香水をそのまま捨てるのはNG!意外と知らない香水の処分方法を解説

香水を処分する場合、中身が入った状態でそのまま捨ててしまうのは絶対に控えるべきです。香水は油分やアルコールを含んでいるため、捨てるときには十分に注意しましょう。また、お気に入りの香水なら、捨てずに活用するという選択肢もあります。そこで今回は、香水を処分するときの方法や、捨てる以外の活用方法などについて詳しく解説していきます。

香水を捨てる手順

香水を処分する場合は、手順を守ることが欠かせません。ここでは、香水を捨てる際の具体的な手順について見ていきましょう。

ボトルを開ける

香水を捨てるにあたって、まずはボトルを開けて中身を処分しましょう。このとき、中身が床にこぼれてしまわないように、ビニールシートや新聞紙などを敷いてから作業を始めることがポイントです。次に、香水のボトルを開けます。ボトルによっては、金属製の留め金が付いているものもあります。留め金が付いているタイプの香水については、金属のふちのつなぎ目の部分にマイナスドライバーを差し込むように入れて、ふちを持ち上げます。そして、そこにニッパーで切り込みを入れて、金属部分をはがすようにして外しましょう。

中身を捨てる

香水を処分する際は、中身を洗面台に流すなどしてはいけません。香水の中身は、レジ袋などに新聞紙を入れて、そのなかに流し込むようにして捨てましょう。この方法は新聞紙に少しずつ香水を染み込ませていくため、室内に香りが残ることが気になるのであれば、ベランダや屋外で作業をしてもよいでしょう。このとき、香水の液体や特有の香りが漏れてしまわないように、香水を流し込んだレジ袋は口をしっかりと結んで、ジップロックで二重に密封するようにして捨てることがポイントです。

分別する

香水を捨てるときには、各自治体のゴミの収集方法に従って分別することも忘れてはなりません。たとえば、香水の中身を新聞紙に染み込ませてジップロックで密封したものは、燃えるゴミとして捨てます。香水のキャップやスプレーチューブなどの部分がプラスチック製の場合は、プラスチックごみに出しましょう。ほかに、金属製のスプレーや留め金は金属ゴミ、ガラス製のボトルは割れもの、もしくは燃えないゴミというように、正しく分別したうえで処分しましょう。

香水を捨てる時の注意点

香水を捨てるときは、これから紹介する注意点を守って正しく処分しましょう。

中身をトイレや洗面台に流すのはNG

香水の中身をトイレや洗面台に流してはいけないことには、れっきとした理由があります。香水にはアルコール分や油分が含まれているため、そのまま流して処分してしまうと、排水管が傷んでしまう可能性があります。一度排水管を傷めてしまったら修理が必要になることもあるので、正しい方法で処分するよう心がけましょう。

また、洗面台に香水の中身をそのまま流すと排水口に香りが溜まって部屋中ににおいが充満してしまい、気分が悪くなってしまうこともあるため注意が必要です。ただし、香水を自宅で処分できないからといって、海や川に流すのも控えるべき行為です。香水にはさまざまな成分が含まれていることから、海などに捨てると環境汚染につながるだけでなく、不法投棄にもあたるため、自然に中身を流すのはNGな処分方法といえるでしょう。

そのまま捨てるのはNG

瓶に香水の中身を残したままの状態で捨てるのも、NGな処分方法の一つです。香水にはアルコールが含まれているため、消防法では引火性液体として危険物に指定されています。そのため、香水を瓶ごとほかのゴミと一緒に処分してしまうのはとても危険です。また、香水の瓶は、自治体によっては「割れもの」「燃えないゴミ」などのように、扱いが異なります。そのため、捨てる前には細かい分類についてもチェックしましょう。

香水を捨てる以外の処分方法

香水を自分で処分するとなると、ボトルの金属部分を分解したり、正しいやり方で分別したりする必要があるため、面倒だと感じる人もいるでしょう。実は、香水は捨てる以外の処分方法もあるのです。ここからは、「捨てる」以外の香水の処分方法について3点紹介します。

不用品回収業者に頼む

たくさんの香水を処分しなければならない場合、ボトルを一つひとつ分解するのは手間だと感じるものです。スプレーボトルの分解を面倒だと感じる人は、不用品回収業者に依頼することも検討してみましょう。不用品回収業者に依頼すると、自分で香水のボトルを分解する必要はありません。それだけでなく、自宅まで香水を回収しに来てくれます。処分する香水の量によって処分費用は変わってきますが、3000~6000円程度が相場です。加えて、業者によっては大型家電や家具などの処分を請け負っていることも多いので、ほかに処分したいものがあるときには同時に依頼しましょう。

買い取り業者に持っていく

香水は買取業者に持って行くこともできます。たとえば、総合リサイクルショップや香水・コスメを専門に扱う買取店なら未開封のものはもちろん、開封済みの香水でも買い取ってくれることがあります。また、リサイクルショップなどの場合は、見積もりを無料で行っているところがほとんどです。総合リサイクルショップなら、ほかの商品も買取をしているので、同時に査定してもらうことも検討してみるとよいでしょう。ただし、香水・コスメ専門店、リサイクルショップでも、店舗によって買取の条件などが異なることもめずらしくありません。たとえば、香水のブランドによって、高額買取を行っているということはよくあります。細かい条件や買取の金額などを知りたい場合は、リサイクルショップや香水・コスメ専門店のホームページなどで事前に情報をチェックしておきましょう。

フリマサイトやオークションに出品する

不要になった香水は、フリマサイトやオークションに出品することもできます。フリマサイトやオークションに出品すると、満足のいく値段で取引ができるというメリットがあります。ただし、出品するまでにはある程度の手間がかかるという点はデメリットの一つといえるでしょう。初めてフリマサイトなどを利用するときには、アカウントを作成するところから始める必要があります。加えて、出品の準備もすべて自分でしなければなりません。香水の写真を撮影したり、説明文を考えたりするのも、人によっては手間だと感じるものです。しかし、フリマサイトやオークションなら、新品や状態が良い香水は落札されやすい傾向にあるため、比較的早く処分ができるという点がメリットといえます。

香水を活用する方法

使い切れなかった香水は、捨てたりリサイクルショップなどに買い取ってもらったりするのではなく、再利用するという選択肢もあります。処分予定の香水がお気に入りの香りなら、リードディフューザーやサシェなどにして活用してみましょう。ここからは、香水をリードディフューザーやサシェとして使う場合の方法について紹介します。

リードディフューザーにする

使わなくなった香水をリードディフューザーとして活用すれば、香水の中身だけでなくボトルも利用できます。リードディフューザーの作り方はとても簡単です。まず、スプレーボトルの金属部分を取り外します。そして、ラタンスティックを差し込むだけで完成です。ラタンスティックがない場合は、竹串などで代用してもよいでしょう。香水の香りが強すぎると感じる場合は、無水エタノールを入れて香りをやわらげるという方法があります。また、既存のスプレーボトルを再利用したくない場合は、香水のボトルを開けて中身を別の容器に移してからラタンスティックや竹串を差して活用します。

香水の容器はデザイン性が優れているものが多いため、リードディフューザーのように玄関やリビングなどに置いてインテリアとして再び楽しむのは有効な活用方法の一つです。加えて、オリジナルのリードディフューザーを作るときには、スプレーボトルにシールを貼ったりリボンを付けたりするなどしてアレンジを加えてみるという楽しみ方もできます。お気に入りの香水の場合は特に、単に捨ててしまうのではなく、リードディフューザーとして新たな楽しみ方にチャレンジしてみましょう。

サシェにする

お気に入りの香水を持ち運びたい場合は、サシェを作ってみましょう。サシェとは「香り袋」のことで、古くから日本人に親しまれてきた香りアイテムです。サシェを作っておくと、タンスやバッグなど、普段使うものの香りを自分好みにアレンジできるというメリットがあります。サシェを作る場合はメイク用のコットンを用意して、コットンに香水の香りを染み込ませていきます。コットンがないときには、ガーゼに香水を染み込ませてもよいでしょう。コットンに染み込ませる香水の量は、自分の好みで構いません。ただし、染み込ませる香水の量があまりにも多いと、袋の外にまで香水が染み出てしまうので注意が必要です。

コットンに香水の香りが移ったら、コットンを入れる袋を作っていきます。袋の材料は天然素材の布やお気に入りのデザインのはぎれなどを使って、袋状になるように縫っていきます。お裁縫が苦手な人の場合は、市販の小さめのきんちゃく袋を使ったり、紙を折って袋を作ったりするなどの方法もあります。袋が完成したら、香りづけしたコットンを袋に入れて、お気に入りのひもやリボンで結びましょう。

サシェはバッグなどに入れて持ち歩く人もたくさんいますが、サシェを入れた場所全体に香りが行きわたるという特徴があります。そのため、香り移りして欲しくないものはサシェの近くに置かないように気を付けることがポイントです。また、サシェを使っている途中で香りが薄くなってきたと感じた場合は、袋を開けてコットンに再度香水を染み込ませて香りの補充をしましょう。このとき、清潔な状態をキープするために、サシェの中身のコットンを新しいものと交換すると、お気に入りの香りを再び楽しむことができます。

香水を処分するときは注意が必要!

香水を処分するときにはスプレーボトルを分解するなど、正しい処分方法を守らなければならないため、多くの手間がかかります。そのため、お気に入りの香水を活用したいと考えている場合は、リードディフューザーやサシェとして再び活用するという方法もあるでしょう。しかし、たくさんの香水を処分したい場合は、不用品回収業者に依頼して処分することも検討してみましょう。

関連記事

お電話の方はこちらから
電話:0120-537-999

受付時間 / 9:00〜21:00(年中無休)

フォームからのお問い合わせはこちら
無料相談・お見積もり