▼対応エリアのご注意点

対応エリアご注意

東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、茨城県、栃木県1都6県のみの対応となります!

不用品となった金庫の処分方法を徹底解説!

この記事では、金庫の処分方法として主なものを紹介していきましょう。

不用品となった金庫の処分方法

処分方法1:欲しい人に譲る

まだ使用できる金庫であれば、ほかに欲しい人に譲る方法があります。金庫は便利な物ですが、どこの家にもあるというわけではありません。しっかりした造りの金庫は価格も高いので、購入するには躊躇するもののあれば使いたい、そう思う人もいるでしょう。使える物を捨てるのは気が引けるという方もいるため、処分する方ももらう方もWin-Winな処分方法と言えます。ただし、金庫はサイズが大きく重さもあります。耐火金庫など機能性が高いものはさらに重量感があります。軽く持ち運べるものではないので、受け渡しに関してはやや手間がかかるでしょう。また、金庫は貴重品の管理を厳重にできる便利なアイテムですが、必要性は人それぞれです。譲り手が見つからない可能性も考えられます。

処分方法2:リサイクルショップに買取依頼する

リサイクルショップに買取依頼するという処分方法も1つです。リサイクルショップは多種多様な品物の買取を行っており、金庫類も引き取ってくれる可能性があります。リサイクルショップに買取依頼をするメリットは、処分と同時にお金を得られることです。不用品を捨てる場合、処分費用が発生することは珍しくありません。しかし、リサイクルショップに買い取ってもらえれば、不用な金庫は処分できてさらにお金ももらえてお得です。ただし、金庫はかなり重いので、もし近距離にリサイクルショップがあったとしても持ち運びは容易ではないでしょう。また、故障している金庫は買取してもらえません。

処分方法3:フリマサイトやオークションサイトで売る

売却で処分したい場合、フリマサイトやオークションサイトに出品するという方法もあります。フリマサイトやオークションサイトで売却する利点は、買取依頼した場合の相場より高い金額で売却できる可能性があることです。出品者が自由に価格を設定できるので、その金額を出して品物を手に入れたいという人が現れれば取引が成立します。また、ネットを通して大勢の人が出品を閲覧する可能性があります。譲り手が見つからなかった金庫も、購入者が見つかる可能性はあるでしょう。ただし、出品してもずっと購入者が現れずそのままというパターンも珍しくはありません。また、取引が成立し購入者に金庫を送る場合、サイズや重さによっては送料が高額になることもあります。

処分方法4:自治体の定期ごみ収集に出す

金庫をどのようなごみとして扱うかは自治体によって異なります。また、種類やサイズによっても変わります。もし手持ち金庫などかなり小型の金庫を処分するなら、定期ごみ収集に出せる場合もあります。分別は金庫の素材によりますが、不燃ごみや金物類に分類されることが多いでしょう。いつもごみを出している場所に捨てられるなら手軽です。ただし、大きなサイズの金庫はこの方法での処分は不可能です。また、可燃ごみ以外の収集は可燃ごみに比べると収集の頻度が低い傾向にあります。すぐに処分したいというときに収集のタイミングが合わないと、手元に残り続けることがネックです。

金庫を処分する際の注意点

金庫と一口に言ってもその種類は多様です。金庫の種類によって処分方法も変わってくるので、自分が処分したい金庫がどのようなタイプなのかを確認した上で処分の仕方を考えてみてください。例えば手提げ金庫は取っ手がついて手に持ちやすいタイプの金庫です。金庫の中では小ぶりで、片手で持てるようなサイズ感が特徴です。材質は金属製がよく見られます。粗大ごみ以下のサイズのものも多いので、自治体の定期収集に出せる可能性があります。

耐火金庫は耐火性に優れた金庫です。重厚な造りが特徴で、かなり重みがあります。サイズによっては1人で運ぶのは難しいでしょう。耐火金庫は粗大ごみとして取扱っている自治体が見られますが、自治体では回収不可能としている場合もあるので注意が必要です。また、金庫がまだ使用できる状況なのか壊れているのか、状態についても忘れず確認しましょう。施錠されている金庫は中身が入っている可能性があります。何も入っていないはずと思い込まず、処分する前に必ず開けて中をチェックしてください。

金庫を粗大ごみで処分する方法、料金

それでは、金庫を粗大ごみとして処分するにはどのような方法があるのか、具体的な内容や料金などを紹介します。

処分方法+料金1:自治体に粗大ごみとして処分してもらう

普通ごみに出せない金庫は、粗大ごみとして自治体に処分してもらう方法があります。自治体の粗大ごみ受付に申込み収集してもらうパターンと、自治体の指定する処分施設に自分で粗大ごみを搬入するパターンがあります。処分手数料は金庫のタイプによってまちまちです。例えば手提げ金庫であれば400~500円ほどが目安です(手提げ金庫は粗大ごみとして扱う自治体もあります)。耐火金庫など重量の大きい金庫は1kgあたり数百円の料金がかかる自治体も見られます。なお、自治体によって、耐火金庫は戸別収集は不可、直接搬入のみ可能など特別なルールを設けている場合もあります。また、金庫はそもそも粗大ごみの対象品目にもしていないという自治体もあるので注意が必要です。自治体により対応が変わる上、申込みや運び出しなど処分に際して手間も多く、手軽な処分方法とは言い切れないでしょう。

処分方法+料金2:購入した店舗に引き取ってもらう

金庫を販売している店舗によっては、販売後、不用になったときに引き取りを行っている場合もあります。不用になった金庫を購入した店舗がわかっているなら、引き取りサービスを行っているか確認してみるのも良いでしょう。もし店舗への持込みが難しいようであれば、出張引き取りなどを行っているかも確認を。引き取り料金はおおよそ数千円ほどで、出張可能な場合はさらに出張料金が数千円かかることが多いでしょう。ただし、店舗が引き取りサービスを行っているかは店舗によります。

処分方法+料金3:買い替えをする店舗に引き取ってもらう

金庫の買い替えを行うなら、買い替え先の店舗に古い金庫を引き取ってもらえる可能性もあります。店舗に持込むほか、自宅まで出張して引き取ってくれる店舗もあるので確認してみると良いでしょう。引き取り料金は大体数千円ほどで、出張引き取りの場合は出張料金が加わります。ただし、このサービスは新しい金庫の購入者を対象にしたものなので、買い替えない場合は利用不可能です。

処分方法+料金4:鍵屋に引き取ってもらう

金庫は厳重に鍵をかけて中に入った貴重品を管理するためのアイテムです。この特性から、鍵屋で金庫の引き取りを行っている場合もあります。例えば金庫自体は不用ながら、鍵が開けられなくて中身を出せなくて捨てられず困るというパターンも考えられます。このような場合は、まず鍵を開け中身を取り出すことが先決です。鍵のトラブルと言えば鍵屋に依頼するのが一般的ですが、鍵開けをした後、そのまま不用な金庫の引き取りまでしてくれる業者もあります。引き取り料金はまちまちですが、安いところなら無料です。ただし、地域によってはこのようなサービスを行っている鍵屋が見つからない可能性はあります。

処分方法+料金5:不用品回収業者に依頼する

できる限り手間をかけずに、かつ速やかに処分したいという場合は、不用品回収業者に依頼する方法がおすすめです。手提げ金庫、耐火金庫、金庫はさまざまな種類があるため、自分の持っている金庫はどのように処分するのが最善なのかよくわからないという方もいるかもしれません。不用品回収業者の回収可能な不用品は多岐に渡ります。弊社でも家具・家電・生活用品・処理困難物などさまざまな不用品を回収しております。もちろん、どのような種類の金庫でも対応可能です。365日年中無休でご相談を受け付けているので、処分したいと思い立ったときにご連絡をいただくことができる点もポイントです。不用品回収の料金目安は1品おおよそ数千円ほど。弊社はトラックに不用品積み放題のプランなども用意しており、金庫以外の不用品をまとめて処分する場合に非常にお得です。

金庫の処分を業者に依頼する方法

それでは、金庫の処分を業者に依頼する方法を、弊社の流れで説明します。まずはお客様から回収のご依頼をいただくところからスタートです。金庫の種類や数量、金庫を設置している場所などを伺い、見積りをお知らせします。見積りは作業内容や作業料金をお客様に前もってご了承いただくために非常に重要ですので、必ずご確認ください。見積り内容をご了承いただけたら、具体的な作業の手配に入ります。

お客様にしていただくことは、作業当日の立ち会いと作業料金のお支払いの準備だけです。作業中に金庫の運び出しなどを手伝っていただくことはありません(なお、お客様の運び出しを前提としたプランをご利用の場合はこの限りではありません)。重すぎて持ち運べない場合、降ろしにくいところに設置している場合、どのような場合でも弊社の作業スタッフにお任せください。運び出しや積み込みの完了後、作業の状況をご確認いただき、問題がなければ作業料金のお支払いをお願いします。お支払方法は現金のほか、クレジットカードなども対応可能なので、お客様のご都合に合わせて選択してください。

まとめ

金庫はサイズが大きなタイプや重みのある素材を使っているタイプなどもあり、処分方法に困りがちな物品の1つです。金庫の処分に悩んだときには、ぜひ私たちゴミ回収バスターズにご相談ください。数多くの不用品を回収してきた豊富なノウハウを持つスタッフが、丁寧かつ迅速に回収いたします。公式サイトに掲載している電話やメールなどで365日お申込みいただけますので、お気軽にご連絡ください。

関連記事

お電話の方はこちらから
電話:0120935930

受付時間 / 9:00〜21:00(年中無休)

フォームからのお問い合わせはこちら
無料相談・お見積もり

 不用品ゴミ回収料金プラン

単品アイテムのみならず、大量の不用品回収もご対応できます!!
様々なご要望に応える豊富なプランをご用意しております!!

  • 10月~11月限定!

    軽トラ積み放題
    Sパック
    こちらのサービスはお客様ご自身で運んでいただくプランです!
    費用を安く抑えたいお客様のためのプランとなっております!
    トラック近く3メートルまで。
    11月30日まで!! ¥10,000(税別)
    ※リサイクル家電4品目・PC関連除く
    9,000円(税別)

    東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県

  • 軽トラ積み放題
    Sパックプラス
    こちらのサービスは不用品の運び出しからトラックへの積み込みまで全て当店スタッフが行います!
    お客様は見ているだけのらくらくパックになっております!
    14,800円(税別)
  • 軽トラ積み放題
    Lパック
    こちらのサービスはお客様ご自身で運んでいただくプランです!
    費用を安く抑えたいお客様や、体力に自信がある方へのプランとなります!大きな家具や結構量がある方へおススメ!トラック近く3メートルまで
    24,800円(税別)
  • 当店一番人気!

    軽トラ積み放題
    Lパックプラス
    こちらサービスは不用品の運び出しからトラックへの積み込みまで全て当店スタッフが行います!
    お客様は見ているだけのらくらくパックとなっております!大きな家具や結構量がある方へおススメ!
    29,800円(税別)
  • 2トン積み放題
    Sパックプラス
    かなり量がある方、ご自身で運び出し困難な回収物がある方へのおすすめのプランです!
    39,800円(税別)
  • 2トン積み放題
    Lパック
    一軒家まるまる大量な回収物がある方へのプランです!当店スタッフが運び出しすることをオススメします!
    54,800円(税別)
  • 2トン積み放題
    Lパックプラス
    一軒家まるまる大量な回収物がある方へのプランです!
    3人がけソファや大型家具、家電など一人で運び出し困難な回収物や梱包作業など全て当店スタッフが行います!
    59,800円(税別)
  • ゴミ屋敷
    かたづけパック
    どんな大規模なゴミ屋敷でもスピード解決いたします。作業時間が長くなってしまうと、お客様にも負担をかけてしまうため、できるだけ早く作業を終えられるよう努めています。
    お見積完全無料・経験豊富なスタッフがお客様にとって最適なご提案をさせて頂きます。
    50,000円(税別)~
  • 遺品整理パック
    経験豊富なスタッフが極め細やかな仕分け作業を迅速に行ないます。仕分け中に出てきた貴金属や家電など、買取可能なリサイクルやリユース品はできるだけ買取させていただき、不用品処分の軽減に努めております。お見積完全無料・経験豊富なスタッフがお客様にとって最適なご提案をさせて頂きます。
    30,000円(税別)~
【注意事項】
  • ・単品回収については作業スタッフが一名でお伺いすることがございますので、運び出しを手伝っていただいたり、玄関前に運び出していただく場合がございます。
  • ・単品回収については5000円以上から回収に伺います。
  • ・高額な処理費用や工賃がかかる不用品に関しては、別途料金がかかる場合がございます。
  • ・お見積りの連絡なしのキャンセルは交通費10000円をいただく場合がございます。

不用品回収アイテム関連記事は量や作業内容によって料金が異なる場合がございます。
お気軽に電話やフォームにてお問い合わせいただけますと幸いです。

お電話の方はこちらから
電話:0120935930

受付時間 / 9:00〜21:00(年中無休)

フォームからのお問い合わせはこちら
無料相談・お見積もり