ゴミ屋敷のリスクと清掃業者の選び方を紹介!ゴミ屋敷はすぐに解決を

長年放置したゴミが積もってしまうと、自力で片付けるのが困難になってしまう場合があります。そのようなときは、どうやって処分していいか分からず途方にくれてしまう人もいるでしょう。ゴミ屋敷はそのまま放置しておくとさまざまなリスクを負うことになるので、業者に頼んで片付けてもらうのが賢明です。そこで、この記事ではゴミ屋敷のリスクから適切な業者の選び方まで紹介していきます。

ゴミ屋敷になってしまう原因

ゴミ屋敷のリスクについて紹介する前に、まずは原因について解説していきます。ゴミ屋敷になる原因をしっかり理解して、片付けに生かしましょう。

ゴミを捨てられない

ゴミ屋敷になる原因のひとつが、「そもそもゴミを捨てられない」状態に陥ることです。毎日の生活において、多かれ少なかれ誰もがゴミは出てしまうことでしょう。しかし、それをこまめに捨てるという習慣が身についていないと、どんどんゴミが溜まりやがてゴミ屋敷化してしまいます。このケースは「高齢の単身者」に多いのが特徴です。よくあるのはゴミ捨てを家族や配偶者に任せていたが、亡くなったり転居したりして単身世帯となってしまったことがきっかけになるケースです。普段からゴミを捨てる習慣がなかったため、その作業が面倒臭くなるほか、そもそも捨て方が分からないという理由で最初からやる気がないパターンもあります。

一方、若い世代でありがちなのが、「仕事やプライベートが忙しくて片付ける時間がない」という理由です。「残業などが多く毎日の帰宅時間が遅い」「ゴミ収集日のタイミングで出張がある」といったことなどが原因でゴミが自宅に溜まり、気が付けばゴミ屋敷になってしまう事例があります。

物に執着してしまう

物に執着するのはゴミ屋敷になる根本的な原因のひとつです。物に執着する理由はひとそれぞれですが、年配の人に多いのが「何かに使える機会がありそうだから、今捨てるのはもったいない」という気持ちが挙げられます。ゴミのなかにはたしかに再利用できる物もあるでしょう。たとえば、タオルなどは古くなったからといって捨てるのではなく、雑巾にして利用する方法もあります。しかし、雑巾にする作業をせずにいつまでも放置していたのでは、何の役にも立ちません。

ゴミ屋敷になる人はこうした、「何かに使えるかもしれない」「いつか役に立つかもしれない」という観念が非常に強く、どんなものでも手元に残したいという願望が高まる傾向にあります。そうした気持ちを優先させた結果、住居の収納スペースの限界を超えて物が生活スペースにまで散乱するようになり、ゴミ屋敷化するというわけです。

ストレス

ストレスがゴミ屋敷化する原因になる理由は、「普段どおりの行動ができなくなる」からです。仕事などで大きなストレスを感じると、「ストレスを発散させたい」「とにかく休みたい」などの行動が優先され、普段通りの生活を営むことが億劫になることがあります。すると、ゴミ捨てといういつも行っていた作業が面倒臭くなり、後回しになりがちです。

また、ストレス発散のために普段抑圧していた欲望を買い物という形で消化する人も珍しくありません。ところが、買い物をすると当然包装紙や紙袋といったゴミが出ます。それを定期的に続けることで、かえってゴミばかりが溜まる悪循環に陥る場合もあります。

なお、このケースの特徴として「もともとはきれい好きだった人でもゴミ屋敷化してしまう」ことが挙げられます。過度なストレスを受けた結果、うつ病やセルフネグレクトといった精神疾患を患ってしまい、自分の状態を気にかけられなくなってしまうことが原因です。

ゴミ屋敷のリスクとは

人によってはゴミ屋敷をそのまま放置しておいても問題ないと考えている人もいるかもしれません。しかし、ゴミ屋敷には明確なリスクがいくつも存在するので、できるだけ早く対処することが重要です。そこで、ここではゴミ屋敷の3つのリスクについて紹介します。

火災事故

ゴミ屋敷化している住居に積もっているゴミの多くはビニール類やプラスチックゴミです。ビニール類やプラスチック製品の多くは原油を精製してできる「ナフサ」が主原料です。そのため、比較的火がつきやすいうえ、大きく燃え上がることもよくあります。そうした物が散乱しているゴミ屋敷で、もしも火災が発生するとどうなるでしょうか。あっという間に燃え広がって大規模な火災になるケースも珍しくありません。ゴミ屋敷で火災が発生すると当人の命の危険はもちろん、一般家庭であればボヤ騒ぎで収まるような燃え方であっても、周辺住民まで巻き込む大火事になるリスクもあります。

また、ゴミ屋敷では火災が起こる原因としてよくあるトラッキング現象が起こりやすい点にも注意しなければいけません。トラッキング現象とはコンセントなどに溜まったほこりが湿気を吸うことで漏電し、燃える現象です。ゴミ屋敷は掃除をしていないため、もともとほこりっぽいうえに、コンセントの場所がゴミで埋まって見えないと発見が遅れて火災につながるリスクも高いです。

死につながる

ゴミ屋敷の程度にもよりますが、なかには人の背丈ぐらいの高さまでゴミが積もっているところもあります。それほどゴミが高く積もっているケースでは、万が一地震や転倒時の衝撃などによってゴミ山が崩れると生き埋めになる可能性があり非常に危険です。実際に高齢者を中心としてゴミ山の崩壊によって、その下敷きになり、身動きが取れなくなって死亡してしまう事例もあります。

また、ゴミ屋敷となってから長い時間が経っている場合は、ゴキブリやハエ、ネズミといった害虫や害獣が大量発生していることも多いです。そうした不衛生な生活環境で暮らした結果、健康に悪影響が出てしまい、病気となって亡くなってしまうこともあるので気を付けなければいけません。

このようにゴミ屋敷で生活すると、死亡するリスクが通常の住宅に比べて一般的に高くなりがちです。さらに、ゴミ屋敷化すると近隣住民はもちろん、自分の子どもとの関係性にもひびが入って、社会的なつながりが希薄になることも多いので、孤独死する人も増えています。

近隣トラブル

ゴミ屋敷は見た目の景観を損なうたけでなく、近隣住民に実害を与えることも多いです。たとえば、ゴミが道路まで散乱していると、通行の邪魔になるのはもちろん、その悪臭であたり一帯に迷惑をかけてしまうでしょう。また、ゴキブリやネズミといった害虫や害獣はいつまでも同じ場所にとどまっているわけではありません。繁殖すると、近隣住民の住宅へ入り込もうとする害虫や害獣も現れてきます。

近隣住民も最初のうちはゴミ屋敷が原因だとは思わないかもしれませんが、あまりにも頻繁に害虫や害獣が現れると、徐々に疑いの目で見る機会が増えてくるはずです。最終的にはゴミ屋敷への不満が爆発して大きな近所トラブルになり、悪臭が原因で損害賠償請求の訴訟を起こされた事例もあります。2020年時点ではゴミ屋敷を厳格に取り締まる法律はありませんが、各地域の条例で対処する自治体が増えてきていることも念頭に置いておきましょう。

ゴミ屋敷は業者に頼もう!

ゴミ屋敷の明確な定義はありませんが、一般的にゴミ屋敷というと「床が見えないほどゴミが積もっている」ような状態です。キレイにするためには大量のゴミを処分しなくてはいけなくなるので、個人で処理するのは難しいでしょう。そのようなときは、無理をせずゴミ屋敷の清掃を代行してくれる片付け業者に依頼するとよいです。

清掃業者は片付けのプロなので、面倒なゴミの分別や処分を短時間で大量に行ってくれます。また、ゴミのなかにはもう使わなくなった家具や家電が含まれていることも多いです。そうした重たい家具や家電を自分で運ぶ必要もなくなり、依頼主の負担は最小限に抑えられる点もメリットです。

ゴミの量にもよりますが、不用品の処分から清掃まですべてを自分でやろうとするとかなりの労力になります。片付け業者に依頼すると費用はかかりますが、コストパフォーマンスを考えるとメリットのほうが大きいので、積極的に利用を検討してみましょう。

片付け業者を選ぶ際の4つのポイント

ゴミ屋敷の片づけは業者に依頼したほうが無難ですが、どの業者に依頼してもいいわけではありません。なかには、片付け業者とトラブルになってしまった事例もあるので、優良業者に依頼するように気を付けましょう。そこで、優良な片付け業者を選ぶポイントを4つ紹介します。

実績がある

ゴミ屋敷は乱雑に物が置かれているため、素人目には手当たり次第に片付けているように見えることもあります。しかし、実際はゴミ屋敷の清掃には一連の流れがあり、プロの片付け業者はそれに従って作業しています。足の踏み場すらないゴミ屋敷で、そうした片付けの経験が少ない素人や業者が片付けようとすると、ケガをするリスクがあるので危険です。

実績豊富な清掃業者なら物が散乱した部屋の片づけに慣れており、スピーディーかつ安全に作業してくれるので、忙しくて立ち会う時間がなかなかとれない人でも任せやすいです。ホームページやSNSで依頼する予定の清掃業者の実績をチェックして、できるだけ経験豊富なところへ依頼するとよいでしょう。

サービス内容の充実性

清掃業者に依頼するには費用がかかりますが、実際にかかる金額やサービスは千差万別なので一概にどれがいいということは難しいです。そのため、相談したときには費用だけでなく、どのようなサービスを行っているかまでしっかりチェックしておきましょう。具体的にはゴミの回収業務や清掃業務が含まれているかはもちろん、「清掃に来る人数」や「基本サービスに含まれている内容」を確認することです。

清掃業者のなかには、「リサイクルできる不用品は買取してくれる」「ゴミの量が増えてもトラックに詰めれば追加費用はとらない」などのサービスを行っているケースがあります。こうしたサービスを有効活用すれば見積金額以上にお得に片付けができる可能性もあるので、費用面だけでなく、サービス内容まで吟味して依頼する清掃業者を決めましょう。

認定を受けているかどうか

優良なゴミ屋敷の清掃業者は「一般廃棄物収集運搬業許可」または「古物営業許可」といった免許を取得しているケースが多いです。取得していなくても必ず違反になるわけではありませんが、免許を保持していないと合法的に不用品を処分できない可能性もあります。不用品回収やゴミ屋敷の清掃業者のなかには、残念ながらこうした認定を受けずに活動している悪徳業者がいるのも事実です。

そうした悪徳業者に依頼してしまうと回収したゴミを知らない土地に不法投棄されたり、当初の見積もりからかなり上乗せされた金額を請求されたりするかもしれません。免許を持っているからといって絶対に優良業者とは限りませんが、その確率が高くなるのは確かなので、基本的に認定を受けているところへ依頼しましょう。

口コミ

現実問題としてゴミ屋敷の清掃業者へ依頼した人のなかには、料金トラブルが発生している事例もあります。そうしたトラブルにできるだけ合わないようにするためには、口コミを活用しましょう。口コミを調べるうえで、簡単なのはインターネットを活用する方法です。インターネット上で当該業者を検索して、どのような評判が記載されているかをあらかじめ把握しておくとトラブルに遭うリスクは少なくなります。

トラブルが発生している場合には具体的な事例が多く投稿されているはずなので、そのような清掃業者は避けたほうが賢明です。ただし、同業他社がライバル企業の妨害をするために、わざと悪い口コミを投稿している可能性もゼロではありません。また、サービス内容をどのように感じるかは個々の感覚によって異なる部分もあるため、すべての口コミで高評価されている事例はあまり多くないのも事実です。

そのため、悪い口コミがあっても少数であれば、業者の雰囲気を感じるためにもとりあえず見積もりを取得して様子を見てみるのもよいでしょう。

 片付け業者

A社

プラン内容が充実していることで、「Web申し込みの10%OFF」や「軽トラまたは1トントラックの少額パッケージプラン」などが用意されています。とにかく処分費用を安くしたい人は前向きに検討してみましょう。

B社

特殊清掃に定評のある清掃業者です。ゴキブリやハエなどの害虫が発生してしまい、衛生環境が特に悪化している場合に依頼しやすいです。3つ目のクリアは、清掃業者としては珍しく女性スタッフが多く在籍している点が魅力です。女性の一人暮らしなどで、できれば女性スタッフに片付けてもらいたいという場合には依頼してみるのもよいでしょう。

ゴミ回収バスターズ

「ゴミ回収バスターズ」の魅力は、なんといっても「お客様満足度98.7%」を誇る、圧倒的に高品質なサービスです。また、「軽トラ詰め放題パック」などのプランが充実しているほか、基本的に追加料金を一切とらない姿勢を前面に打ち出している点も好印象です。電話で簡単に見積もりを取れるので、どこに依頼するか迷っている人は、とりあえず相談してみてはいかがでしょうか。"

* 2021/02/28 当社調べ

ご自身のニーズに合わせて最適な手法を選びましょう!

ご自身のニーズに合わせて、行政の指定手法で対応するか、民間の業者に依頼するかなど最適な手法を選びましょう!

関連記事

お電話の方はこちらから
電話:0120-537-999

受付時間 / 9:00〜21:00(年中無休)

フォームからのお問い合わせはこちら
無料相談・お見積もり