洗濯機を買い替える人必見!洗濯機の処分方法や処分にかかる料金を徹底解説

不要になった大きな洗濯機を前に処分方法に悩む人は多くいます。洗濯機を買い替える際や、いらなくなった洗濯機を捨てたい場合はどうしたらよいのでしょうか。売却してお金を得たい人もいるかもしれません。本記事では洗濯機を処分する前に知っておきたい家電リサイクル法を説明した後、具体的な処分方法や料金を説明します。また、洗濯機を売却する方法や、忙しい人にぴったりな不用品回収業者の活用についても紹介します。

洗濯機は粗大ゴミとして捨てられない?家電リサイクル法とは

洗濯機は家電リサイクル法の対象のため、粗大ゴミとして捨てられません。家電リサイクル法とは、一般家庭から捨てられた家電製品から有用な部品・材料を取り出して廃棄量を減らすとともに、再利用を促進するための法律です。エアコン・テレビ・冷蔵庫・冷凍庫・洗濯機・衣類乾燥機などの家電に対しては、家電リサイクル法が適用されています。洗濯機を処分する際に必要なのは、リサイクル料金と収集運搬料金です。これらの金額はメーカーや小売店などによって異なります。

家電量販店が便利!洗濯機の処分方法4選

ここでは、洗濯機の処分方法として、新しい洗濯機の購入店に依頼する方法、処分したい洗濯機を購入したお店に依頼する方法を紹介します。また、市町村の回収サービスを利用する方法と、指定取引場所に自分で持ち込む方法も紹介します。それぞれ特徴があるので、どのような場合に向く方法なのか、具体的な方法、メリット・デメリットなどを比較しておくとよいでしょう。

買い替えする購入店に処分してもらう

洗濯機を買い替えたときに最もおすすめなのは、新しい洗濯機を購入したお店に処分してもらう方法です。古い洗濯機を処分してもらった後、すぐに新しい洗濯機を運び入れてもらえます。また、店舗によっては買い替えキャンペーンやポイントプレゼントなどの特典を用意しています。これらによって実質的に費用の負担を減らせるでしょう。リサイクル料金は日本の主要メーカーの洗濯機であれば2530円(税込)です。これに別途、収集運搬料がかかります。たとえば大手家電量販店のヨドバシカメラは550円(税込)、ヤマダ電機やケーズデンキは1650円(税込)に設定されています。

処分する洗濯機の購入元に処分してもらう

新しい洗濯機を購入せず、今持っている洗濯機を処分したいだけの場合もあります。このようなケースでは、洗濯機を購入したお店に依頼しましょう。購入店に処分を依頼する場合も、洗濯機のメーカーが決めているリサイクル料金と、購入店が定めた収集運搬料金を支払えば処分してもらえます。ただ、買い替え先のお店に頼むのと違い、キャンペーンや特典が適用されることはまずないでしょう。そのため、購入店で処分してもらうメリットは、これと言ってありません。逆に、買い替えで洗濯機を処分するよりも、収集運搬料金が高い傾向があるのがデメリットです。また、基本的に購入店の指示に従って回収してもらう流れとなるので、自由に収集日時が指定できません。

「ずいぶん昔に買ったので、回収してもらえないかもしれない」などと思う人もいるでしょう。しかし、家電リサイクル法により、洗濯機を販売した店舗は処分の依頼を受け付ける義務があるので心配ありません。すでにお店がなくなってしまっている場合は、後ほど紹介する市町村のサービスや不用品回収業者などを利用しましょう。

市町村の回収サービスを利用する

洗濯機の処分のみを行いたい際、購入店がわからない場合やすでに営業していない場合は、市町村に依頼するのが選択肢の1つです。また、お店はわかっていても、遠方で対応してもらえないときも市町村に依頼できます。各自治体に回収サービスに対応している窓口があるので、ホームページなどで調べてみましょう。対応は自治体によってそれぞれ異なります。自治体が回収サービスを実施している場合もありますが、近隣の業者を紹介されるケースもあります。市町村の回収サービスを利用するメリットは、一般的には業者選びの手間が省けるぐらいでしょう。リサイクル料金は他の方法と同じですが、収集運搬料金は自治体、または紹介された業者が指定した額を払うことになります。

指定取引場所に自分で運搬して処分する

指定取引場所に自分で洗濯機を持ち込んで処分してもらう方法もあります。指定取引場所は全国各地にあるので、家電製品協会のサイトの「指定取引場所検索」ページで検索してみましょう。全国一律の運営ではなく、取引場所ごとに営業日や営業時間が違うので、事前に確認しておきましょう。また、取引場所に持ち込む前には、郵便局で家電リサイクル券を受け取り、必要事項を記入してリサイクル料金を支払っておくことが必要です。

指定取引場所に自分で運搬して処分するメリットは、収集運搬料金がかからないことです。また、自分で運ぶのでスケジュールを調整しやすい面もあります。一方、デメリットは運ぶのが大変なことです。洗濯機は大型で重いので、肉体的に運搬できない人もいるでしょう。指定取引場所では大型トラックが出入りしており、安全面にも十分気を付ける必要があります。

状態がよければ儲かるかも?洗濯機の売却について

リサイクル料や収集運搬料金を払いたくない人や、売却してお金を得たい人はリサイクルショップやフリマアプリ・ネットオークションの利用を検討してはどうでしょうか。それぞれの特徴やメリット・デメリットなどを解説します。

リサイクルショップで売却

洗濯機が比較的新しく、コンディションもよい場合は、リサイクルショップに売却する方法もあります。リサイクルショップで買い取ってもらえる目安としては、機種にもよりますが、製造から5年以内であることです。また、メーカー品であり付属品が揃っていること、故障や目立った汚れがないことなども条件に含まれます。リサイクルショップを選ぶポイントとしては、無料の出張査定に対応しているかどうか。持ち込みに対応しているリサイクルショップもありますが、必ずしも買い取ってもらえるとは限りません。重量があり簡単に持ち出せない洗濯機は、出張サービスで買い取ってもらいましょう。

リサイクルショップを利用するメリットは、フリマアプリやネットオークションと違い、電話やメール一本で買い取ってもらえることです。運び出しも、通常、リサイクルショップが行ってくれます。また、売却できれば即お金を得られることもメリットです。より高い値段で買い取ってもらいたい場合は、印象がよくなるように自分で清掃を行っておきましょう。デメリットはリサイクルショップが売れないと判断したものは買い取ってもらえないことです。処分しなければならない日時が決まっている場合は、期間に余裕を持っておきましょう。

フリマアプリやネットオークションで売却

インターネットのフリマアプリやネットオークションを利用して、洗濯機を売却する方法もあります。スマホやパソコンが1台あれば比較的簡単に出品できることから、洗濯機などの電化製品を売却する方法としても、一般的になっています。フリマアプリやネットオークションを活用するメリットは、上手くいけばリサイクルショップより高値で売れる可能性があることです。比較的新しく需要がある機種、型式なら、オークション形式によって売値が上がることも期待できます。

一方、デメリットは売れるまでにある程度の期間が必要なことです。期間を決めたオークション形式なら、少なくともその間は売ることができないため、できるだけ早く処分したい人には向きません。もちろん、まったく買い手が付かないこともあり得ます。あまり楽観的に考えすぎないほうがよいでしょう。また、売れた後も安心できません。たとえば洗濯機のコンディションや付属品の有無などについてクレームが出て、返品される可能性があります。特に何もなかったとしても、直接相手とやり取りすることにストレスを感じる人もいるでしょう。

忙しい人にぴったり!不用品回収業者に回収してもらうのもおすすめ

料金はもちろんかかってしまいますが、洗濯機を手早く、楽に処分したい人に向いているのは、不用品回収業者に依頼する方法です。仕事が忙しく夜間に回収してほしい人や、重い洗濯機を自分で移動させたくない人などに向いています。ここでは、どのようなメリットがあるのか解説した後、不用品回収業者を選ぶポイントについて解説します。

不用品回収業者に回収を依頼した場合のメリット

不用品回収業者を利用する場合は、回収日時を指定できます。なかには早朝や深夜の運び出しに対応している業者もあります。近隣住人の迷惑にならないように気を付ける必要はありますが、なかなか時間が取れない忙しい人でも都合を付けやすいでしょう。また、取り外しや運び出しも任せられます。長年使っていて汚れが目立つ場合や、重い物を持ちたくない人などにとっては、運搬費用以上のメリットを感じるはずです。不用品回収業者は、洗濯機以外の不用品もまとめて処分してくれます。一緒に処分したい家電や家具、ゴミなどがある場合に便利に活用できるでしょう。

また、フリマアプリやリサイクルショップでは売却できなかった洗濯機も、不用品回収業者では必ず回収してもらえます。たとえば賃貸物件の退去日が決まっているなどの理由で、確実に処分したい場合でも安心です。不用品回収業者によっては、回収だけでなく買取も行っているところもあります。このような業者を選んでおけば、売却できればよし、できなければ処分に切り替えられます。この点はリサイクルショップにはないメリットです。

不用品回収業者を選ぶ際のポイント

不用品回収業者を選ぶ重要なポイントは、信頼できる業者を選ぶことです。最も簡単な方法の1つは、不用品回収業者のホームページなどで、「一般廃棄物処理業」の許可を持っているか確認することです。資格を取得していれば、市町村の審査をクリアしているので、信頼性が高いといえます。取引実績や利用者の評価・口コミも併せてチェックしておきましょう。また、料金体系が明快かどうかも大切です。たとえば無料で見積もりに応じ、追加料金が発生しないシステムになっている業者は安心です。

回収後に多額の追加請求をする悪質業者もなかにはあるので、見積もりに応じない、極端に見積もりが安いような場合は気を付けましょう。「無料で家電を回収する」などと宣伝している業者にも注意が必要です。洗濯機は家電リサイクル法の対象のため、必ず料金が発生します。このような業者は最終的に料金を請求してくるか、転売できる洗濯機しか回収してくれない可能性があります。

洗濯機は正しい方法で処分しよう!

洗濯機は家電リサイクル法に基づいて処分する必要があります。粗大ゴミとして捨てず、家電量販店や市町村などのサービスで正しく処分しましょう。状態がよければ、リサイクルショップやフリマアプリなどを活用して売却する方法もあります。時間的に余裕がなく手早く処分したい場合は、不用品回収業者に頼るのがおすすめです。

関連記事

お電話の方はこちらから
電話:0120-537-999

受付時間 / 9:00〜21:00(年中無休)

フォームからのお問い合わせはこちら
無料相談・お見積もり