▼対応エリアのご注意点

対応エリアご注意

東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、茨城県、栃木県1都6県のみの対応となります!

不用品となったチェストの処分方法を徹底解説!

この記事ではチェストの処分方法を紹介します。チェストの処分でお困りの方はぜひご参照ください。

不用品となったチェストの処分方法

処分方法1:自治体の粗大ゴミ回収を利用する

チェストなどのタンス類は各自治体で粗大ゴミとして有料回収が可能です。費用は自治体によって異なるほか、チェストのサイズによっても異なります。例えば、東京都大田区の場合はチェストなどのタンス類は箱物家具に分類し、小さいサイズで300円、高さと幅の合計が360cm以上だと2,800円の料金がかかり、サイズによって料金が5段階に分けられているのが特徴です。

大型の家具を処分する手段として良く選択される処分方法ですが、ご自宅から主に門前までご自身でチェストを運び出さなければならないため手間がかかりがちです。加えて、大型家具になれば最低でも2人以上の人手が必要になるケースがほとんどですので、人員確保をした上で安全に運び出す手段を考える必要があります。また、引き取り依頼をされてからすぐに回収できるケースも少ないです。多くの場合で、回収希望日から数週間前までに予約をする必要がありますので、なるべく早い時期に処分の計画をたてられると良いです。

処分方法2:細かくして自治体の燃えるゴミで回収する

チェストは粗大ゴミとして処分されるのが一般的ですが、実は自治体の燃えるゴミにも出せるアイテムです。チェストのマテリアルが木やプラスチックの場合は、電動のこぎりなどを使用して細かく解体すると、燃えるゴミの日にゴミステーションへ出せます。DIYなどが趣味であったり、電動工具に慣れている方であったりするなら、解体作業に時間はかかってもできないことはないかもしれません。

ただし、細かく解体して燃えるゴミにする場合は、一般的に1辺の長さを50cm以下にする必要があるため、お一人での作業や、工具に不慣れな方にはかなりの重労働になる可能性が高いです。加えて、チェストの解体作業を室内で行うにはデメリットも大きくなります。事前に室内へ養生をしなければ汚れや傷を作る可能性も考えられるでしょう。しかし、室内の汚れを避けるために庭などで作業をするには、チェストを屋外へ運び出さなければなりません。

処分方法3:人に譲るかリメイクして使う

どうしてもチェストの処分に費用をかけたくないとお考えになられるなら、お知り合いか身内の方に譲る手段もあります。状態が良ければチェストなどの収納家具が欲しい人は、少なからずいるでしょう。マテリアルの良さや製造国によって価値が高いチェストもあるので、ご不要になったからと言って、処分してしまうのは勿体ないケースもあります。処分する前に周囲の方へ、欲しいかどうかお聞きになられると喜ばれるかもしれません。

誰かへ譲られるだけでなく、リメイクして再び使用する方法もあります。塗装や解体作業などが必要になるかもしれませんが、いろいろな材料をプラスして違うイメージのチェストに仕上げたり、本棚にしたりして、お客様の発想によって再び新しい家具として使用可能です。新しい家具の購入費用を節約できますし、物づくりが好きな方であれば有意義な時間を過ごせます。

処分方法4:不用品回収業者に依頼して簡単に処分する

不用品回収業者は幅広い品目の不用品を回収しています。チェストなどの大型家具もご連絡を受けてから早期での回収が可能です。ご自宅が戸建て住宅であっても、集合住宅であっても回収が可能で、お客様の手を煩わせずにチェストを屋外へ搬出します。質の良い業者であれば、近隣のご迷惑にならないような配慮もしますし、お客様のご自宅で壁や家具などへ傷を付けずに大型家具もスムーズに移動させられるでしょう。

不用品回収のプロに依頼するメリットは、重いチェストを運ぶような重労働をお客様自身でされる必要がないことや、多忙でお時間がないお客様でも短時間でチェストを処分できる点です。買取業者の訪問買取で売却する手段もありますが、人気メーカーではない場合や、汚れや壊れによって買取拒否になるケースは多いです。不用品回収業者では、古くなって汚れが酷かったり、カビだらけだったりするチェストの回収もしてもらえます。

チェストを処分する際の注意点とは

粗大ゴミで回収できるチェストですが、マテリアルによっては粗大ゴミの扱いにならない自治体もあると知っておきましょう。チェストの多くが木製やプラスチック製などですが、オフィス用家具やデザイン家具の中にはスチールなどの金属でできているアイテムもあります。多くの自治体で金属製のチェストやラックを粗大ゴミに分類していますが、中には資源ゴミや不燃ゴミとして処分している場合もありますので、自治体で処分される場合にはチェストの素材も事前に確認されてください。

また、チェストの処分では、屋外への搬出作業がネックになりますが、不用品回収業者などのプロに依頼した場合でも注意すべき点があります。例えば屋内の構造によって、2階から1階へ大型家具の移動ができないケースでは、2階の窓からクレーンなどを使用してチェストを搬出しなければなりません。このような場合は、当然ながらご自分での処分は困難ですし、回収業者にクレーンの用意がなければ、その日の搬出は難しくなるでしょう。回収のプロに依頼される場合は事前に、搬出経路の状態を伝えることでスムーズな作業が可能になります。

チェストを粗大ゴミで処分する方法と料金を知っておこう

自治体の粗大ゴミ回収で処分+料金1:300円から3,000円程度が相場

自治体の回収はチェストを処分する方法の中では、コストが比較的かからない手段と言えます。自治体によって回収にかかる料金は異なるので、粗大ゴミ処理券を購入する前にホームページや問い合わせ窓口で確認しましょう。また、処分されたいチェストのサイズもあらかじめチェックされると料金確認がスムーズです。処分の具体的な方法は、まずお住いの自治体へチェストの粗大ゴミ回収を依頼することからスタートします。

お申し込みの際に、処分費用についての話がされるほか、回収日・回収場所が決定しますので、忘れないようにメモを取られると良いです。次に、粗大ゴミ処理券をコンビニ等で購入され、処分予定のチェストへ剥がれないように貼り付けてください。あとは回収日・時間へ間に合うように、チェストを指定場所へご自宅から搬出されれば自治体のスタッフによって回収されます。

クリーンセンターへ引き取ってもらう+料金2:10kgごとに100円程度(自治体によって異なります)

各エリアにあるゴミ処理施設をクリーンセンターと呼びます。こちらの処分方法は、自治体に回収を依頼されるのではなく、お客様ご自身でクリーンセンターまでチェストを運搬されて処分する手段です。処分費用は重ければ重い程かかりますが、自治体の回収同様安価での処分が可能になります。しかし、チェストを運搬されるにはトラックなどの車両が必要です。自宅に軽トラックなどをお持ちのお客様でなければ、車両のレンタルが必要になります。

処分の手順は、まずお住いの自治体へクリーンセンターにチェストの持ち込みが可能かを問い合わせ、事前予約が必要な場合には忘れずに依頼するようにしましょう。土日祝日の持ち込みが禁止されているケースもありますので、必ず自治体の問い合わせ窓口等で確認されてください。次にチェストの運搬が可能な車両を用意されたら、お客様のご自宅からチェストを搬出して車両にしっかりと積み込み、クリーンセンターまで運搬されたら荷下ろしをし、指定の場所に運び入れて終了です。

家具量販店で引取をする方法+料金3:約3,000円からが相場

チェストの処分が必要になった理由が買い替えの場合は、新しいチェストを購入された家具店で引取サービスを利用されると良いでしょう。ただし、家具量販店や家具店によっては、引き取りサービス自体を行っていない場合や、処分するチェストが同じ家具量販店で購入した商品でない場合は引取を断られる場合もあります。新たなチェストを購入する際には、店舗スタッフへ必ず家具の引取について相談されると良いでしょう。

引取サービスで一般的な条件は、購入したチェストと同容量か同数量の古いチェストであれば引取可能ですが、購入したチェストが配送スタッフ設置商品でなければ引取が不可になる傾向があります。宅配便による運搬では引取サービスが使えません。家具店によって異なりますが、チェストをかつて購入した家具店でも、多くの場合で新品を購入せずに、処分したいチェストを引き取ってもらうことはできません。

引っ越し業者に処分してもらう方法+料金4:0円から

古いチェストをお引っ越しされる際に処分されたいなら、お客様が利用される引っ越し業者へチェストの引取ができないか相談されてください。すべての引っ越し業者が不用家具の回収を行っている訳ではありませんが、処分が可能な業者も少ないながらあります。処分費用に関しても引っ越し業者によって異なり、無料で引き取ってくれる業者やお引っ越しのプランによって料金が変動するケースもあるので、料金についてもご確認が必要です。

また、不要家具の買取を行う引っ越し業者もありますので、少しでもお引っ越しの代金を節約されたいお客様は、買取についてもご相談されると良いかもしれません。ただし、引っ越し業者が不用家具の引取や買取を行っていない場合には諦めて、お引っ越しの作業を行う前にチェストをほかの方法で処分されてください。

不用品回収業者に処分を依頼する方法+料金5:15,000円程度から

不用品回収業者での処分方法は、お客様自身でチェストの搬出や運搬を行って頂かずに、処分できる簡単な手段です。お電話やメールなどでご依頼されれば、希望日時かすぐにでもご自宅へお伺いし、作業にとりかかります。ただし、どのような不用品回収業者に依頼するかで、お客様の満足度に影響する処分方法と言えるでしょう。まずは、ご依頼前にお客様自身で業者選びを念入りに行って下さい。

回収業者のホームページなどで、業者の実績や歴史、どのような営業方針なのかをご確認された上で、口コミや評判などをチェックされると良いです。次に問い合わせ窓口へご連絡をされ、料金や分からない事柄などについて質問してみましょう。スタッフが明確な対応ができているかをチェックして、曖昧な答えしか帰ってこなかった場合には依頼を取りやめた方が良いです。優良な回収業者は搬出・運搬時のトラブルを起こしませんし、追加料金を請求することもありません。

チェストの処分を業者へ依頼する方法

チェストの回収を依頼する不用品回収業者を決定されたら、まず見積もりをとりましょう。ホームページなどが充実している業者であれば、ウェブで簡単に問い合わせや無料見積もりができる場合もあります。主にウェブからの問い合わせでは、名前や住所などの個人情報や回収を希望するアイテムについて入力するのが一般的です。チェストの回収であれば、幅や奥行き、高さなどのサイズをお問い合わせ欄などで伝えれば、見積もりがスムーズになります。業者によっては、電話での本格的な見積もりが可能ですので、もしも納得できなければ気兼ねなく断れるでしょう。

業者側と本格的な交渉をする際には、料金について納得するまで説明をしてもらってください。例えば当社では、お客様からのご依頼内容をお聞きして、最適なプランをご紹介しています。バリエーション豊かな格安プランから、お客様のご要望に合ったプランを選択し提案させて頂くため、無駄な料金がかかりません。見積もり後に契約を成立されれば、お客様はチェストの搬出経路についてやトラックを停車させるスペースについてなど、必要な情報を業者側へ伝え、作業希望日にチェストが回収されるのを待つだけです。処分したいチェストの内部に大切な物が収納されている場合には、事前に取り除かれるとより安心です。

まとめ

チェストは重量がありサイズも大きいため、お客様ご自身で処分するには大きな負担になりがちです。自治体の回収を利用されても屋外に搬出する必要があり、一人での作業は難しいでしょう。チェストの処分では無理をせず、不用品回収業者などのプロに任せた方が手間がかかりませんし、安全な作業になりやすいです。当社でもご利用になったたくさんのお客様から感謝のお言葉をいただいています。

関連記事

お電話の方はこちらから
電話:0120935930

受付時間 / 9:00〜21:00(年中無休)

フォームからのお問い合わせはこちら
無料相談・お見積もり

 不用品ゴミ回収料金プラン

単品アイテムのみならず、大量の不用品回収もご対応できます!!
様々なご要望に応える豊富なプランをご用意しております!!

  • 10月~11月限定!

    軽トラ積み放題
    Sパック
    こちらのサービスはお客様ご自身で運んでいただくプランです!
    費用を安く抑えたいお客様のためのプランとなっております!
    トラック近く3メートルまで。
    11月30日まで!! ¥10,000(税別)
    ※リサイクル家電4品目・PC関連除く
    9,000円(税別)

    東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県

  • 軽トラ積み放題
    Sパックプラス
    こちらのサービスは不用品の運び出しからトラックへの積み込みまで全て当店スタッフが行います!
    お客様は見ているだけのらくらくパックになっております!
    14,800円(税別)
  • 軽トラ積み放題
    Lパック
    こちらのサービスはお客様ご自身で運んでいただくプランです!
    費用を安く抑えたいお客様や、体力に自信がある方へのプランとなります!大きな家具や結構量がある方へおススメ!トラック近く3メートルまで
    24,800円(税別)
  • 当店一番人気!

    軽トラ積み放題
    Lパックプラス
    こちらサービスは不用品の運び出しからトラックへの積み込みまで全て当店スタッフが行います!
    お客様は見ているだけのらくらくパックとなっております!大きな家具や結構量がある方へおススメ!
    29,800円(税別)
  • 2トン積み放題
    Sパックプラス
    かなり量がある方、ご自身で運び出し困難な回収物がある方へのおすすめのプランです!
    39,800円(税別)
  • 2トン積み放題
    Lパック
    一軒家まるまる大量な回収物がある方へのプランです!当店スタッフが運び出しすることをオススメします!
    54,800円(税別)
  • 2トン積み放題
    Lパックプラス
    一軒家まるまる大量な回収物がある方へのプランです!
    3人がけソファや大型家具、家電など一人で運び出し困難な回収物や梱包作業など全て当店スタッフが行います!
    59,800円(税別)
  • ゴミ屋敷
    かたづけパック
    どんな大規模なゴミ屋敷でもスピード解決いたします。作業時間が長くなってしまうと、お客様にも負担をかけてしまうため、できるだけ早く作業を終えられるよう努めています。
    お見積完全無料・経験豊富なスタッフがお客様にとって最適なご提案をさせて頂きます。
    50,000円(税別)~
  • 遺品整理パック
    経験豊富なスタッフが極め細やかな仕分け作業を迅速に行ないます。仕分け中に出てきた貴金属や家電など、買取可能なリサイクルやリユース品はできるだけ買取させていただき、不用品処分の軽減に努めております。お見積完全無料・経験豊富なスタッフがお客様にとって最適なご提案をさせて頂きます。
    30,000円(税別)~
【注意事項】
  • ・単品回収については作業スタッフが一名でお伺いすることがございますので、運び出しを手伝っていただいたり、玄関前に運び出していただく場合がございます。
  • ・単品回収については5000円以上から回収に伺います。
  • ・高額な処理費用や工賃がかかる不用品に関しては、別途料金がかかる場合がございます。
  • ・お見積りの連絡なしのキャンセルは交通費10000円をいただく場合がございます。

不用品回収アイテム関連記事は量や作業内容によって料金が異なる場合がございます。
お気軽に電話やフォームにてお問い合わせいただけますと幸いです。

お電話の方はこちらから
電話:0120935930

受付時間 / 9:00〜21:00(年中無休)

フォームからのお問い合わせはこちら
無料相談・お見積もり