楽に速く処分したい!不用品を処分するおすすめの方法を紹介!

不用品はいつの間にか増えてしまうことも多く、意外と置き場所を取られがちです。不用品をどうすべきか、処分方法に困っている人もいるのではないでしょうか。不用品を処分するにはいくつかの方法があります。この記事では、自分でも可能なことを含めた不用品の処分方法を解説し、速く楽に解決できるおすすめの方法について紹介していきます。

不用品の処分方法

はじめに、自分でも可能な不用品の処分方法について解説していきます。

リサイクルショップに持ち込む

不用品の処分がなかなかできない人の中には、まだ使えるものがあって迷っている人もいるかもしれません。壊れているわけでもなく廃棄するのは忍びないという場合は、リサイクルショップに相談してみましょう。リサイクルショップの場合、通常は現金での買取になります。買取価格は不用品の状態や需要に応じて変わりますが、引き取ってもらうことができればすぐにお金に換えることができます。本来はゴミとして捨てるものに値段がつけば、その分他のものを購入できるかもしれません。

高く買取してもらうにはコツがあります。不用品そのものの状態が良いことが重要なポイントですが、付属品ができるだけついていることです。特に家電製品の場合、取扱説明書やリモコン、充電器などの付属品があるかどうかで査定額は大きく変わります。全部そろっている方が条件が良く、それだけ買取価格も高いものが期待できるでしょう。ただし、付属品がそろっていても、あまり需要のないものは買取されないかもしれません。また、買取対象外のものが含まれていると引き取ってくれなかったり処分にかかる費用を請求されたりすることもあるため注意が必要です。

オークションサイトで売る

不用品をオークションサイトで売却するという方法もあります。オークションサイトの多くは無料で登録できるうえに、出品する品目の制限が少なく、個人で売買することが一般的になってきています。売りたいものの情報を入力し、商品の画像をアップロードするだけで販売することが可能です。登録は氏名や住所など基本的な個人情報を入力するだけなので、空き時間を使って利用してみましょう。

ただし、オークションサイトは個人間での売買が主で、何らかのトラブルに発展したときは基本的に自分で対処しなければなりません。運営側が介入してくれるのは支払いに関することがほとんどです。商品の梱包や発送手続きについても、すべて自分で行います。そのため、仕事で時間が取れない人には向いていないでしょう。また、中には年会費がかかるオークションサイトもあり、送料なども考えるとあまり利益が出ないこともあります。そして、もう一つ注意しておきたいのは、すぐに売れるとは限らないことです。誰も入札してくれないと、そのまま自宅に不用品を置くしかありません。

自治体で回収してもらう

不用品が出たとき、自治体に回収してもらうのは一般的な処分方法です。不用品といっても、リサイクルが可能な資源ゴミと利用できない不燃ゴミ、そして粗大ゴミなどに分かれます。本や雑誌、衣類などは資源として利用可能なため、無料で回収してくれる自治体も多いでしょう。ところが、不燃ゴミや粗大ゴミに関しては有料での回収がほとんどです。しかも、粗大ゴミについては申し込みが必要で、すぐに回収されることはほぼありません。

そのうえ、回収時期が限定されていることも多く、引っ越し時期や年末などタイミングによっては混雑することもあります。その結果、なかなか回収されないというケースも出てきます。ただし、自治体が指定する粗大ゴミ受付センターに自分で持ち込むことも可能です。その際は処分費用を免除または減額されることもありますが、多くの場合は事前の申し込みと指定された日に持ち込むことが前提になります。自治体を利用する際、もっとも注意したいのはリサイクル家電の処分です。エアコンやテレビ、洗濯機、冷蔵庫、そしてパソコンなどはリサイクルの対象で、自治体が回収することはできません。家電リサイクル法に沿って処分するには、家電量販店など対象の家電品を扱う販売店などに持ち込むのが一般的です。

引っ越し業者に頼む

引っ越しにともなう不用品については、引っ越し業者に依頼することもできます。すべての引っ越し業者が対応しているわけではありませんが、サービスの一環として処分してくれることもありますし、オプションとして用意している業者もいます。中には、使える不用品の買取に応じてくれるケースもあり、利用できれば節約しながら効率よく不用品の処分が可能です。引っ越し業者の利用は、直前まで使いたいものを処分する際に重宝します。引っ越しを予定しているとき、新居用に新しいものを購入する人もいるでしょう。

カーテンや家具など、サイズが合わないものや古くなったものはギリギリまで使い、引っ越しのタイミングで処分すると手間がかかりません。不用品の処分に応じてくれるかどうかは、通常は引っ越し業者のホームページ上で紹介されています。見当たらない場合は、見積もりをとるついでに確認しておくといいでしょう。ただし、買取してくれる場合でも、品目や製造年など細かい条件が設定されていることもあります。不明な点は、まず確認しておくと安心できます。

人に譲る

なかなか処分できない不用品は、人に譲るのもいいでしょう。リサイクルショップの場合は買取したものはそのまま販売するため、まだ使えるものでも型式が古いなど何らかの問題があると買取に応じてくれないこともあります。オークションやフリーマーケットについても同じで、状態によっては購入者が出てこないこともあるでしょう。特に、同じ製品が多数出品されていると、状態の良いものから買い手がつきやすいものです。

その点、親しい友人や知り合いなどであれば気軽に譲ることができます。使用に問題がないことが前提ですが、使っていた人を知っているという安心感もあって、多少の傷みも気にせずに使ってくれる人もいます。まだ使えるものの自分にとっては不要なものがあれば、まず友人など親しい人たちに声をかけてみましょう。ただし、タンスやテーブルといった家具類や大型テレビなどは、運搬方法をどうするかが問題になってきます。運ぶだけで大仕事ですし、そもそも運搬する手段がないと、欲しい人がいても譲れないかもしれません。

不用品回収業者に頼むという手もある!

説明してきたように、不用品の処分方法にはさまざまなものがあります。しかし、自分のタイミングで効率よく処分できるかとなると、どれもなかなか思うようにはいきません。そこでおすすめなのが、不用品回収業者に依頼する方法です。ついつい増えてしまった不用品の処分は、不用品回収業者を利用しましょう。不用品回収業者の良さは、まずプロのスタッフが搬出してくれることです。例えば、大きな家具や家電製品を運ぶときには内装など建物に傷をつけることもあります。しかし、搬出になれているプロが行うため、上手に工夫してくれます。重い荷物があっても、経験豊富なプロによって運ぶため安心です。

では、不用品回収業者に依頼する一般的な手順について説明します。まず、メールまたは電話で不用品処分の申し込みをしましょう。不用品回収業者によっては、ホームページに専用フォームが用意されている場合もあります。不用品の回収には手数料がかかるため、申し込みのときに見積もりの日程を決めて訪問してくれるのが一般的です。ただ、中には電話の段階でおおよその見積もり金額を教えてくれる業者もいますから、申し込むときに聞いてみるといいでしょう。見積もりに納得できたら、次はいよいよ不用品の搬出です。指定した日時に不用品回収業者に来てもらい、搬出が完了したら料金を支払います。不用品の量が少ないときは、見積もりした日に回収してもらえるかもしれません。

不用品回収業者のメリット

では、不用品回収業者に依頼するとどのようなメリットがあるのか紹介していきます。

スケジュールに合わせられる

まずメリットとしてあげられるのは、自分のスケジュールに合わせて不用品を処分できることです。引っ越しシーズンなどは混み合うことはありますが、それでもできるだけ希望に沿って対応してもらえます。自治体の粗大ゴミ回収を利用する場合と比べると柔軟性が高いのは、大きなメリットです。自治体の粗大ゴミ回収サービスは、月に1回程度しか応じてくれません。曜日や時間帯も決まっていることが多く、自分の都合に合わせて家具や電化製品を処分するのはむずかしいものがあります。地域によっては、年に数回しか回収していないケースもあるでしょう。その点、不用品回収業者なら最短の場合で即日の回収が可能です。

何でも回収してくれる

前述したように、自治体の場合は家電リサイクル法の対象となる電化製品については回収してもらえません。自治体による回収が不可能になったのは家電リサイクル法が導入されてからで、以降、処分する際は家電量販店などリサイクルに対応している店舗や事業者への持ち込みが原則となっています。パソコンについても同様で、メーカーに直接回収してもらうか、買い替えのタイミングで下取りに出すなどの方法しかありません。しかし、不用品回収業者なら電化製品の種類やサイズに関係なく回収してもらえます。パソコンや周辺機器についても引き取ってくれるため、自分で処分してくれるところを探して持ち込まずに済みます。

買取もしてくれる

不用品回収業者の中には買取にも応じてくれる業者もいます。テレビや冷蔵庫、洗濯機などの大型電化製品やベッド、テーブルや椅子といった家具まで幅広く買取ってくれる業者も少なくはありません。使えないものは廃棄処分を行い、まだ利用できるものは買取してくれるため、すべての不用品を一度に処分できる点がメリットです。まだ使える不用品を処分する場合、通常はネットオークションやフリーマーケットサイトなどを利用する必要があります。登録などは簡単ですが、商品の掲載や取引などに時間がかかるうえ、すぐに売れるとは限りません。しかし、買取に応じている不用品回収業者なら、その場で引き取ってもらえます。また、買取金額と回収料金を相殺してくれることも多く、場合によっては買取金額の方が上回ることもあるかもしれません。

労力がかからない

不用品回収業者を利用すると、大きさや重さに関係なくすべてのものを搬出してもらえます。この点が自治体の粗大ゴミ回収との大きな違いでしょう。自治体の場合は、指定された回収場所まで自分で運んでおかなければなりません。家の前まで回収しに来てくれることもありますが、家の外まで出しておくのは自分です。重い電化製品や大きな家具を自力で運ぶのは相当の労力が要ります。中には、分解しないと外に出せないものもあるでしょう。

大型家電などの分解を慣れていない人が行うのは大変な作業です。不慣れな作業によって壁などに傷をつけることもありますし、うまく分解できないこともあります。不用品回収業者なら、電話やメールで依頼するだけで経験豊富なプロが適切に運び出してくれます。素人では対応できない大型家具でも、専用の機材を使うなど工夫しながら回収してもらえて安心です。

 関東の回収業者

A社

トラックの所有台数が多く、即日での回収にも対応が可能です。東京都を中心とした回収サービスを行っており、出張費用がかかりません。車両費をはじめ、作業にかかる費用もすべて含まれた定額パックプランが利用できてお得です。無料のオンライン見積もりが用意されており、あらかじめ費用の目安を知ることもできます。

B社

追加料金が発生しない安心の定額パックプランがあり、経済的に不用品を処分できます。料金は1万4800円からと手頃で、受付時間も朝8時から深夜12時までと長く、自分の都合に合わせて申し込むことが可能です。粗大ゴミ回収本舗はその名の通り粗大ゴミの回収を得意としており、高い評価を得ています。

ゴミ回収バスターズ

ゴミ回収バスターズはお客様満足度98.7%と高く、それだけ安心して依頼することができます。まさに、粗大ゴミや不用品回収のプロといえる業者です。ゴミ回収バスターズは、最短の場合30分で現地まで到着できるというスピーディーな対応が特徴で、すぐに不用品を処分したいときに向いています。また、どこよりも安く対応することを大切にしているため、1円でも他社より高いときには気軽に相談してみましょう。

* 2021/02/28 当社調べ

ご自身のニーズに合わせて最適な手法を選びましょう!

ご自身のニーズに合わせて、行政の指定手法で対応するか、民間の業者に依頼するかなど最適な手法を選びましょう!

関連記事

お電話の方はこちらから
電話:0120-537-999

受付時間 / 9:00〜21:00(年中無休)

フォームからのお問い合わせはこちら
無料相談・お見積もり