▼対応エリアのご注意点

対応エリアご注意

東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、茨城県、栃木県1都6県のみの対応となります!

不用品となったヘアの処分方法を徹底解説!

この記事ではヘアの処分方法を紹介します。ヘアの処分でお困りの方はぜひご参照ください。

不用品となったヘアの処分方法

処分方法1:髪の毛としてのヘアの処分

髪の毛という意味でのヘアを処分したいだけなら比較的簡単です。髪の毛を切ったときや抜け毛が出たときなどには髪の毛を可燃ごみとして捨てることができます。全国共通でどこの自治体でも可燃ごみ、燃えるごみといった分類で捨てて問題ありません。腰くらいまで伸ばしていたヘアを短く切ってしまうと大量の髪の毛が出ます。その髪の毛を捨てたいという場合でも、可燃ごみのルールに従って自治体の収集に出せば回収してもらうことができます。

自治体によっては可燃ごみの大きさに制限があり、最も長い辺が30センチ以下などと定められています。ヘアについては柔らかくて曲がり、かつよく燃えるので長さを気にせずに可燃ごみとして出してしまって問題ありません。自治体で指定されている長さ以下に細かく切る必要はないのです。

処分方法2:ヘアクリップやヘアマスクなどの小物の処分

ヘア用品の処分では種類によって適切な方法を選ばなければなりません。ヘアに関連する小物が不要になる場合もあるでしょう。ヘアクリップやヘアマスク、ヘアカラーやヘアトリートメントなどが代表的なものです。このような小物は自治体のルールに従って分別し、収集に出すのが基本的な処分の仕方です。ヘアマスクは燃えるので可燃ごみですが、ヘアクリップは金属なので不燃ごみです。自治体によっては小さな可燃物は不燃ごみにして良いと定められていることもあります。

ヘアカラーやヘアトリートメントはプラスチック製のことが多く、リサイクル可能な資源ごみです。ただ、自治体によってルールが異なり、可燃ごみや不燃ごみにすることもあります。きれいに洗ったら資源ごみだけれど、洗わないままの場合には可燃ごみまたは不燃ごみになることもあるなど、ルールが複雑なことも少なくありません。プラスチック製のときには必ず自治体のルールを確認してから処分しましょう。

処分方法3:ヘアスプレーなどのスプレー缶の処分

ヘアスプレーなどのスプレー缶の処分方法も自治体によってルールが違います。缶としてそのまま収集に出せることもありますが、穴あけ器を使って穴を開けてから缶または不燃ごみとして出す自治体も。逆に穴を開けるのは危険だから避けて、ヘアスプレー缶をそのまま危険物や不燃ごみとして出すケースも少なくありません。また、スプレー缶は自治体では回収していないということもあるため、その場合はメーカーや販売店を通じて回収先を探さなければならないでしょう。

自治体が回収していない場合には、市区町村のごみ収集に関わるサイトにその地域でのスプレー缶の捨て方が紹介されているのが一般的です。回収業者の連絡先が明記されていることも多いので確認してみると良いでしょう。

処分方法4: ヘアドライヤーやヘアアイロンなどの家電の処分

ヘア関連の家電も処分するケースがあります。ヘアドライヤーやヘアアイロンはよく家庭で使用されている家電で、処分したいと思うシーンも少なくないでしょう。ヘアドライヤーやヘアアイロンは小型家電リサイクル法の対象になっているので、自治体による回収が進められています。役所などの公共施設などに回収ボックスが設置されているので、持っていってボックスに入れれば処分可能です。漏電を起こしてひどく壊れてしまったヘアドライヤーや、過熱状態になって壊れたヘアアイロンなども小型家電としてリサイクルに出せます。

また、ヘアドライヤーやヘアアイロンも含めてヘア関連の家電は金属とプラスチックからできているので不燃ごみとして捨てることが可能です。まだヘアドライヤーもヘアアイロンもリサイクルが義務化されているわけではないため、収集に出しても問題はありません。家電の場合には大きさによっては粗大ごみに該当することもあります。粗大ごみに該当する場合には自治体によってルールが違うので、収集や自己搬入などによって処分しましょう。

ヘアを処分する際の注意点

ヘアそのものやヘア用品、ヘア家電を自治体の収集や回収によって処分するときにはルールを細かく確認しなければなりません。ヘアドライヤーを可燃ごみの中に紛れ込ませて捨てたり、髪の毛を資源ごみに入れたりするのはルール違反です。自治体によるごみの処理は住民が正しく分別するのを前提としているので、ルール違反があると処理が滞ったり、機器が故障したりするリスクがあります。その分は税金などに上乗せされることになりかねません。

ヘアカラーやヘアトリートメントの場合には中身も適切に処分する必要があります。電池式のヘア家電の場合には電池だけ取り出して、自治体のルールに従って電池も捨てなければなりません。それぞれを正しく分別して捨てることが必要なので、処分するときには十分に注意しましょう。

ヘアを粗大ごみで処分する方法、料金

処分方法+料金1:ヘアやヘア用品は粗大ごみにできないのが一般的

ヘアそのものやヘア用品はそれ自体が自治体のルールで粗大ごみに該当しない場合がほとんどです。そのため、正しく捨てるには他の方法を考えた方が良いでしょう。髪の毛やアンダーヘア、ヘアマスクなどは、自治体の指定ごみ袋がある場合には可燃ごみ用の袋を購入して収集に出します。指定ごみ袋がない場合にはビニール袋に入れて出すことになります。不燃ごみや資源ごみの場合にも同様で、適切なごみ袋を買うのにかかる費用の負担だけで済みます。

料金としては指定ごみ袋がないなら1枚1円から20円程度、指定ごみ袋がある場合には自治体によって大きな差があり、1枚あたり10円から100円くらいです。他のごみも一緒に袋に入れて捨てられるので実質の費用は1円に満たないことが多いでしょう。家電リサイクルに出すときにも費用はかかりません。電池も通常は回収協力店の家電量販店などに持って行くと無料で回収してもらえるのが一般的です。

処分方法+料金2:粗大ごみになるヘア家電を自治体の収集で処分

大きなヘア家電がある場合には、粗大ごみとして自治体による収集で処分することができます。多くの地域では予約申し込みが必要で、有料の処分になっています。まだ定期的に粗大ごみの収集をしている自治体もあり、予約制でも無料のこともありますが、だんだんと予約制、有料制になってきているのが現状です。

ヘア家電を自治体の有料収集で処分するには粗大ごみ処理手数料として種類やサイズに応じた料金の支払いが必要になります。ただ、全国で料金が統一されているわけではありません。ヘアケアのための家電は小型のものが多いので、1つにつき200円から1000円くらいで済む自治体が多いでしょう。ヘアドライヤーやヘアアイロンでも自治体によってはリサイクルまたは粗大ごみとなる場合があります。粗大ごみの収集に出すと数百円程度の負担がある場合が多いので注意しましょう。自治体だから無料ということはないのであまりおすすめではありません。

処分方法+料金3:粗大ごみのヘア家電を自己搬入で処分

地域によっては粗大ごみをクリーンセンターなどの処理施設に持ち込んで捨てることができます。どの自治体でも対応しているわけではなく、処理施設ごとに回収対象になるごみの種類が異なる場合もあるので気を付けましょう。粗大ごみの持込みに対応している処理施設があれば、不要な粗大ごみのヘア家電を自己搬入して処分できます。予約制の地域もありますが、予約不要で受付時間内に持ち込めば良い場合もあります。

持込み処分の料金も自治体によって違うため、施設にごみを持ち込む前にいくらになるかを調べておくことが必要です。ごみの重さで料金が決まる仕組みが多く、10キログラムあたり10円から20円くらいが一般的になっています。自治体によっては粗大ごみ処理手数料と同じ金額だったり、少し減額したりしていることもあり、数百円程度の料金で処分することが可能です。ただ、手間がかかる割に費用がかかるのが問題かもしれません。

処分方法+料金4:ヘア用品を持込み処分

ヘア用品のほとんどは粗大ごみになりませんが、地域の処理施設に持ち込んで捨てることは可能です。粗大ごみしか取り扱っていない処理施設では、本来可燃ごみや不燃ごみとするようなものは回収してもらえません。しかし、自治体で処理可能なごみなら全て持ち込みを許可しているケースもあります。この場合にはヘア関連のごみはほとんどが処分できますが、分別を求められることが多いので注意が必要です。

粗大ごみ以外も持ち込める場合には、全てのごみの重さを合計した量で計算する料金体系が一般的です。可燃ごみと不燃ごみと粗大ごみを持ってきた場合には、その全てを合わせた重さに基づいて金額が計算されます。料金は自治体によって違いますが、粗大ごみの場合と同じで10キログラムあたり10円から20円くらいが標準的です。ごみを持ち込んだ車の重さがどれだけ減ったかを計量して金額を計算し、支払いをすると施設から出てこられるという仕組みが多くなっています。

処分方法+料金5:業者に依頼して処分

粗大ごみに該当するヘア家電でも、他のヘア用品でも私たちのような専門の業者に依頼して処分することが可能です。不用品回収業者は不用品を回収して処分するのを専門にしているので、大きすぎて自治体の粗大ごみとしても出せないようなものがあったとしても回収します。逆にヘアピンのように小さなものでも全て回収を依頼することが可能です。

業者に依頼したときにかかる料金はヘア関連のごみがどれだけあるかによって異なります。粗大ごみになるサイズの場合には1つにつき数千円から1万円程度が相場です。数が多くなるとまとめて安く引き取れますので、単価で考えるとかなり安く抑えることもできます。ヘアドライヤーやヘアアイロンのような小型家電ではまとめて引き取るときには数百円から3000円程度が相場です。業者によってはトラック積み放題などの定額プランもあり、1万円から5万円くらいでたくさんの不用品をヘア用品と合わせて回収できます。

ヘアの処分を業者に依頼する方法

ヘアやヘア用品などの処分を不用品回収業者に依頼する場合には、まず電話かメールで連絡をしてください。ヘア用品やヘア家電などを回収してもらいたい旨をお伝えください。その連絡を受けてスタッフが現場を訪問するので、日程を調整してください。現場にスタッフが向かい、回収してもらいたいものを全て確認します。そして、いくらで回収できるかを計算して見積もりを出します。また、部屋からの運び出しやトラックへの積み込みなどの作業を自分でおこなうか、業者に任せるかなどといったサービス面の希望も聞きますので、必要なことをお申し付けください。それに応じて見積もりを調整いたします。

不用品回収の金額と合わせて、回収する日取りについての打ち合わせもします。このようにして完成した見積もりの内容を確認して、満足できると思ったら契約をしていただきます。指定した日時にスタッフがトラックで訪問し、ヘア用品やヘア家電などを回収いたします。その後、作業完了確認をして料金の支払いをすればヘア関連のごみ処分は完了です。希望に応じて見積もりに伺ったその日に回収することもできます。

まとめ

ヘアに関連する様々なアイテムはきちんと分別して捨てなければなりません。スプレー缶のように自治体によっては捨てるのが大変なものもあります。粗大ごみにする、小型家電リサイクルの対象として回収に出すなどと細かいことを考えずとも弊社なら全て回収いたします。捨て方で困ったときにはぜひ不用品回収をご活用ください。

関連記事

お電話の方はこちらから
電話:0120935930

受付時間 / 9:00〜21:00(年中無休)

フォームからのお問い合わせはこちら
無料相談・お見積もり

 不用品ゴミ回収料金プラン

単品アイテムのみならず、大量の不用品回収もご対応できます!!
様々なご要望に応える豊富なプランをご用意しております!!

  • 10月~11月限定!

    軽トラ積み放題
    Sパック
    こちらのサービスはお客様ご自身で運んでいただくプランです!
    費用を安く抑えたいお客様のためのプランとなっております!
    トラック近く3メートルまで。
    11月30日まで!! ¥10,000(税別)
    ※リサイクル家電4品目・PC関連除く
    9,000円(税別)

    東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県

  • 軽トラ積み放題
    Sパックプラス
    こちらのサービスは不用品の運び出しからトラックへの積み込みまで全て当店スタッフが行います!
    お客様は見ているだけのらくらくパックになっております!
    14,800円(税別)
  • 軽トラ積み放題
    Lパック
    こちらのサービスはお客様ご自身で運んでいただくプランです!
    費用を安く抑えたいお客様や、体力に自信がある方へのプランとなります!大きな家具や結構量がある方へおススメ!トラック近く3メートルまで
    24,800円(税別)
  • 当店一番人気!

    軽トラ積み放題
    Lパックプラス
    こちらサービスは不用品の運び出しからトラックへの積み込みまで全て当店スタッフが行います!
    お客様は見ているだけのらくらくパックとなっております!大きな家具や結構量がある方へおススメ!
    29,800円(税別)
  • 2トン積み放題
    Sパックプラス
    かなり量がある方、ご自身で運び出し困難な回収物がある方へのおすすめのプランです!
    39,800円(税別)
  • 2トン積み放題
    Lパック
    一軒家まるまる大量な回収物がある方へのプランです!当店スタッフが運び出しすることをオススメします!
    54,800円(税別)
  • 2トン積み放題
    Lパックプラス
    一軒家まるまる大量な回収物がある方へのプランです!
    3人がけソファや大型家具、家電など一人で運び出し困難な回収物や梱包作業など全て当店スタッフが行います!
    59,800円(税別)
  • ゴミ屋敷
    かたづけパック
    どんな大規模なゴミ屋敷でもスピード解決いたします。作業時間が長くなってしまうと、お客様にも負担をかけてしまうため、できるだけ早く作業を終えられるよう努めています。
    お見積完全無料・経験豊富なスタッフがお客様にとって最適なご提案をさせて頂きます。
    50,000円(税別)~
  • 遺品整理パック
    経験豊富なスタッフが極め細やかな仕分け作業を迅速に行ないます。仕分け中に出てきた貴金属や家電など、買取可能なリサイクルやリユース品はできるだけ買取させていただき、不用品処分の軽減に努めております。お見積完全無料・経験豊富なスタッフがお客様にとって最適なご提案をさせて頂きます。
    30,000円(税別)~
【注意事項】
  • ・単品回収については作業スタッフが一名でお伺いすることがございますので、運び出しを手伝っていただいたり、玄関前に運び出していただく場合がございます。
  • ・単品回収については5000円以上から回収に伺います。
  • ・高額な処理費用や工賃がかかる不用品に関しては、別途料金がかかる場合がございます。
  • ・お見積りの連絡なしのキャンセルは交通費10000円をいただく場合がございます。

不用品回収アイテム関連記事は量や作業内容によって料金が異なる場合がございます。
お気軽に電話やフォームにてお問い合わせいただけますと幸いです。

お電話の方はこちらから
電話:0120935930

受付時間 / 9:00〜21:00(年中無休)

フォームからのお問い合わせはこちら
無料相談・お見積もり