▼対応エリアのご注意点

対応エリアご注意

東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、茨城県、栃木県1都6県のみの対応となります!

文京区で粗大ゴミを出したい!処理券の値段や出せないゴミは?

ゴミの出し方は区によってそれぞれ異なります。文京区には、文京区で決められたルールがあります。中でも注意したいのが粗大ゴミの出し方です。基本的な出し方や負担費用など、わかりにくいことは多いかもしれません。この記事では、文京区で粗大ゴミを出す際の処理券の値段や収集してもらう方法などについて紹介していきます。

文京区で粗大ゴミとして出すべきもの

粗大ゴミとは、一般家庭で使用されていた電化製品や家具など大型のゴミを指します。大きさとしては、一辺の長さが30cm以上のものが対象です。それよりも小さなものとなると不燃ゴミとして出すものもあるため、注意しましょう。例えば、炊飯器のような小型のものは不燃ゴミの日に出すことができます。また、粗大ゴミとして収集してもらえるものは、あくまで一般家庭から出された電化製品や家具が対象です。事業者の場合は出し方がまったく異なります。

文京区で粗大ゴミを収集してもらう方法

では、実際に文京区で粗大ゴミを収集してもらうにはどうしたらいいのか、具体的な方法について見ていきましょう。

申込みをする

文京区で粗大ゴミを収集してもらうには、まず申込みが必要です。申込み方法は、電話とインターネットの2種類が用意されています。電話での申込みは平日の月曜〜土曜日で、時間帯は午前8時〜午後7時までです。一方、インターネットの方は24時間受付に対応しています。インターネットで申込む際は「粗大ゴミ受付センター」のページから文京区をクリックしましょう。なお、粗大ゴミ受付センターへは文京区のサイト「粗大ゴミの出し方」からもリンクされています。

いずれの場合も、年末年始の12月29日〜1月3日は受付されていません。また、引っ越しが増える時期や年末年始は申込み自体も多くなります。そのため、実際に収集してもらえるまで2〜3週間以上かかる場合もあります。特に引っ越しに向けて粗大ゴミを出しておきたいときは、できるだけ早めに申込みを済ませておきましょう。スムーズに収集してもらうには、混み合う時期を避けるのがポイントです。

有料粗大ごみ処理券を購入する

ゴミを回収してもらう際、必要になるのが処理券です。申込みを済ませたら、次は「有料粗大ごみ処理券」を購入しておきましょう。有料粗大ごみ処理券は、文京区内の「有料粗大ごみ処理券取扱所」という標識のあるお店ならどこでも購入できます。有料粗大ごみ処理券取扱所は、文京区の専用サイトで確認できます。また、文京区外でも豊島区と台東区、新宿区の一部のお店でも購入は可能です。

有料粗大ごみ処理券は、200円のA券と300円のB券の2種類が用意されています。この2種類を組み合わせて、粗大ゴミの回収に必要な料金分を購入すればいいのです。料金は申込み時に確認できますから、不足のないように購入しておきましょう。例えば、両袖机1台の回収に必要な料金は2800円ですが、この場合はA券が2枚とB券を8枚という組み合わせになります。また、有料粗大ごみ処理券は氏名を記入して使用します。

粗大ゴミを収集場所へ出す

申込み、有料粗大ごみ処理券の購入と進んだら、次は粗大ゴミを出しましょう。このとき、忘れてはいけないのが有料粗大ごみ処理券を対象の粗大ゴミにしっかり貼ることです。前述したように、有料粗大ごみ処理券には必ず氏名を記入しておかなければなりません。準備が整ったら、収集日の朝8時までには自宅の前に出しておきます。粗大ゴミの収集日については、申込みの際に案内されます。収集日を間違えたり時間を過ぎたりすれば回収はされませんから、注意が必要です。申込みのときに案内された収集日は、必ずメモをとっておきましょう。

文京区では、粗大ゴミを自宅前に出しておくのが原則です。ただし、マンションやアパートのような集合住宅の場合は、建物の出入り口などスペーズが確保できる場所に出せば問題はありません。その際、他の住民のじゃまにならないよう配慮が必要です。また、身体に障害を抱えている人や妊婦、高齢者など自身では運べないうえに家族にも運べる人がいない世帯は、運び出しのサービスを受けることができます。該当するときは、申込みをした後に「文京本郷粗大センター」に相談しておくといいでしょう。

文京区で粗大ゴミとして出せないもの

一辺がおよそ30cm以上という条件を満たしていても、粗大ゴミとして回収されない電化製品もあります。それは、テレビにエアコン、冷蔵庫、洗濯機といった家電4品目と、パソコン、そしてバッテリーやオートバイです。これらにはそれぞれ正しい処分方法が定められていますから、粗大ゴミとして出さないよう注意しましょう。家電4品目は「特定家庭用機器再商品化法」によって家電小売店や家電メーカーによる回収が義務付けられています。特定家庭用機器再商品化法とは一般的にいわれる家電リサイクル法のことで、処分にあたってはリサイクル料金が必要です。

なお、家電4品目には冷凍庫や液晶式テレビ、プラズマ式テレビや衣類乾燥機なども含まれます。リサイクル料金はメーカーごとで違ってくるため、家電小売店や家電メーカーに回収を依頼する際、確認するといいでしょう。ただし、有機ELテレビについては特定家庭用機器再商品化法に該当しないため、粗大ゴミとして出すことが可能です。パソコンは、「資源有効利用促進法」によってそれぞれのメーカーが回収することが定められています。ですから、パソコンを処分したいときはメーカーのサービスセンターに依頼します。もしも、メーカーが倒産しているなど回収してくれるところがない場合は、「一般社団法人パソコン3R推進協会」に問い合わせてみましょう。

また、バイクも含めてバッテリーやピアノ、消火器、金庫、タイヤなどは行政による回収は行われていません。いずれも専門業者への依頼が必要です。専門業者では料金が発生することがほとんどですが、家電4品目やパソコン、バイクなどは、買い替えのタイミングで引き取ってもらうという方法もあります。パソコンやバイクは型式や年式によっては下取りも可能ですし、できるだけ上手に処分しておく方がいいかもしれません。

宅配便による小型家電の収集について

家庭用の電化製品でも、小型のものなら宅配便回収を利用することも可能です。回収は民間業者によるもので有料ですが、最短で翌日には回収可能なため、引っ越しをひかえているなど時間が限られたときには有効な手段といえます。回収の対象となるのはパソコンや携帯電話、ゲーム機にデジタルカメラ、電子楽器に音響機器、カーナビやキッチン家電などの生活家電です。回収してくれるのは国の認定を受けている業者で、「小型家電リサイクル法」に則った適切な処分をしてくれます。小型家電の回収はインターネットから申込みができ、手が空いたときに準備できるので便利な方法です。また、FAXでの申込みを希望するときは「リサイクル清掃課」または最寄りの「地域活動センター」に問い合わせてみましょう。専用の申込み用紙を配布してもらえます。

文京区では粗大ゴミの「持ち込み」はできない

文京区で粗大ゴミを回収してもらう際、1点注意しておきたいことがあります。それは、持ち込みでの処分には対応していないということです。行政の中には持ち込みに対応しているケースも見られます。しかし、文京区では粗大ゴミの回収は自宅の前か、集合住宅であれば建物の前に出しておくのが原則です。粗大ゴミを持ち込むことはできませんので、必ず申込みをして回収してもらいましょう。

文京区の粗大ゴミ処分の手数料について

文京区で粗大ゴミを回収してもらうには、原則としてすべて有料です。ただし、一定の条件を満たしていれば減額または免除を受けることができます。粗大ゴミの手数料を減額または免除してもらえる対象となるのは、天災その他大規模災害を受けた人、生活保護受給者、火災等の災害を受けた人、児童扶養手当受給者、特別児童扶養手当受給者、老齢福祉年金受給者、そして中国残留邦人等支援給付受給者のいずれかです。どれに該当する場合でも、証明する書類などが必要になります。また、注意点として、インターネットでの申込みはできません。必要な書類など詳細については「粗大ごみ受付センター」に電話すれば確認できます。

粗大ゴミ回収業者への依頼も検討!業者に依頼した方が良い場合

粗大ゴミを処分する際、文京区に依頼する以外に民間業者を利用するという選択肢もあります。料金は異なりますが、条件によってはその方が便利かもしれません。例えば、自分で持ち込みしたいときなども業者を利用した方がいいでしょう。業者によっては持ち込みで料金が割安になるケースも見られますし、自分の都合のよいときに行けるという点もメリットです。文京区に依頼すると、場所や日時も指定されます。さまざまな事情で指定する場所への運搬ができないときや、指定された日時では出せないといったことも出てきます。そのようなときでも、民間の業者なら柔軟に粗大ゴミを処分してもらうことが可能です。また、買取を希望するときも業者への依頼を検討するといいでしょう。

 文京区の粗大ゴミ回収業者

A社

見積もりが無料なうえに見積もりをした後の追加料金は発生しません。ですから、安心して粗大ゴミの処分ができます。また、家電品の買取にも応じているため、できるだけ費用を節約したいときに便利です。一番の特徴としてあげられるのは、トラックの乗せ放題プランでしょう。軽トラック、1.5tトラック、2tトラック、4tトラックの4種類の乗せ放題プランが用意されており、不用品の量に合わせてお得に回収してもらえます。交通状況にもよりますが、最短25分で到着でき、24時間年中無休での対応も可能です。

B社

粗大ゴミをすぐに片付けることを可能にしてくれます。最短の場合、即日でも対応してくれるため、急に思いたって片付けを始めたときや時間がない中での引っ越しにも心強いでしょう。問い合わせは電話またはメールのいずれかで、メールなら24時間受付が可能です。文京区では回収してくれない家電4品目やパソコンなども応じてくれますから、出せずに困っているときでも安心です。もちろん、回収した不用品はそれぞれの基準にもとづいて適切に処分してくれます。さらに、ハウスクリーニングや掃除にも対応しており、粗大ゴミを出した後の片付けも依頼できます。

C社

粗大ゴミの買取から処分まで柔軟に応じてくれます。電動自転車やバイクをはじめ、テレビや冷蔵庫といった家電品の買取にも対応してくれます。リサイクルが可能であれば買取を行い、見積もり料金から値引きしてくれるため無駄な費用が発生しません。文京区に粗大ゴミとして出してしまえばすべて廃棄処分されますが、ならまだ使えるものを有効利用してもらえます。24時間365日いつでも対応が可能で、自分の都合のいい時間帯に処分できます。遺品整理にも対応しているうえに、1万円からのパックプランなども利用できてお得です。

D社

見積もりから回収まで即日でも対応が可能です。引っ越しや年末の大掃除などは慌ただしいことが多く、思うように予定が立てられないこともあるでしょう。その点、見積もりもすぐに対応してもらえるなら安心できます。主なプランは軽トラック、1.5tトラック、2tトラックの3タイプです。いずれもトラックのサイズ分だけ積むことができるため、粗大ゴミ1点ごとで加算されることもありません。例えば軽トラックなら、2万9800円〜の料金で回収可能です。文京区は大塚、音羽、春日、小石川、後楽、小日向、水道、関口、千石、千駄木、西片、根津、白山、本駒込、本郷、向丘、目白台、弥生、湯島に対応しています。

E社

まだ使用可能な不用品を無料で回収してくれます。出張費として3000円のみ支払うだけで、追加で料金がかかることもありません。粗大ゴミとして廃棄するというより、ものを大切に活用して欲しい人に向いている回収業者です。回収対象となる製品は300種類以上にも及びます。その一例をあげてみると、電子楽器やカー用品、ゲーム機に携帯電話、タブレットにパソコン、テレビ、エアコンなど文京区では回収の対象にならないものがほとんどです。布団やベッドなどリサイクルが難しいものや故障などが見られるものは有料になりますが、回収してもらうことができます。詳しくは相談してみましょう。

ゴミ回収バスターズ

1点からでも対応してくれるのが、ゴミ回収バスターズです。粗大ゴミは、引っ越しなどでもない限り大量に出ることはなかなかありません。ゴミ回収バスターズは、少量の不用品でも気がねなく依頼できる回収業者です。そのうえ、見積もりや出張費なども一切かからないため、費用を抑えて処分することができます。見積もりをした後は追加料金の発生もなく、安心です。もちろん、不用品が大量にある場合でも対応してもらえます。その場合は、お得な軽トラック積み放題プランを利用するといいでしょう。即日対応可能で急いで不用品を処分したいときも便利ですし、最短30分という速さで現場まで到着できます。

* 2021/02/28 当社調べ

ご自身のニーズに合わせて最適な手法を選びましょう!

ご自身のニーズに合わせて、行政の指定手法で対応するか、民間の業者に依頼するかなど最適な手法を選びましょう!

関連記事

お電話の方はこちらから
電話:0120935930

受付時間 / 9:00〜21:00(年中無休)

フォームからのお問い合わせはこちら
無料相談・お見積もり