石を処分したい!石の捨て方とは?自治体のルールを守って処分しよう

庭石やガーデニング、アクアリウムなどで使っていた石を捨てたいとき、どのようにすればよいのでしょうか。石を処分するとなると、まず頭に浮かぶのが自治体です。自治体で石を処分してもらうことはできるのでしょうか。そこで、自治体のルールをはじめ、回収業者・造園業者や石材店・ホームセンターなどでの処分方法を紹介します。あわせてやってはいけない処分方法も解説します。

石は自治体で捨てられるのか?石の捨て方

石を処分するとき自分で粉砕して処分しようとする人もいるでしょう。しかし、石は硬く粉砕機械の刃を破壊してしまう可能性があります。そのため、自宅で処分するのは難しいのです。また、石を処分するときにゴミとして出そうと考える人もいます。しかし、一般的に自治体が処理を引き受けるゴミは、私たちが日常生活や事業活動を送るために生産・消費するときに出るものと定義されています。石は自然物であるため、自治体に石をゴミとして出すことは難しいのです。ただし、自治体によっては石もゴミと見なして引き受けてくれるところもあります。自治体のホームページや問い合わせの電話をして確認しましょう。

石の処分方法

石の捨て方には主に4つの方法があります。ここからは、それらの方法を紹介していきます。

回収業者に依頼する

回収業者に石の処分を依頼する際のメリットとして、石の運搬も粉砕も全て行ってくれることが挙げられます。やることは回収業者に依頼するだけで労力を使うことは一切ありません。また、回収業者によっては即日対応してくれるところもあるのです。すぐに処分したい人におすすめです。さらに、石以外にも不用品があれば一緒に回収してもらえます。まとめて家の不用品を片付けたいときに利用するとよいでしょう。ただし、回収業者に頼むと基本料金にプラスして石1キロ当たりの回収費がかかります。とはいえ、作業に取りかかる前に見積りを出してもらうことは可能です。また、見積もりに納得がいかなければキャンセルすることができます。何社か見積もってもらい、なるべく安いところを見つけるとよいでしょう。

造園業者や石材店に引き取ってもらう

造園業者や石材店では石や土を取り扱っています。そのため、サービスの一環として石の廃棄をしてくれるところも多いのです。庭の手入れなどで付き合いがある業者がいれば、石の処分ができるかどうか聞いてみるのも一つの手です。一口に石と言っても、研磨している石はリサイクルすることができるため、価値があります。そのため、造園業者や石材店によっては無料で引き取ってくれるでしょう。ただし、基本は廃棄することになるため有料です。かかる費用は石の大きさや庭から撤去する労力によって一概には言えませんが、石1個当たり1万円以上かかると思っておいたほうがよいでしょう。造園業者や石材店に問い合わせれば事前に見積りを出してもらえます。

ホームセンターに引き取ってもらう

ホームセンターでも石の引き取りを行っています。店内に回収コンテナを設置しているため、そこに捨ててしまえばよいのです。ただし、自宅からホームセンターまで石を運ぶには労力がかかります。場合によっては自家用車では運べず、レンタカーショップでトラックなどを借りる必要が出てくるでしょう。また、砂利のみで大きな庭石の引き取りは行なっていないところがほとんどです。さらに、全てのホームセンターで石の引き取りを行っているわけではありません。石の引き取りの条件として商品の購入を条件として挙げているところもあります。ホームセンターに持ち込む前にホームページで確認するか電話で聞いてみるとよいでしょう。

ネットオークションなどで譲渡する

ネットオークションに石を出品して処分するといった方法もあります。実は庭石が欲しいという人も多く、ネットオークションにはたぬきや地蔵などオブジェに使用できる石をはじめ、敷石や自然石なども出品されています。値段がつかないこともありますが、落札者に運搬費用や撤去費用を出してもらうことを譲渡の条件とすれば、石を捨てるのにかかる費用を抑えることができるでしょう。引き取り手探しにはネットオークションだけでなく、フリマサイトや地元のフリーペーパー、掲示板なども使えます。ただし、石を運ぶためにトラックや重機などを手配したり、積み込みや運搬を行ったりする手間がかかります。また、すぐに落札者が決まるとは限りません。すぐにでも処分したい人には向かない方法と言えるでしょう。

やってはいけない処分方法

石を処分する際、やってはいけない方法があります。場合によっては罪に問われ罰金刑が科せられる場合もあります。次から石の処分方法についての注意点を解説していきます。

山や川に捨てる

石は自然物です。そのため、山や川などの自然に戻してしまえば何の問題もないと考える人も多いでしょう。実際、トラックを借りて庭の石を運び山に捨ててしまう人もいます。しかし、勝手に山や川に廃棄すると自然に悪影響を与えます。場合によっては川に置いた庭石一つで生態系を変えてしまい、自然破壊につながってしまう可能性もあるのです。また、そもそも山や川には持ち主や管理者がいるものです。そのため、何の断りもなく捨ててしまうと不法破棄の罪に問われ罰金を支払わなければならない可能性が出てきます。自力で片付けるほうがかえって高くついてしまうことがあるのです。

土中に埋める

砂利や粉砕した庭石を海や水の中、山林や田畑に埋めてしまう人もいます。たとえ誰にも見えないようにしてもこれらの場所に埋めること自体、処罰の対象になるのです。ただし、自宅の庭などであれば私有地のため、石を埋めても何の問題もありません。ただし、将来家を売買するときは注意が必要です。なぜなら、庭から石が大量に出てくると売り手側の瑕疵を問われ、トラブルに発展する可能性があるからです。家を売買するときになって、土から庭石を取り出すのは大変な労力がかかります。私有地といえ土中に埋めるのはやめたほうがよいでしょう。

自分で廃棄することは可能か?

砂利など最初から細かい石の場合は土のう袋などに小分けしてホームセンターに持ち込んで処分することができます。しかし、庭石などの大きな石の場合は簡単にはいきません。まず、石の一部が土中に埋まっています。また、石によっては数百キロもの重さがあります。そのため、人の力で取り出すことは難しく、重機を使わなければなりません。重機は借りなければならないため、レンタル料がかかります。さらに、専用の免許や資格を持っていなければ使用することはできないのです。

もし重機を使わず石が取り出せたとしても、庭石の場合は細かく砕く必要があります。ホームセンターで売られているホームユーズの電動ドリルなどを使っても割れることはないのです。そのため、自分で石を粉砕しようと思ったら、ホームセンターなどでは購入できないようなドリルを入手する必要があります。以上のような理由から自分で粉砕して石を処分するのはやめたほうがよいでしょう。専用の業者に依頼することをおすすめします。

回収業者を選ぶポイント

石を処分するにはさまざまな方法がありますが、おすすめなのが回収業者に依頼することです。なぜなら、回収業者は撤去から運搬、処分まで全てを一貫して行ってくれるからです。しかも依頼者側には一切労力がかからず、失敗することはありません。ただし、どこの回収業者でも同じというわけではありません。ここからは、回収業者を選ぶポイントを紹介していきます。

親身になって対応してくれる

石を処分するのにどのぐらいの金額がかかるのか、不安な人は多いものです。料金体系は回収業者によって異なりますが、主に「基本料金プラス回収する石の料金」「石のサイズや重さによって料金を決める」「トラックのサイズによっての定額パック」の3パターンがあります。親身な業者は料金体系を説明した上でどのぐらいの費用がかかるのか、見積もりを出してくれるでしょう。そして、見積もりに納得できなければキャンセルしても問題ありません。さらに、よい回収業者は見積もりで提示した金額以上の料金はかかりません。しかも、他社と比べて1円でも高い場合は費用を値引きしてくれることもあるでしょう。また、石を回収して処分を行うまでの作業の流れを教えてくれます。

ちなみに、無料回収を謳っている業者もあります。しかし、無料で石を処分してくれるところはなかなかありません。あとで高額な請求書が届く可能性があるので、注意しましょう。

資格を持っている

石をはじめ、不用品を回収してくれる業者は数多くあります。しかし、なかには会社組織ではなく個人でやっているところもあります。全てがそうとは言い切れませんが、個人の業者のなかには怪しいところもあり、後で高額な料金を騙し取られる可能性もあります。安全な業者かどうかを判断するためには、資格の有無をチェックするとよいでしょう。資格を持っている場合はホームページまたは店内のどこかに「一般産業廃棄物収集運搬業第〇号」と表記してあるはずです。

回収業者が損害賠償保険に加入しているかどうかも重要なチェックポイントです。庭から石を運び出す際、事故が起きてガレージや門などを傷つけてしまうかもしれません。そのようなときも損害賠償保険に加入していればすぐに対応してもらえます。加入の有無はホームページに記載している業者が多いので調べてみましょう。

このほか、回収業者の所在地を調べることも大切です。怪しい回収業者はホームページに所在地を明記していない場合が多いからです。電話でしかやり取りできない場合、何かトラブルがあっても逃げられてしまうかもしれません。また、所在地確認をする上で領収書の発行をお願いするのも一つの手です。所在地を隠している業者は領収書を発行するのを嫌がるからです。所在地だけでなく、スタッフの顔写真がホームページに掲載されているかどうかも安心できる業者かどうかの基準になります。

石を処分するなら回収業者に依頼しよう

自治体で石を捨てようとしても、そのルールは自治体によって異なります。また、自宅で粉砕するのにも手間がかかるでしょう。自治体以外の処分の仕方としては、回収業者に依頼したり造園業者や石材店に引き取ってもらったりする方法が挙げられます。これらのなかでもおすすめなのが回収業者です。全て任せることができ、失敗することがありません。手間がかからず失敗しない方法といえるでしょう。

関連記事

お電話の方はこちらから
電話:0120-935-930

受付時間 / 9:00〜21:00(年中無休)

フォームからのお問い合わせはこちら
無料相談・お見積もり