▼対応エリアのご注意点

対応エリアご注意

東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、茨城県、栃木県1都6県のみの対応となります!

不用品となったウォーターベッドの処分方法を徹底解説!

この記事では、ウォーターベッドの処分方法として考えられるものを見ていきましょう。

不用品となったウォーターベッドの処分方法

処分方法1:リサイクルショップに買取依頼する

家具・家電・生活用品など幅広いジャンルの品物を取扱うリサイクルショップ。ウォーターベッドも家具の1つとして買い取ってもらえる可能性があります。不用になったものだとしても、まだ使える状態であればそのまま捨てるのは勿体ないと感じる方もいるでしょう。リサイクルショップで買い取ってもらえれば不用品を処分してお金ももらえます。ただし、リサイクルショップは基本的に自分で店舗に持込む形になります。ウォーターベッドは水が入った状態で何百kgという重量のある家具なので持ち込む際はまず水抜きが必要です。なお、店舗の規模によってはウォーターベッドのような大型の家具は対応していないという可能性もあるでしょう。

処分方法2:フリマサイトに出品する

フリマサイトは誰でも自分で不用品を売却できる場所です。さまざまな物品が取引されており、例えばリサイクルショップでは値がつかなかったような物も、フリマサイトで売れることがあります。ネット上の多数のユーザーに品物を見てもらえるので、購入者が見つかる可能性が高いという点もメリットと言えます。ただし、ウォーターベッドは特殊な物品なので、誰でも使うような物品と比べると買い手が見つかり辛いと考えられます。加えて、ウォーターベッドは巨大なのでそのままの状態で運搬するのは非常に困難です。解体の手配などが必要で、手間がかかるでしょう。

処分方法3:欲しい人に譲る

身の回りにウォーターベッドが欲しいという人がいるなら、譲るのも1つの処分方法です。ウォーターベッドは買うとなると数十万円はかかる商品なので、もらえるものならもらいたいという人がいるかもしれません。ただし、ウォーターベッドは中に水を入れて使うという特殊な構造の家具です。また、寝具は使用感も表れやすいので、貰い手がなかなか見つからない可能性もあります。また、ウォーターベッドをそのまま運ぶのは困難なので、譲る際は水抜きなどの処理を行わなければならずその手間もかかるでしょう。

処分方法4:細かく解体して定期収集に出す

ウォーターベッドはそのままではとても定期収集に出せるようなサイズではありません。しかし、解体して1つ1つのパーツを小さくすれば定期収集に出せる可能性もあります。普通ごみとして定期収集に出せば近所のゴミ捨て場に持って行くだけなので手軽です。ただし、ウォーターベッド解体の手間はかかります。また、フレーム付きなどウォーターベッドの種類によっては解体が困難な場合もあります。なお、自治体によっては元々粗大ごみサイズのものは解体しても普通ごみとして扱わない場合もあるので、注意しましょう。

ウォーターベッドを処分する際の注意点

ウォーターベッドを処分する際注意したい点として、先にも触れましたが、譲り手・買い手がなかなか見つからない可能性があるということがあります。ウォーターベッドは寝具です。中古の家具でも使用できるという人は多くいますが、寝具となると話は別です。直接長時間横たわりながら使用する物なので、中古は抵抗があるという人も少なくないのです。そのため、ウォーターベッドも中古品はなかなか欲しいという人が見つかりにくいでしょう。すぐに処分が必要という場合はこの点も考慮の上処分方法を検討してみてください。

また、ウォーターベッドは非常に重量のある家具です。ソフトサイドタイプで約500kg、ハードサイドタイプで約700kgあります。中には1t近くあるサイズも。ウォーターベッドを軽くして運ぶためには中に入った水を抜く必要がありますが、排水溝などにつないで水を流さなければならず、またホースなど専用の器具が必要なので、持ち主が自分で行うのはなかなか難しいものがあるでしょう。

ウォーターベッドを粗大ごみで処分する方法、料金

それでは、ウォーターベッドを粗大ごみとして処分する方法や、各方法でかかる料金などを紹介します。

処分方法+料金1:自治体の粗大ごみ収集に出す

ウォーターベッドは自治体では一般的に粗大ごみとして扱われます。粗大ごみ収集を依頼するのは処分方法の一つです。粗大ごみ受付窓口まで収集依頼をし、指定された収集日に自宅の前もしくは最寄りの収集場所に粗大ごみを出しておくという流れです。手数料は自治体によって異なりますが、おおよそ400円ほどです。収集日までに自治体の指定場所で手数料を支払うか、収集に来た業者に直接手数料を支払うか、支払方法は自治体によってまちまちです。なお、自治体の粗大ごみ収集では、ウォーターベッドは水抜きした状態のものしか収集しません。そのため、収集日までに自分で水抜きを済ませる手間がかかります。また、ウォーターベッドのサイズ・種類によっては、自宅前や最寄りの収集場所までと言えど、運び出しは困難でしょう。

処分方法+料金2:自治体の指定場所に直接搬入する

自治体に粗大ごみを処分してもらう場合、収集のほかに自分で指定場所に直接搬入するという方法もあります。直接搬入の場合、自分で持込む日を決められます。収集を依頼すると自治体の指定する日の収集になるため、自分の希望の日程で収集はしてもらえません。また、混雑状況によっては収集日が後ろ倒しになることもあります。そのため、できる限り早めに、自分のタイミングで粗大ごみを処分したいなら直接搬入の方が適していると言えます。手数料は収集の場合と同じく400円ほどですが、持込みの場合はそれより安いか無料としている自治体もあります。ただし、指定場所に自分でウォーターベッドを持込む手間はかかります。指定場所まで自宅から距離があるなら、車などを使って運搬しなければならないでしょう。

処分方法+料金3:買い替えの際に購入店舗に引き取ってもらう

家具や家電などを買い替える場合、購入店舗で古い物を引き取ってくれることもあります。引取サービスは店舗に直接持込みのほか、持込みができない場合は収集をしてくれることもあるので、運ぶ手段がない人にとっては便利でしょう。引取料金は店舗によりまちまちで、無料のところもあれば数千円ほどの料金がかかるところもあります。ただし、このような引取サービスは、処分希望の不用品と同種類の家具を購入した人が対象です。つまり、店舗で新しくベッド類を購入しなければ、不用な家具の引取サービスは利用できないということです。

処分方法+料金4:引越し業者の不用品引取サービスを利用する

引越しの際、荷物を整理していてウォーターベッドが不用になることもあるかもしれません。そのような場合は、引越し業者の不用品引取サービスを利用するという方法もあります。引越しのときは新居に運び込む荷物を少しでも少なくするため、いらないものを一気に処分するケースが多く見られます。引越し業者の引取サービスは、引越しのタイミングで出た不用品を引越し業者が回収してくれるというものです。料金は数千円ほどから。手間をかけずに引越しのついでに処分できるという手軽さがあります。ただし、この引取サービスは、引越しのタイミングでしか利用できません。また、引越し業者がウォーターベッドの処分に関し、どこまで対応してくれるかは業者によります。水抜きまでは業者に対応してもらえない可能性もあります。

処分方法+料金5:不用品回収業者に依頼する

ウォーターベッドを手軽に処分したいなら、不用品回収業者に依頼する方法があります。弊社は電話やメールなどで年中無休でご依頼を受け付けており、いつどのようなタイミングでも回収作業が行えます。なお、ウォーターベッドの水抜き方法などがよくわからない場合、うまくできない場合などは、ご相談いただければ水抜きから運び出しまで全て弊社のスタッフが作業することも可能です。処分に手間がかかる粗大ごみも、知識や経験豊富なスタッフがプロの腕でもって作業し回収できるのが弊社のような不用品回収業者の魅力です。回収料金の相場は数千円程度となっています。なお、複数の不用品を一度でお得に処分できるプランなども用意しております。

ウォーターベッドの処分を業者に依頼する方法

ウォーターベッドの処分を不用品回収業者に依頼する方法を、弊社の例で説明します。まず始めに回収依頼のご連絡をいただきます。ウォーターベッドのサイズや数量、設置状況などを伺い、見積もりをお出しします。見積もりはお客様と弊社で作業内容や料金に関する認識を共有しておくためのものです。弊社では作業の前に必ず見積もりをお伝えしておりますので、必ず内容をご確認ください。なお、もし見積もりの段階でご依頼をキャンセルされたとしても、見積もり料金などは一切発生しません。見積もり内容をご了承いただけたら、作業に向け手続きを進めます。もしお客様自身でウォーターベッドの水抜きが不可能であればお知らせください。

回収当日に作業スタッフがウォータベッドの設置場所に伺います。お客様のご要望に基づき、水抜きや運び出しなどを行いますので立ち会いをお願いします。作業に関してお客様に直接お手伝いいただくことはありません(ただし、お客様に運び出しをご担当いただくプランもあります)。作業が全て終わったら、作業状況をご確認いただき、その場でお支払いをお願いします。お支払方法は現金やクレジットカードなど各種対応していますのでお選びください。お支払いが済みましたら回収作業は完了です。

まとめ

ウォーターベッドはサイズが大きく、また処分に際して本体からの水抜きが必要になるため、どのように捨てれば良いかお困りの方もいるかもしれません。そのような場合は、私たちゴミ回収バスターズにお任せください。水抜き作業から運び出しまで、回収作業のプロであるスタッフが丁寧かつ迅速に対応いたします。ぜひお気軽にご連絡ください。

関連記事

お電話の方はこちらから
電話:0120935930

受付時間 / 9:00〜21:00(年中無休)

フォームからのお問い合わせはこちら
無料相談・お見積もり

 不用品ゴミ回収料金プラン

単品アイテムのみならず、大量の不用品回収もご対応できます!!
様々なご要望に応える豊富なプランをご用意しております!!

  • 3~4月限定!

    軽トラ積み放題
    Sパック
    こちらのサービスはお客様ご自身で運んでいただくプランです!
    費用を安く抑えたいお客様のためのプランとなっております!
    トラック近く3メートルまで。
    4月30日まで!! ¥10,000(税別)
    ※リサイクル家電4品目・PC関連除く
    9,000円(税別)

    東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県

  • 軽トラ積み放題
    Sパックプラス
    こちらのサービスは不用品の運び出しからトラックへの積み込みまで全て当店スタッフが行います!
    お客様は見ているだけのらくらくパックになっております!
    14,800円(税別)
  • 軽トラ積み放題
    Lパック
    こちらのサービスはお客様ご自身で運んでいただくプランです!
    費用を安く抑えたいお客様や、体力に自信がある方へのプランとなります!大きな家具や結構量がある方へおススメ!トラック近く3メートルまで
    24,800円(税別)
  • 2トン積み放題
    Sパックプラス
    かなり量がある方、ご自身で運び出し困難な回収物がある方へのおすすめのプランです!
    39,800円(税別)
  • 2トン積み放題
    Lパック
    一軒家まるまる大量な回収物がある方へのプランです!当店スタッフが運び出しすることをオススメします!
    54,800円(税別)
  • 2トン積み放題
    Lパックプラス
    一軒家まるまる大量な回収物がある方へのプランです!
    3人がけソファや大型家具、家電など一人で運び出し困難な回収物や梱包作業など全て当店スタッフが行います!
    59,800円(税別)
  • ゴミ屋敷
    かたづけパック
    どんな大規模なゴミ屋敷でもスピード解決いたします。作業時間が長くなってしまうと、お客様にも負担をかけてしまうため、できるだけ早く作業を終えられるよう努めています。
    お見積完全無料・経験豊富なスタッフがお客様にとって最適なご提案をさせて頂きます。
    50,000円(税別)~
  • 遺品整理パック
    経験豊富なスタッフが極め細やかな仕分け作業を迅速に行ないます。仕分け中に出てきた貴金属や家電など、買取可能なリサイクルやリユース品はできるだけ買取させていただき、不用品処分の軽減に努めております。お見積完全無料・経験豊富なスタッフがお客様にとって最適なご提案をさせて頂きます。
    30,000円(税別)~
【料金の注意事項】
  • ・単品回収については作業スタッフが一名でお伺いすることがございますので、運び出しを手伝っていただいたり、玄関前に運び出していただく場合がございます。
  • ・単品回収については5000円以上から回収に伺います。
  • ・高額な処理費用や工賃がかかる不用品に関しては、別途料金がかかる場合がございます。
  • ・お見積りの連絡なしのキャンセルは交通費10000円をいただく場合がございます。

不用品回収アイテム関連記事は量や作業内容によって料金が異なる場合がございます。
お気軽に電話やフォームにてお問い合わせいただけますと幸いです。

お電話の方はこちらから
電話:0120935930

受付時間 / 9:00〜21:00(年中無休)

フォームからのお問い合わせはこちら
無料相談・お見積もり