引越しごみ処分の方法とは?捨てにくい物の処分方法まで解説

引越しは一大イベントであり、諸々の手続きなどに労力を費やすことが少なくありません。また、ごみ処分に悩む人もいるでしょう。通常のごみであれば簡単に捨てることが可能です。しかし、危険物と言えそうなものや大きいごみなどは、処分方法が分からないかもしれません。ここでは、引越しの際に出たごみの処分方法をはじめ、捨てにくいごみが出たときの対処方法なども併せて解説していきます。

粗大ごみの規定とは?

自治体ホームページや配布物などには、ごみの処分方法に関する案内が掲載されています。そのため、ごみ処分の際にはその内容をしっかり確認したうえで、守ることが大切です。ごみ処分のルールは自治体によっても異なります。もちろん、粗大ごみも例外ではありません。そのため、どのようなものが粗大ごみになるのか入念な確認が必要です。ごみのサイズも大事なポイントです。基本的にはおおむね30cmを超えたものは粗大ごみとして定義されているので、知っておくとよいでしょう。

ごみ処分に迷ったときは、予め自治体に確認しておくと失敗がありません。これは粗大ごみに限ったことではなく、可燃ごみなどにも通じる話です。ごみ処分に際して不安な気持ちにならないためだけでなく、ごみ処分のマナーを守るためにも大事なポイントです。

粗大ごみを出すときは「家電リサイクル法」に注意する必要があります。この法律の対象になるのはテレビ、洗濯機、冷蔵庫、エアコンの4品目で、これらは粗大ごみとして処分することができません。これらの家電を処分するときは、同製品を購入したお店に引き取ってもらう方法が考えられます。また、自治体に連絡したり、指定場所に持ち込んだりするなどの処分方法も検討しましょう。

引越しで出たごみの主な処分方法とは?

引越しの際には、タンスやクローゼットの中身も含め、大掛かりな荷造りが必要になります。また、引越しの日が近づくにつれて荷造りしたものが増えていくため、落ち着いて生活するのが難しくなるでしょう。

引越しを機に不用な家財道具などを処分することが少なくありません。しかも、処分したい粗大ごみは大型のものから小型のものまで多岐にわたります。特に、大型ごみを置いたままで引越し準備をすると、かなりのスペースを取るため作業に支障をきたすことも少なくないのです。それらのごみが存在するために引越し作業が難航するのは、可能な限り避けたいところです。このような理由もあり、大型ごみはできるだけ早く処分することが大切です。そこで、引越しの際に出たごみの処分方法や、それぞれの特徴やメリットなどを紹介していきます。

不用品回収業者に引き取ってもらう

まずは、不用品回収業者に依頼する方法です。自宅まで引き取りにきてもらえるので、重いものを持ち運ばなくてもよいほか、こちらの都合に合わせた日時指定が可能など、さまざまなメリットがあります。

処分したいものを部屋から運び出すときは、ものや建物を傷つけないように注意しなければなりません。その点、不用品回収業者は「その道のプロ」です。運搬時に傷がつく心配もほぼないため、安心して任せることができます。さらに、自治体に依頼するよりもサービスの幅が広いことや、融通が利きやすいことも大きなメリットと言えるでしょう。料金面では自治体よりも割高傾向ですが、利便性などを考えると安いかもしれません。

不用品回収業者に依頼する場合、下記の流れが一般的です。
1.見積もり依頼
電話かメールで行い、業者の訪問日時を決めます。
2.業者の訪問
不用品の量や種類などを確認したうえで、業者が見積もり額を提示します。その内容に納得したら業者と契約を交わします。
3.不用品の回収
契約した搬出日時に不用品の回収、料金を支払います。

自治体の粗大ごみ回収サービスを利用する

次は、自治体の粗大ごみ回収サービスを利用する方法です。粗大ごみの出し方は自治体によって異なるので、引越し経験がある人も過去の経験に頼らないようにしましょう。粗大ごみの対象となるサイズは、基本的に一番長い部分が30cmを超える大きさのものが挙げられます。また、プラスチック・木・金属でできているものなど、材質にも注意が必要です。

一方、自治体では取り扱えないものも少なくありません。先述した家電リサイクル法対象品目はもちろん、自動車やオートバイ、タイヤも対象外です。さらに、ピアノ、消火器、ガスボンベ類なども引き取ってもらえないことを知っておきましょう。そのため、自治体のサービスを利用するときは、どのような品目が対象になるのか確認することが大切です。

自治体を利用する際の基本的な流れは下記のとおりです。
1.サービス利用方法の確認
粗大ごみの種類や引取日時などについて、電話やネットで自治体に確認します。
2.「粗大ごみ処理券」の購入
ごみ処分を依頼する自治体内のスーパーやコンビニなどで購入できます。
3.指定場所までの搬出
処分する粗大ごみに「粗大ごみ処理券」を張り付けたうえで、指定日時に指定場所まで搬出します。

引越し会社の不用品回収サービスを利用する

新居への荷物運搬に引越し会社を利用する人も多いでしょう。引越し会社を決めるときは複数のところから見積もりを取るのが理想的です。引越し会社のなかには、不用品回収サービスを手掛けているところもあるので、荷物運搬とごみ処分を同時にすることが可能です。引越し時には片付けや書類上の手続きなど、いろいろな用事が目白押しです。このような手間暇を軽減するためにも、引越し会社の不用品回収サービスは理想的と言えるでしょう。

もちろん、引越し業務に専念するため、不用品回収サービスを手掛けていない会社もあります。また、不用品回収サービスを取り入れている場合でも、具体的な内容は引越し会社によってさまざまです。「家電リサイクル法」対象品目のみを回収するところ、買取サービスまで展開しているところもあります。そのため、不用品回収を依頼するときは、引越し会社のサービス内容まで把握することが大事なポイントです。

なお、不用品回収を引越し会社に依頼する場合、他の処分方法に比べると割高傾向にあります。しかし、依頼者の都合に合わせて不用品やごみを処分してくれるので、そちらのメリットが大きいと考えられます。引越し作業に掛けられる時間的余裕がない場合は、ぜひとも利用したいサービスの一つと言えるでしょう。

買取専門店などを利用する

不用品は処分するだけでなく、お金に換えることも夢ではありません。そのためにも、リサイクルショップや買取専門店などの利用を考えましょう。引越し時には何かと物入りですので、少しでも収入が得られると引越し費用の節約につながるかもしれません。そのためには、買取対象の品をよい状態にしておく必要があります。品物の状態が悪いと、買い取ってもらえる確率が低くなるからです。そうならないためにも、ぱっと見て目立つ汚れなどは事前に拭き取っておきましょう。

買取依頼に際しては、事前に依頼する品物を伝えることが大切です。そのうえで、買取ができない場合の対処方法も確認しましょう。もし、引き取ってもらえないときは、他の処分方法を考えなければならないため、引越し作業がスムーズにいかない要因にもなりかねません。

なお、買取依頼をするときは買取専門店に絞り込むのも一案です。買取専門店の大きな強みは商品相場を把握している点です。そのため、適切な査定による満足感を得ることも期待できます。特に、価値のありそうなものや新品に近い家電などを処分するときは、買取専門店への依頼を考えるとよいでしょう。

個人売買サービスを利用する

不用品をお金にする方法として、ネットオークションやフリマアプリなどの個人売買サービスが注目されています。このような背景には、インターネット普及が大きいと言えるでしょう。個人売買サービスを利用した場合、買取専門店やリサイクルショップよりも高額になるかもしれません。これらのサービスを介して購入したい人は、対象となる品物に興味を抱くことが多いからです。

一方、個人売買サービスを利用しても、必ず落札されるとは限りません。その結果、引越し間際になっても取引が成立しないことも十分あり得ます。また、出品準備や発送などに手間暇が掛かることも把握しておきたいところです。引越し間際に慌てないためにも、サービスを利用するには十分な時間的余裕を持って取り組みましょう。そのうえで、スタート金額を低く設定することも大事なポイントです。

個人売買サービスを利用するときは、取引成立後の行動にも注意を払う必要があります。商品の状態や発送などをめぐり、売り手と買い手の双方でトラブルに発展する可能性もあるからです。ネットオークションやフリマアプリなどは身近な存在だけに、慎重に利用するよう肝に銘じておきましょう。

友人や知人に譲る

自分にとっては不用品でも、人によっては必需品になることも少なくありません。そのため、引越しをするときは身近な友人や知人に声掛けを行い、相手が必要なものを譲るのもよいでしょう。こちらの方法を取り入れることで、ごみ処分代がかからない、ものを有効活用できるなどのメリットも大きいです。また、譲り受けたほうもお得感を味わうことができます。もちろん、大型家具などは自分たちで運び出すため、手間暇がかかるのが難点かもしれません。さらに、持ち運びが大変な大型家具などは、業者の専門的なサービスを利用する必要があります。

なお、使わなくなったものを第三者に寄付するのもよいでしょう。こちらは洋服などが対象ですが、必要な人に提供することで社会貢献にもつながるかもしれません。このように不用品を手放す方法はいろいろあるので、ふだんから意識して情報収集しておくとよいでしょう。

捨てにくいごみの処分方法

ごみ出しをするときは処分方法を知る必要があります。居住地のごみ収集場へ出す場合はもちろん、ごみ処理場へ直接搬入する場合も事前に確認しておきましょう。ここでは、捨てにくいごみ3点について、具体的な処分方法をまとめました。

<ガスコンロ>
粗大ごみとして処分することができます。また、特別な措置なども必要ありませんが、処分可能かどうか自治体に確認することが大切です。

<使いかけの調味料>
そのままで捨てるのはよくありません。中身は紙に吸わせたうえで普通ごみとして処分します。一方、外装はプラスチックが使われることも多いので、分別方法は自治体のルールに従いましょう。

<包丁>
こちらも、自治体の分別方法に従って処分しますが、処分の際には細心の注意を払う必要があります。作業スタッフがケガをしないためにも、包丁を紙などに包んだうえで、ガムテープで動かないように固定することが大事なポイントです。また、外側の袋などにも「刃物」でなおかつ「危険物」だと明記してから捨てるといった、慎重な姿勢が求められます。

 引越しで出たごみを処分してくれる業者

A社

業者によっては法外な金額を請求してくるところもありますが、こちらではわかりやすい料金プランの提示が大きな魅力です。搬出作業費や階段料金、車両費などの追加料金がもともとの基本料金に含まれています。また、WEBサイトからの申し込みは2000円オフをはじめ、多様なクーポンが満載という点も見逃せません。そのため、リーズナブルに不用品を処分したい人には向いている業者です。さらに、電話見積もりも可能であり、最短30分で現場に到着するほどの迅速なサービスも魅力の一つです。対象エリアは東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県になっています。

B社

大きな強みとして、古物商許可も持っているため買取サービスを展開している点が挙げられます。サービス内容は不用品回収や買取、遺品整理ですが、年間3000件以上の実績を誇っているため迅速なプロのサービスに安心感があります。加えて、法人向けサービスが充実している点も大きな魅力です。オフィス用品の整理や大量の家具の移転時などには利用するとよいでしょう。なお東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、静岡県、山梨県にわたって対応しています。

ゴミ回収バスターズ

電話での簡単見積もりが事前にできるので、手間をかけずに作業を依頼できるメリットがあります。また、最短30分で対応という迅速なサービスも魅力の一つであり、引越し期日が迫っている方は検討したい業者です。訪問に際しては身だしなみチェックを実施しており、清潔な格好で作業を行う点も見逃せません。料金プランも豊富であり、粗大ごみ回収をはじめ、顧客の要望に沿ったプランの提示があります。なお「ゴミ回収バスターズ」は東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、栃木県、群馬県、茨城県が対象です。

* 2021/02/28 当社調べ

ご自身のニーズに合わせて最適な手法を選びましょう!

ご自身のニーズに合わせて、行政の指定手法で対応するか、民間の業者に依頼するかなど最適な手法を選びましょう!

関連記事

お電話の方はこちらから
電話:0120-537-999

受付時間 / 9:00〜21:00(年中無休)

フォームからのお問い合わせはこちら
無料相談・お見積もり