▼対応エリアのご注意点

対応エリアご注意

東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、茨城県、栃木県1都6県のみの対応となります!

不用品となったカーペットの処分方法を徹底解説!

この記事ではカーペットの処分方法を紹介します。カーペットの処分でお困りの方はぜひご参照ください。

不用品となったカーペットの処分方法

処分方法1:希望者を探して譲る

運次第の一面もありますが、カーペットを必要としている人を見つけて譲るという方法があります。例えば、就職や進学に伴う引っ越し予定がある人にとって、新居のための家具全般を一度に購入していては、かなり高額な出費になってしまいます。そんな折、中古とはいえ無料でカーペットを揃えられるというのは魅力的なオファーに映るはずです。

まずは、友人や知人にカーペットを探している人がいないか聞いてみるのがお勧めです。赤の他人ではなく信頼して取引できる上、相手から直接感謝されるので譲った側としても非常にポジティブな気持ちになれます。見込みが薄そうであれば、無料広告掲示板のジモティーなどにカーペットを譲りたい旨を告知して、オンライン経由で希望者を探してみましょう。自身のコネに頼るよりも、より広範囲の対象者へ情報が行き渡るはずです。

処分方法2:買い替え時に店舗に引き取ってもらう

家具店やホームセンターによっては、カーペットを店舗で購入するタイミングで古いカーペットを回収してくれるところがあります。この方法の長所は、新しいカーペットの購入と同時に古いカーペットを手放せるので、旧カーペットの処分スケジュールを調整する必要がない点です。通常は、旧カーペットの処分が早すぎると一定期間カーペットなしで過ごすことになり、処分が遅れると新旧カーペットの両方を家に置かなければなりません。買い替えサービスを利用すれば、そうした問題に直面することはなくなります。

ただ、引き取りは同種・同数に限るなど利用条件が店舗ごとに設定されており、無料か有料かも一律ではないので、事前に詳細を確認しておくようにしましょう。もちろん、店舗での購入者だけが対象になる方法なので、カーペットの処分のみを希望している人が利用できるサービスではありません。

処分方法3:ネットオークションへ出品する

ネットオークションへ出品して購入してもらうという方法もあります。オンライン上で不特定多数に向けてカーペットの情報をアップする点は、ジモティー利用のケースとかなり似ています。最大の違いは、オークションでは落札による収益が上がってくるところです。さらに、ネットオークションでの出品方法もいくつかの種類があり、購入金額はもっぱら入札結果に委ねるパターンと、最低落札価格を指定し希望の収益額を狙いにいくやり方があります。

お得感のあるネットオークションですが、オークションでは出品アイテムはれっきとした商品として扱われます。そのため、ある程度良好な商品状態でなければ、なかなか売却に至らないのが現実でしょう。オークションで出品するからには、なるべく使用感の少ないコンディションのカーペットである方が望ましいです。

処分方法4:自分で切断して家庭ゴミで出す

意外に盲点かもしれませんが、自ら切断・細分化して家庭ゴミ扱いで処分してもらう方法もあります。通常のカーペットは粗大ゴミに相当する品目ですが、家庭ゴミに分類可能なサイズまで細かく切り分けてから集積所へ持ち出します。自治体によりますが、1辺30センチ以内の大きさであれば家庭ゴミ扱いとなるようです。ただ、自力でカーペットのような分厚い敷物を切断する行為は、現実的にかなりの労力を伴います。ある程度体力の自信がある人でなければ、気楽にお勧めできる方法ではありません。

切断というと真っ先にハサミで切る方法を想像するかもしれませんが、コンビニなどで購入できる紙用ハサミではかなり厳しいのが実情です。ハサミ単独で切り分けるには、ホームセンターなどで手に入るカーペット対応万能ハサミを準備するしかありません。あるいは、ハサミ、カッター、定規、これらを使い分けて切断する方法もあります。まず、定規に沿ってカッターでカーペット生地に切り込みを入れ、仕上げにハサミで完全に切り分けていきます。その際、力み過ぎてカッターでフローリングに傷を付けないようくれぐれも注意してください。必ずカーペットの下に十分厚みのある素材を敷いてから作業に当たるべきです。

カーペットを処分する際の注意点

引っ越しなどの都合でカーペットを処分する期日が決まっている際は、注意深く処分方法を選択すべきです。特に、広告掲示板やネットオークションの利用は、いつ取引を完了できるか非常に流動的です。もちろん、出した当日に希望者が見つかる可能性もありますが、あまり魅力的なコンディションのカーペットでなければ、半年、1年経っても引取相手が見つからないというケースは十分にありえます。

さらに、スピーカーで放送しながら回収車で住宅地を巡回し、不用品無料回収などを謳う業者を見かけることがありますが、高確率で悪徳業者のケースがあるので引っかからないよう注意が必要です。一旦、回収を依頼してしまうと、様々な理由を付けて高額な処分料金を請求される可能性があります。不本意にも、悪徳業者に出会ってしまった場合は、強い姿勢で断ることが第一です。

また、自治体による処分では通常サイズのカーペットは粗大ゴミ扱いとなります。家庭ゴミ同様に集積所に排出しても、そのまま粗大ゴミとしては回収してもらえません。事前に予約を済ませ処分手数料を納めたうえで、指定場所へ出すことが住民のルールになっています。正規の手続きもなく、無断で公共の場にカーペットを出していると不法投棄とみなされるので注意しましょう。

カーペットを粗大ごみで処分する方法と料金目安

処分方法+料金1:カーペット(ホットカーペット含む)の処分方法と料金目安は?

カーペットを粗大ごみとして処分する方法は、全国的に見ても、日時を事前に予約した上での戸別訪問収集が主流です。これから説明する処分プロセスは、自治体ごとで順序やゴミ処理券の呼称などに多少の差異が見られますが、大筋は共通しているものと捉えて読み進めてください。

まず、粗大ゴミの回収受付センターに連絡し、回収希望のカーペットとそのサイズを伝えると同時に粗大ごみの回収日を決定します。予約申込は、電話とインターネットどちらでも対応している自治体が大部分です。ただ、繁忙期は電話受付が非常につながりにくいため、ネット操作が慣れている人はインターネット申込を利用した方がストレスが少ないのではないでしょうか。手数料や回収日といった申込内容を、Eメールで後から確認できるのもインターネット申込の利点です。申込時にカーペットの処分費用が確定するので、相当する金額分のゴミ処理シールをコンビニエンスストアなどの取扱店で購入します。

カーペットの処分にかかる手数料はやはり自治体によって差は見られますが、相場は400円~1200円です。また、ホットカーペット(電気カーペット)の扱いが異なるのか気になるところですが、普通のカーペットでもホットカーペットでも、同額の処分手数料を指定している自治体がほとんどです。後述しますが、むしろカーペットのサイズによって処分手数料に差を設けているパターンが目立ちます。全体的に、人口の多い大都市では処分手数料が割高な印象があります。例えば、カーペット処分手数料を800円以上に設定しているのは、大部分が東京23区や政令指定都市クラスの自治体です。

処分方法+料金2:カーペット(小サイズ)の処分方法と料金目安は?

比較的サイズの小さなカーペットやじゅうたんの場合は、割安な処分手数料で対応してくれる自治体が多くなっています。ただ、どのサイズ以下が小さなカーペットとして扱われるかは、自治体ごとで境界がバラバラです。まず、小サイズカーペットを粗大ごみとして処分する場合は、だいたい200円~400円の範囲が処分手数料の相場です。サイズ指定方法は、例えば、東京世田谷区は2畳以下、札幌市や千葉市は3畳以下のカーペットを小サイズとみなしています。また、大阪市のように、6畳未満なら小サイズの手数料で回収してくれる自治体もあります。このように、自分の住む自治体が、カーペットのサイズについてどのような分類をしているのか、申込時によく確認した方がいいでしょう。その他の処分手続きは、通常サイズのカーペットの場合と同様です。

処分方法+料金3:ウッドカーペットの処分方法と料金目安は?

ウッドカーペットは木製ですが、カーペット感覚で敷いて畳やじゅうたんを部分的にフローリングへリフォームできるアイテムです。名称はカーペットでありながら、素材はカーペットと異なり、粗大ごみ回収時にどんな扱いになるのか気になる人も多いでしょう。ウッドカーペットの処分手数料相場は、500円~1700円程度となっています。各自治体で差があるとはいえ、通常のカーペットより割高な料金設定なのは間違いないようです。

そもそも、大半の自治体において、ウッドカーペットの回収手数料はサイトの一覧には掲載されていません。よって、申込時には自治体の担当者に正確な料金を確認する必要があります。さらに、東京新宿区や杉並区のように、排出時に一定のサイズ以下に切断するよう指示されているケースがあります。せっかく予約した回収がキャンセルとならないよう、事前に必要な情報をしっかり把握して準備しましょう。

処分方法+料金4:室内運び出し収集で処分する方法と料金目安は?

ほとんど全ての自治体で、室内からの運び出し収集にも対象者限定で対応しています。その対象とは、障害者か65歳以上の高齢者、且つ、身近な人からの協力が得られず自ら粗大ごみを外に運び出すのが困難な人たちに限られます。このサービス利用に伴い料金が発生するわけではないので、カーペットの処分料金には何ら影響がありません。確かに便利なサービスですが、利用対象が限定的であるのが非常にネックです。渋谷区のように、対象者を絞らず運び出し収集に有料で応じてくれるケースもありますが、全国的にはまだまだ少数事例です。

処分方法+料金5:持ち込みによる処分方法と料金目安は?

戸別回収がメインとなっているカーペットの処分方法ですが、清掃センターへの持ち込み処分に対応している自治体もかなり目立ちます。しかし、持ち込みの場合は、料金や個数制限、事前予約の有無など各自治体で定めるルールが実に多種多様です。よって、持ち込み処分を希望する人は、まず自分の住まいがある自治体独自のルールをしっかり確認することをお勧めします。

比較的多く見られる例として、持ち込みなら戸別回収手数料の半額で回収を行っている自治体があります。この割引をカーペット回収に適用すると、通常サイズでも200~600円で回収可能となる計算です。ただ、こうした料金体系はほんの一例に過ぎず、重量10キロごとに200~300円の処分コストがかかる自治体や、持ち込みならば無料で処分してくれるという自治体もあります。新宿区にように、対応施設が区内に存在しないため、戸別収集一本に絞っているケースまであります。

カーペットの処分を不用品回収業者に依頼する方法

自治体にカーペット回収を依頼する方法を一通り見てきましたが、比較的安価なコストで対応してくれる反面、行政側が指定するルールが細かく、人によっては不便に感じられるサービスかもしれません。そんな自治体サービスのマイナス面を補完する多様な回収方法を提供しているのが、不用品の回収専門業者です。

専門業者を利用する場合は、電話でもインターネットでも思い立ったタイミングで回収を依頼することができます。ただ、一見類似した専門業者は非常に多く、一体どの業者に頼ればいいのか連絡前の段階で迷ってしまうかもしれません。業者を選ぶに当たっては、安さ、スピード、丁寧さなど、自分がどんな回収サービスを望んでいるのかイメージし、ニーズに合った業者を見分けるようにしましょう。例えば、実際の回収実績を写真と利用者のコメント付きでたくさん掲載しているところは、具体的な仕事ぶりが把握できて信頼が置けると解釈できるのではないでしょうか。

とにかく急いでカーペットを処分したいケースでは「最短で回収してほしい」と依頼すれば早ければ当日のうちに作業員が到着し、スムーズに運び出してくれるでしょう。また、本当に安い回収業者を選びたいならば、見積を数社から取り寄せて比較検討の上選択してください。各手数料の扱いは業者によってまちまちなので、実際の作業後に見積と支払額が変わるケースがあるのか漏れなく確認しておいた方が良いです。

まとめ

まずまず安価な料金でカーペットを処分したいなら、自治体サービスに頼るのも1つの方法です。しかし、急いでいる時や時間指定したい時など、現実には行政では対応しきれないシーンが頻繁にあります。日常的にも、楽で便利な不用品回収業者をうまく活用していくのがお勧めです。

関連記事

お電話の方はこちらから
電話:0120935930

受付時間 / 9:00〜21:00(年中無休)

フォームからのお問い合わせはこちら
無料相談・お見積もり

 不用品ゴミ回収料金プラン

単品アイテムのみならず、大量の不用品回収もご対応できます!!
様々なご要望に応える豊富なプランをご用意しております!!

  • 10月~11月限定!

    軽トラ積み放題
    Sパック
    こちらのサービスはお客様ご自身で運んでいただくプランです!
    費用を安く抑えたいお客様のためのプランとなっております!
    トラック近く3メートルまで。
    11月30日まで!! ¥10,000(税別)
    ※リサイクル家電4品目・PC関連除く
    9,000円(税別)

    東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県

  • 軽トラ積み放題
    Sパックプラス
    こちらのサービスは不用品の運び出しからトラックへの積み込みまで全て当店スタッフが行います!
    お客様は見ているだけのらくらくパックになっております!
    14,800円(税別)
  • 軽トラ積み放題
    Lパック
    こちらのサービスはお客様ご自身で運んでいただくプランです!
    費用を安く抑えたいお客様や、体力に自信がある方へのプランとなります!大きな家具や結構量がある方へおススメ!トラック近く3メートルまで
    24,800円(税別)
  • 当店一番人気!

    軽トラ積み放題
    Lパックプラス
    こちらサービスは不用品の運び出しからトラックへの積み込みまで全て当店スタッフが行います!
    お客様は見ているだけのらくらくパックとなっております!大きな家具や結構量がある方へおススメ!
    29,800円(税別)
  • 2トン積み放題
    Sパックプラス
    かなり量がある方、ご自身で運び出し困難な回収物がある方へのおすすめのプランです!
    39,800円(税別)
  • 2トン積み放題
    Lパック
    一軒家まるまる大量な回収物がある方へのプランです!当店スタッフが運び出しすることをオススメします!
    54,800円(税別)
  • 2トン積み放題
    Lパックプラス
    一軒家まるまる大量な回収物がある方へのプランです!
    3人がけソファや大型家具、家電など一人で運び出し困難な回収物や梱包作業など全て当店スタッフが行います!
    59,800円(税別)
  • ゴミ屋敷
    かたづけパック
    どんな大規模なゴミ屋敷でもスピード解決いたします。作業時間が長くなってしまうと、お客様にも負担をかけてしまうため、できるだけ早く作業を終えられるよう努めています。
    お見積完全無料・経験豊富なスタッフがお客様にとって最適なご提案をさせて頂きます。
    50,000円(税別)~
  • 遺品整理パック
    経験豊富なスタッフが極め細やかな仕分け作業を迅速に行ないます。仕分け中に出てきた貴金属や家電など、買取可能なリサイクルやリユース品はできるだけ買取させていただき、不用品処分の軽減に努めております。お見積完全無料・経験豊富なスタッフがお客様にとって最適なご提案をさせて頂きます。
    30,000円(税別)~
【注意事項】
  • ・単品回収については作業スタッフが一名でお伺いすることがございますので、運び出しを手伝っていただいたり、玄関前に運び出していただく場合がございます。
  • ・単品回収については5000円以上から回収に伺います。
  • ・高額な処理費用や工賃がかかる不用品に関しては、別途料金がかかる場合がございます。
  • ・お見積りの連絡なしのキャンセルは交通費10000円をいただく場合がございます。

不用品回収アイテム関連記事は量や作業内容によって料金が異なる場合がございます。
お気軽に電話やフォームにてお問い合わせいただけますと幸いです。

お電話の方はこちらから
電話:0120935930

受付時間 / 9:00〜21:00(年中無休)

フォームからのお問い合わせはこちら
無料相談・お見積もり