▼対応エリアのご注意点

対応エリアご注意

東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、茨城県、栃木県1都6県のみの対応となります!

不用品となったベビーカーの処分に方法があるのかを徹底解説!

この記事ではベビーカーの処分方法を紹介します。ベビーカーの処分でお困りの方はぜひご参照ください。

不用品となったベビーカーの処分に方法があるのか

友人や知り合いに譲渡する

子どもはあっという間に成長します。新しくベビーグッズを買っても、気づいたらサイズが合わなくなっていることもしばしばです。子どもの成長に合わせようとすると、ベビーグッズは次々に買い直しをしなければなりません。そのため、子どもを育てている人に使わなくなったベビーグッズを譲ると、喜んでもらえる場合が多いです。ベビーカーもまた、譲ると喜んでもらいやすいベビーグッズです。

ベビーカーを使う時期はそれほど長くなく、生後4カ月くらいから2歳半ぐらいまでしか使いません。しっかりと自分の足で歩けるようになるころからは、使用機会も徐々に減っていきます。赤ちゃんによっては、ベビーカーを好まないこともあり、あまり使わないことも多いようです。なので、ベビーカーの用意はするものの、新品でなくてもよいと考えている人は少なくありません。友人や知り合いに子どもが生まれる予定がある人がいるなら、ベビーカーをもらってくれないか尋ねてみるとよいでしょう。喜んでもらえる確率が高い上に、無料でベビーカーを処分できます。

使わないベビーカーは寄付する

ベビーカーは、子どもとの大切な思い出があるだけに、処分しづらいと感じる人もいるのではないでしょうか。また、使用期間がそれほど長いものではないため、ほとんどのベビーカーは状態がよいまま使われなくなります。そのため「誰かに使ってほしい」と、譲渡を考える人は少なくありません。もし不用になったベビーカーがあるのなら寄付することで処分ができます。寄付するというと「お金を渡すこと」を想像する方もいるかもしれません。しかし、実際には誰かの手助けになる物資を渡すことも、大きな支援になります。

日本ではあまりなじみがないかもしれませんが、ベビーカーはとても大切な支援物資の1つです。寄付することで必要としている方のところにベビーカーが送られます。ベビーカーを必要な人のところに届けるための募集活動をしている団体は日本にも存在しています。このような団体にベビーカーを寄付すれば、不用品の処分によって誰かを手助けすることができます。

オークションやフリマアプリで売却する

まだ十分に使えるベビーカーであるなら、オークションやフリマアプリを使って処分してみてはいかがでしょうか。ほしい人が見つかれば、ベビーカーを処分できるだけでなく収入を得られます。多くの人に見てもらいたいのであれば、なるべく登録者数が多いオークションやフリマアプリを選ぶとよいでしょう。出品のコツとしては、なるべく商品の状態がわかる写真を使って出品すること、そして詳細に商品説明を書き込むことです。なぜなら、怪しげな商品はあまり注目してもらえないからです。もし、処分することを優先したいなら、価格を下げて出品してみるとよいでしょう。譲り先が見つかりやすくなります。

購入者やもらい手が見つかったあとはベビーカーを発送しなければなりません。ベビーカーを発送する際には、折りたたんだ状態でストッパーをかけます。配送途中で開かないように紐でしばっておくとよいでしょう。さらに、全体を緩衝材で包み、ガムテープで周囲を巻いて梱包完了です。

リサイクルショップで不用なベビーカーを買取ってもらう

ベビーカーはリサイクルショップで買取りしてもらいやすい品目です。リサイクルショップに持ち込めば、その場で買取査定してくれるので、即日で処分ができます。新しくて状態のよいベビーカーでなければ買取りは難しいと思う人もいるでしょう。ですが、多くのリサイクルショップでは、それほど状態にこだわりません。また、ベビーカーを利用するのは子どもが大きくなるまでの一時期なので、中古品でも気にしないという人が少なくありません。そのため、ベビーカーは買い手が見込める品目として注目されています。特にアップリカ(Aprica)やコンビ(Combi)といった有名ブランドはとても人気があります。

ただし、あまりに型式が古かったり、手の施しようがない状態のベビーカーの場合は、買取りどころか、受取りを拒否されることもあるので注意しましょう。その場合、ベビーカーを持ち帰るか、店舗で処分してもらうことになります。リサイクルショップでの処分費用は、行政サービスと比べて、高く設定されていることが珍しくありません。リサイクルショップに持ち込む際は、付属品を忘れないようにしましょう。取扱説明書や付属品も一緒に買取査定してもらうことで、買取価格が高くなるからです。

なお、リサイクルショップによっては、郵送サービスによる査定ができる場合があります。またLINEやメールによる簡易査定をしているお店もあるので、自分に合ったサービスを提供しているリサイクルショップを選ぶとよいでしょう。

ベビーカーの処分における注意事項

ベビーカーの主な材料はプラスチック・布・金属です。これらは丈夫そうに見えますが、保管状態が悪いと、劣化が急速に進みます。劣化によって、幌が裂けてしまったりサビが浮いたベビーカーに、子どもを乗せたいと思う人はいないはずです。そのため、不用なベビーカーがあるならば、できるだけ早く処分することをおすすめします。特に、譲渡や寄付でベビーカーの処分を考えている場合には、使わなくなったらすぐに譲り渡すとよいでしょう。譲り渡すまでしばらく保管しなければならないときは、ベビーカーを畳んだままにせず、こまめに開いて掃除と手入れをすることで劣化を防止できます。

ベビーカーはほとんどの自治体で粗大ごみとして回収しているため、処分は比較的簡単です。しかし、ベビーカーは需要が高いため、粗大ごみ収集場所に置いておくと、誰かに持ち去られてしまうことが少なくありません。持ち去られないようにするためには、なるべく収集時間近くに出すようにする、もしくは弊社のような不用品回収業者を使うとよいでしょう。

不用なベビーカーを粗大ごみとして処理する方法と料金

行政の粗大ごみとしてベビーカーを処分するなら200円から

ベビーカーを粗大ごみとして処分する方法は、大きく分けると行政サービスによる回収、もう1つは弊社のような民間の不用品回収業者に依頼する場合の2つのパターンがあります。行政の粗大ごみ回収に出すなら処理手数料が発生します。神奈川県横浜市を例にあげるなら、ベビーカーの処理手数料は200円です。粗大ごみ回収の処分手数料や手続きは、多少の違いはあるものの、自治体ごとで大きな差はありません。そこで、以下では神奈川県横浜市の手続きをもとに、粗大ごみ回収の依頼方法を説明します。

粗大ごみ回収を依頼するには、粗大ごみ受付センターに申込みをしなければなりません。申込方法は主に電話やメールです。自治体によってはホームページやLINEからも申込み可能です。窓口でベビーカーを処分したい旨を伝えて、回収場所と処分日を決定し、処分手数料の案内を受けます。次に、処分手数料を郵便局やコンビニエンスストアで支払い、領収書と収集シールを受け取ります。なお、領収書は処分手数料を支払った証拠となるものです。粗大ごみ収集が終わるまで保管しておきましょう。

ベビーカーの見えやすい場所に収集シールを貼り、約束した回収場所に収集日の朝8時までに出しておきます。あとは自治体がベビーカーを粗大ごみとして回収してくれます。

自治体によっては持込み処分も可能!無料の可能性も

粗大ごみの回収を自治体に依頼すると、回収まで2週間ほどの時間がかかります。しかし、自分で処理場に粗大ごみを持ち込めば、自治体の回収よりも早くベビーカーを処分できます。弊社のような民間業者に委託するのでなければ、もっとも手早く粗大ごみを処分できる方法です。一般的に、処分手数料は回収を依頼するよりも処分場に持ち込んだ場合の方が安いです。なかには、持込み処分の場合には処分手数料が無料となる自治体もあります。

上述の神奈川県横浜市では、処理場にベビーカーを直接持ち込むには粗大ごみ受付センターに申込みをしなければなりません。その後、予約した日に処理場にベビーカーを搬入し、粗大ごみとして処分します。神奈川県横浜市で粗大ごみを持込んだ際の処分手数料は、横浜市が粗大ごみを回収する場合と同じです。処分手数料の納付方法は、粗大ごみ回収と同じくコンビニエンスストアや郵便局で支払います。支払ったときに受け取った収集シールをベビーカーに貼り付けて、処分場に持込みます。なお、持ち込み処分では市外からの持込みを認めていません。そのため、処分場利用者の運転免許証をチェックする場合があります。

拠点収集でベビーカーを処分するなら無料

多くの自治体では、時期や場所を決めて特定の粗大ごみや資源ごみを回収する、拠点収集を実施しています。弊社に依頼するのとは異なり、いつでもどのような品目でも利用できるわけではありませんが、このときにベビーカーを処分すれば、処分手数料がかかりません。ベビーカーが回収できる拠点収集には、イベント回収やステーション回収があります。イベント回収とは、回収する品目を決めた上で、期間を限定して拠点収集をすることです。古着や子ども用品などの収集を目的に、地域行事などと同時に開催されるケースが多いです。ステーション回収とは、一定の不用品をあらかじめ決められた集積所に集める回収方法で、小型家電の回収ボックスが例に挙げられます。

自治体によっては、住民の要請によって粗大ごみの拠点収集が行われる場合があります。ただし、この拠点収集は地域住民の総意で催されるのであって、自分1人の希望だけでは行われません。また、拠点収集では集める不用品が決まっています。拠点収集なら必ず粗大ごみとしてベビーカーを捨てられるわけではないので注意しましょう。なお、ベビーカーを集めている拠点収集が行われているか確認したいときは、お住まいの自治体に問い合わせてみるとよいでしょう。

基本料金2,000円から民間の不用品回収業者に依頼できる

ベビーカーを早く片付けたいときや、ほかの不用品を一緒に処分したいときには、弊社のような民間の不用品回収業者が便利です。自治体による粗大ごみ回収では回収予定日まで待たなければなりませんが、不用品回収業者なら早ければ即日でベビーカーを回収することが可能です。多くの不用品回収業者は、基本料金と処分料金によって作業価格を決定します。さらに、車両代金や運搬料などのオプション料金が発生すると、依頼内容によっては料金が高くつくこともあります。基本料金は安い業者で2,000円ほどです。

不用品回収業者は、買取サービスを実施している場合もあります。回収費用から買取価格を差し引くことも可能です。処分予定のベビーカーの買取価格が高ければ、回収費用が実質無料になることもあります。そのため、不用品回収業者の見積もり書を集める際は、不用品の買い取りを考慮して、見積もりしてもらうとよいでしょう。もし不用品買取業者の見積もりで不明な点がある場合は、禍根を残さないためにも、気兼ねせずに質問するようにしましょう。不用品回収で気になるポイントがあれば、ぜひ弊社にご連絡ください。

地域を周回している不用品回収業者に回収してもらうなら無料

「このエリアの粗大ごみ回収をしています」といったチラシや、「不用品を粗大ごみとして回収します」と拡声器で流しているトラックを見たことはありませんか。このような不用品回収業者に依頼して、ベビーカーを処分することも可能です。チラシが入っているときや、業者がトラックで周回してきたときに声をかければ、その場で回収してもらえます。費用は業者によって異なりますが、無料で相談を受けている場合が多いようです。一見すると、すばらしい回収方法にも感じますが、これは大きなリスクをともなう可能性があります。

チラシを配布したりトラックで周っている事業者は、未認可で不用品回収をしている業者が含まれている場合があるからです。そのような業者にベビーカーの処分を依頼した場合、トラブルに巻き込まれる恐れがあります。近ごろでは、見積もりよりも高額の料金を請求されたというトラブルが増えています。また、粗大ごみとして処理を依頼したはずなのに、不法投棄されてしまったというケースも少なくありません。このような業者の相談は、弊社にも数多く寄せられています。「この業者は怪しい」と少しでも思うところがあれば、見積もりを出してもらっても、依頼しないようにしましょう。不安に感じたときは自治体に連絡することをおすすめします。

ベビーカーの処分を不用品回収業者に依頼する方法

不用品回収業者への依頼は、見積もりの作成から始まります。なお、見積もりは複数の業者から集めて、それぞれの料金やサービスを比較することをおすすめします。見積もりを依頼する業者を選ぶ際は、最初に会社の住所や連絡先を確認してください。しっかりした業者は、会社の住所や連絡先に、曖昧な情報を記していないからです。以下では私ども「ゴミ回収バスターズ」に連絡した場合を想定して説明します。

弊社に見積もり作成依頼を出す方法は、電話・ホームページ・メールおよびLINEからお選びください。いずれの方法でも簡単に依頼ができます。見積もり依頼を出すときは、処分したいベビーカーの種類・購入年度・ブランド・状態などを正確に伝えてください。電話で正確に状況を伝えるのが難しい場合には、メールやLINEを用いて、写真を送ることをおすすめします。写真に文章を添えて説明することで、格段に状態が伝わりやすくなるからです。連絡いただいた内容を元に見積もり作成し、弊社スタッフから折り返し連絡いたします。

提示した見積もりの内訳に不明な点がありましたらぜひご質問ください。お客様に納得いただけるまで、丁寧に内訳の理由を説明いたします。見積もりに納得いただけたら、契約を済ませた後に、回収作業へと移ります。

まとめ

不用なベビーカーはいろいろな処分方法が考えられます。出産が近い知り合いに譲り渡したり、あるいは寄付に出してもよいでしょう。行政サービスで処分するなら、粗大ごみとして回収してもらえます。もちろん、弊社でもベビーカーの回収をうけたまわっています。リサイクルできそうなものであれば買取もしているので、処分に悩んだら弊社にご用命ください。満足してもらえる処分方法を提案いたします。

関連記事

お電話の方はこちらから
電話:0120935930

受付時間 / 9:00〜21:00(年中無休)

フォームからのお問い合わせはこちら
無料相談・お見積もり

 不用品ゴミ回収料金プラン

単品アイテムのみならず、大量の不用品回収もご対応できます!!
様々なご要望に応える豊富なプランをご用意しております!!

  • 10月~11月限定!

    軽トラ積み放題
    Sパック
    こちらのサービスはお客様ご自身で運んでいただくプランです!
    費用を安く抑えたいお客様のためのプランとなっております!
    トラック近く3メートルまで。
    11月30日まで!! ¥10,000(税別)
    ※リサイクル家電4品目・PC関連除く
    9,000円(税別)

    東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県

  • 軽トラ積み放題
    Sパックプラス
    こちらのサービスは不用品の運び出しからトラックへの積み込みまで全て当店スタッフが行います!
    お客様は見ているだけのらくらくパックになっております!
    14,800円(税別)
  • 軽トラ積み放題
    Lパック
    こちらのサービスはお客様ご自身で運んでいただくプランです!
    費用を安く抑えたいお客様や、体力に自信がある方へのプランとなります!大きな家具や結構量がある方へおススメ!トラック近く3メートルまで
    24,800円(税別)
  • 当店一番人気!

    軽トラ積み放題
    Lパックプラス
    こちらサービスは不用品の運び出しからトラックへの積み込みまで全て当店スタッフが行います!
    お客様は見ているだけのらくらくパックとなっております!大きな家具や結構量がある方へおススメ!
    29,800円(税別)
  • 2トン積み放題
    Sパックプラス
    かなり量がある方、ご自身で運び出し困難な回収物がある方へのおすすめのプランです!
    39,800円(税別)
  • 2トン積み放題
    Lパック
    一軒家まるまる大量な回収物がある方へのプランです!当店スタッフが運び出しすることをオススメします!
    54,800円(税別)
  • 2トン積み放題
    Lパックプラス
    一軒家まるまる大量な回収物がある方へのプランです!
    3人がけソファや大型家具、家電など一人で運び出し困難な回収物や梱包作業など全て当店スタッフが行います!
    59,800円(税別)
  • ゴミ屋敷
    かたづけパック
    どんな大規模なゴミ屋敷でもスピード解決いたします。作業時間が長くなってしまうと、お客様にも負担をかけてしまうため、できるだけ早く作業を終えられるよう努めています。
    お見積完全無料・経験豊富なスタッフがお客様にとって最適なご提案をさせて頂きます。
    50,000円(税別)~
  • 遺品整理パック
    経験豊富なスタッフが極め細やかな仕分け作業を迅速に行ないます。仕分け中に出てきた貴金属や家電など、買取可能なリサイクルやリユース品はできるだけ買取させていただき、不用品処分の軽減に努めております。お見積完全無料・経験豊富なスタッフがお客様にとって最適なご提案をさせて頂きます。
    30,000円(税別)~
【注意事項】
  • ・単品回収については作業スタッフが一名でお伺いすることがございますので、運び出しを手伝っていただいたり、玄関前に運び出していただく場合がございます。
  • ・単品回収については5000円以上から回収に伺います。
  • ・高額な処理費用や工賃がかかる不用品に関しては、別途料金がかかる場合がございます。
  • ・お見積りの連絡なしのキャンセルは交通費10000円をいただく場合がございます。

不用品回収アイテム関連記事は量や作業内容によって料金が異なる場合がございます。
お気軽に電話やフォームにてお問い合わせいただけますと幸いです。

お電話の方はこちらから
電話:0120935930

受付時間 / 9:00〜21:00(年中無休)

フォームからのお問い合わせはこちら
無料相談・お見積もり