▼対応エリアのご注意点

対応エリアご注意

東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、茨城県、栃木県1都6県のみの対応となります!

不用品となったラックの処分方法を徹底解説!

この記事ではラックの処分方法を紹介します。ラックの処分でお困りの方はぜひご参照ください。

不用品となったラックの処分方法

処分方法1:プラスチック製なら燃えるゴミに

自治体によっては、プラスチック製のラックを燃えるゴミとして回収していますが、サイズが大きいプラスチック製のラックは、燃えないゴミや大型ゴミとして扱われるケースもあるので注意してください。例えば、80cmを超える大きめのプラスチック製のラックは大型ゴミ、30cmから80cm程度のサイズなら燃えないゴミ、30cm以下の小さなサイズなら燃えるゴミなどと、サイズによって分けている自治体もあります。

大きいプラスチック製のラックを燃えるゴミとして回収してもらいたいなら、解体するのが良い手段です。プラスチックを切断できるノコギリを使用して、燃えるゴミで回収されるサイズに小さくまとめ、自治体指定のごみ袋に入れましょう。様々な素材を切断できるノコギリはホームセンターなどで販売されていますし、コンパクトな商品であれば安価に購入できます。ただし、自治体によってはラックを解体しても粗大ごみとして扱われる場合もありますので、処分する前に調べておくのが大切です。

処分方法2:スチールラックの処分方法

スチールラックは金属製ですので、自治体で回収してもらう場合は粗大ごみに分けられます。しかし、すべてのスチールラックを回収対象としていない自治体もあるので、専用ホームページなどで情報をチェックしておきましょう。特に、大型の場合や解体できない状態であれば、回収の対象外となるケースもあります。古くなったスチールラックは汚れたり錆たりして解体が難しくなっていることもありますので、自分で処分したいラックの状態を確かめておくのも大切です。

自治体に回収してもらう以外の方法では、不用品回収業者を利用する手段があります。重量があるラックや解体不可能な状態でも、家からの搬出作業を業者にすべて任せられるため、手間を軽減できますし、解体作業中に怪我をすることもありません。業者へ連絡しスケジュールが合えば即日搬出運搬して貰うことも可能です。

処分方法3:自分で売る

中古の家具などを取り扱っている買取業者へいらなくなったラックを買取りしてもらうと、搬出作業や輸送の代金をかけずに処分することができます。人気家具ブランドの木製ラックなどは査定額が高額になるケースもありますから、いらないもので収入を得られてお得です。大型のアイテムを中古買取業者に査定して貰いたい場合は、訪問買取を行っている業者を選ぶだけでなく、口コミなどで評判をチェックしてから利用してください。

人気があったり高価だったりするラックではなく、専門家による査定が必要でないケースでは、リサイクル業者に売る手段もありますが、不用品回収業者でも買取が可能なケースも多いです。買取額が安価であっても利用料の軽減につながるのでお得感があるでしょう。また、フリマアプリやオークションサイトを利用して販売する手段もあります。希望する金額で売りやすいのがメリットですが、ラックはサイズが大きいため送料の負担が大きいのと、自分で梱包して輸送する手間がかかりがちです。

処分方法4:リユースする手段もアリ

ラックには様々な使い道があります。例えば、マガジンラックを処分したい場合に、まだ使える状態であれば、キッチンに運んで食器棚としても使用できるでしょう。木製であれば、キッチンに合ったカラーリングにペイントすれば新品のような状態で使える可能性もありますし、背の高いマガジンラックなら用途に合わせた高さにリメイクしたり、底の部分にキャスターをつけてキッチンカートにしたりもできます。

スチールラックなら、物置や倉庫などに運んで収納棚にすれば収納物を整理しやすくなる他、ベランダなどで植物を飾る棚として使えるでしょう。プラスチック製なら、本体が傷んでおらず強度がしっかりしていれば押し入れの整理棚や、おもちゃを収納したり、ゴミの分別棚にしたりして十分使えます。ラックの処分を考えたらまず、別の場所や用途で使えないかを考えて、どうしても使う場所がないなら処分をするようにしましょう。

ラックの処分で注意したいポイント!

粗大ごみの回収ではない方法でラックを処分する際には、まず処分したいラックの素材や状態に注目し、リユースできるのか、解体できるのかを見極めましょう。自分の家でまだ使い道がある場合や、他の人に使ってもらえる状態であれば、燃えるゴミに出してしまうのはもったいないです。燃えるゴミに出す際には、各自治体のルールを必ず守って処分をしてください。サイズによってはプラスチックでも燃えるゴミにならない場合もありますので、詳しいことが分からない場合は、自治体へ問い合わせましょう。ラックを使用も解体もできない場合は不用品回収業者や買取業者などへ依頼すると良いですが、優良な業者を選択する必要があります。

見積もりとは異なる金額を搬出作業後に提示したり、査定額と実際の買取額に差があったりするケースもあるようです。過去には利用者様が処分したくないものまで運び出された事例もありました。業者の利用前にはホームページなどで詳しい情報をチェックして、必ず作業前に明確な見積書を提示してもらいましょう。携帯電話だけで受付している業者や、運搬に使うトラックに社名が書かれていない業者は悪質業者の可能性が高いです。不法投棄や個人情報の流出につながる場合もありますので、所在地などの連絡先がはっきりしているのに加えて、評判の良い業者を選ぶようにしてください。

ラックを粗大ゴミで処分する方法

処分方法+料金1:粗大ごみの大きさで手数料が異なる自治体の場合

多くの自治体でラック類は粗大ゴミとして回収しています。オーディオラックやCDラック、スチール棚やランドリーラックなどです。自治体ごとに申し込み方法は異なり、だいたいが電話受付ですが、近年ではインターネット受付を行っているケースも少なくありません。ただし、例えば目黒区の場合では、インターネット受付ができない品目があるため事前にホームページで確認する必要があります。目黒区の手数料はサイズ別で5種類に分かれていて、粗大ごみの高さ・幅・奥行きの中から長い2辺の合計を計測したもので料金を決定します。

2辺の合計が140cm以下は「小」サイズで手数料300円、140cmから200cmは「中」サイズで600円、200cmから270cmは「大」サイズで1,000円、270cmから360cmは「特大」で1,700円、360cmを超える場合は「極大」で2,400円です。「大」サイズ以上のラック類はすべて解体してから回収に出す必要があります。ゴミ処理券の取扱店で該当する金額の有料粗大ごみ処理券を購入し、処分するラックに貼り付けて収集日の午前8時までに自宅前へ搬出してください。

処分方法+料金2:重量ごとに手数料が異なる自治体の場合

ラック類の回収にかかる手数料を重量で決めている自治体があります。例えば、千葉市では品目に応じて重量ごとで4段階に分けていて、ラック類だと15kg未満は390円、25kg未満は780円、35kg未満は1,170円、35kg以上なら1,560円です。一度に回収してもらえる粗大ゴミは10個までで、インターネット受付からであれば、電子決済で手数料を支払うことも可能です。収集日までに粗大ごみ処理手数料納付券を購入し処分するラックへ貼り付け、指定場所へ搬出しておきましょう。

インターネットで電子決済した場合には収集日や受付番号等を紙に書いたものを貼り付けてください。高齢者世帯や障害者でラックの搬出が困難な場合には、自治体の職員によって搬出作業をしてもらえます。千葉市でインターネット受付の場合、受付を完了してから1週間から2週間後が収集日になりますが、早めにラックを処分したい人は自治体ごとのスケジュールを確認する必要があります。

処分方法+料金3:ラックを自治体に自己搬入する処分方法

自宅前や指定場所まで自治体の回収車に来てもらって粗大ゴミを回収してもらう以外に、自治体の清掃施設やリサイクルセンターなどへ直接自分の手で搬入する処分方法もあります。例えば、千葉市の場合だと指定の環境事業所へ自己搬入すると、自治体の回収車でラックを回収してもらう際の手数料と同額の手数料がかかりますが、リサイクルセンターへラックを搬入した場合は、手数料が10kgごとに270円ですので、リサイクルセンターへの自己搬入がややお得です。

また、事前申し込みをすれば日曜日に限り、指定場所へ粗大ごみの自己搬入が認められている自治体もあります。1回につき5点までの粗大ゴミを持ちこめ、1点ごとにかかる手数料は400円です。自治体によって粗大ごみの自己搬入はルールや手数料が異なるのでラックを実際に自治体へ持ち込む前に必ず問い合わせを行いましょう。

処分方法+料金4:不用品回収業者で品目ごとのプランでラックを処分する方法

自治体ではなく、不用品回収業者にラックの処分を依頼した場合、粗大ゴミの量は同じでもプランによって料金が異なるケースがあります。基本料金に加えて、処分する品目ごとに加算するタイプのプランは多く見られる料金体系のひとつです。基本料金の相場は3,000円から5,000円程度と言われ、車両費が含まれる場合が多いと言われています。

例えば、基本料金が3,000円の不用品回収業者へマガジンラックを2つ回収依頼した場合、マガジンラック1つにかかる手数料が3,000円だとすると、トータルで9,000円になる計算です。品目ごとのプランで基本料金の設定がない業者も少ないながら存在していますが、単価設定が高い傾向にあります。処分するラックや粗大ゴミの数が少ない場合は、品目ごとに金額が上乗せされるプランだと利用代金を抑えられますが、数が多くなると割高傾向です。品目ごとの料金一覧表を見せてもらうなど、見積もり時に明確な料金を把握できる業者選びをしてください。

処分方法+料金5:不用品回収業者で定額プランや積み放題プランでラックを処分する方法

品目ごとに手数料を設定するのではなく、トラック1台分ごとの手数料が最初から決められているプランです。軽トラック1台分で18,000円や20,000円前後の定額プランは多く見られ、たくさん回収して欲しい人は品目ごとのプランよりも安価な利用料で済みます。ただし、軽トラック1台分の最大積載量が350kgですから、見た目でまだ積めると思っても350kgを超えた分の粗大ゴミを業者は回収してくれません。

加えて、定額プランだから追加料金が発生しないと考えがちですが、見積もり時に詳しい説明を受けて追加料金の有無などを把握しておく必要もあります。ありがちなのが、積み荷の高さによって追加料金が発生するケースや、事前に処分したい不用品をすべて伝えていなかったために、伝えなかった分が追加となり加算されるケースなどです。

ラックの処分を業者に依頼する方法

不用品回収業者にラックの処分を依頼するには、まず優良な回収業者を選択する必要があります。実際に詐欺のような回収を行う業者も少なくないため、まずはインターネット検索などをして幾つかの業者を比較してください。チェックするポイントはまず、一般廃棄物収集運搬業許可を取得しているかです。家庭の不用品を回収するために必要な許可で、一般廃棄物収集運搬業許可がなければ一般家庭にあったラックの回収はできません。

次に、料金が明確か、他業者と比較して相場から大幅にかけ離れた料金設定ではないかをチェックしてください。加えて、業務事例を詳しく明示していて口コミや評判が良い傾向にある場合は、おおむね信頼できる業者と言えるでしょう。無料回収を宣伝する業者やトラックで地域を巡回する業者などは、トラブルが発生しやすいと考えて依頼するのは避けてください。優良と思われる業者をピックアップしたら必ず複数の業者で見積もりをし、比較をしましょう。

この時、見積もりの明細が明確で説明が丁寧な業者を選択してください。また、自分に合ったサービスを受けられるようにするのも大切です。見積もりの申し込みは電話やメールなどで行い、現地での下見が行われる場合や写真などで見積もりをするケースもあります。契約成立後は回収の日程を決め、事前にラックへ収納していて処分しない物があれば、出しておくと作業がスムーズになるでしょう。

まとめ

不要になったラック類は各自治体に粗大ゴミとして回収して貰う他、不用品回収業者などに依頼をして処分する方法などがあります。自治体の回収は料金が安く済みますが、業者に依頼すれば自分で搬出作業や解体作業を行う必要がありません。ラックの大きさや素材によって、処分方法を選択するようにしましょう。

関連記事

お電話の方はこちらから
電話:0120935930

受付時間 / 9:00〜21:00(年中無休)

フォームからのお問い合わせはこちら
無料相談・お見積もり

 不用品ゴミ回収料金プラン

単品アイテムのみならず、大量の不用品回収もご対応できます!!
様々なご要望に応える豊富なプランをご用意しております!!

  • 3~4月限定!

    軽トラ積み放題
    Sパック
    こちらのサービスはお客様ご自身で運んでいただくプランです!
    費用を安く抑えたいお客様のためのプランとなっております!
    トラック近く3メートルまで。
    4月30日まで!! ¥10,000(税別)
    ※リサイクル家電4品目・PC関連除く
    9,000円(税別)

    東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県

  • 軽トラ積み放題
    Sパックプラス
    こちらのサービスは不用品の運び出しからトラックへの積み込みまで全て当店スタッフが行います!
    お客様は見ているだけのらくらくパックになっております!
    14,800円(税別)
  • 軽トラ積み放題
    Lパック
    こちらのサービスはお客様ご自身で運んでいただくプランです!
    費用を安く抑えたいお客様や、体力に自信がある方へのプランとなります!大きな家具や結構量がある方へおススメ!トラック近く3メートルまで
    24,800円(税別)
  • 2トン積み放題
    Sパックプラス
    かなり量がある方、ご自身で運び出し困難な回収物がある方へのおすすめのプランです!
    39,800円(税別)
  • 2トン積み放題
    Lパック
    一軒家まるまる大量な回収物がある方へのプランです!当店スタッフが運び出しすることをオススメします!
    54,800円(税別)
  • 2トン積み放題
    Lパックプラス
    一軒家まるまる大量な回収物がある方へのプランです!
    3人がけソファや大型家具、家電など一人で運び出し困難な回収物や梱包作業など全て当店スタッフが行います!
    59,800円(税別)
  • ゴミ屋敷
    かたづけパック
    どんな大規模なゴミ屋敷でもスピード解決いたします。作業時間が長くなってしまうと、お客様にも負担をかけてしまうため、できるだけ早く作業を終えられるよう努めています。
    お見積完全無料・経験豊富なスタッフがお客様にとって最適なご提案をさせて頂きます。
    50,000円(税別)~
  • 遺品整理パック
    経験豊富なスタッフが極め細やかな仕分け作業を迅速に行ないます。仕分け中に出てきた貴金属や家電など、買取可能なリサイクルやリユース品はできるだけ買取させていただき、不用品処分の軽減に努めております。お見積完全無料・経験豊富なスタッフがお客様にとって最適なご提案をさせて頂きます。
    30,000円(税別)~
【料金の注意事項】
  • ・単品回収については作業スタッフが一名でお伺いすることがございますので、運び出しを手伝っていただいたり、玄関前に運び出していただく場合がございます。
  • ・単品回収については5000円以上から回収に伺います。
  • ・高額な処理費用や工賃がかかる不用品に関しては、別途料金がかかる場合がございます。
  • ・お見積りの連絡なしのキャンセルは交通費10000円をいただく場合がございます。

不用品回収アイテム関連記事は量や作業内容によって料金が異なる場合がございます。
お気軽に電話やフォームにてお問い合わせいただけますと幸いです。

お電話の方はこちらから
電話:0120935930

受付時間 / 9:00〜21:00(年中無休)

フォームからのお問い合わせはこちら
無料相談・お見積もり