不要になった服の捨て方は?捨てる基準・方法について紹介します!

引っ越しや衣替えなど洋服を片付ける機会に、思ったよりも服をたくさん持っていて片づけに困ってしまったという経験がある人は多いのではないでしょうか。普段はそんなに着られる洋服がないと思っていても、いざ整理してみると想像以上に洋服が出てきて処分するべきかどうか迷ってしまい、中々片付けもはかどらなくなってしまいますよね。

そこでこの記事ではもう着なくなった服を捨てる基準や処分の方法について紹介していきます。

捨てる服の基準

誰しも自分の持っている洋服には少なからず愛着が湧くものです。その服を着て出かけたデートや食事など、1着1着に当時の思い出があると思うと、もう着ない服であっても捨てることが難しくなります。しかし、それでは着ない洋服がたまっていく一方です。ではどうすれば着なくなった洋服をためずにすむのでしょうか。あらかじめ捨てる服の基準を明確にしておけば、必要以上に洋服がたまってしまうのを防ぐことができます。つまり、一定の基準にのっとって捨てる服ととっておく服を選別することにより、もったいないから、まだ着るかもしれないからといった曖昧な動機で洋服をためずに済むということです。

ただ、難しいのがその洋服を選別する基準です。具体例を挙げて紹介していきます。

シーズン着ていない服

一概に洋服と言っても種類は様々です。Tシャツやポロシャツ、パンツやワンピース、セットアップなどいろいろありますが、誰しも共通して持っているのが季節ものの服です。特に夏用の服と冬用の服は日本に住んでいるのであれば両方持っているのが一般的でしょうが、季節物の服には1年の内に数カ月しか着ないものもあります。厚手のダウンジャケットやコートは真冬しか使いませんし、反対にタンクトップなどは真夏くらいしか着ることがありません。そういった服は着るタイミングを逃した場合、次の出番はまた来年ということになります。

このように1シーズン着ることのなかった洋服はそのタイミングで潔く捨ててしまうのもありです。ただ、たまたま今年着られなかっただけで来年こそは着るかもしれないのであれば、1シーズン着なかっただけでそこまで無理して捨てることもないでしょう。その代わり、その2回めの機会を逃した場合、つまり、2シーズン着なかった服については捨てる服として整理するようにしましょう。

ほつれている服

お気に入りの洋服の1着や2着は誰でもあるものですよね。そして、お気に入りの洋服ほど袖を通す機会も多い訳ですが、その分汚れやダメージなどにさらされる機会も増えることになります。まだまだ大丈夫だと思っていても改めて確認してみると、意外と汚れやほつれがあるかもしれません。いくらお気に入りでも汚れやほつれがあるままでは、あまり良い印象は持たれません。そこで、傷んだ服を見つけたら断捨離などをきっかけに捨てるようにしましょう。

普段から目にしているとわかりづらいかもしれませんが、そういった場合はあえてその服を着て服屋に出向き直接比べてみるのも良いかもしれません。その服がまだまだ着られるのか、これ以上は着ることが難しいほどのダメージなのか直接比べるとわかりやすいでしょう。日頃着ている持ち主ほど、徐々に汚れていったりほつれていったりすることに気づかないものです。一度周りの友人や身内にその服の印象を聞いてみる手もあります。あまり反応が良くなければ処分のタイミングかもしれません。

サイズが違う服

人間の体型は日々変化していきます。以前は太っていたけど、最近は痩せて細身になったという方、またその逆で太ってしまったという方、どちらにしても、体型が変わるとそれに伴い洋服のサイズも変える必要が出てきます。痩せていたころの洋服を無理して着ていたら、動いた拍子に破けて恥ずかしい思いをしたというのはよく耳にする話です。そのため、今の自分の体型に合った洋服を買うとそれまで着ていた服は必然的にしまうことになります。そこで今後太ったとき、痩せたとき用にと、着ない服をとっておくことは多いですが、ここを基準にして捨ててしまいましょう。

今着ないのであればそれは断捨離のタイミングです。また、洋服は置いておくだけでも虫食いなどで状態も悪くなる上に、デザインも毎年変わるためどんどん時代遅れになってしまいます。場所をとる、劣化する、時代遅れになるなど、とっておいてもいいことがないため早めに処分しましょう。

似たような服

洋服は自分の好みで選ぶため、似たようなデザインのものを選んでしまうものです。気づいたらクローゼットの中に同じような服がいくつか入っていたりするのではないでしょうか。同じような洋服を持っている場合は思い切ってどちらかを処分してしまいましょう。どちらを処分するか迷った場合は、特に自分が気に入っている方を残すか、買った日を比べてみて新しい方を残すようにしましょう。それでも選べなければ他の人に聞いてみて意見をもらうのも良いでしょう。

服の処分方法

残す洋服、捨てるべき洋服がわかってきたところで、今度は選別したいらない服をどのように処分すればよいのか、その方法を紹介していきます。今まで大切にしてきた洋服だからこそしっかりと見送りたいですよね。いくつか方法はありますので自分に合った処分の仕方を選んで最後まできっちり片付けるようにしましょう。

リサイクルショップで買い取ってもらう

まず最初に紹介する方法はリサイクルショップで買い取りをお願いする方法です。リサイクルショップでは洋服を持って行って、査定をお願いすれば後は待っているだけで買い取り価格を出してもらえます。正直この方法が一番簡単で早く済ませることができます。買い取り価格を少しでも高くしてもらえるように洗濯して綺麗にたたんで持っていくようにしましょう。また、売る服の状態が良かったり、枚数が多かったり、ブランド物である場合は高額での買取も期待できます。業者によっては洋服の総重量が重ければ重いほど高く買い取ってくれるという傾向の業者もあります。ただし洋服の状態があまりにも悪く汚れていたり、破けていたり、古かったりすると買い取りしてもらえず結局持ち帰ることになりますので注意しましょう。

お店によってはノーブランドは買い取りしてくれないところもありますので、買い取り査定に行く前に一度電話で確認しておくとよいでしょう。

フリーマーケットなどに出す

次がフリーマーケットでの出品です。フリーマーケットでは自分で値段を決めて売ることができるので、状態にかかわらず安めに設定しておけば買い手が付きやすく楽に洋服を処分することができます。また、ノーブランドよりはしっかりとしたハイブランドなどのほうが、ある程度品質も保証されますので人気があり売れやすい傾向にあります。スマホなどを使ってフリマアプリでの出品もどんどん簡単になってきていますので積極的に使っていきましょう。出品の際は直接商品を見ることができない消費者の為に商品の状態が伝わりやすいよう、文章をわかりやすく丁寧に書くように気をつけます。値段設定も高すぎず安すぎずしっかりと相場を把握して設定することが大事です。写真はきれいに撮り相手に商品の状態が伝わるよう意識して載せましょう。

ゴミとして出す

あまりにも状態の悪い服や出品するほどでもない場合はゴミとして処分が無難です。ただ、ゴミとして出す場合は自治体で定められているゴミ出しのルールをしっかりと守りつつ、地域で指定されている曜日に処分します。また、分別ルールは地域によって異なりますので区分をしっかりと確認したうえでゴミを出すようにしましょう。また、ゴミといえど個人のプライバシーであることに変わりはありません。トラブルが起きないよう、中身の見えづらいゴミ袋を使うなどの工夫をするように気を付けます。さらに、処分する洋服が少量であれば問題ありませんが量が多い場合は地域住民の迷惑にならないよう、配慮してゴミ出しをするようにしましょう。

寄付をする

いらなくなった洋服とはいえ世界中には洋服を必要としている方々はたくさんいます。こちらが処分したい一方でもらいたい人がいるのであれば両者にとってメリットしかありません。いらなくなった服を処分しつつ社会貢献に繋がるのであればこんなに素晴らしいことはありませんよね。寄付の仕方ですが、そういった支援活動をしているNGO団体やNPO法人を通して、発展途上国などで洋服を必要としている方たちに寄付することができます。この際、寄付の方法は郵送が基本です。送料や手数料などはそれぞれのNGO団体やNPO法人によって異なるため公式ホームページをチェックして調べてみましょう。

不要品回収業者に依頼する

最後が業者への依頼です。不用品の回収業者は基本的に何でも回収してくれるため一番確実に処分できる方法かもしれません。さらに、ありがたいことに不用品の回収業者はスタッフが自宅まで来て回収してくれるため手間もかからずに済みます。捨てる洋服を選別してまとめておけば後は業者にお願いするだけで処分することができます。

フリーマーケットやフリマアプリで処分する場合、出品するものの写真をすべて撮ったのち説明文を書いたり、相場を調べ価格を決めたりしなければならず、かかる手間は比べ物になりません。もし売ることができれば確かにお金にはなりますが、売れ残った場合は結局別の方法で処分しなければならないというのも正直面倒ではあります。また、普通にゴミとして処分する場合もゴミ出しの日や区分を調べたのち、ゴミステーションに自分でもっていかなければなりません。もし大量にあったら、かなりの重労働ですし朝からそんな余裕はない人も多いでしょう。また、プライバシーの観点からあまり中身が丸見えで捨ててしまうのもどうかという話になります。これらの点を踏まえると、業者にお願いするのが一番楽で簡単ということになります。

服を捨ててスッキリしよう!

ただなんとなくいらない服を捨てようとするのではなく、最初に服を捨てる基準をしっかりと決めることが重要です。そのあとその基準にのっとっている服といらない服を選別し、最後に自分に合った処分方法で処分するようにすれば洋服が無駄にたまってしまうことを防げるはずです。ただ、こういった作業が面倒で手間をかけることなく処分したいのであれば、不用品回収業者などの専門業者に依頼してみてはいかがでしょうか。

関連記事

お電話の方はこちらから
電話:0120-537-999

受付時間 / 9:00〜21:00(年中無休)

フォームからのお問い合わせはこちら
無料相談・お見積もり