不用品となったヘッドホンの処分方法を徹底解説!

この記事ではヘッドホンの処分方法を紹介します。ヘッドホンの処分でお困りの方はぜひご参照ください。

不用品となったヘッドホンの処分方法

処分方法1:自治体にごみとして処理してもらう

ヘッドホンは市区町村のルールに従ってごみとして処理してもらうことが可能です。自治体によってごみの分別の仕方には違いがあるので、ヘッドホンを分別するときには注意しなければなりません。燃えるごみになる地域もあれば、燃えないごみになる自治体もあります。ヘッドホンは材質としてプラスチックとクッション材、布に加えて金属も少量使用されているのが一般的です。全部プラスチックということはないので、プラスチックごみや資源ごみになることはありません。プラスチックや少量の金属を燃やす自治体か、プラスチックや金属が含まれている場合には燃やさない自治体かによって分別の仕方が異なります。

ヘッドホンの種類によって金属を使っている量も違っています。少量なら燃えるごみと決まっている地域では、燃えるごみなのか燃えないごみなのかを判断するのが難しいこともあるでしょう。正しく捨てるためには役所やゴミ処理施設などに問い合わせて確認を取る必要があります。

処分方法2:小型家電リサイクルとして回収に出す

ヘッドホンは平成25年4月に定められた「使用済小型電子機器等の再資源化の促進に関する法律」に基づく小型家電リサイクルの品目に含まれています。そのため、小型家電リサイクルの回収を積極的に実施している市区町村もあり、回収に出せば処分できます。自治体によって小型家電リサイクルにどのくらい精力的に取り組んでいるかは異なるので注意が必要です。役所や公民館、家電量販店などの協力店舗に回収ボックスが設置されている場合もあります。ボックスの中に入る大きさの小型家電を回収する仕組みになっていて、大抵のヘッドホンなら入ります。

回収ボックスを設置していない自治体では、不燃ごみや資源ごみとして家庭から排出してもらった後、ごみ処理施設で分けていることもあります。このような地域ではごみ処理施設に連絡をすると小型家電リサイクルとして引き取ってくれる場合もあるなど、回収の仕方はさまざまなので調べて確認しなければなりません。

処分方法3:買取やフリーマーケットなどで売る

ヘッドホンはさまざまな方法で売って処分することが可能です。買取業者に依頼して査定を受けて売るのが典型的な方法です。ヘッドホンはあまり高値が付くことはなく、むしろ人の肌に触れた状態でずっと使っていたものは衛生面の問題もあるので買い取れないと言われることもあります。未使用品でないとヘッドホンを買い取ってくれる業者は少ないのが実情です。

フリーマーケットに出品して個人に売る方法もあります。バザーを利用したり、インターネットオークションに出品したりするなど、個人に売る方法は多岐にわたっています。どの方法でも買い手が見つかれば良いですが、使用済みのヘッドホンに対する抵抗感を持つ人も多くて売れづらいのは確かです。もし売れたらお金になる魅力はあるので挑戦してみても良いでしょう。

処分方法4:不用品回収に出して処分する

ヘッドホンは不用品回収業者に依頼して処分することができます。弊社も不用品回収を主な業務として多くの方に利用していただいていますが、ヘッドホンを回収して欲しいとお伝えいただくだけでご希望のタイミングで自宅まで引き取りに行っています。自治体に出すときのように分別を考える必要もなく、ヘッドホンの入っていたパッケージやダンボール、説明書などの付属品も全てまとめて回収できるのもメリットです。料金はかかりますが、あらかじめ見積もりを出して納得していただいた上で回収するので安心して利用していただけるサービスです。

不用品回収ではすぐに処分したいときでも困ることがなく、この日まで使いたいといった希望があるときでも処分したいタイミングで捨てられる魅力もあります。弊社のようにご要望に応じてタイムリーに回収に行ける業者ばかりではありませんが、ヘッドホンの処分では自由度が最も高い方法としておすすめです。

ヘッドホンを処分する際の注意点

ヘッドホンを処分するときには簡単に捨てられる方法を選びましょう。注意しなければならないのは特に自治体に出すときと売るときです。分別を間違ってしまうと回収してもらえず、捨て方を見直さなければなりません。ごみ袋の詰め替えなどの厄介な作業をしなければならず、捨てるのに困ることもよくあります。このような理由でヘッドホンと他のごみが混ざった袋を回収して欲しいというご依頼も弊社ではいただいています。

回収ボックスは地域によっては設置されていないので、リサイクルに出せないこともあります。回収ボックスが設置されているのが公共施設だけで、土日には回収ボックスを使えないことも少なくありません。処分したいタイミングで回収ボックスを使えないのはデメリットと言えます。

また、売るときにはヘッドホンの買い手が見つかりにくいのが最大の問題です。結局売れずに弊社の不用品回収を利用している方もいますので、簡単な処分方法ではないと理解しておきましょう。売れたとしても金額的には高くないので費用対効果はあまりよくありません。

ヘッドホンを処分する方法と料金

処分方法+料金1:自治体の収集に出す方法

自治体に出してヘッドホンを処分する方法を選ぶ場合には、まず市区町村のごみの分別ルールを確認しましょう。捨てたいヘッドホンが燃えるごみか燃えないかを確認し、収集日をごみ収集スケジュール表などを使って調べます。そして、ごみの捨て方をチェックして準備しましょう。指定ごみ袋が必要になる場合には購入しなければなりません。燃えないごみは指定ごみ袋がなくても透明な袋などに入れて捨てなければならない場合が多いのでルールに従って袋を用意しましょう。

指定ごみ袋がある場合には1枚あたり数円から数十円です。燃えないごみよりも燃えるごみの方が価格が高い傾向があります。購入時には10枚くらいまとめて買わなければならないので注意しましょう。

処分方法+料金2:自治体に持込み処分をする方法

自治体にヘッドホンを処理してもらうときには、ごみ処理施設への持込みも可能です。燃えるごみか燃えないごみかの分別はあらかじめしておく必要があり、処理施設に車で持ち込んで分別して置くことが求められるのが一般的です。持込み処分をするときには受付時間内に車で行けば良いだけのこともありますが、予約制になっている自治体もあります。予約制の場合には電話かインターネットで前日から二週間前くらいに連絡を入れて、何を捨てたいのかを伝えることが必要です。

ごみ処理施設に持ち込んで捨てるときの費用は自治体によって異なります。無料のこともありますが、通常は重量あたりの費用が決まっていて、10キログラムあたり10円から20円が相場です。ヘッドホンのように軽いものだけの場合にも200円くらいが最低料金としてかかることもあるので注意しましょう。

処分方法+料金3:小型家電リサイクルで回収してもらう方法

ヘッドホンを小型家電リサイクルに出して回収してもらう方法は地域によってやり方が異なります。回収ボックスに出せば良い場合には、自治体のホームページなどで調べて回収ボックスが設置されている場所を確認しましょう。大抵は施設の営業時間内はいつでも回収していますが、役所や公民館などでは平日の昼間しか捨てられないことが多いので注意が必要です。また、処理施設に持ち込む必要がある場合には、施設の受付時間内に持って行かなければなりません。この場合にも土日の対応がないことが多く、平日も17時くらいには回収が終わってしまう傾向があります。

ただ、小型家電リサイクルとして回収してもらうときにはヘッドホンの処分に費用がかかりません。持って行く手間はかかりますが、都合をつけて近くで捨てられるなら安上がりな方法でしょう。

処分方法+料金4:買取業者やフリーマーケットを利用する方法

ヘッドホンを売りたい場合にはどのようにして売るかによって具体的な方法が異なります。買取業者に依頼する場合には店頭に持ち込んで査定をしてもらうのが一般的です。ヘッドホンだけではあまり買取価格が高くならないので、訪問買取や宅配買取は受け付けていない傾向があります。店頭で査定をしてもらって値段が付いたら買い取ってもらえますが、1円にもならない場合は断られてしまいます。売れたとしたら手数料はかかりません。

フリーマーケットを利用する場合には自治体やイベント業者の情報を確認して申し込みます。出店が決まったら当日は現場に行ってヘッドホンを販売することが可能です。出店手数料として200円から1000円くらいがかかるので、ヘッドホンだけでは元を取るのは難しいでしょう。他にもたくさん売りたいものがあるときなら良いですが、ヘッドホンくらいしか売るものがないときには買ってもらえても赤字になるかもしれません。

処分方法+料金5:不用品回収業者に依頼する方法

ヘッドホンを不用品回収に出すときには業者に依頼するだけなので簡単です。弊社なら直ちに急行して回収しますので、時間もほとんどかからないでしょう。不用品回収にかかる料金は業者によってかなり違いがあります。ヘッドホンだけ回収を依頼するか、いらないものを他にもいくつか回収してもらうかによっても単価が変わるのが一般的です。ヘッドホンの場合には1000円から5000円くらいが相場ですが、他の不用品がたくさんあると実質的には数百円くらいになることもあります。弊社でも見積もりの結果としてこのくらいの安さになったことが何度もありますのでぜひご相談ください。ヘッドホンを捨てるために事前に分別の仕方を調べる苦労もなく、捨てられずに困ることもありません。

ヘッドホンの処分を業者に依頼する方法

ヘッドホンを簡単な方法で処分したいと思ったら私たちのような不用品回収業者に依頼するのがおすすめです。ヘッドホンの処分を依頼する方法は業者によって少し違いがありますが、弊社を例に取って紹介します。まずは電話、メール、LINEのいずれかの都合が良い方法でお問い合わせください。メールやLINEの場合には連絡を受けて折り返し連絡をする仕組みにしていて、電話だけでなくメールやLINEだけでの対応が可能です。連絡の際にヘッドホンを処分したいことを伝えていただければ見積もりを提示します。現地に行って見積もりをすることもできますが、ヘッドホンだけでしたら電話やメールでも十分です。

見積もりの内容に納得していただいたら、日程調整をしてお客様の都合が良いときにヘッドホンの回収に伺います。弊社は不用品回収業者の中でも対応時間が充実していて、24時間365日の対応が可能です。希望されたタイミングでスタッフが現場に伺い、ヘッドホンを引き取ります。その際にお支払いについての相談をしますので、現金やクレジットカードなどから選んで支払っていただければ終わりです。このように簡単に依頼することができ、ヘッドホンを処分したいそのときに捨てられるのが不用品回収のメリットです。

まとめ

ヘッドホンは簡単に捨てられそうと考えている方もいますが、分別が難しい場合もよくあります。売ろうと思っても売りづらく、結局は不用品回収が良かったという方も多いです。少しでもヘッドホンの捨て方に不安や心配がありましたら弊社にご相談ください。不用品の専門業者として、回収したヘッドホンは必ず適正な方法で処分します。

関連記事

お電話の方はこちらから
電話:0120935930

受付時間 / 9:00〜21:00(年中無休)

フォームからのお問い合わせはこちら
無料相談・お見積もり