▼対応エリアのご注意点

対応エリアご注意

東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、茨城県、栃木県1都6県のみの対応となります!

不用品となった本棚の処分方法を徹底解説!

この記事では本棚の処分方法を紹介します。本棚の処分でお困りの方はぜひご参照ください。

不用品となった本棚の処分方法

木製の本棚を解体して可燃ごみとして回収してもらう

木製の本棚であれば、自治体が可燃ごみとして回収してくれる大きさまで解体して捨てる方法があります。カラーボックスくらいのサイズの本棚であれば、1時間程度で解体できるでしょう。ドライバーや六角レンチ、のこぎりなどの工具を持っていれば、自治体指定の可燃ごみの袋に入るサイズまで小さくカットするだけで捨てることができます。まずドライバーを使って天板や背板といったパーツに分解します。それからのこぎりで袋に入るサイズになるよう切っていきます。普段からDIYをしている方におすすめの方法です。

粗大ごみの料金をかけずに済むのがメリットですが、板を切るのに力が入りますし、集合住宅に住んでいる場合は騒音で迷惑をかけてしまうおそれがあります。また、分解するのに大量の木くずが出るので掃除の手間も。さらに自治体によっては、可燃ごみであっても一度に大量に出す場合、回収日前に連絡するよう定められている地域もあります。大きな本棚や複数の本棚をまとめて捨てたいときは、注意が必要です。

スチールラックなど金属製の本棚を分解して自治体指定のごみ袋で出して回収してもらう

スチール製のオープンラックなど金属製の本棚の場合、パーツごとに分解して不燃ごみとして捨てる方法があります。スチールとは鉄を主な成分とした金属や合金のことです。スチールと似た素材に、アルミやステンレスがあります。金属ごみは自治体によって不燃ごみではなく資源ごみとして扱われる地域もあるので、お住まいの自治体のごみの出し方を調べることが確実です。

また、自治体が指定する大きさを超えると粗大ごみとして回収してもらわなければなりません。指定ごみ袋に入る大きさまでカットするには、メタル用のこぎりなど金属を加工できる特殊な工具が必要になります。そのような道具がもともと家にある場合はいいですが、ごみを捨てるためだけに特別な道具を新たに購入するとコストがかかってしまいます。そのため、ほとんどの方にとってあまり現実的な捨て方とはいえないでしょう。

フリマアプリやサイトに出品する

不要になった本棚をごみとして出す以外に、インターネットを通じてフリマアプリやサイトに出品する方法があります。リサイクルショップに買い取ってもらうのとは異なり、自分で好きな金額を設定できることがメリットです。イベント形式で開催されるフリーマーケットと違い、いつでも好きな時間に出品できる点も魅力。ただしネットを通じて遠方の人に発送することになれば、大型の本棚の場合は送料がかさんでしまいます。送料を買い手負担に設定することも可能ですが、その場合サイトでは売れにくくなります。

大型の家具を出品する場合、近場に住んでいる人に向けて直接引き取りを希望して交渉する人もいます。送料や発送のための梱包が不要になりますが、相手と引き取り日程を調整したり、見知らぬ人とのやりとりになるので信頼できるかの見極めが必要です。また、買い手がつくまで品物を保管しておかなければならないので、いますぐ本棚を処分したい人には不向きな方法といえます。

リサイクルショップに買い取ってもらう

自家用車に乗るサイズの本棚であれば、リサイクルショップに持ち込んで買い取ってもらう方法があります。もし出張買取に対応している店舗が近所にあれば、自分で持ち込む必要はありません。ただし本棚などの家具にも対応してもらえるか調べる必要があります。不要になって捨てるしかないと思っていた品に1000円以上の値がつくこともありますが、本棚の状態によって金額は変わります。

使用期間が短かい品や、きれいに拭いてあり美品であれば買い取り価格に期待できます。傷があったり汚れが目立つなどあまりに状態が悪い場合、値段が着かないうえ引き取ってもらえない場合も。最悪の場合、手間をかけてリサイクルショップまで運んでもまた自宅まで持ち帰るはめになるかもしれません。そうなってしまった場合、別の処分方法をまた一から考えることに。買い取ってもらいたいリサイクルショップが普段からどのような状態の本棚を扱っているか、事前にリサーチしておくといいでしょう。

本棚を自力で不用品として処分する際の注意点

本棚を自力でごみとして捨てたり不用品として売ったりするには、事前に情報を集めよく調べておくことが求められます。ごみとして捨てる場合、住んでいる自治体のルールを守る必要があり、不明な点があれば衛生課や清掃事務所などの窓口に問い合わせなければなりません。捨て方がわからないまま間違った方法で出してしまうと、回収してもらえないことも。決まりを守ってごみとして回収してもらうために解体する手間を考慮すると、多少料金をかけてでも粗大ごみに出した方がコスパがいいかもしれません。

不用品として売る場合には、フリマアプリやリサイクルショップなど選択肢がありますが、送料や持ち込みの手間などのコストを考えておかなければ損してしまいます。また、不用品を処分してお金が手に入るのは魅力ですが、確実に処分できるとは限りません。特に本棚など家具の場合、買い手がつくかどうかは引越しなどシーズンの影響を受けることもあります。出品するタイミングを誤ると、いつまでも売れ残り処分できないままになってしまうおそれがあるので注意が必要です。

本棚を粗大ごみとして回収してもらう方法と料金の相場

自治体に粗大ごみとして回収してもらうには最低400円から

本棚を自治体の粗大ごみとして回収してもらう場合、有料となります。東京都中野区の場合は、本棚を粗大ごみとして出したいとき最低でも400円かかります。ただし高さと幅を合わせて135センチ以内という条件での金額なので、本棚のサイズが大きくなればなるほど料金はあがっていきます。粗大ごみの回収を依頼するには、事前に電話をかけて申し込みをしなければなりません。定期メンテナンスが行われていなければ、24時間インターネットから申し込むこともできます。

申し込みが受付けてもらえたら、収集日までに捨てたい粗大ごみに貼るごみ処理券を買いに行く必要があります。収集当日、指定場所に粗大ごみを出して回収を待ちます。料金や粗大ごみの出し方はお住まいの自治体によって異なりますので、広報誌やパンフレットなどでお調べください。屋外まで粗大ごみを運び出すことが難しい場合、手伝ってもらえる自治体もあるようですが、高齢者や障害のある方のみが対象になっているなど制限があることも。

廃品回収トラックで町中を巡回している業者に回収してもらうと高額請求されることも

「家庭のごみを何でも回収します」というアナウンスを大音量で流しながら町中を巡回している廃品回収トラックが家の前を通りがかることがあります。実は、「無料で回収します」という謳い文句でアピールしている業者の中には、あるカラクリを使って高額請求してくる場合もあるので注意が必要です。回収には料金がかかりませんと言いつつ処分料という名目で数千円請求してくるケースがあります。似たようなケースとして、買取査定や見積もりを無料と言っておきながら処分料として別料金を払うよう迫られたという事例も。

これなら自治体の回収する粗大ごみに出しておけばよかったと後悔する人もいます。悪質な業者だけではなく、本当に無料で廃品回収してもらえる場合もありますが、その場で見分けて判断することは難しいです。トラブルを防ぐためにも、口コミや評判を聞かない業者に突然依頼することは避けておいた方がいいでしょう。

空き地でのぼりを出している業者に回収してもらい無料だったのに後でトラブルに

なんでも無料回収と書かれたのぼり旗や看板を空き地に出して家具や家電などの不用品を回収している業者と関わり、トラブルに巻き込まれたケースもあります。どんな品物でも無料回収してくれるということで引き取ってもらったはずのごみが、なんと不法投棄。不幸中の幸いで高額請求などの金銭トラブルを免れても、不法投棄によって自分の知らないうちに環境汚染に加担していたという事例があります。

たとえ無料で不用品を回収してもらえたとしても、いつの間にか不法投棄したことになっていたり、いつか罪を問われるのではないかとビクビク不安を抱えながら毎日を過ごすのも考え物です。知らないうちに違法な不用品回収業者に関わらないためには、電話帳に電話番号が載っていない業者や、会社のホームページを持っていない業者に回収を依頼することは、避けておいた方が無難です。

引越し業者の粗大ごみオプションの料金は相場が曖昧

引越し業者のオプションプランに、粗大ごみの引き取りメニューが用意されている場合があります。引越しを機に本棚を処分したい場合、引越しプランに追加する形でオプションを利用すると非常に便利。不用品を手放してスッキリとした気分で新しい生活を始められる点も魅力的です。料金が手頃であれば積極的に利用したいところですが、大手の引越し業者であっても粗大ごみ引き取り料金を公開している会社は少ないです。また、エリアによっては対応不可としている引越し業者も。

引っ越しには何かとお金がかかるので、少しでも安く済む業者を比較したり、料金設定に納得したうえで依頼したいところ。そもそも引越しの予定が無ければ、単独で粗大ごみ引き取りのプランだけ頼むことは難しいです。引越しに伴う不用品処分以外の場面では、料金体系が明確な不用品回収専門業者に依頼した方が満足いく結果になることが多いでしょう。

不用品回収を専門とする業者に依頼する場合の料金は5000円ほど

料金の相場は条件によって多少違いはありますが、だいたい5000円ほどからとしている業者が多いようです。不用品回収を専門に請け負う業者に依頼することで、スムーズに本棚を処分することができます。自治体の粗大ごみ回収のように指定された日時を待つ必要はありません。不用品回収業者は様々なものを回収対象としているので、本棚のついでに気になっていた不用品を処分することもできます。何といっても不用品回収業者の便利なところは、本棚を処分する際の運び出しもお願いできる点です。

マンションやアパートに住んでいる場合でも、自治体の決まりによっては指定された場所まで粗大ごみを移動させなければなりません。ご近所さんや知人に頼むとしてもちょっとしたお礼は必要といえるでしょう。しかし不用品回収業者に依頼することで、重たい本棚などの家具の移動も料金プランに込みで回収してもらうことができます。見積もり無料としている業者が多いので、まずは問い合わせしてみるといいでしょう。

本棚の処分を回収業者に依頼する方法

本棚の処分を回収業者に依頼するには、ゴミ回収サービスを提供している業者に依頼することがおすすめです。不用品ゴミ回収・粗大ゴミ処分サービスを提供している業者であれば、だいたい依頼が可能です。複数の本棚をまとめて処分してしまいたい場合は、回収業者に依頼すると一気に片付けが済むのでスッキリします。年中無休で電話受付している業者であれば、いつでも必要になったときに不用品処分を依頼できるので便利です。自治体を通じて本棚の処分をする場合は、平日の開庁時間のうちに電話をしなければなりません。メールで無料相談を受付けている業者もあるので、電話代を気にすることなくわからない点を聞くことができます。

弊社ゴミ回収バスターズでは、電話対応オペレーターが待機しておりますので、即座の対応が可能となっています。メールフォームからの受付けのほか、LINEで簡単見積もりを行うことも可能です。相談やお見積りは無料ですので、お気軽にお問い合わせください。お部屋の片付け、引越しで出た不用品の回収をご検討のお客様や家具の買い替えをご検討のお客様、汚部屋やゴミ屋敷の片付けをご希望のお客様からのご依頼もお待ちしております。

まとめ

本棚の処分の仕方にはいくつか方法がありますが、大きくて重量のあるアイテムであることから、料金や時間など総合的に判断し低価格で依頼するには不用品回収業者を選ぶことがおすすめです。ゴミ回収バスターズでは無料相談・お見積りをいたしますので、お気軽にお問い合わせください。お客様に合った最適なプランをご案内させていただきます。

関連記事

お電話の方はこちらから
電話:0120935930

受付時間 / 9:00〜21:00(年中無休)

フォームからのお問い合わせはこちら
無料相談・お見積もり

 不用品ゴミ回収料金プラン

単品アイテムのみならず、大量の不用品回収もご対応できます!!
様々なご要望に応える豊富なプランをご用意しております!!

  • 3~4月限定!

    軽トラ積み放題
    Sパック
    こちらのサービスはお客様ご自身で運んでいただくプランです!
    費用を安く抑えたいお客様のためのプランとなっております!
    トラック近く3メートルまで。
    4月30日まで!! ¥10,000(税別)
    ※リサイクル家電4品目・PC関連除く
    9,000円(税別)

    東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県

  • 軽トラ積み放題
    Sパックプラス
    こちらのサービスは不用品の運び出しからトラックへの積み込みまで全て当店スタッフが行います!
    お客様は見ているだけのらくらくパックになっております!
    14,800円(税別)
  • 軽トラ積み放題
    Lパック
    こちらのサービスはお客様ご自身で運んでいただくプランです!
    費用を安く抑えたいお客様や、体力に自信がある方へのプランとなります!大きな家具や結構量がある方へおススメ!トラック近く3メートルまで
    24,800円(税別)
  • 2トン積み放題
    Sパックプラス
    かなり量がある方、ご自身で運び出し困難な回収物がある方へのおすすめのプランです!
    39,800円(税別)
  • 2トン積み放題
    Lパック
    一軒家まるまる大量な回収物がある方へのプランです!当店スタッフが運び出しすることをオススメします!
    54,800円(税別)
  • 2トン積み放題
    Lパックプラス
    一軒家まるまる大量な回収物がある方へのプランです!
    3人がけソファや大型家具、家電など一人で運び出し困難な回収物や梱包作業など全て当店スタッフが行います!
    59,800円(税別)
  • ゴミ屋敷
    かたづけパック
    どんな大規模なゴミ屋敷でもスピード解決いたします。作業時間が長くなってしまうと、お客様にも負担をかけてしまうため、できるだけ早く作業を終えられるよう努めています。
    お見積完全無料・経験豊富なスタッフがお客様にとって最適なご提案をさせて頂きます。
    50,000円(税別)~
  • 遺品整理パック
    経験豊富なスタッフが極め細やかな仕分け作業を迅速に行ないます。仕分け中に出てきた貴金属や家電など、買取可能なリサイクルやリユース品はできるだけ買取させていただき、不用品処分の軽減に努めております。お見積完全無料・経験豊富なスタッフがお客様にとって最適なご提案をさせて頂きます。
    30,000円(税別)~
【料金の注意事項】
  • ・単品回収については作業スタッフが一名でお伺いすることがございますので、運び出しを手伝っていただいたり、玄関前に運び出していただく場合がございます。
  • ・単品回収については5000円以上から回収に伺います。
  • ・高額な処理費用や工賃がかかる不用品に関しては、別途料金がかかる場合がございます。
  • ・お見積りの連絡なしのキャンセルは交通費10000円をいただく場合がございます。

不用品回収アイテム関連記事は量や作業内容によって料金が異なる場合がございます。
お気軽に電話やフォームにてお問い合わせいただけますと幸いです。

お電話の方はこちらから
電話:0120935930

受付時間 / 9:00〜21:00(年中無休)

フォームからのお問い合わせはこちら
無料相談・お見積もり