▼対応エリアのご注意点

対応エリアご注意

東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、茨城県、栃木県1都6県のみの対応となります!

不用品となった下駄箱の処分方法を徹底解説!

この記事では下駄箱の処分方法を紹介します。下駄箱の処分でお困りの方はぜひご参照ください。

不用品となった下駄箱の処分方法

処分方法1:粗大ごみとして捨てる方法

下駄箱を処分したいと思ったときには自治体のルールに従って粗大ごみとして捨てれば良いと考える方が多いのではないでしょうか。昔は粗大ごみの定期収集がおこなわれていましたが、だんだんと事前予約制の有料収集が一般的になってきています。電話やインターネットなどで予約しなければならないので手間はかかるものの、捨てる費用は比較的安いので人気がある下駄箱の処分方法です。粗大ごみとして捨てるときには自治体によってはごみ処理施設に直接搬入できる場合もあります。受付時間内に下駄箱を持ち込めば処理してもらえるのが特徴です。

粗大ごみとして捨てる方法は全国各地のどこでもできるのもメリットでしょう。一般的なサイズの下駄箱なら粗大ごみの対象外になることもあまりありません。ただ、自治体によっては一辺が2メートル以上あるものは粗大ごみとして受け付けてもらえないので注意が必要です。

処分方法2:リサイクルショップに出す方法

下駄箱はリサイクルショップに出して買い取ってもらえることもあります。下駄箱は賃貸マンションでは備え付けのこともありますが、注文住宅や建売住宅、アパートなどでは必ずしも作り付けになっているわけではありません。下駄箱を別に購入しないと靴やブーツなどを入れておく場所がなくて困ってしまいがちです。安く下駄箱を手に入れたいという人も多く、中古品の下駄箱には人気があります。状態が良い下駄箱ならリサイクルショップで買い取ってくれることもあるのです。

家具を取り扱っているリサイクルショップなら下駄箱を買い取ってくれる可能性があります。ひどく汚れていたり、傷が目立ったりすると買取対象ではないと判断されがちですが、良好な状態の下駄箱ならきっとリサイクルショップで買取対応をしてもらえるでしょう。デザインが美しかったり、収納力があったりする下駄箱は人気があるので買い取ってくれる可能性も高くなります。

処分方法3:個人に売る方法

下駄箱はリサイクルショップなどの業者を介さずに、直接個人に売ることもできます。個人に売るときによく用いられているのがフリーマーケットです。オフラインで実施されている地域のフリーマーケットも利用できますが、アプリで利用可能なフリーマーケットもあります。地域のオフラインのフリーマーケットは実物を見て買うかどうかを判断してもらえるので、良品ならすぐに売れる可能性があるのがメリットです。アプリの場合には全国各地を対象として販売できるのが魅力でしょう。地元で下駄箱を探している人がいなかったとしても、全国各地で買いたい人を探せれば買い手が見つかる可能性が高くなるからです。

下駄箱はあまり高く売れることはありませんが、個人に売るとリサイクルショップよりも高い価格になることが多いのも魅力です。買い手を広く探せるフリマアプリを使うと、魅力がある下駄箱なら高く買ってくれる人が見つかる可能性もあります。未使用の下駄箱を処分したいときには特に使ってみると良い方法です。

処分方法4:不用品回収を利用する方法

下駄箱をとにかく処分したいときに最もおすすめなのが不用品回収です。弊社でも不用品回収サービスを関東一円に広く提供していて、下駄箱の回収も喜んで承っています。不用品回収サービスの特徴はいつでも申し込むことができ、希望しているタイミングで下駄箱を捨てられることです。今日中に捨てたいというときにも、土日祝日などの粗大ごみを捨てられることがあまりない日でも問題ありません。自分の都合を重視して下駄箱を処分したいなら、弊社の不用品回収が最もおすすめです。弊社では365日、24時間いつでも不用品回収にうかがっています。下駄箱しか捨てるものがないときでも、他にたくさんの捨てたいものがあるときでも対応できます。

不用品回収では下駄箱の中に何が入っていても問題ありません。古くなっていらなくなったビジネスシューズも処分したい、カビが生えてしまった靴も捨てたいというときにもご利用いただけます。

下駄箱を処分する際の注意点

下駄箱を処分するときには費用対効果を考えるのがとても重要です。今までずっと使用してきた下駄箱は汚れが目立つようになりがちで、カビが生えたり、黒ずんだりしてしまっていてきれいにならないこともよくあります。リサイクルショップに出したり、個人に売ったりするときには状態が良くなければ困難です。使い古した下駄箱は粗大ごみとして捨てるか、弊社のような不用品回収に出すのが適切でしょう。もし売れたらいくばくかのお金になるのは確かですが、多大な苦労がかかることは否めません。下駄箱の買取相場も数百円程度で、状態が良くても千数百円くらいです。下駄箱を売ろうとして努力したものの、労力の割にあまり利益にならなかったと後悔している人も多いので注意しましょう。

下駄箱を粗大ごみで処分する方法、料金

処分方法+料金1:粗大ごみの収集に出して捨てる方法

粗大ごみとして下駄箱を捨てるときには自治体やその委託業者に収集を依頼する方法が主流です。自治体では事前予約制にしていて、電話やインターネット、ファックスやはがきなどで依頼できるようになっています。最も一般的なのは電話による予約で、クリーンセンターや委託先の業者に電話をして予約をすると収集してもらうことが可能です。多くの自治体では粗大ごみ処理券の購入をして、当日までに支払いをした上で処理券を下駄箱に貼っておくことで捨てられます。費用としては250円から800円くらいが一般的です。

収集日には朝8時から8時半くらいまでに指定場所に出しておくことが必要です。戸別収集の場合には自宅の前に出しておけば大丈夫ですが、ステーション収集の場合には下駄箱をステーションまで運ばなければなりません。また、収集に出すときには料金が不足していたり、粗大ごみ処理券が剥がれてしまっていたりすると回収してもらえないので注意が必要です。雨の日も収集していることが多いですが、悪天候のときには処理券が剥がれ落ちてしまいやすいので補強するなどの工夫をしておくのが重要になります。

処分方法+料金2:粗大ごみとして下駄箱を処理施設に持ち込む方法

下駄箱を処理施設に運び込んで捨てる方法もよく選ばれています。自治体によってごみ処理施設で粗大ごみの搬入を受け付けているかは異なりますが、対応している場合には簡単に捨てられるので人気です。下駄箱を車やトラックなどに積んで、受付時間内に処理施設に持って行くだけで捨てられるのが一般的になっています。地域によっては事前に予約をしなければならないですが、収集を依頼するよりも早く捨てられることが多いのは魅力です。

持ち込みによる下駄箱の処分では費用が少し安くなることもあります。粗大ごみ処理券を購入する必要がある場合でも、持ち込むと半額になる地域もあります。重量で料金が決まることの方が多く、10キログラムあたり100円から200円の地域がほとんどです。下駄箱だけなら10キログラム未満のことが多いので、単価が高い地域でも500円以下で済むでしょう。

処分方法+料金3:リサイクルショップなどで下駄箱を買い取ってもらう方法

下駄箱をリサイクルショップに出して買い取ってもらうには査定を受けなければなりません。ショップによって査定方法には違いがありますが、店舗営業をしているなら下駄箱を持って行けばその場で査定をしてもらえます。土日は混み合うリサイクルショップも多くて何時間も待たなければならないこともありますが、その日のうちに査定結果を出してもらうことが可能です。買い取れる場合には金額を提示されて、契約をすれば売ることができます。しかし、買い取れないという判断になったときには下駄箱を持ち帰らなければなりません。

リサイクルショップでは店頭査定以外の選択肢を設けていることも多くなりました。自宅まで査定に来てくれる出張査定や、宅配便で送ると査定結果を電話やメールで教えてくれる宅配査定が典型例です。ただ、下駄箱は単価が安いため、出張査定も宅配査定も断られてしまう傾向があります。

処分方法+料金4:下駄箱を個人に売る方法

下駄箱をフリーマーケットなどで個人に売る方法は、買ってくれる人を見つけるのが大きな問題になります。下駄箱を買いたいという人がいつもたくさんいるというわけではないからです。特に下駄箱を処分したいときには長らく使用してきた下駄箱のことが多いでしょう。中古品よりも新品の方が良いという人も多いため、なかなか買ってくれる人が出てこなくて困りがちです。地域で実施しているフリーマーケットに出店するときには数百円から千円くらいの費用がかかります。しかし、フリーマーケットに出ても売れるとは限らずに持ち帰らざるを得ないこともあるので注意が必要です。

また、下駄箱をアプリなどで販売したときも同様です。出品手数料がかからないのが一般的ですが、いつまで経っても買ってくれずに困ることもあります。買ってくれた時にもシステムの利用料として売上の数パーセントを支払うことになるので注意しましょう。

処分方法+料金5:不用品回収で下駄箱を処分する方法

下駄箱を速やかに処分したいなら不用品回収を利用しましょう。不用品回収ならいつでも依頼できて、処分できずに困ることは一切ありません。弊社なら対応エリア内に入っていれば即日で回収しています。即日対応エリアでは最短30分で回収にうかがえるので、今なら時間があるから下駄箱を捨てられるというときには特にメリットが大きいでしょう。不用品回収サービスは、お客様がいらないと思ったものをタイムリーに引き取るのが仕事です。下駄箱を捨てたいタイミングでお伺いするので、引っ越しなどのときにも使いやすいサービスです。

弊社では下駄箱以外に捨てたいものがあるときにも柔軟に対応しています。見積もりを出して納得していただいてから回収作業を進めるのを基本としていますので、安心して利用していただけるでしょう。

下駄箱の処分を業者に依頼する方法

下駄箱を不用品回収業者に依頼するにはどうしたら良いのでしょうか。弊社の不用品回収サービスでは電話、LINE、メールによる申し込みを受け付けています。フリーダイヤルの電話にかけていただければ、すぐにコールセンタースタッフが対応しますし、メールでもスタッフができる限り速やかにメールか電話で連絡しています。LINEのメッセージも迅速に答えていますので、都合の良い方法をお選びください。ご相談や見積もりについては一切費用がかかることはありません。

弊社では基本的に訪問見積もりをした上でご依頼をいただいています。コールセンタースタッフから訪問見積もりの日時についてご希望をおうかがいし、訪問した上で納得できる内容や金額かどうかを判断していただいているのが弊社のスタンスです。納得できる内容でしたら契約書にサインをしていただいて正式依頼としています。このようなシンプルな手続きでご依頼いただくことができますので気軽にコールセンターまでご連絡ください。

まとめ

下駄箱を処分したいときには不用品回収サービスが最もスムーズです。お困りの際は、お客様のご希望に沿った形で、弊社が回収にうかがいます。下駄箱は粗大ごみとして捨てたり、リサイクルショップや個人に売ったりすることもできます。しかし、希望したタイミングで捨てられないなど問題が起こりがちなので、ご注意ください。

関連記事

お電話の方はこちらから
電話:0120935930

受付時間 / 9:00〜21:00(年中無休)

フォームからのお問い合わせはこちら
無料相談・お見積もり

 不用品ゴミ回収料金プラン

単品アイテムのみならず、大量の不用品回収もご対応できます!!
様々なご要望に応える豊富なプランをご用意しております!!

  • 10月~11月限定!

    軽トラ積み放題
    Sパック
    こちらのサービスはお客様ご自身で運んでいただくプランです!
    費用を安く抑えたいお客様のためのプランとなっております!
    トラック近く3メートルまで。
    11月30日まで!! ¥10,000(税別)
    ※リサイクル家電4品目・PC関連除く
    9,000円(税別)

    東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県

  • 軽トラ積み放題
    Sパックプラス
    こちらのサービスは不用品の運び出しからトラックへの積み込みまで全て当店スタッフが行います!
    お客様は見ているだけのらくらくパックになっております!
    14,800円(税別)
  • 軽トラ積み放題
    Lパック
    こちらのサービスはお客様ご自身で運んでいただくプランです!
    費用を安く抑えたいお客様や、体力に自信がある方へのプランとなります!大きな家具や結構量がある方へおススメ!トラック近く3メートルまで
    24,800円(税別)
  • 当店一番人気!

    軽トラ積み放題
    Lパックプラス
    こちらサービスは不用品の運び出しからトラックへの積み込みまで全て当店スタッフが行います!
    お客様は見ているだけのらくらくパックとなっております!大きな家具や結構量がある方へおススメ!
    29,800円(税別)
  • 2トン積み放題
    Sパックプラス
    かなり量がある方、ご自身で運び出し困難な回収物がある方へのおすすめのプランです!
    39,800円(税別)
  • 2トン積み放題
    Lパック
    一軒家まるまる大量な回収物がある方へのプランです!当店スタッフが運び出しすることをオススメします!
    54,800円(税別)
  • 2トン積み放題
    Lパックプラス
    一軒家まるまる大量な回収物がある方へのプランです!
    3人がけソファや大型家具、家電など一人で運び出し困難な回収物や梱包作業など全て当店スタッフが行います!
    59,800円(税別)
  • ゴミ屋敷
    かたづけパック
    どんな大規模なゴミ屋敷でもスピード解決いたします。作業時間が長くなってしまうと、お客様にも負担をかけてしまうため、できるだけ早く作業を終えられるよう努めています。
    お見積完全無料・経験豊富なスタッフがお客様にとって最適なご提案をさせて頂きます。
    50,000円(税別)~
  • 遺品整理パック
    経験豊富なスタッフが極め細やかな仕分け作業を迅速に行ないます。仕分け中に出てきた貴金属や家電など、買取可能なリサイクルやリユース品はできるだけ買取させていただき、不用品処分の軽減に努めております。お見積完全無料・経験豊富なスタッフがお客様にとって最適なご提案をさせて頂きます。
    30,000円(税別)~
【注意事項】
  • ・単品回収については作業スタッフが一名でお伺いすることがございますので、運び出しを手伝っていただいたり、玄関前に運び出していただく場合がございます。
  • ・単品回収については5000円以上から回収に伺います。
  • ・高額な処理費用や工賃がかかる不用品に関しては、別途料金がかかる場合がございます。
  • ・お見積りの連絡なしのキャンセルは交通費10000円をいただく場合がございます。

不用品回収アイテム関連記事は量や作業内容によって料金が異なる場合がございます。
お気軽に電話やフォームにてお問い合わせいただけますと幸いです。

お電話の方はこちらから
電話:0120935930

受付時間 / 9:00〜21:00(年中無休)

フォームからのお問い合わせはこちら
無料相談・お見積もり