございますので、運び出しを手伝っていただいたり、玄関前に運び出していただく場合がございます。
  • ・単品回収については5000円以上から回収に伺います。
  • ・高額な処理費用や工賃がかかる不用品に関しては、別途料金がかかる場合がございます。
  • ・お見積りの連絡なしのキャンセルは交通費10000円をいただく場合がございます。

不用品回収アイテム関連記事は量や作業内容によって料金が異なる場合がございます。
お気軽に電話やフォームにてお問い合わせいただけますと幸いです。

お電話の方はこちらから
電話:0120935930

受付時間 / 9:00〜21:00(年中無休)

フォームからのお問い合わせはこちら
無料相談・お見積もり