神棚の正しい処分方法は?これを読んで正しい処分方法・費用相場を知ろう!

神棚は、日本人にとって身近な祭壇道具の一つです。しかし、「神棚の処分方法が分からない」という人は意外と多いのではないでしょうか。神棚は、基本的に長期間使い続けるものですが、老朽化した場合は処分が必要です。いざ神棚を処分するときになって困らないよう、この記事では神棚の処分方法や費用相場などについて解説していきます。

神棚を処分するタイミング

神棚は、定期的に交換する必要があります。なぜなら、主に木材で作られていることが多い傾向のため、経年劣化に伴い汚れや傷みが目立ってくるからです。交換の目安は、5~10年といったところですが、台所のような湿気の多い場所に置くと寿命はさらに短くなります。一方で、「神棚が古くなっても手入れをしながら使っていけばよい」と考える人もいるのではないでしょうか。しかし、神道には「神様のいる場所は常に清浄でなければならない」という思想があります。そのため、傷みや汚れが目立ちはじめた段階で交換したほうが理にかなっているといえるでしょう。

神棚を処分するタイミングとして次に多いのが、自宅のリフォーム時です。こちらも神道の思想に基づくもので、「新築や改築などによって住まいや店舗が新しくなった場合は神棚も新しいものを用意したほうがよい」とされています。人が住む家が新しくなったのに、神様の住む場所が古いままなのは失礼というわけです。また、忘れてはならないのが式年遷宮の存在。式年遷宮とは、時期を定めて周期的に新しい社殿に御神体を移す儀式を意味する言葉で、一般的には伊勢神宮で行われる神宮式年遷宮のことを指します。

この儀式が20年に1度行われるので、同様に家庭の神棚も最低でも20年に1度は交換するのが好ましいとされているのです。

神棚を処分する方法

神棚の処分方法は、大きく分けて5つあります。それぞれにメリットやデメリットがあるため、最も自分に合った方法を選択することが大切です。ここでは、選択の際の参考になるようにそれぞれの手順やメリットなどについて説明していきます。

神社で祈祷してもらう

毎日手を合わせていた神棚を「他のゴミと一緒に捨ててしまう」というのは抵抗を覚える人が多いのではないでしょうか。神棚に対して思い入れの強い人の場合は、神社で祈祷してもらうことをおすすめします。神社で祈祷してもらえば、「神棚に宿っている魂が抜けて、ただの箱に戻る」とされているため、あとは普通に処分すれば問題ありません。ただ、神社まで自力で神棚を運ばなくてはならないため、女性や高齢者の場合はあらかじめ手伝ってくれる人を確保しておいたほうがよいでしょう。

手順としては、まず神社に神棚を持ち込み、社務所や祈祷受付所などで祈祷処分の申し込みをします。手続き後、祈祷殿や祈祷所と呼ばれる別棟へ案内されるので、そこで行われる祈祷に立ち会えば終了です。あとは、神社で神棚の廃棄処分をしてくれます。ちなみに、祈祷の立ち会いは義務ではなく、申し込みだけをして神社に一任することも可能です。また、神社によっては神棚を郵送して祈祷を依頼できるところもあります。ただし、このサービスはすべての神社で行っているというわけではないため、事前に持ち込もうとしている神社へ確認することが必要です。「間違って未対応の神社に送ってしまった」といったことがないようにしましょう。

お札を神社に返納する

神道では、お札の中に魂が宿っていると信じられており、多くの神棚の中には、お札が入っています。そのため、お札を神社に返納することで、神棚はただの箱となるため、自分で処分することができるようになるという理屈です。なお、返納されたお札は神社でお焚き上げを行います。具体的な手順としては、お札をいただいた神社に参拝した後、神社にある古札返納所にお札を返納するのが一般的です。もし、古札返納所が見当たらない場合は社務所で尋ねるようにしましょう。

また、古札返納所の近くに賽銭箱が設置してある場合はお焚き上げ料として、神札購入費用と同程度の金額を収めるのが好ましいとされています。また、お札をいただいた神社が遠方にある場合は郵送で返納することも可能です。ただし、こちらも祈祷と同様に郵送での返納は受け付けていない神社があるため、事前の確認が必須となります。もっとも、現代では別の神社で購入したお札でも返納を受け付けている神社が増加傾向です。つまり、購入した神社が遠方にあったり、どこの神社で購入したのかわからなかったりした場合は、近所で受け付けてくれる神社を探して返納をすませることもできます。

お焚き上げをする

祈祷やお札を返納することで、神棚がただの箱になったといっても、「神棚だったものをそのまま捨てるのはためらう」という人も多いのではないでしょうか。その場合は、神社に依頼して神棚をお焚き上げしてもらうことも方法の一つです。お焚き上げとは、神仏に関わるものや愛着のある品を供養しながら焼却することを指し、多くの神社で行っています。ただし、なかにはお焚き上げをしていない神社もあるので確認が必要です。また、お焚き上げ自体は行っていても「陶器、金属類、ガラス扉などといった不燃物は不可」という神社もあります。その場合は、燃えない部分を取り外しておくようにしましょう。

また、お焚き上げを依頼するには、神棚を直接神社に持ち込む必要があります。しかし、初詣や1月15日に行われるどんど焼きの日だけは話が別です。これらの日には、1年間の災いを払うためにさまざまなものが燃やされるので、神社の用意した集積所に神棚を持ち込めば、一緒にお焚き上げの処分をしてくれるでしょう。ちなみに、多くの神社では祈祷とお焚き上げをセットで行える傾向です。そのため、もし神棚の祈祷をしてもらうのであれば、お焚き上げも一緒にしてくれるかどうかを事前に確認しておくのがよいでしょう。

ゴミとして処分する

神棚の処分方法にこだわりはない場合は、家庭ゴミとして捨てるのが最も手軽な方法です。お札を返納したり祈祷してもらったりした後の神棚は、魂が入っていないただの箱となります。その事実を十分に理解していれば、神棚に思い入れがある人でも、ゴミとして処分することに、それほど抵抗を感じないのではないでしょうか。ただし、家庭ゴミとして処分する場合は捨てる前に分別をきちんと行う必要があります。

例えば、木製の神棚の場合は可燃ゴミとして処分することが可能です。しかし、金属やガラスの部品が用いられていれば、捨てる前にそれらの部位を取り外さなければなりません。そのうえで、金属やガラスは不燃物として捨てるようにしましょう。また、木製の神棚であってもサイズが大きすぎるものは、可燃ごみとして受け付けてもらえない場合もあります。自治体によってルールは異なりますが、基本的に一定の大きさ以上となる場合は粗大ゴミ扱いです。

神棚が粗大ごみ扱いとなる場合は、まず「粗大ゴミ受付センター」に連絡して、収集を依頼します。次に、「粗大ゴミ処理券取扱店」で購入した粗大ゴミ処理シールを神棚に貼り付け、粗大ゴミ収集日時までに指定場所に神棚を出しておけば終了です。もっとも、自治体によっては神棚の処分自体を断っているところもあるので、事前にホームページや電話などで確認しておきましょう。その他にも、ゴミの収集のルールは自治体によって大きく異なります。地域ごとの違いをしっかりと理解し、自治体の規定に従うように心掛けましょう。

不用品回収業者に引き取ってもらう

「時間に余裕がない」などの理由で、神棚を神社まで持って行けない場合は、不用品回収業者に引き取ってもらうことも方法の一つです。不用品回収業者は、土日祝日でも受け付けてくれたり、搬出をしてくれたりするなど仕事で忙しい人でも利用しやすいサービスとなっています。粗大ゴミとして自治体に回収してもらう場合は、平日のみしか受け付けていないことも多いため、土日しか手続きできない人でも安心です。また、自治体にゴミとして回収してもらう場合は、神棚本体の取り外しを自分で行うことが必要になるため、慣れない作業でケガをするリスクもあります。

しかし、不用品回収業者に依頼すればすべての作業を行ってくれるため、そのような心配は不要です。そもそも、自治体によっては神棚の回収を行っていないエリアもあり、そういうところでは特に重宝します。ちなみに、費用は神棚の大きさなどによっても変わってきますが、相場としては数千~3万円といったところです。また、サービス内容も「単に回収をするだけ」「処分前に祈祷などをしてくれる」など多岐にわたります。そのため、不用品回収業者を利用する場合は、まず複数の業者に相見積もりを出してもらい、それぞれの料金やサービス内容などを慎重に比較することがおすすめです。自分の希望に最もマッチする業者を選ぶようにしましょう。

処分にかかる費用

神棚を処分する方法はさまざまですが、多くの場合で料金が発生します。例えば、神社で祈祷を依頼する場合は、御祈祷料や御初穂料などを納めることが必要です。具体的な金額は、神棚の大きさや立ち会いの有無、祭事の規模などによっても異なります。相場の目安としては、5,000円前後といったところです。ただし、これはあくまでも目安のため、神社によっては数万円以上するところもあります。また、直接神棚を持ち込むのではなく、郵送する場合の相場も5,000円程度です。郵送の場合は、別途送料が必要となります。しかし、不用品回収業者の費用相場は、数千円程度です。

また、遺品整理業者に依頼すれば、基本0円で処分をしてくれるところもあります。しかも、多くの業者は、他の人の供養品と一緒に神棚の合同供養も行ってくれるのでお得です。もっとも、遺品整理業者に依頼できるのはあくまでも遺品整理を行う場合だけのため、神棚を処分する目的だけでは利用できない点がネックといえます。なかには、「ゴミとして捨てれば料金は発生しないのでは?」と感じる人もいるのではないでしょうか。たしかに、可燃ゴミとして処理できるのであれば費用はかかりません。しかし、粗大ゴミとして扱われる神棚の場合は「粗大ゴミ処理シールを購入する」という形で数百円~2,000円程度の料金を支払うことが必要です。

処分に迷ったら不用品回収業者に相談してみよう

食器の処分方法は複数あります。自分で処分する場合は、自治体に処分方法や日程を確認したり運搬に労力を要したりするなど手間暇がかかってしまう点がデメリットです。しかし、不用品回収業者の場合は費用がかかるものの、土日でも予約できたり運搬してもらえたりするなど大変な部分を代行してもらえます。相談や見積もりに無料で応じてくれるところもあるため、日程に余裕がない場合は、一度不用品回収業者へ相談してみましょう。

関連記事

お電話の方はこちらから
電話:0120-537-999

受付時間 / 9:00〜21:00(年中無休)

フォームからのお問い合わせはこちら
無料相談・お見積もり