▼対応エリアのご注意点

対応エリアご注意

東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、茨城県、栃木県1都6県のみの対応となります!

不用品となったキャリーケースの処分方法を徹底解説!

この記事ではキャリーケースの処分方法を紹介します。キャリーケースの処分でお困りの方はぜひご参照ください。

不用品となったキャリーケースの処分方法

処分方法1:自治体の粗大ごみに出す

キャリーケースはサイズが大きいのでほとんどの自治体では粗大ごみとして捨てることになります。自治体によって粗大ごみの大きさの定義は違いますが、30センチメートル以上の大きさになると粗大ごみなのが一般的です。キャリーケースはコンパクトなものでも50センチメートルくらいあるので粗大ごみとして出すことになります。自治体によってルールは違うものの、予約制で有料の場合が多くなっています。事前に申し込みをして処理券の購入により処理手数料を納付することで処分が可能です。戸別収集を依頼できるところもあれば、ステーション収集をしているところも、ごみ処理施設への搬入を求めているところもあります。

粗大ごみに出すときにはキャリーケースの中身は出しておかなければなりません。衣類や旅行グッズなどが入ったままになっていた場合には取り出し、不要なものは燃えるごみや燃えないごみなどに分類して個別に捨てる必要があります。中身が入ったまま粗大ごみに出しても回収してもらえず、出し直さなければならないので注意しましょう。

処分方法2:業者に買い取ってもらう

キャリーケースはリサイクルショップや買取専門店などの業者に買い取ってもらうことが可能です。キャリーケースをごみにするのではなく、中古品として業者が販売してリサイクルする形になります。自分が使ってきたキャリーケースを他の人に使われたくないという場合には向いていませんが、ごみにするよりも有効活用して欲しいと思うなら魅力的な方法でしょう。ただ、他の人にとって価値があるキャリーケースでないと業者は買い取ってくれません。傷だらけだったり、汚れが目立ったり、破損していたりすると買取の対象外になるのが一般的です。

また、新品同様のキャリーケースでも、もともと安い製品は買い取ってくれないことが多いので気を付けましょう。中古品として販売したときに買いたいと思う人がいてすぐに売れるかという視点で業者は買取可能かどうかを判断します。安いキャリーケースは新品を買おうとする人が多いので、中古品は売れにくいと考えられてしまうこともあるのです。

処分方法3:個人に直接売却する

キャリーケースは個人に直接売却して処分することもできます。地域のフリーマーケットやバザーで販売したり、ネットでオークションやフリーマーケットサービスを利用して出品したりするのが典型的な方法です。個人に売る方法は買取業者が間に入らないので中間マージンが発生しません。高くて価値があるものは高額で売れるメリットがあります。ただ、キャリーケースはもともと数千円から一万円少々の物が多く、中古となるとなかなか高値では売れません。傷や汚れが目立つと全く売れないこともあるので注意が必要です。

フリーマーケットやバザーに出すには申し込みが必要で、ネットで販売するときにもアカウントを作成して商品登録をしなければなりません。手続きの手間が多く、個人に売却するのに慣れていない人は諦めてしまうこともあります。かなりの労力をかけて販売したのに結局売れず、失敗したと後悔しているケースも少なくありません。

処分方法4:不用品回収に出す

キャリーケースは不用品回収に出して処分することもできます。弊社も不用品回収サービスを主要事業として展開していて、キャリーケースの回収依頼も受けてきました。不用品回収はご依頼をいただければ、お客様の都合の良いタイミングで自宅に回収に行くのが特徴です。古くて売れそうもないキャリーケースでも、中身が入った状態のキャリーケースでも問題ありません。複雑な手続きをする必要もありませんので、キャリーケースを捨てたいと思ったときに気軽にご利用いただけるサービスです。

特に弊社では迅速対応を心がけていて、最短30分でお伺いできるように努めています。24時間、土日祝日も含めて対応をしているため、昼間には時間がない方でもキャリーケースの処分が簡単にできます。粗大ごみにしたり、買取業者を利用したりするのが面倒だと思った方も気兼ねなく捨てられるサービスですのでぜひご利用ください。

キャリーケースを処分する際の注意点

キャリーケースは捨て方によっては注意すべき点がたくさんあります。自治体に捨てるときにはルールを確認して適正な方法で処分することが必要です。キャリーケースは解体すれば小さくなるから燃えるごみや燃えないごみとして捨てられると考える人もいます。しかし、自治体によっては解体したとしても粗大ごみで捨てる必要があるというルールにしているので注意しなければなりません。また、解体して捨てても構わない自治体でも、素材ごとに分けて分別する必要があります。資源ごみが含まれていることもあるので解体するとかなり大きな手間になるのは確かです。

業者に買い取ってもらう方法や個人に売却する方法は、買い取りが成立しない可能性もあります。誰も使いたいと思わないような状態のキャリーケースなら、捨てた方が労力が無駄にならずに済みます。なお、不用品回収でしたら特に気を付けることはありません。弊社に連絡していただければ準備も不要で、どのようなキャリーケースでも回収します。手間をあまりかけずにキャリーケースを処分したいなら不用品回収をご検討ください。

キャリーケースを処分する方法、料金

処分方法+料金1:自治体の戸別収集を依頼して粗大ごみにする方法

粗大ごみとしてキャリーケースを処分するときには、自治体による戸別収集を利用するのが一般的です。戸別収集の場合にはごみ処理施設に電話かインターネットで申し込みをして、収集日を指定してもらうという仕組みの自治体が多くなっています。自分で収集日を指定できることは少なく、自治体が収集をして回る都合に合わせて決まるのが通例です。そして、収集日までに処理手数料を納付し、当日は朝早くから指定場所に出す必要があります。

キャリーケースの戸別収集にかかる処理手数料は自治体によって違います。相場としては200円から600円くらいです。事前の支払いが必要なのが一般的ですが、自治体によっては収集のタイミングで収集担当者に手渡しで支払う場合もあります。

処分方法+料金2:ごみ処理施設に自己搬入して粗大ごみにする方法

自治体によってはごみ処理施設への自己搬入を受け付けているので、持ち込んで処分することも可能です。自己搬入のルールは自治体による違いが大きいので確認してから準備をしましょう。完全予約制になっていて、申し込みをすると日時を指定される場合もあります。自己搬入の受付時間が決まっていて、その時間内に受付を終えられれば捨てられるという自治体もあります。受付時間は平日の昼間と土曜日の午前中というケースが多いですが、地域によっては土曜日の午後や日曜日にも自己搬入が可能です。

キャリーケースを自己搬入するときにかかる料金は自治体ごと、施設ごとに定めています。収集の場合と同じで事前に粗大ごみ処理券を購入して料金を支払わなければならないこともあります。この場合は200円から600円が相場ですが、戸別収集を依頼したときよりも安いことも少なくありません。自己搬入では持ち込んだごみの総重量に基づいて計算するケースもあります。10キログラムあたり10円から20円が処理手数料の相場で、最低料金を200円くらいにしていることもあれば、100キログラム程度まで無料のこともあります。

処分方法+料金3:業者に買い取ってもらう方法

業者にキャリーケースを買い取ってもらう方法は3通りあります。店頭買取、出張買取、宅配買取に対応している業者があるので、希望する方法で申し込みましょう。どの場合にも手数料はかかりませんが、買い取ってくれるとは限りません。流れとしては査定を受けて金額を提示してもらい、納得できたら書面で契約を交わして買い取ってもらうというのが基本です。ただ、キャリーケースを買い取って欲しいときに出張買取を依頼しても断られる傾向があります。あまり単価が高くないので、業者としては出張にかかるコストの方が大きくなってしまうからです。また、宅配買取も運賃の方が高くなることが多いため、断られてしまうのが普通です。

店頭買取であれば対応はしてもらえますが、値段が付かなかったときには持ち帰らなければなりません。他のものと一緒に買取を依頼するとキャリーケースを無料で引き取ってくれることもあります。ただ、買い取ってもらうことになった品物の査定価格が下がることもあるので注意しましょう。

処分方法+料金4:個人に売却する方法

キャリーケースを個人に売却するときにはいろいろな方法がありますが、キャリーケースの売却ではオフライン、オンラインのフリーマーケットがよく用いられています。オフラインのフリーマーケットで売るときには出店の申し込みをして料金を支払うことが必要です。出店費用は200円から1000円くらいが相場です。当日はキャリーケースを持ち込んで、来場した人と交渉して売ることになります。

オンラインのフリーマーケットではアカウントを作成して出品します。アカウントの作成は無料で、出品も無料でできることが多くなっています。ただ、売買が成立したときに10%前後の手数料が発生するのが一般的です。

処分方法+料金5:不用品回収業者に回収してもらう方法

不用品回収に出す方法はいつでも気軽にできるので便利です。弊社での回収は依頼を受けたら現場に急行する、あるいはお客様の都合が良いタイミングで訪問するという仕組みです。回収にかかる見積もりを出しますので、内容を確認して問題ないようでしたらキャリーケースを引き取ります。不用品回収を業者に依頼したときにかかる費用は業者ごとにかなり大きな違いがあり、業者によっては見積もりと回収費用に差が生じることもあります。弊社では追加費用を請求することが一切ありませんので、見積もりの通りに費用をお支払いいただくだけで大丈夫です。キャリーケース1個の料金は2000円から1万円くらいが相場です。他の不用品と一緒に回収すると安上がりになります。

キャリーケースの処分を業者に依頼する方法

キャリーケースを不用品回収業者に出すときには簡単に依頼できるので、大まかな流れを弊社のケースを例に取って紹介します。まず、コールセンターに電話かメールで連絡していただき、キャリーケースの回収を依頼してください。するとオペレーターが回収希望の日時や、回収して欲しいキャリーケースの個数などを質問します。そのご回答に応じてスタッフの手配を進めつつ、見積もりを計算いたします。訪問見積もりをご希望の際にはこのタイミングでは概算をお伝えする程度で、正式な見積もりは現地で作成するのが基本です。

ご希望の日時にスタッフが現場に訪問し、正式な見積もりをお渡しします。その内容で問題がないようでしたらキャリーケースを引き取り、代金をお支払いいただくというのが流れです。弊社では電話は9時から21時まで対応し、メールなら24時間いつでも受け付けています。キャリーケースがいらないと思ったときにすぐに依頼できるので便利なサービスです。

まとめ

キャリーケースは粗大ごみとして捨てられますが、どの自治体でも手続きの手間が大きくなってきています。無料で引き取ってくれるわけでもないので、簡単に捨てたいときにはぜひ弊社の不用品回収をご利用ください。買取業者やフリーマーケットなどで売れない状態のキャリーケースでも速やかに見積もりをして回収いたします。

関連記事

お電話の方はこちらから
電話:0120935930

受付時間 / 9:00〜21:00(年中無休)

フォームからのお問い合わせはこちら
無料相談・お見積もり

 不用品ゴミ回収料金プラン

単品アイテムのみならず、大量の不用品回収もご対応できます!!
様々なご要望に応える豊富なプランをご用意しております!!

  • 10月~11月限定!

    軽トラ積み放題
    Sパック
    こちらのサービスはお客様ご自身で運んでいただくプランです!
    費用を安く抑えたいお客様のためのプランとなっております!
    トラック近く3メートルまで。
    11月30日まで!! ¥10,000(税別)
    ※リサイクル家電4品目・PC関連除く
    9,000円(税別)

    東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県

  • 軽トラ積み放題
    Sパックプラス
    こちらのサービスは不用品の運び出しからトラックへの積み込みまで全て当店スタッフが行います!
    お客様は見ているだけのらくらくパックになっております!
    14,800円(税別)
  • 軽トラ積み放題
    Lパック
    こちらのサービスはお客様ご自身で運んでいただくプランです!
    費用を安く抑えたいお客様や、体力に自信がある方へのプランとなります!大きな家具や結構量がある方へおススメ!トラック近く3メートルまで
    24,800円(税別)
  • 当店一番人気!

    軽トラ積み放題
    Lパックプラス
    こちらサービスは不用品の運び出しからトラックへの積み込みまで全て当店スタッフが行います!
    お客様は見ているだけのらくらくパックとなっております!大きな家具や結構量がある方へおススメ!
    29,800円(税別)
  • 2トン積み放題
    Sパックプラス
    かなり量がある方、ご自身で運び出し困難な回収物がある方へのおすすめのプランです!
    39,800円(税別)
  • 2トン積み放題
    Lパック
    一軒家まるまる大量な回収物がある方へのプランです!当店スタッフが運び出しすることをオススメします!
    54,800円(税別)
  • 2トン積み放題
    Lパックプラス
    一軒家まるまる大量な回収物がある方へのプランです!
    3人がけソファや大型家具、家電など一人で運び出し困難な回収物や梱包作業など全て当店スタッフが行います!
    59,800円(税別)
  • ゴミ屋敷
    かたづけパック
    どんな大規模なゴミ屋敷でもスピード解決いたします。作業時間が長くなってしまうと、お客様にも負担をかけてしまうため、できるだけ早く作業を終えられるよう努めています。
    お見積完全無料・経験豊富なスタッフがお客様にとって最適なご提案をさせて頂きます。
    50,000円(税別)~
  • 遺品整理パック
    経験豊富なスタッフが極め細やかな仕分け作業を迅速に行ないます。仕分け中に出てきた貴金属や家電など、買取可能なリサイクルやリユース品はできるだけ買取させていただき、不用品処分の軽減に努めております。お見積完全無料・経験豊富なスタッフがお客様にとって最適なご提案をさせて頂きます。
    30,000円(税別)~
【注意事項】
  • ・単品回収については作業スタッフが一名でお伺いすることがございますので、運び出しを手伝っていただいたり、玄関前に運び出していただく場合がございます。
  • ・単品回収については5000円以上から回収に伺います。
  • ・高額な処理費用や工賃がかかる不用品に関しては、別途料金がかかる場合がございます。
  • ・お見積りの連絡なしのキャンセルは交通費10000円をいただく場合がございます。

不用品回収アイテム関連記事は量や作業内容によって料金が異なる場合がございます。
お気軽に電話やフォームにてお問い合わせいただけますと幸いです。

お電話の方はこちらから
電話:0120935930

受付時間 / 9:00〜21:00(年中無休)

フォームからのお問い合わせはこちら
無料相談・お見積もり