▼対応エリアのご注意点

対応エリアご注意

東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、茨城県、栃木県1都6県のみの対応となります!

不用品となった物干し台の処分方法を徹底解説!

この記事では物干し台の処分方法として考えられるものを紹介します。

不用品となった物干し台の処分方法

処分方法1:リサイクルショップに売る

まだ使える状態の物干し台なら、リサイクルショップに売却するという方法があります。リサイクルショップの良い点は幅広いジャンルの品物を売却できるところです。「これはどこに売ったらいいのだろう」という物品は取り敢えずリサイクルショップに持ち込めば引き取ってもらえる可能性があります。捨ててしまうのはもったいないという物品を処分する場合、リサイクルショップは適しているでしょう。ただし、リサイクルショップはさまざまな種類の商品を売却できる分、1つ1つのジャンルの専門性はそれほど高くありません。よほど人気のあるアイテムでない限り、見た目のきれいさやモデルの新しさによって買取価格が決まります。また、高額な査定はあまり期待できないでしょう。なお、物干し台自体、サイズがかなり大きなアイテムなので店舗に持込む手段を考える必要もあります。店舗が自宅からかなり近距離にでもない限り、車などを使用しなくてはなりません。

処分方法2:フリマサイトなどで売る

できる限り高値で売り払い処分したいという場合は、フリマサイトを利用する方法もあります。フリマサイトは不用品を誰でも簡単に出品できる点がポイントです。また、ネットを経由して不特定多数のユーザーが閲覧するため、買い手が見つかる可能性が高いこともメリットです。そして、買取額は出品者が自分で自由に設定できるので、買取依頼した場合の相場以上の価格で売れることもあるでしょう。ただし、フリマサイトに出品しても買い手がつかない場合もあります。購入者が現れない限りは物干し台はずっと手元に残ったままになるため、早めに処分したいときには向かないでしょう。また、物干し台はサイズが大きいので、購入者に届ける際の送料も高額になります。送料以上の金額で売れないとプラスになりませんが、価格を高く設定すると購入者は見つかりにくくなるので、バランスが難しいと言えます。

処分方法3:誰かに譲る

友人・家族・職場の同僚など、周りの誰かに譲るという方法も1つです。まだ使える品を捨てるのはしのびないという人でも、ほかの人が使ってくれることで手放しやすく感じられるかもしれません。また、全く見知らぬ人に譲るより知っている人に譲る方がなんとなく安心感もあるものです。ただし、物干し台はサイズが大きく、広めのベランダや庭などがなければ設置は難しい物品です。そのため、欲しいという人がなかなか現れない可能性もあるでしょう。また、気軽に受け渡しできるようなサイズではないので、どのように運ぶかという問題も生じます。

処分方法4:解体して普通ごみに出す

物干し台によっては、解体してバラバラのパーツにすることもできるかもしれません。1つ1つのサイズが小さければ、普通ごみとして自治体の収集に出せる場合もあります。いつも可燃ごみなどを出している場所にそのまま捨てられるので、カジュアルに処分できます。ただし、ただ分解しただけではパーツ1つのサイズは小さくなりません。さらに小さくするとなるとノコギリなど工具を使用しなければならず、大きな手間がかかるでしょう。普通ごみに出すという手段自体は手軽ですが、解体の手間なども考えると総合的に手軽と言い切れるかは微妙です。なお、元のサイズが普通ごみの対象外となるアイテムは、たとえ解体しても普通ごみとして取り扱わないという自治体もあるため注意が必要です。

物干し台を処分する際の注意点

物干し台を処分する際気を付けるべき点は、やはりサイズと重さでしょう。洗濯物を干す(物干し竿を設置する)道具という特性上、どのようなタイプでもある程度サイズや重さがかさみます。そのため、気軽に持ち運ぶことができません。長距離を移動しなければならない処分方法は車などが必須となります。

なお、物干し台の状態もしっかり確認しておきましょう。特に、フリマサイトでの売却や、周りの人への譲渡を検討している場合は要チェックです。物干し台は基本的に屋外に設置して使うものなので、天候や気温の影響などで劣化していることも少なくありません。使える状態だと思っていたものが実は壊れる寸前だったということになると、購入先や譲渡先でほとんど使用できない事態にもなりかねません。トラブルを避けるためにも、処分方法を考えるときには、まず物干し台の状態確認から始めましょう。

物干し台を粗大ごみで処分する方法、料金

それでは、物干し台を粗大ごみで処分する場合の方法の詳細と、各方法の料金を見ていきましょう。

処分方法+料金1:自治体に粗大ごみとして収集依頼する

粗大ごみを処分する場合、一般的な方法の1つとして自治体に収集依頼をする方法があります。一定サイズ以上のごみは普通ごみとして捨てることはできませんが、粗大ごみとして収集依頼すれば回収してもらえます。自治体ごとに設けている粗大ごみ受付に申込みし、自治体が指定する収集日に自宅の前や近所の収集場所に出しておくという仕組みです。手数料はおおよそ800~1,000円ほど。なお、手数料は収集日まで指定の場所で支払う、収集業者に直接支払うなど自治体によって異なります。その自治体に住んでいる人であれば誰でも利用できる処分方法ですが、申込みや手数料の手数料の事前支払い、粗大ごみの運び出しなど収集までの手間が多いことはネックと言えます。また、自治体の収集の混雑状況によっては、収集日が後ろにずれこみ、収集まで半月以上かかる場合もあるので注意が必要です。

処分方法+料金2:自治体の指定場所に自分で持込む

自治体に渡して処分する場合、収集依頼のほか自分で持込む方法もあります。自治体が指定する処分施設に物干し台を直接搬入するというものです。手数料は収集依頼した場合の半額など、安く設定している自治体がよく見られます。収集依頼すると収集日は自治体に指定されることがほとんどですが、持込みの場合は自分で都合の良い日程を選べます。自分のタイミングで物干し台を処分したい方には適しているでしょう。ただし、処分施設までどのように物干し台を運ぶかという点は考えなければなりません。処分施設は市区町村の中に数か所ほどなので、自宅から処分施設まで距離がある人も多いでしょう。物干し台は重量がある粗大ごみなので、車などを利用しなければ運び込むのが難しいと考えられます。

処分方法+料金3:家具家電販売店に引き取ってもらう

家具家電販売店などによっては、商品を購入したときに古い商品を引き取ってくれるサービスを行っている場合があります。手数料はまちまちで、無料のところもあれば数千円ほどかかるところもあります。また、店舗に持込めない場合、出張引取をしてくれる店舗もありますが、その際は出張料が発生することが多いでしょう。なお、このサービスでは基本的に店舗で購入した商品と同じ種類の商品しか引き取ってもらえません。つまり、新しい物干し台を購入した場合のみ、不用な物干し台を引き取ってもらえるので、買い替えを想定していない人はそもそもこのサービスを利用できません。

処分方法+料金4:引越し業者の処分サービスを利用する

物干し台を処分したいタイミングが引越し時であれば、引越し業者の不用品処分サービスを利用する方法もあります。引越しする際は家の中の荷物を一気に整理するため、不用品が出やすくなります。そこで引越しサービスの利用者を対象に、引越し時の不用品をそのまま回収するサービスを用意している引越し業者もいるのです。新居でも使う荷物を運び出したら、不用な荷物はそのまま業者に回収を依頼できるため非常に手軽です。また、処分を別の業者に頼むと引越し当日に引越し業者と回収業者が入り乱れ作業が煩雑になってしまう可能性もあるので、ワンストップでシンプルに作業を頼める点も長所と言えます。料金はおおよそ数千円ほどです。ただし、これは引っ越しサービス利用者を対象にしたサービスであり、引越しをしない場合は利用できないので注意が必要です。

処分方法+料金5:不用品回収業者に依頼する

手間をかけずに手軽にスピーディーに処分したい場合は不用品回収業者に依頼する方法がおすすめです。弊社を例にすると、回収依頼のご相談を年中無休で受け付けておりますので、依頼者は処分したいと思ったときにいつでも行動することができます(メールのご連絡は24時間受け付けております)。作業日程は依頼者の希望最優先です。ご連絡いただいた当日に回収作業を行うことも可能なので、急遽処分しなければならない場合にもしっかり対応できます。料金は物干し台1台なら数千円ほどです。1点からでも回収可能ですが、もし同時に回収を希望される不用品が複数あれば、さらにお得になります。運び出しから回収まで全て業者に任せられるため、楽に物干し台を処分したい方にぴったりです。

物干し台の処分を業者に依頼する方法

物干し台の処分を不用品回収業者に依頼する場合の方法を、弊社の流れで説明します。まずは回収依頼のご相談をいただきます。電話・メールなどでご連絡いただいた後、物干し台が置いてある住所、数量、サイズなど回収品の内容を伺って見積りをお知らせします。見積りは作業内容や作業料金などをあらかじめお客様に把握していただくため、非常に重要なものです。見積り内容をご確認いただき、問題がないようでしたら作業の手配をいたします。弊社内の作業の混雑具合にもよりますが、ご連絡いただいた当日に回収に伺うことも可能ですので、希望される方はぜひご相談ください。

作業当日はお客様に立ち会いをお願いしています。立ち会いなしでの回収はできませんのでご了承ください。作業時にお客様にお手伝いいただくことはありません(お客様の運び出しが前提のプランもあります)。家の敷地内からの運び出しが難しい場合は弊社スタッフが対応いたします。2階のベランダなど、高所にある場合でも対応できますのでお任せください。作業が全て完了したら状況をご確認いただき、作業料金のお支払いをお願いして終了です。

まとめ

物干し台はサイズが大きく重量もあり、またさまざまな材質が使われているため、どう捨てたら良いかわからず悩む方もよく見られます。そのような場合はぜひ私たちゴミ回収バスターズにお任せください。処分にお困りの物干し台を素早く回収に伺います。丁寧で迅速な作業や誠実な対応をモットーに、関東エリアで多数の実績を重ねております。ぜひお気軽にご相談ください。

関連記事

お電話の方はこちらから
電話:0120935930

受付時間 / 9:00〜21:00(年中無休)

フォームからのお問い合わせはこちら
無料相談・お見積もり

 不用品ゴミ回収料金プラン

単品アイテムのみならず、大量の不用品回収もご対応できます!!
様々なご要望に応える豊富なプランをご用意しております!!

  • 3~4月限定!

    軽トラ積み放題
    Sパック
    こちらのサービスはお客様ご自身で運んでいただくプランです!
    費用を安く抑えたいお客様のためのプランとなっております!
    トラック近く3メートルまで。
    4月30日まで!! ¥10,000(税別)
    ※リサイクル家電4品目・PC関連除く
    9,000円(税別)

    東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県

  • 軽トラ積み放題
    Sパックプラス
    こちらのサービスは不用品の運び出しからトラックへの積み込みまで全て当店スタッフが行います!
    お客様は見ているだけのらくらくパックになっております!
    14,800円(税別)
  • 軽トラ積み放題
    Lパック
    こちらのサービスはお客様ご自身で運んでいただくプランです!
    費用を安く抑えたいお客様や、体力に自信がある方へのプランとなります!大きな家具や結構量がある方へおススメ!トラック近く3メートルまで
    24,800円(税別)
  • 2トン積み放題
    Sパックプラス
    かなり量がある方、ご自身で運び出し困難な回収物がある方へのおすすめのプランです!
    39,800円(税別)
  • 2トン積み放題
    Lパック
    一軒家まるまる大量な回収物がある方へのプランです!当店スタッフが運び出しすることをオススメします!
    54,800円(税別)
  • 2トン積み放題
    Lパックプラス
    一軒家まるまる大量な回収物がある方へのプランです!
    3人がけソファや大型家具、家電など一人で運び出し困難な回収物や梱包作業など全て当店スタッフが行います!
    59,800円(税別)
  • ゴミ屋敷
    かたづけパック
    どんな大規模なゴミ屋敷でもスピード解決いたします。作業時間が長くなってしまうと、お客様にも負担をかけてしまうため、できるだけ早く作業を終えられるよう努めています。
    お見積完全無料・経験豊富なスタッフがお客様にとって最適なご提案をさせて頂きます。
    50,000円(税別)~
  • 遺品整理パック
    経験豊富なスタッフが極め細やかな仕分け作業を迅速に行ないます。仕分け中に出てきた貴金属や家電など、買取可能なリサイクルやリユース品はできるだけ買取させていただき、不用品処分の軽減に努めております。お見積完全無料・経験豊富なスタッフがお客様にとって最適なご提案をさせて頂きます。
    30,000円(税別)~
【料金の注意事項】
  • ・単品回収については作業スタッフが一名でお伺いすることがございますので、運び出しを手伝っていただいたり、玄関前に運び出していただく場合がございます。
  • ・単品回収については5000円以上から回収に伺います。
  • ・高額な処理費用や工賃がかかる不用品に関しては、別途料金がかかる場合がございます。
  • ・お見積りの連絡なしのキャンセルは交通費10000円をいただく場合がございます。

不用品回収アイテム関連記事は量や作業内容によって料金が異なる場合がございます。
お気軽に電話やフォームにてお問い合わせいただけますと幸いです。

お電話の方はこちらから
電話:0120935930

受付時間 / 9:00〜21:00(年中無休)

フォームからのお問い合わせはこちら
無料相談・お見積もり