▼対応エリアのご注意点

対応エリアご注意

東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、茨城県、栃木県1都6県のみの対応となります!

不用品となったシーリングライトの処分方法を徹底解説!

シーリングライトは、小さいものから大きいものまで種類やサイズが豊富です。手持ちのシーリングライトに合わせ、処分方法を選びましょう。シーリングライトの主な処分方法は次の4つです。

不用品となったシーリングライトの処分方法

友人・知人に譲る

シーリングライトを、友人や知人に譲るのは有効な方法です。処分費用がかかりませんし、ごみにならないので地球に優しいのもメリットです。シーリングライトは手で触れる頻度の少ない照明器具なので、普通に使用しているぶんには、あまり汚れません。そのため中古品でも、譲ってほしいという友人・知人がいるかもしれないのです。まだまだ使えるようなら、欲しくないかどうか積極的に聞いてみましょう。シーリングライトは製品の性質上さほど重くないので、持ち運びやすいのもよい点です。

ただし、たとえ使えるようでも、いらなくなったシーリングライトを無理やり押し付けるのは避けましょう。人間関係が悪くなったり、余計なトラブルが発生したりする可能性が生じます。親しい友人・知人だからといって甘えるのではなく、お互いの利益が一致したときにのみ譲るのが大事です。中古のシーリングライトを欲しい人が見つからない場合には、他の方法を模索してみましょう。

オークションやリサイクルショップを利用して売る

使用可能なシーリングライトは、ネットオークションやフリマサイト、リサイクルショップを利用して売ることもできます。デザインがよく希少なものなら、思ったよりも高く売れるかもしれません。たとえ安かったとしても、売れるのであればお金になります。ごみとして出すことを考えれば、お得な方法だと言えるでしょう。ただし必ず売れるとは限りません。リサイクルショップに持ち込んでも、買い取ってはもらえない可能性があるのです。売れなければ、また持ち帰るしかありません。二度手間になりますし、時間の浪費につながります。

また、ネットオークションやフリマサイトの場合には、写真を撮ったり、口座を登録したりといった準備が必要です。シーリングライトの状態によっては、なかなか売れないこともあるでしょう。売れるまで保管しなくてはいけないのも問題点です。確実にシーリングライトを処分したいのであれば、専門業者に依頼することをおすすめします。

家庭ごみとして自治体に出す

ごみとして処分する手軽な方法は、自治体に家庭ごみとして出すことです。費用が比較的安くすみますし、指定された袋に入れるだけなので簡単です。とはいっても、どんなシーリングライトでも家庭ごみとして出せるというわけではありません。自治体が決めた、サイズ内のものに限ります。サイズは自治体によって違いますが、30センチメートル未満であるのが一般的な傾向です。中には50センチメートルまでOKな自治体もあるので、事前に確認しておきましょう。基準以上のものは粗大ごみとなります。

自治体のルールに従い、しっかりと分別することも大事です。シーリングライトは金属や電球、プラスチックで構成されているので、基本的には不燃ごみです。不燃ごみを可燃ごみとして出すことはできません。自治体によっては、不燃ごみを出せる日が少ないところもあります。その場合、なかなか処分できないのがこの方法のデメリットです。

不用品回収業者に回収してもらう

シーリングライトの処分は、私たち不用品回収業者にお任せください。高い場所にシーリングライトが設置されている場合、取り外すのが困難なことがあります。不用品回収業者なら、スタッフが取り外し作業を行うので安心です。数が多くても大丈夫ですし、大きなものでも問題ありません。処分する日時を選べるというのも、不用品回収業者のよい点です。事前の申し込みがあれば、希望する日時に回収します。急な引っ越しなどにもできる限り対応しますし、エリアによっては申し込み当日の作業も可能です。

私たちは不用品回収のプロなので、ご要望があれば他の不用品もまとめて処分します。不用品を一掃することで、より気持ちよく生活できるようになるでしょう。シーリングライトの状態によっては、買い取りも可能です。ごみはすぐに処分するに限ります。シーリングライトを含め、不用品の処分に困っている場合には、専門家である不用品回収業者に依頼することをおすすめします。

シーリングライトを処分する際の注意ポイントとは

シーリングライトを処分する際の注意ポイントは2つです。まず気をつけなければならないのが、シーリングライトの取り外しです。天井などの高い場所に設置されていることが多く、取り外しには少なからず危険がともないます。特に注意が必要なのが、脚立を使っての取り外し作業です。脚立の天板の上に立って作業をするのは避けましょう。思わず転倒してしまう場合があります。天板をまたぎ、腰かけるようにして作業するのが、脚立の基本的な使い方です。シーリングライトに手が届かないときには、専門家に任せましょう。

また、シーリングライトを自治体にごみとして出すのは、意外に面倒なものです。大きさによって出し方が変わりますし、分解するのも簡単ではありません。仮に分解できたとしても、可燃ごみと不燃ごみに分ける必要が生じます。自治体によっては、電球や蛍光管は危険物に含まれます。こうした作業が面倒なときには、他の処分方法を選ぶのが賢明です。

粗大ごみとしてシーリングライトを処分する方法と料金相場

家庭ごみとして出せなかったり、売ることができなかったりしたシーリングライトは、粗大ごみとして処分するしかありません。主な処分方法は次の5つなので、状況に合わせて選びましょう。

粗大ごみとして自治体に出す

自治体が指定した基準以上に大きなサイズのものは、粗大ごみとして処分することになります。シーリングライトの形状は、円形だったり、紡錘形だったりとさまざまです。細長いものは全長が、円形のものは直径が基準となります。また、重さによっても粗大ごみとなることがあります。シーリングライトは基本的には軽量なものですが、自治体の基準以内かどうか、確かめておくのが大事です。粗大ごみの出しかたは自治体によって異なります。自治体が発行している「ごみの出し方ガイド」などをチェックして、正しい方法で出しましょう。

粗大ごみの処分料金は品目ごとに違います。同時に幾つも捨てるのならば、その分料金がかかります。シーリングライトの点数が多いときには、他の方法の方が安上がりになることもあります。また自治体に処分を依頼する場合、指定された日時以外には出せないので注意が必要です。

処分場に自分で持ち込んで処分する

粗大ごみを自分で処分場まで運び、処分してもらうという方法もあります。自治体に粗大ごみとして出すと、1点ごとに処分料金がかかりますが、処分場の場合は違います。重量によって処分料金が決まるのが、一般的な処分場のシステムです。シーリングライトの数が多かったり、他のものも一緒に処分したかったりするのなら、処分場に持ち込んだ方がよいでしょう。また処分場は、営業時間内ならばいつでも処分ができます。状況により粗大ごみとして出す方法と、処分場に持ち込む方法を使い分けるのが賢明です。

ただし処分場を利用するには車が必要です。車を所有しているか、誰かから借りることができなければこの方法は使えません。車を用意できなかったり、量が多くてトラックが必要だったりする場合には、専門業者に依頼するとよいでしょう。費用はかかりますが、手間なくシーリングライトなどを処分できます。

引っ越し業者に処分してもらう

引っ越し先でシーリングライトが使えず、処分しなければならなくなるのは珍しくありません。そういった場合、引っ越し業者に処分を依頼する方法が役立ちます。引っ越しスタッフがシーリングライトの取り外しを行ってくれますし、引っ越し荷物と一緒に持ち去ってくれるので、前もって自分で処分しなくてすみます。急に引っ越しが決まったときなどは特に、とても助かることでしょう。このように、引っ越し業者に処分を依頼するのはよい方法ですが、問題点もあります。それは処分の手数料です。引っ越し時の粗大ごみの処分には、お金がかかります。無料ではありません。引っ越しプランにはない処分を頼むと、追加料金が発生します。

費用は引っ越し業者によって違いますが、照明器具の相場は1点あたり3,500円ほどです。中には粗大ごみの処分を行っていない業者もあります。引っ越し業者に頼むのなら、事前に粗大ごみの回収に関する項目をよくチェックしておくのが大事です。

電気店や家電量販店に依頼する

シーリングライトを買い替えるとき、購入した電気店で無料で処分してもらえる場合があります。処分費用がかかりませんし、電気店のスタッフは電気製品の取り扱いに慣れていることが多いので、安心して任せられるのもメリットです。新しいものと交換してもらえますし、古いものは持ち帰ってくれます。買い替えず、処分だけをお願いするのは難しいでしょう。というのは、古いシーリングライトの処分はあくまで買い替え時のサービスだからです。普段から交流のある電気店だとしても、粗大ごみの処分だけを依頼するのは避けるのが賢明です。家電量販店の中には、シーリングライトを持ち込むことで有料で処分してくれるところがあります。

処分料金は家電量販店によって異なりますが、相場は1,000円くらいです。持ち込むには自動車が必要ですし、手間がかかります。家電量販店が近くになかったり、持ち込むのが面倒だったりする場合、専門業者に回収を依頼するのがよいでしょう。

不用品回収業者に粗大ごみとして処分してもらう

いらなくなったシーリングライトなどの粗大ごみを、確実に処分する方法があります。それは私たち不用品回収業者に処分を依頼することです。シーリングライトに限らず、どんなものでも回収します。当店の場合には、1点だけでも回収可能です。積み放題プランなら、シーリングライトなどのごみをトラックに積めるだけ積んで処分できます。荷台に載せられる量であれば、ごみの種類や形状は基本的に問いません。ごみとして出せるかどうか、悩む必要がないのも不用品回収業者に依頼するメリットです。

また当店ではさまざまなプランを用意しており、ごみの量や予算に合わせて選べます。10,000円ほどのプランもありますし、お得な限定料金を設定している場合もあります。屋敷内に大量にごみがあるときには、「ゴミ屋敷かたづけパック」がおすすめです。不用なごみは、できるだけ早く処分するのが肝心です。増えすぎて収拾がつかなくなる前に、不用品回収業者に相談しましょう。

不用品回収業者にシーリングライトの処分を依頼する方法

シーリングライトの処分を不用品回収業者に依頼するとき、最初に行う手順は回収の申し込みです。希望する日時と回収品、作業内容を、電話やメール、申し込みフォームなどを利用して申し込みます。当店では電話での見積もりも可能です。また、LINEによる申し込みも受け付けています。予約完了後、専門的知識を有するスタッフがご自宅まで伺い、実際の現場と回収品の確認を行います。その後、確定した見積もり金額を詳しく説明しますので、不明点などがあるときには遠慮なくお申し付けください。見積もりに了解された時点で、作業開始です。作業は見積もりに沿って行います。

当店の場合、無断で作業を増やしたり、追加料金が発生したりすることはありません。ご安心ください。回収品の積み込み作業は基本的にスタッフが行いますが、プランによってはお客様自身の作業となることもあります。積み込みなどの終了後、積み忘れがないか、作業もれがないか、スタッフと共にご確認ください。何もなければ作業完了です。料金のお支払いは、全作業が終わった後です。その場で現金やクレジットカードでの支払いとなります。銀行振り込みも可能です。お客様の都合のよい方をお選びください。

まとめ

シーリングライトは基本的には長く使用できるものですが、引っ越しなどにより使えなくなる場合があります。また、家具や内装を変えた際、一緒に交換することもあるでしょう。いらなくなったシーリングライトは邪魔になるだけなので、処分するのが肝心です。処分方法はいくつかありますが、おすすめなのは私たち不用品回収業者に依頼することです。口コミなどを参考にして評判のよい業者を選び、早めに処分しましょう。

関連記事

お電話の方はこちらから
電話:0120935930

受付時間 / 9:00〜21:00(年中無休)

フォームからのお問い合わせはこちら
無料相談・お見積もり

 不用品ゴミ回収料金プラン

単品アイテムのみならず、大量の不用品回収もご対応できます!!
様々なご要望に応える豊富なプランをご用意しております!!

  • 10月~11月限定!

    軽トラ積み放題
    Sパック
    こちらのサービスはお客様ご自身で運んでいただくプランです!
    費用を安く抑えたいお客様のためのプランとなっております!
    トラック近く3メートルまで。
    11月30日まで!! ¥10,000(税別)
    ※リサイクル家電4品目・PC関連除く
    9,000円(税別)

    東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県

  • 軽トラ積み放題
    Sパックプラス
    こちらのサービスは不用品の運び出しからトラックへの積み込みまで全て当店スタッフが行います!
    お客様は見ているだけのらくらくパックになっております!
    14,800円(税別)
  • 軽トラ積み放題
    Lパック
    こちらのサービスはお客様ご自身で運んでいただくプランです!
    費用を安く抑えたいお客様や、体力に自信がある方へのプランとなります!大きな家具や結構量がある方へおススメ!トラック近く3メートルまで
    24,800円(税別)
  • 当店一番人気!

    軽トラ積み放題
    Lパックプラス
    こちらサービスは不用品の運び出しからトラックへの積み込みまで全て当店スタッフが行います!
    お客様は見ているだけのらくらくパックとなっております!大きな家具や結構量がある方へおススメ!
    29,800円(税別)
  • 2トン積み放題
    Sパックプラス
    かなり量がある方、ご自身で運び出し困難な回収物がある方へのおすすめのプランです!
    39,800円(税別)
  • 2トン積み放題
    Lパック
    一軒家まるまる大量な回収物がある方へのプランです!当店スタッフが運び出しすることをオススメします!
    54,800円(税別)
  • 2トン積み放題
    Lパックプラス
    一軒家まるまる大量な回収物がある方へのプランです!
    3人がけソファや大型家具、家電など一人で運び出し困難な回収物や梱包作業など全て当店スタッフが行います!
    59,800円(税別)
  • ゴミ屋敷
    かたづけパック
    どんな大規模なゴミ屋敷でもスピード解決いたします。作業時間が長くなってしまうと、お客様にも負担をかけてしまうため、できるだけ早く作業を終えられるよう努めています。
    お見積完全無料・経験豊富なスタッフがお客様にとって最適なご提案をさせて頂きます。
    50,000円(税別)~
  • 遺品整理パック
    経験豊富なスタッフが極め細やかな仕分け作業を迅速に行ないます。仕分け中に出てきた貴金属や家電など、買取可能なリサイクルやリユース品はできるだけ買取させていただき、不用品処分の軽減に努めております。お見積完全無料・経験豊富なスタッフがお客様にとって最適なご提案をさせて頂きます。
    30,000円(税別)~
【注意事項】
  • ・単品回収については作業スタッフが一名でお伺いすることがございますので、運び出しを手伝っていただいたり、玄関前に運び出していただく場合がございます。
  • ・単品回収については5000円以上から回収に伺います。
  • ・高額な処理費用や工賃がかかる不用品に関しては、別途料金がかかる場合がございます。
  • ・お見積りの連絡なしのキャンセルは交通費10000円をいただく場合がございます。

不用品回収アイテム関連記事は量や作業内容によって料金が異なる場合がございます。
お気軽に電話やフォームにてお問い合わせいただけますと幸いです。

お電話の方はこちらから
電話:0120935930

受付時間 / 9:00〜21:00(年中無休)

フォームからのお問い合わせはこちら
無料相談・お見積もり