【服好き必見】いらない古着の処分方法は?服を処分するメリットも紹介

今あなたの部屋にはどれくらい着なくなった古着がありますか。全体の枚数がどれくらいあり、どのような服を持っているか把握していますか。洋服が大量にある人は処分を後回しにしがちであり、収納場所に入りきれない衣類の整理整頓ができていないケースが見られます。そのせいで部屋の掃除もままならず、居住スペースも狭くなっているかもしれません。そこで今回は、古着の処分方法や処分するメリットについて紹介します。

古着を処分する際の判断基準

数年前に購入した服でも、お気に入りで活用している服なら「古着」という位置付けにはならないでしょう。つまり、古着はいつ購入したかに関わらず、すでに着なくなった服のことと考えて良いでしょう。高価だったから、いつか着ることがあるかもしれないから、もったいないからなどの理由でなかなか処分できない人もいるでしょう。それらの服を処分せずに新たに服を購入したのでは、どんどん収納場所が圧迫されるばかりです。そこで、自分なりに古着の処分のルールを決めておくことをおすすめします。一般的な古着処分の判断基準を以下に紹介します。

1年以上着用していない出番のない服は、今後も着る可能性はほぼないでしょう。ひと目見て着たいと思わない服や何と合わせてよいかわからない服は、今の自分の好みに合っているといえません。利用シーンが思いつかない、今の自分のファッションの傾向に合わないなどの服は、思い切って処分してもあとから困ることはないでしょう。サイズが合わなくなったため、いつか着られるようになるまで残しておこうと思う人もいるかもしれません。それがいつのことになるか予測できないなら、着られるようになった頃には流行遅れの古い服になっていることもあります。着られない服をいつまでもタンスの肥やしにしているのでは、保管スペースの無駄になってしまいます。もしダイエットに励んでいるなら、思い入れのある大切な1着だけを残して、それを着る自分をイメージしてサイズダウンを目指すとよいでしょう。

着回しのできる服や気に入った服の出番は多いものです。それだけ洗濯やクリーニング回数が多くなり、少しずつ生地が劣化し型崩れなども起こります。ただし、しょっちゅう着ていると、その劣化具合になかなか気づけないこともあります。新品の状態から明らかに劣化が目立つような毛玉のあるもの、色あせしているもの、ヨレヨレになったものは、それこそ古着に見えてしまいます。そこまで着たなら十分元は取れたのではないでしょうか。活躍してくれたことに感謝して、処分してもよいのではないでしょうか。

古着を処分するメリット

まだ着られる服を処分することに、もったいないと思う気持ちもあるかもしれません。しかし、たくさんある古着を処分することで得られるメリットはさまざまあります。そこで、古着を処分してどのような効果やメリットがあるのか一般的な例を紹介します。

出費が減る

気がついたら古着が溜まっているという人は、整理整頓が苦手な傾向があるようです。そのような場合、往々にして自分の手持ちの服を正確に把握していないことが多いでしょう。そのため、自分好みの似た服ばかりを買ってしまうということがあります。似た服の枚数が増えても、見た目にはコーディネートのバリエーションは乏しく、無駄な出費になっていることに気付かないのです。そこで、古着をしっかり処分して服の整理整頓ができるようになれば、自分のワードローブが把握でき、似たような服を買ってしまう無駄を減らせるでしょう。古着を処分する際は、買取サービスなどを利用して売却すれば多少の収入が得られます。

無駄な時間が減る

洋服が多くどこに何があるか把握していないと、着るものを選ぶのに時間がかかってしまいます。着ようと思っていた服がなかなか見つからないと、結局は、手近にあるいつも着ている服を繰り返し着回すことにもなってしまうでしょう。洋服を多く持っているのに、いつも同じ服を着ているように見られてしまうのはもったいないことです。外出前の貴重な時間を探し物で消費するのは時間の無駄です。

毎日探しもののために10分の時間を使えば、1カ月では300分、つまり5時間を探しもののために無駄にしていることになります。この無駄な時間が延々と繰り返されるのは、実にもったいないことだと思いませんか。古着を処分してすっきり整理整頓ができれば探しものの時間が減り、ほかのことに時間を有意義に使うことができます。

清潔感が高まる

着古した洋服は、自分では気付かなくても客観的に見れば、くたびれた古着感が漂っています。型崩れしてよれていたり毛玉だらけだったりシワだらけだったりすると、清潔感とは程遠い印象になってしまうでしょう。また、洗濯しても落ちない汗ジミなどがあった場合、長く放置しているとくっきりと目立つシミになっていることがあります。さらに、虫くいなどで穴が開いたりほつれが出たりすることもあるのです。そのような状態の服を発見した場合、シミ抜きをしたり繕ったりして再度着ようとは思わないでしょう。古着は潔く処分して新しい服を着ることで、清潔感を出すことができます。

古着の処分の仕方は?

古着の処分といっても、すべてを廃棄するという意味ではありません。まだ着られる不要な服をリサイクルして、必要とする人に着てもらうという処分方法もあります。さまざまな処分方法があるため、自分の状況に合わせた処分方法を選ぶことが大切です。そこで、本章では古着処分の5つの方法について紹介します。

リサイクルショップ

古着はリサイクルショップに買い取ってもらう方法があります。衣料品を扱っている総合リサイクルショップや古着屋などで買取可能です。アパレル系の古着屋では、お店のテイストに合ったブランドの古着なら、高値で買い取ってもらえる可能性は高いでしょう。総合リサイクルショップでも、ブランドの買取に力を入れているところもあり、ブランドの価値を加味したうえで査定してくれるため買取価格に期待が持てるでしょう。

ノーブランドのものでも、新しいものや定番のセレモニースーツ、コート、セットアップなどは積極的に買い取っているところもあります。リサイクルショップにより、さまざまな買取ルールを設けている場合があります。たとえば、一年を通して季節に関係なく買い取ってくれるところもあれば、在庫状況や店内スペースの関係で季節を限定して買い取りしている場合もあるため、持ち込む前に確認したほうがよいでしょう。

あまりにも古すぎる服やにおいがついているもの、シミや汚れがある場合は、買取を拒否され引き取ってもらえないことがほとんどです。引き取ってもらえても査定がつかないこともあるため、サイクルしたいと思うなら洗濯しておくことをおすすめします。スーツやコートは、クリーニングタグが付いていると、タグのないものよりは査定が高くなる傾向があります。また、中にはノーブランドの服は買い取っていない店もあります。

フリマ・ネットオークション

フリマアプリやネットオークションなどを使えば、古着を売却してリサイクルすることができます。古着の写真を撮影して出品することで、ほしい人が入札する仕組みです。フリマアプリなら自分で売値を設定できますし、オークションならほしい人が多ければ高値がつく可能性があります。少しでも高く売りたいと思うなら、商品の状態を詳しく説明することが大切です。なるべく購入者が疑問に思う部分を見越して、丁寧に解説することで商品の状態を分かりやすく伝えることができ、購入希望者との質疑応答にかける手間を軽減できます。

また、写真は購入希望者が商品の着用イメージをするために一番重要な材料です。さまざまな角度ですみずみまで撮影しておけば信頼度もあがり、少しでも高値で売却できる可能性が高くなります。

衣料販売店

ファストファッションのショップの中には、店頭にリサイクルボックスや古着回収ボックスなどを設置して古着の回収を行っているところがあります。買い取りではなく、無料で引き取ってもらえるサービスです。古着を再加工して再利用したり、世界の貧困層の多い国に送る慈善活動のために使われます。百貨店やスーパー系のチェーン店でも、衣類の引き取りサービスなどを期間限定で行っていることもあるため、そのようなサービスを利用してもよいでしょう。常時回収ボックスを設置してある店舗ならいつ持ち込んでも引き取ってくれますが、店舗ごとに回収できる衣類の種類が異なることもあるため、事前に確認しておいたほうが安心です。

具体的な例では、ユニクロやGUのファーストリテイリング社では、古着を無料回収して難民などに配布する活動を行っています。また、ZARAでは回収された衣類をリユース・リサイクルして、さまざまな用途で活用しており、H&Mでは衣類回収プログラムといって全世界で衣料の無料回収をして、リメイクや清掃用品への再利用などの取り組みを行っています。

寄付

上の項で説明した内容と類似する部分もありますが、ショップの回収サービスなどを利用せずに、個人で古着を寄付する方法もあります。古着を寄付するというイメージは湧きにくいかもしれませんが、自分にとっては今後着る予定がない服でも、世界のどこかで必要としてくれる人がいるなら悪くない選択肢といえるでしょう。ただし、あくまでも再利用可能なきれいな状態の古着に限ります。たとえば、医療団体と提携しているところに寄付すれば、病気を治したり予防したりするためのワクチンや医薬品の供給に貢献できます。

日本では絶滅したポリオですが、世界では予防接種が受けられずに未だに5歳前後の子どもがかかる怖い病気として存在しています。そのような国に、古着を寄付することによってワクチン接種が普及すれば、子どもたちの命を守る活動に貢献することができるのです。

不用品回収業者への依頼

大量にある古着をリサイクルショップに持ち込んだり送ったりするのは手間がかかる。フリマアプリやネットオークションも、利用のための手順が難しい。などということもあるでしょう。また、寄付もどこにしていいかわからないし手続きが煩わしいと思われるかもしれません。そのようなときは、不用品回収業者に依頼することで手軽に古着を処分することができます。処分のための手数料はかかりますが、買取サービスを行っている業者なら、ある程度の査定金額がつき、手数料から差し引かれ安く処分できる可能性があります。

ブランドの衣料や、他にも処分したい家具や家電、貴金属などがあれば、さらに高額買取が期待できるかもしれません。それによっては、売却益のほうが上回る可能性もあるでしょう。ただし、不用品回収業者を選ぶ際は、複数社の相見積もりを利用したり問い合わせを積極的に行ったりするなどして、信用できる業者か見極めたうえで依頼しましょう。

楽に古着を処分したいのなら不用品回収業者に依頼しよう

古着の処分と一口にいっても、さまざまな処分の方法があることを紹介しました。どのような処分方法が自分にとって適しているのか、自分の状況と照らし合わせて検討してみることが大切です。古着といえども、大量にあれば運搬も大変です。売るにも寄付するにも手間がかかるでしょう。古着の処分のために行動を起こすのであれば、楽に処分できる不用品回収業者に依頼することを検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

お電話の方はこちらから
電話:0120-935-930

受付時間 / 9:00〜21:00(年中無休)

フォームからのお問い合わせはこちら
無料相談・お見積もり