【分別不要】ゴミ回収業者のメリットは?利点からおすすめ業者まで徹底解説

地方自治体によるゴミ回収の分別や処理が難しく、捨てられないゴミや不用品が部屋に溜まってしまうこともありますよね。そのようなときは、民間のゴミ回収業者や不用品回収業者に依頼するのもひとつの方法です。今回は、民間のゴミ回収業者を利用するメリットや、業者を選ぶ時に参考にするべきポイントなどについて詳しく紹介します。

ゴミ回収業者って何?

日常的に発生する可燃ゴミや不燃ゴミは、地方自治体で決められた曜日に出して回収してもらう方法が一般的です。この記事で紹介するゴミ回収業者とは、民間でゴミ回収事業を行っている業者のことを指します。不用品回収業者や廃品回収業者とも呼ばれます。民間のゴミ回収業者は、一般の利用者からの依頼を受けて、自宅までゴミや不用品を有料で回収しに来てくれる業者です。地方自治体のゴミ回収の方法は、各市町村ごとに多種多様なルールがあります。引っ越しで他所から転入してきた場合、引っ越し先のごみ回収のルールの違いに面食らうこともしばしばあります。

以下にその例を上げます。
・書類を止めるホッチキスの針を外すところと外さないところ
・惣菜の包装のラップはプラ容器の対象だが、家庭のラップは対象外
・カセットボンベの穴あけが必要なところと不要なところ
・粗大ゴミは解体して小さくすると回収料金が安くなるところと元の大きさのままの料金のところ
・無色のびん、茶色のびん、その他の色のびんを分けて出す
など、分別のルールの違いを挙げていくとキリがありません。

粗大ゴミを回収してもらうにしても、自分で依頼して1点ずつ有料で取りに来てもらうところがほとんどでしょう。大きさや重さにより回収の料金設定も異なり、1度に処分できる個数の上限が決められているところも多いようです。粗大ゴミの回収申込みも電話でしか受け付けていないところもあり、粗大ごみ回収券を購入するなどなかなか手続きが煩雑でスムーズに処分できないこともあるものです。引っ越しなどで粗大ゴミや不用品を大量に処分したいときは、それこそ一度では処分しきれないこともあるでしょう。このように大量に処分したいものがあるときや、いつでも好きなときにゴミを処分したいと考えている方は、民間のゴミ回収業者に依頼することをおすすめします。

ゴミ回収業者に依頼するメリット

民間のゴミ回収業者に依頼するとどのようなメリットがあるのでしょうか。以下に、ゴミ回収業者に依頼した場合のメリットについて紹介します。

自治体で回収不能なものまで回収できる

自治体では家庭ゴミの何から何まですべてのものを回収してもらえるわけではありません。粗大ゴミや不燃ゴミなどでも回収対象外のものがあるため注意が必要です。また、自治体で回収可能なゴミでも費用がかかる場合もあります。そのため、ゴミの種類によっては民間のゴミ回収業者に任せたほうが便利で安上がりな場合もあるのです。自治体で回収できないものは「家電リサイクル法」の対象となっている冷蔵庫、冷凍庫、洗濯機、衣類乾燥機、テレビ、エアコンなどです。家電リサイクル法が施行されてから、これらの家電を買い替えていない方はなじみのない法律のため、知らない方もいるかもしれません。

これらの家電は、特定家庭用機器再商品化法(家電リサイクル法)により、メーカーが責任を持って回収し、再利用可能な資源をリサイクルして有効利用することと決められています。つまり、不要になったこれらの製品は自治体では回収してもらえないため、自分で家電を購入した店や、指定引取場所、メーカーなどを通じて回収を申し込まなければなりません。家電を引き取りに来てもらうにも、処分するのにも、収集手数料、運搬料、リサイクル料の所定の費用が1台ごとにかかります。

パソコンも同様に「小型家電リサイクル法」の対象製品となっています。そのため、自治体では回収してもらえず、メーカーや回収可能な家電量販店などで引き取ってもらう必要があるのです。一体型でないデスクトップパソコンは、ディスプレイと本体それぞれにリサイクル料金がかかるため、結構な高額の費用がかかることになります。また、耐火金庫やピアノ、流し台やモーター類など、自治体で適正な処理が困難な物に関しても自治体では受け付けてくれないため、一般廃棄物収集許可業者に有料で回収を依頼しなければなりません。

その点、民間のゴミ回収業者なら、自治体で回収してもらえるものも回収してもらえないものも含めて一度に回収を依頼することができるため便利です。自治体で粗大ゴミの回収を依頼すると、自宅の玄関先や広い通りまで粗大ゴミを運搬しなければならないこともありますが、ゴミ回収業者なら自宅まで引き取りに来てくれるため、人手がない方や体力的にきつい方でも手軽に依頼することが可能です。また、自治体の回収は時間や曜日が予め決められているため、平日の時間の制約が厳しい方にとっては、民間のゴミ回収業者のほうが融通がきくでしょう。

分別不要

ゴミ回収業者は、ゴミの種類を問わず幅広い対象物を回収してもらえることがほとんどです。また、自治体のように一度に回収できる量に制限がありません。つまり、急な引っ越しや遺品整理など大量のゴミの処分が必要になったときでも、ゴミの分別をして種類ごとに回収を依頼する必要がなく、一度にまとめて回収してもらえるため安心して依頼できるでしょう。即日対応してくれる業者ならスピーディーにゴミの処分が可能です。

大量のゴミの分別不要で、業者が責任を持って適切に処理してくれるため、再資源化や再販などのリサイクルに役立ちます。また、産業廃棄物収集許可や古物商許可番号を取得した正式なゴミ回収業者なら、無届の違法のゴミ回収業者と異なり不法投棄や不法輸出などの心配がないため、安心して利用できます。

買取対応もしてもらえる

自治体に粗大ゴミの回収を依頼すると、再利用の可能不可能に関わらず回収を依頼した側が引取手数料を支払わなければなりません。家電リサイクル法の対象家電やパソコンでも、買い取ってもらうことはできず、逆にリサイクル料金や引取運搬手数料を支払わなければならないのです。しかし、古物商許可を取っているゴミ回収業者や不用品回収業者に依頼すれば、不要になったけれどもまだ使える家具や家電を買い取ってもらえる場合があります。不要品の処分を依頼するときは買取を行っているかどうかは、大きなポイントになります。

家具や家電の状態にもよりますが、もし買い取ってもらえるようなら、処分費用と相殺して思いのほか安く不用品が処分できる可能性があるのです。場合によっては、買取査定に高値がついた場合、処分費用を差し引いても現金が受け取れる可能性もあるでしょう。業者を選ぶ際は、なるべく高く買い取りしてくれる業者に依頼することをおすすめします。

ゴミ回収業者の選び方のポイントとは?

民間のゴミ回収業者に依頼する場合、インターネットで検索すると膨大な数の業者が表示されるため、どこに頼めばよいのか迷ってしまうのではないでしょうか。どのような基準でどう絞り込めばよいのかわからず、途方に暮れて適当に選んでしまうのは後悔のもとです。そこで、ここでは民間のゴミ回収業者の選び方の基準となるポイントについて紹介します。

料金設定

ゴミ回収業者や不用品回収業者を選ぶときに、真っ先に気になるのが回収料金ではないでしょうか。商品をどの店で購入するかという比較とは異なり、ゴミ回収の場合、適正料金の目安について検討がつかない方も多いでしょう。下見に来てもらって見積もりを出してもらうこともできますが、事前にできる限り詳細な料金設定の確認をしておくことが大切です。というのも、業者によりさまざまな料金設定の形があるためです。回収する家具や家電、大きさや重量などで1品ごとに料金がかかるケースと、トラックに詰め放題の定額料金制などのパック料金があるケースなどに分かれます。

自宅のゴミ処分に対して、どの方法がお得になるのか事前に見極めるとよいでしょう。また、料金の内訳も、基本料金やその他のオプションの設定などを設けている場合もあるため、事前のチェックが欠かせません。基本料金だけでなく、車両費、人件費、処分手数料などについても確認しておきましょう。雑多な種類の不用品がたくさんあるようなら、パック料金がお得かもしれません。

家電などの買取サービス

ゴミ回収業者の中には、家具や家電などの不用品の中から、まだ使えるものの買取サービスを行っているところがあります。今まで使っていた家具や家電なら、おそらくは使えるものも多いでしょう。それらの不用品を買い取って再利用してもらえるなら、ほしい人に安く使ってもらえますし、まだ使えるものを捨ててゴミにすることの罪悪感も抱かずにすみます。まして、わずかな金額でも買取の査定金額がつくなら、処分費用と相殺されれば安価で不用品が処分できることになります。買取サービスがなければ、すべて処分費用の実費がかかってしまうため、買取サービスの有無は大きなポイントといえるでしょう。

掃除してきれいにすればまだまだ十分に使える、少しの修理で再生可能というような家具や家電があるなら、買取サービスのある業者を選ぶのがお得です。不用品の買取は、管轄の警察に届け出て古物商の許可を受けた正式な業者でなければ行えません。古物商の許可事業者であれば安心して取引ができます。不用品回収業者を選ぶ際は、この古物商許可を取得しているかどうかを注視するとよいでしょう。

対応エリア

不用品回収業者を選ぶときは、対応してくれる地域の確認をしておきましょう。インターネットで検索をして表示された業者が、自宅住所の担当エリア外ということもあるものです。全国的に名前が知られている不用品回収業者でも、対応していない地域もあるため事前に確かめておくことが必要です。また、小規模な地域密着業者の場合も、対応エリアを限定していることがほとんどです。せっかく良い業者を見つけても、対応してもらえない地域だとがっかりしてしまいますので、念頭に置いておくとよいでしょう。

ただし、隣接する近隣地域の場合は、エリアを超えて回収に来てもらえる可能性もあるため、念のため電話などで問い合わせてみてはいかがでしょうか。地域密着型の業者なら、地域の評判を一番に重んじているため、良心的なサービスを提供しているところも多いものです。全国対応している業者でも、実は近くに営業所や支店を置いていない場合もあります。口コミなども確認しながら、積極的に問い合わせてみるとよいでしょう。

電話見積もりができるかどうか

民間のゴミ回収業者や不用品回収業者は正確な見積もりを出すために、実際に現地で下見をしなければ詳細な見積もり金額は出せないというところが多いようです。問い合わせる側からすれば、おおよその概算見積もり額でもいいので口頭で伝えてほしいと思う方もいるでしょう。しかし、あくまでも電話では答えられないと一点張りの業者もいます。そのような場合、せっかく来てもらっても費用の見積もり額が自分の意に沿わないときは、断ったとしてすんなり帰ってもらえるのかという不安を持つかもしれません。いくら見積もりが無料とはいっても、知らない人に家の中を見られることに抵抗がある方もいるでしょう。

そのような場合は、電話見積もりができる業者を選ぶのが安心です。これなら、下見に来てもらって高い処分費用の見積もりを出されても断れずに渋々依頼するというようなことがありません。電話での無料見積もりがあるかどうかは、大きな判断基準のひとつになるでしょう。

 ゴミ回収業者

A社

片付けサービスがメインの業者ですが、付随する不用品回収や買取サービスも提供しています。ホームページで業界最安値を宣言しているため安く片付けられる安心感があります。処分に迷った不用品の仕分けサービスも無料で行ってくれるため、片付けのプロのスタッフと相談しながら効率よく片付けられるでしょう。片付けの仕分けに要する時間の節約にもなります。自宅の不用品の片付けを時短でラクに終わらせることができます。

B社

不用品の処理だけでなく、遺品整理から特殊清掃まで、個人や法人に向けた幅広いサービスを提供しています。特に法人向けのサービスのひとつに、機密データを安全に廃棄するサービスがあります。扱い方によっては問題になりがちな顧客情報を安全に消去できるため、機密情報を漏らしたくない法人から多くの需要があります。他にも、不用品の回収を周囲に知られたくない事情のある方に向けて、静音台車などを導入し、静かに高速に作業を行なうことが可能です。必要に応じて隠蔽工作など依頼者に寄り添ったさまざまな工夫を凝らした作業を行います。

ゴミ回収バスターズ

「ゴミ回収バスターズ」は、不用品回収や、ゴミ屋敷の清掃、引っ越しの手伝いなど多岐にわたるサービスを展開中です。訪問見積もりに抵抗がある方のために、電話での見積もりも歓迎しています。スタッフは清潔な服装で訪問することを徹底するなど、顧客志向のサービスを心がけています。急いで依頼したい場合は、最速30分でスピーディーに即日対応してくれる柔軟性の高さも人気の理由です。

* 2021/02/28 当社調べ

ご自身のニーズに合わせて最適な手法を選びましょう!

ご自身のニーズに合わせて、行政の指定手法で対応するか、民間の業者に依頼するかなど最適な手法を選びましょう!

関連記事

お電話の方はこちらから
電話:0120-537-999

受付時間 / 9:00〜21:00(年中無休)

フォームからのお問い合わせはこちら
無料相談・お見積もり