▼対応エリアのご注意点

対応エリアご注意

東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、茨城県、栃木県1都6県のみの対応となります!

園芸用品の処分方法について徹底解説!

この記事では園芸用品の処分方法を紹介します。園芸用品の処分でお困りの方はぜひご参照ください。

園芸用品の処分方法

園芸用品の基本的な処分方法は、次の4つです。園芸用品の数量や状態によって、どの方法で処分するか選びましょう。

家庭ごみとして出す

規定されたサイズよりも小さな園芸用品は、家庭ごみとして自治体に出すことができます。家庭ごみの基準は自治体によって異なります。長さが30センチメートル未満という自治体が多いものの、50センチメートル未満までならOKというところもありますので、自治体のHPなどで確認しておきましょう。家庭ごみとして出せればお金がかかりませんし、収集袋に入れるだけで良いため簡単です。家庭ごみで出せるものは、その都度出すという習慣をつけておくと後々困りません。

基準よりも長かったり、重いものは粗大ごみ扱いとなります。特に園芸用支柱のような細長いものの場合は注意が必要です。「細いから少しくらいならはみ出してもいいだろう」などと考えるのはNGです。自治体のルールに従うのが基本です。自分勝手に出すと収集してもらえない可能性がありますし、近所迷惑になる場合もあります。量が多くて家庭ごみとして出すのが難しいときには、回収業者に依頼しましょう。

知り合いに譲る

状態の良い園芸用品の場合は、知り合いに譲るという選択肢もあります。園芸を趣味とする友人・知人がいるのなら、欲しくないかどうか尋ねてみることをおすすめします。園芸にはいろいろな用具や道具が必要ですので、譲ってもらえるのなら嬉しいという人は多いからです。麻ひもやテープ、除草シートや園芸用支柱などのような消耗品は、特に喜ばれるでしょう。園芸を同じ趣味とする者同士、普段から情報を共有しておくとなにかと役立ちます。譲ることができれば処分費用を浮かせますし、エコにもなります。

ただし、相手がいらないというものを押しつけるのはやめましょう。相手に迷惑ですし、人間関係が悪化しかねません。こちらは良かれと思っていても、相手にとっては余計なお世話ということもあります。譲るという方法にはメリットがありますが、気をつけなければならない点も存在します。安易に考えず、本当に欲しいという知り合いにのみ譲ることが大切です。

リサイクルショップに売る

園芸用品は新品でなくても十分に使えますので、中古品にも一定の需要があります。そのため、園芸用品を取り扱っているリサイクルショップも多く、園芸用品を売るというのは現実的な方法だと言えるでしょう。売れればお金になりますし、リサイクル活動にも貢献できます。もし売れなかったとしても、無料で引き取ってくれるところなら処分料金の節約につながります。ただし、リサイクルショップの場合、無料で引き取ってくれるのはリペアなどして再利用できるもの限定です。リペアできないものや汚れがひどいものは、無料でも引き取ってもらえないでしょう。

近くにリサイクルショップがなかったり、園芸用品が大量にあるような場合などは、出張買い取りサービスを利用しましょう。自宅まで来てくれますので、ショップまで運搬する時間と手間がいりません。また、リサイクルショップに売る以外にも、ネットオークションやフリマサイトなどに出品するという方法もあります。

不用品回収業者に回収してもらう

不用になった園芸用品を、確実に処分する方法があります。それは、私たち不用品回収業者に回収を依頼することです。園芸用品ならどんなものでも回収します。量が多くても大丈夫ですし、壊れていたり、汚れていても問題ありません。当社では、軽トラ積み放題というプランもご用意しています。このプランなら軽トラにどんどん積み込むだけで、園芸用品を処分できます。一部プランは該当しませんが、積み込みは当店スタッフが担当しますので、お客様が手を汚すことはありません。使わなくなった園芸用品というものは、意外と邪魔になりますから、すぐに処分するに限ります。当社はエリア内なら最短30分でお伺いします。不用になったらすぐにご連絡ください。

不用品回収業者を選ぶコツは、口コミやネットなどでの評判をよくチェックすることです。また、料金設定が明瞭で追加料金が発生しない業者ならより安心です。お客様満足度も参考になります。当社のお客様満足度は98.7%です。ぜひご利用ください。

園芸用品を処分する際の注意点

園芸用品を処分する際の主な注意点は、2つあります。1つ目は、土の処分です。土の入った鉢植えやプランターは、ほとんど場合そのままでは自治体に出せません。土を取り出し、園芸用品とは分けて処分する必要があります。土は自然物のため、家庭ごみとしては収集しない自治体も少なくありません。土の処分は案外難しいです。土の処分に困ったときには、当社のような不用品回収業者に任せるのが良いでしょう。不用品回収業者なら、プランターなどと一緒に土も回収いたします。

2つ目は、絶対に不法投棄はしないということです。園芸用の土を家の外にまくのは不法投棄にあたります。園芸用品を捨てるのも同様です。不法投棄は犯罪ですから、絶対にしてはいけません。また、不法投棄を行うような悪質な回収業者に処分を依頼するのもやめましょう。結果的に、不法投棄に関与したと見なされかねないからです。信頼できる回収業者に任せるのが肝心ですし、安心です。

園芸用品を粗大ごみで処分する方法と料金の目安

園芸用品のうち、家庭ごみとして出せないもの、売れないものや譲れないものは粗大ごみとして処分することになります。粗大ごみの主な処分方法としては、次の5つが挙げられます。

自治体に粗大ごみとして出す

ほとんどの園芸用品は、粗大ごみとして自治体に出すことができます。ただし、処理が困難なものは自治体によっては出せない場合もありますので、自治体の粗大ごみに関するルールなどを確認しましょう。その際、処理料金もチェックしておくのがおすすめです。例えば、府中市の処理料金は枝切りバサミが200円、園芸用支柱が200~500円、スコップが200円です。一輪車の場合も500円で処分できます。園芸用品にはさまざまな種類がありますので、手持ちの園芸用品の種類が分からないときには自治体の処理センターなどに相談してみましょう。

粗大ごみの出し方や料金の支払い方法は、自治体によって違います。指定された場所と日時、そしてルールを守るのが大事です。粗大ごみには危険なものもあるため、勝手に出すと迷惑になる場合があります。また、自治体に出せない粗大ごみは他の方法で処分するしかありません。そういったものは、粗大ごみ処分のプロである当社にお任せください。

自治体の処分場に持ち込む

粗大ごみを、自治体の処分場まで自分で持ち込むという手段もあります。多くの自治体では、収集よりも持ち込みの方が処分手数料は安くなります。江戸川区の場合、収集手数料が400円のものは持ち込みなら無料です。例えば、江戸川区の植木鉢(プランター含む)の収集手数料は400円ですが、持ち込みなら無料で処分できます。1回あたり10個まで、年に3回までという制限はありますが、植木鉢なら年に30個まで無料で処分ができるということになります。収集なら12,000円かかりますので、大変お得です。

ただし、横浜市のように収集でも持ち込みでも処理手数料は変わらないというところもありますので、まずは自治体の料金を確認することから始めるのが大切です。また、持ち込みの場合は、処分場まで自身で運ばなければなりません。粗大ごみは基本的に大きいものですので、軽トラなどの用意が必要です。処分場には定休日もあります。持ち込むのは良い手段ですが、デメリットもあることは覚えておきましょう。

地元の掲示板やコミュニティセンターで欲しい人を探す

自分にとっては不用な粗大ごみでも、他の人にとっては有用なことがあります。そのため、粗大ごみとして処分する前に欲しい人がいないかどうか、確かめてみるのは良いことです。地元の掲示板サイトなどがある場合には、書き込んで欲しい人を探してみましょう。それを見た人が欲しいという人を紹介してくれる可能性もあります。コミュニティセンターの掲示板に、直接書き込むのも良いでしょう。それがきっかけで、新たな友人関係を築ける可能性もあります。欲しい人が見つかれば園芸用品をムダにしなくて済みますし、処分手数料もかかりません。

こちらの方法の注意点は、欲しい人が見つかるまで時間がかかるという点です。また、欲しいという人が遠方の場合には、運搬するための手段が必要です。相手が用意してくれるとは限りません。そもそも、地元には欲しいという人が誰もいないということも考えられます。そのため、確実に園芸用品を処分したいときには他の方法が良いでしょう。

ホームセンターや生花店などに引き取ってもらう

ホームセンターの中には、不用になった園芸用品を無料で引き取ってくれるというところもあります。同等のものとの買い替えが条件ではありますが、処分料金を節約できますのでお得です。ある大手ホームセンターでは、植木鉢やプランター、一輪車をこちらの方法で引き取っています。近くにある場合には利用してみましょう。また、大手生花店の中にも同様のサービスを実施しているところがあります。行きつけの地元の園芸用品店や生花店でも行っている可能性がありますので、心当たりがある場合には聞いてみることをおすすめします。

こちらの方法の注意点は、あくまで買い替えが条件だという点です。買い替えず、引き取りのみをお願いするのはまず無理です。園芸をやめたり、引っ越しするために園芸用品が不用になったときにはこの方法は使えません。また、引き取ってくれるのは植木鉢などに限定されている場合が多く、その他のものはほとんど引き取ってもらえませんので注意しましょう。

不用品回収業者に処分を依頼する

粗大ごみ処分の専門家と言えば、私たち不用品回収業者です。園芸用品に限らず、家庭から出る粗大ごみならどんなものでも処分可能です(一部危険物などは除きます)。大きなものでも、重たいものでもかまいません。不用になった粗大ごみは、できるだけ早く処分するのが肝心です。ごみをそのまま放置しているとそれが習慣となり、家がごみ屋敷化しかねません。また、すでにごみ屋敷になっている場合もぜひゴミ回収バスターズにお任せください。当社は物件ごとに最適なプランをご提案しています。「ゴミ屋敷かたずけプラン」もあります。

粗大ごみはまとめて処分した方がお得です。園芸用品を処分するときには、他の粗大ごみも一緒に処分することをおすすめします。もちろん園芸用品だけでもかまいません。当社の場合は単品の回収も受けつけています。回収料金は業者によって異なりますが、当社は10,000円ほどから数万円までのプランまで多数用意しています。見積もり後の追加料金は一切ありませんので、安心してお任せください。

園芸用品の処分を回収業者に依頼する方法

園芸用品の処分を回収業者に依頼する方法ですが、一番大切なのは回収業者選びです。料金だけではなく、さまざまな観点から選ぶ必要があります。基本料金が安くても、追加料金などがあるようでは安心できません。スペシャリストがおり、評価の高いところが良いでしょう。業者が決まればあとは難しくありません。一例として、当社の流れをご紹介します。まずはお申し込みですが、電話やメール、申し込みフォームやLINEでできます。希望する作業内容や回収品目をお伝えいただければ、その場での見積もりも可能です。予約が完了次第、専門のスタッフがご自宅まで伺います。

現地の状況や実際の回収品目などを確認後、確定した見積もりをお客様にご説明します。買い取り希望がある場合には、その旨もお伝えください。見積もりに納得された時点で作業を開始します。勝手に作業を始めることはありません。また、作業は見積もりどおりに行います。見積もりにない作業を追加することはありません。作業終了後、お客様に状況を確認していただきます。積み残しや作業漏れなどがなければ作業完了で、お支払いとなります。現金やクレジットカード、銀行振り込みでお支払い可能です。

まとめ

園芸は楽しいものですが、なんらかの事情でやめたときには園芸用品の処分が必要です。大きな園芸用品の処分は簡単ではありません。また、ひとつひとつは小さくても、多数集まれば処分するのは難しくなります。そういった不用品の処分は、私たち不用品回収業者の出番です。電話一本で不用品の回収をいたします。園芸用品の処分に困ったら、ぜひ当社にご連絡ください。

関連記事

お気軽に無料相談 通話無料

受付時間 / 9:00〜21:00(年中無休)

フォームからのお問い合わせはこちら

東京・埼玉・神奈川・千葉・
栃木・群馬・茨城エリアを対応

 不用品ゴミ回収料金プラン

単品アイテムのみならず、大量の不用品回収もご対応できます!!
様々なご要望に応える豊富なプランをご用意しております!!

  • 10月~11月限定!

    軽トラ積み放題
    Sパック
    こちらのサービスはお客様ご自身で運んでいただくプランです!
    費用を安く抑えたいお客様のためのプランとなっております!
    トラック近く3メートルまで。
    11月30日まで!! ¥10,000(税別)
    ※リサイクル家電4品目・PC関連除く
    9,000円(税別)

    東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県

  • 軽トラ積み放題
    Sパックプラス
    こちらのサービスは不用品の運び出しからトラックへの積み込みまで全て当店スタッフが行います!
    お客様は見ているだけのらくらくパックになっております!
    14,800円(税別)
  • 軽トラ積み放題
    Lパック
    こちらのサービスはお客様ご自身で運んでいただくプランです!
    費用を安く抑えたいお客様や、体力に自信がある方へのプランとなります!大きな家具や結構量がある方へおススメ!トラック近く3メートルまで
    24,800円(税別)
  • 当店一番人気!

    軽トラ積み放題
    Lパックプラス
    こちらサービスは不用品の運び出しからトラックへの積み込みまで全て当店スタッフが行います!
    お客様は見ているだけのらくらくパックとなっております!大きな家具や結構量がある方へおススメ!
    29,800円(税別)
  • 2トン積み放題
    Sパックプラス
    かなり量がある方、ご自身で運び出し困難な回収物がある方へのおすすめのプランです!
    39,800円(税別)
  • 2トン積み放題
    Lパック
    一軒家まるまる大量な回収物がある方へのプランです!当店スタッフが運び出しすることをオススメします!
    54,800円(税別)
  • 2トン積み放題
    Lパックプラス
    一軒家まるまる大量な回収物がある方へのプランです!
    3人がけソファや大型家具、家電など一人で運び出し困難な回収物や梱包作業など全て当店スタッフが行います!
    59,800円(税別)
  • ゴミ屋敷
    かたづけパック
    どんな大規模なゴミ屋敷でもスピード解決いたします。作業時間が長くなってしまうと、お客様にも負担をかけてしまうため、できるだけ早く作業を終えられるよう努めています。
    お見積完全無料・経験豊富なスタッフがお客様にとって最適なご提案をさせて頂きます。
    50,000円(税別)~
  • 遺品整理パック
    経験豊富なスタッフが極め細やかな仕分け作業を迅速に行ないます。仕分け中に出てきた貴金属や家電など、買取可能なリサイクルやリユース品はできるだけ買取させていただき、不用品処分の軽減に努めております。お見積完全無料・経験豊富なスタッフがお客様にとって最適なご提案をさせて頂きます。
    30,000円(税別)~
【注意事項】
  • ・単品回収については作業スタッフが一名でお伺いすることがございますので、運び出しを手伝っていただいたり、玄関前に運び出していただく場合がございます。
  • ・単品回収については5000円以上から回収に伺います。
  • ・高額な処理費用や工賃がかかる不用品に関しては、別途料金がかかる場合がございます。
  • ・お見積りの連絡なしのキャンセルは交通費10000円をいただく場合がございます。

不用品回収アイテム関連記事は量や作業内容によって料金が異なる場合がございます。
お気軽に電話やフォームにてお問い合わせいただけますと幸いです。

お気軽に無料相談 通話無料

受付時間 / 9:00〜21:00(年中無休)

フォームからのお問い合わせはこちら

東京・埼玉・神奈川・千葉・
栃木・群馬・茨城エリアを対応