自転車の廃棄方法ってどうするの?自分に合った廃棄方法を選択しよう!

自転車の処分方法は複数あります。処分方法がたくさんありすぎて、どのように廃棄すべきか悩んでいる人は多いのではないでしょうか。処分方法によって費用や手間が異なるので、安易に選ぶのは禁物です。自転車を処分する前に防犯登録を抹消しておかないと、トラブルに巻き込まれる可能性もあります。この記事では、自転車の廃棄方法と防犯登録の抹消手続きについて紹介します。

自転車を処分する前に防犯登録を抹消しよう

自転車を購入するときに、ほとんどの人は防犯登録を行います。防犯登録されると、自転車が盗難被害に遭ったときに、自転車が戻りやすくなります。登録料は都道府県によって異なりますが、600円前後と安いので、購入時に防犯登録をするのが一般的です。

防犯登録した自転車を廃棄するときは、事前に防犯登録を抹消しておきましょう。防犯登録を抹消せずに自転車を処分すると、その自転車が犯罪に使用されたときや他人に使われたときにトラブルに巻き込まれる可能性があります。処分する自転車が防犯登録されているかどうかは、サドルの下部を見ればわかります。シールが貼ってある場合は、防犯登録済みなので抹消手続きが必要です。どのような方法で処分するにしろ、防犯登録は事前に抹消しておくことをおすすめします。

防犯登録の抹消方法

防犯登録の抹消手続きは、自転車防犯登録の看板のある自転車屋さん、もしくは警察署で行うことができます。手続きを行うときは防犯登録がしてある自転車と身分証明書、防犯登録カードが必要になるので、忘れず持参しましょう。自転車防犯登録カードは、防犯登録をしたときに保証書と一緒に渡されるカードのことです。万が一紛失してしまった場合は、保証書や車体番号などが記入されている領収証などで代用できます。抹消手続きは無料で行える場合がほとんどです。ただし抹消手続きの詳細は都道府県によって異なるので、居住している自治体の自転車防犯協会ホームページで確認しておきましょう。

ただし、防犯登録が期限切れになっている場合は、抹消は不要です。防犯登録の有効期限は登録をしてから10年間ですが、すでに10年間を経過している自転車の抹消手続きは必要ありません。事前に防犯登録の有効期限を確かめておきましょう。

自転車の廃棄方法

ここからは、自転車の廃棄方法について解説します。どの廃棄方法も異なるメリット・デメリットがあるので、よく比較して慎重に選びましょう。

新しい自転車の購入店で処分してもらう

新しい自転車を買うときに、購入するお店で古い自転車をそのまま処分してもらうことができます。買い替え時にお店で処分してもらえば、手間もかかりません。処分費用はお店によって異なりますが、約1000円で処分してもらえる場合が多いです。時期によっては無料で回収してもらえる場合もあります。処分費用が安く、手間もかからないため、新しい自転車の購入を検討している人に適した方法だといえるでしょう。

ただし、古い自転車の処分は新しい自転車を購入することが条件になるのが基本なので、引き取りだけの依頼には対応してもらえない場合があります。仮に引き取りに対応していたとしても、高い処分費用がかかる場合があるので注意が必要です。この方法を利用したい人は、事前にお店に確認しておきましょう。

粗大ゴミとして処分する

自転車は生活ゴミとして捨てることはできません。ゴミとして廃棄処分したい場合は、自治体に依頼して、粗大ゴミとして廃棄する必要があります。粗大ゴミなら500円程度で自転車を廃棄できます。自治体に依頼すれば、トラブルに巻き込まれる心配もなく、安全に自転車を処分できます。粗大ゴミなら安く処分できますが、手間がかかるデメリットがあるので注意が必要です。

粗大ゴミとして廃棄処分する場合、粗大ごみ受付センターに電話やインターネットで事前予約して、コンビニでゴミ処理券を購入する必要があります。購入したゴミ処理券を自転車に貼り、指定された日に指定された場所に出しましょう。粗大ゴミは自分の都合のいい日に勝手に捨てることはできないので、引越しなどを控えている人は早めに予約を申し込む必要があります。引き取りまでに数週間ほどかかる場合もあるので、今すぐ処分したいという人には不向きです。処分費用も自治体によって異なるので、ホームページなどで事前に確認しておきましょう。

買取店に売却する

ロードバイクやマウンテンバイクなど、人気メーカーの自転車は買取店に売却できる場合があります。売却すれば、処分費用はかかりません。売却時に得た査定金額は、新しい自転車の購入費用に充てることができます。自宅近くに買取店がない場合は、出張買取を行っている店舗に依頼しましょう。出張買取なら、わざわざ買取店まで出向く必要もなく、都合のいい日に自宅で買取してもらうことができます。

買取店に売却するときは、自転車に汚れや故障箇所などがないか、事前に確認しておきましょう。タイヤのパンクや鈴の不具合、目立つ汚れなどがある自転車はマイナス査定となり、買取価格が下がってしまいます。逆に見た目がきれいで故障がない自転車であれば、査定額アップを期待できます。査定に出す前にできる限り掃除をしておき、動作に問題がないか確認しておきましょう。できる限り購入時に近い状態に戻すことで、高額査定がつきやすくなります。

ゴミ処理場で処分する

ゴミ処理場に自分で自転車を持ち込み廃棄する方法もあります。ただし、持ち込むときは事前予約が必要になる場合があるので注意が必要です。また、ゴミ処理場は郊外にある場合が多いので、場所をきちんと確認しておく必要があります。処分にかかる費用は重さや大きさで異なるので、住んでいる地域のゴミ処理場に事前に問い合わせておきましょう。

知人に譲る

友人や知人に譲れば、処分費用はかかりません。友人や知人も無料で自転車を得られるため、お互いにメリットの高い方法だといえます。ただし、譲り渡す前に防犯登録は一度抹消しておきましょう。抹消せずに譲り渡してしまうと、警察に盗品だと疑われ、友人や知人に迷惑をかけてしまう可能性があります。親しい友人であっても、何らかの原因でトラブルに巻き込まれる可能性もあるので、防犯登録を抹消しておくのが無難です。

不用品回収業者に回収してもらう

粗大ゴミとして廃棄するのが面倒な場合は、不用品回収業者に依頼して自転車を引き取ってもらうのも一つの手段です。自治体に依頼するよりも処分費用は高くなりますが、自宅まで自転車を引き取りに来てくれるため手間がかかりません。状態の良い自転車であれば、買取してもらえる可能性もあります。電話やメールなどで見積もりを受け付けているので、事前に処分費用を確認してから依頼できます。

不用品回収業者は自転車以外の不用品をまとめて回収してくれるメリットもあります。家具家電など、種類問わず対応してくれる業者が多いので、引越し準備や遺品整理をするときなどに役立ちます。不用品の数が多いほど、料金もお得になる場合が多いです。自治体だと当日引き取りは困難ですが、不用品回収業者なら即日対応も可能です。

ただし、不用品回収業者はそれぞれ料金が異なるため、業者選定を慎重に行う必要があります。出張費などの追加料金にも注意が必要です。処分費用は安くても、出張費が高いとトータル料金も高くなってしまいます。遠方の業者に依頼すると、出張費が高額になりやすいので、なるべく近場の業者に依頼しましょう。不用品回収業者を比較するときは、処分費用だけでなく、出張費などの追加料金を含めたトータル料金で比較することが大事です。

また、不用品回収業者の中には自治体の許可を得ずに営業したり、不法処分したりする悪徳業者もあります。不用品回収業者を利用する場合は、一般廃棄物収集運搬許可があるかホームページなどで確認しておきましょう。料金体系が明確で、口コミでも評判の良い業者であれば安心です。万が一のことも考えて、防犯登録を抹消しておくことをおすすめします。

フリマアプリに出品する

不用品回収業者や買取店などに依頼して自転車を処分してもらうのではなく、フリマアプリに出品して自分で自転車を売却する方法もあります。リサイクルショップでは値段のつかないような自転車も、フリマアプリであれば想像以上の値段で売れる可能性があります。市場にあまり出回っていないレア物であれば、相場以上の高値で売れるでしょう。電動自転車やロードバイクなど、需要の高い自転車であれば、相場よりも高値で売れる可能性が高いといえます。フリマアプリは出品手続きも簡単なので、手間がかかりません。スマホで手続きが完結するため、パソコンを使えない人でも安心です。

ただし、フリマアプリに出品してもいつ落札されるかわからないため、急いで処分したい人には不向きです。出品したからといって、必ず売れるわけではありません。いつまで経っても落札されず、売れ残ってしまう可能性もあります。少しでも早く売却したいなら、買取業者に相談したほうがいいでしょう。

また、フリマアプリは個人間取引なので、トラブルが起きる可能性が高いです。発送の際に破損した、写真と実物が異なっている、などと落札者からクレームをつけられる可能性もあります。トラブルを避けたいなら、業者に依頼したほうが無難です。フリマアプリなどで自転車を売却する際は、事前に防犯登録を抹消しておき、リスクを少なく抑えましょう。

 自転車を回収してくれる不用品回収業者

A社

地域密着型でトラックを複数台保有しているため、依頼を受けたその日のうちに回収できます。深夜や早朝作業の相談にも対応しているため、昼間仕事が忙しい方も都合に合わせて利用できます。万が一作業中にアクシデントが発生した場合でも、最大賠償3000万円まで賠償補填してくれるので安心です。大量の不用品はもちろん、単品だけの回収依頼など、規模に関係なく不用品を回収してくれます。

業界最安値の料金設定となっており、不用品の数が多いほどお得に利用できます。まだ使用できるものであれば、高価買取も可能です。出張費や車両費、作業費などをすべて含んだ定額プランなら、追加料金なしで利用できるので安心です。事前に電話で無料見積もりができるため、費用を確認してから申し込むことができます。見積もりは24時間365日いつでも受け付けているので、気軽に相談してみましょう。LINEでも見積もり可能です。

B社

24時間、年中無休で営業しているため、依頼には迅速に対応してもらえます。広告費などを大幅に削って営業しているため、業界最安値で利用できます。見積もりから追加費用を請求することはないので、料金に関するトラブルは一切ありません。要望すれば女性スタッフを派遣してもらえるため、女性の一人暮らしの方も安心して利用できます。現金払いだけでなく、カード払いや分割払いなど豊富な支払い方法が用意されているのも嬉しいポイントです。

LINEで写真を送信するだけで見積もりを簡単に依頼できます。困ったことやわからないことがある場合にLINEやメールで問い合わせすると、いつでも丁寧に対応してくれます。相談や見積もりは24時間365日受け付けており、料金は無料なので、気軽に問い合わせてみましょう。

ゴミ回収バスターズ

ゴミ回収バスターズは、電話で見積もりを簡単に依頼できるため、手間がかかりません。最短30分で現場に駆け付けてくれるため、急いでいるときも安心です。料金面でも「軽トラ積み放題」や「2トン積み放題」など、さまざまなプランを準備しています。大量の不用品がある場合も、トラックに積めるだけ処分できるので、引越しや遺品整理をするときに便利です。どのプランも基本料金や追加料金は一切かかりません。東京、埼玉、神奈川、千葉エリアであれば、出張費も無料で利用できます。

お客様満足度は98.4%を記録するなど、利用者の評判が良いのも魅力です。訪問するスタッフは清潔な服装で作業を行ってくれるため、初めての方も安心して依頼できます。ゴミ屋敷の片付けやハウスクリーニングなどにも対応可能です。メールや電話で無料相談を受け付けているので、サービスの詳細を知りたい方は気軽に問い合わせてみましょう。

* 2021/02/28 当社調べ

ご自身のニーズに合わせて最適な手法を選びましょう!

ご自身のニーズに合わせて、行政の指定手法で対応するか、民間の業者に依頼するかなど最適な手法を選びましょう!

関連記事

お電話の方はこちらから
電話:0120-537-999

受付時間 / 9:00〜21:00(年中無休)

フォームからのお問い合わせはこちら
無料相談・お見積もり