なぜ部屋を片付けられない?3つのステップで部屋を綺麗にしてみよう!

部屋を片付けようとしても、なかなかできない人は少なくありません。「やる気になればいつでもできる」と考えていても、いざやってみると上手くいかず、悩んでしまう人もいるでしょう。片付けが上手くできない理由はいろいろなパターンがあります。本記事では「なぜ部屋を片付けられないのか?」について説明を行ったうえで、片付けを効率よく行うための方法を紹介していきます。

部屋を片付けることができない理由

この段落では部屋を片付けられない理由について、3つのポイントにわけて解説します。

物を捨てることができない

部屋を片付けられない人のよくある特徴のひとつとして、「物を捨てられない」ということがあります。捨てられないと考えてしまう理由はさまざまですが、大きくわけると3タイプに分類できます。まずひとつめのタイプはもったいないと感じてしまう人。例えば、もうほとんど着なくなり捨てるべき服に対しても、そのうち着る場面があるかもと思ったり、買ったときの値段を思い出し惜しくなったりするのです。こういった考え方をしている限り、物は一向に減らず、部屋の収納スペースはどんどんなくなっていきます。しっかりと判断をして、思い切って捨てるようにすることが大切です。

ふたつめのタイプは、人からもらった物を捨てられない人。人からもらった物を捨てることに後ろめたさを覚えてしまうのです。このタイプは心が優しい人が多いですが、部屋が片付かないのは問題です。物を送った人も、自分のせいで部屋が片付かないと知ったら悲しくなるでしょう。感謝の気持ちは忘れず、不要な物は処分するべきです。

最後のタイプは、物に愛着を持ちすぎて捨てられない人です。物自体が不要になっても、思い出があるため捨てられなくなります。例えば、今は成人した子供が幼少のころに書いた作文、絵、テストなどを段ボールいっぱいに詰め込み、いつまでも押し入れの奥にしまいこんでいる親は多いものです。段ボールの数が複数になると、収納スペースは圧迫されるでしょう。思い出の品をすべて捨てる必要はもちろんありませんが、ある程度の取捨選択は必要です。

片付け方がわからない

根本的な問題として、部屋の片付け方がわからない人もいます。片付けられない人の特徴として、よくあるのは「元の場所に戻せない」ということです。使った場所に戻すのは一見簡単ですが、習慣になっていない人からするとなかなかできません。そもそも片付けるとは元の場所に戻す行動を指しますが、それが意識できていないと、いつになっても部屋は片付かないのです。例えば、買ってきた本を綺麗に山積みしたとしても、それは片付けているとは言いにくいでしょう。本は本棚に収納してこそ、片付けたといえます。

部屋が散らかっているにもかかわらず、あまり気にならない人も部屋は一向に綺麗になりません。物が散乱していても、「それは頻繁に使う物だからそこでよい」といった理屈で放置してしまいます。こういった人はゴミも小まめに出さない傾向にあるので、下手をするとゴミ屋敷になるリスクがあるでしょう。散らかっている環境にむしろ安心感を覚えだしたら、かなり危険な兆候なので注意してください。

その他にも、必要な物と不要な物を判断できない人や、片付けることを先延ばしにする人もいます。こういった人たちは日々ストレスを感じ、精神的な疲労が重なっている可能性を考慮しなくてはなりません。睡眠不足や疲労からくるストレスで、普段なら捨てる物でもそのまま放置してしまうケースがあります。精神的な疲労が原因で片付けようとする気力を失っている場合もあるでしょう。特にそういった要因がないのであれば、考え方を改め、正しい片付け方を身に付ける必要があります。

精神的な問題が理由で片付けできない

片付けられない理由として、精神的な問題も挙げられます。典型的なパターンとしては「ADHD(注意欠如・多動症)」があることを覚えておきましょう。忘れ物をよくしたり、時間の管理ができなかったりという特徴はADHDが原因かもしれません。その他にも、落ち着きがない、誰でもできるようなことをミスする、思ったことをなんでもすぐに言ってしまう、という点に心当たりがあれば、ADHDの疑いが強まります。ADHDの症状を抱えてしまうと、片付けたい気持ちがあっても行動に移すのが難しくなるでしょう。

ADHDの人が部屋を片付けるには、物をできるだけ少なくし、管理を楽にする必要があります。物が多いほど、意識が散漫になりがちになるため、片付けが進みません。掃除をやろうとしてもすぐに忘れる場合もあるので、メモを書くようにするとよいでしょう。ADHDの人は掃除が苦手といいつつ、細かいところまで完璧にやろうとするケースが少なくありません。細かい部分に気を取られ過ぎると作業がスムーズにいきませんので、ハードルを下げることが大切です。「今日は30分だけ気になる部分を片付ける」など、あまり無理はせず、地道に作業を進めるようにしましょう。難しいと感じたらひとりで抱え込まず、親や友人など理解がある人に相談するのもおすすめです。

部屋が汚いとどうなる?

汚い部屋に住むのはデメリットしかないといっても過言ではありません。まず、物を無くしやすくなります。部屋が散らかる人は、物を置く位置を決めていないため、物を探すのが日常茶飯事になりがちです。物がなかなか見つからなければ、時間の浪費につながります。1日10分、物を探しているとしたら、1カ月で約5時間も時間を無駄にしている計算です。

健康にも悪い影響を及ぼします。ゴミが溢れかえっている部屋はカビやホコリなどが発生しやすいため、健康にもよくないです。アトピーやアレルギー、嘆息などの病気を予防するには部屋を綺麗に保つ必要があります。汚い部屋は害虫の温床になるリスクも高くなります。ゴキブリなどの害虫は、健康をおびやかす病原菌を持っている可能性があり恐ろしい存在です。また、部屋の状態に無頓着な人は食事の内容もないがしろにすることが多いので、栄養不足による免疫力低下も懸念されるでしょう。

部屋が片付かない人は、財布の中身の整理ができていない場合も多いので、お金の管理がしにくいです。毎月、自分がどのような内容にお金を使っているのか把握できず、無駄な出費を繰り返します。引っ越しをするときにも、汚い部屋だとなにかと大変です。無駄な物が多いと、大きなトラックを用意したり、作業員を増やしたりといったことが必要となり、費用が普通の人よりもかかります。賃貸を退去する場合には、修繕費が多く発生することもあるでしょう。

片付けの3つのステップ

部屋を効率よく片付けるには、3つのステップが必要です。それぞれについて、この段落では説明します。

物を全部出す

部屋を片付ける際の最初のステップは、物を全部出すことです。最初に広めの作業スペースを準備し、そこに片付ける物を全て出してみましょう。窮屈な場所で掃除を進めようとしても、効率が悪いので途中で嫌気がさしてきます。

全ての物を出すと、どれぐらい物を持っているのか把握が可能です。引き出しの中に入っている細かい物も残らず出すようにしてください。使用頻度が低い物をそのまま保持し続けていると、場所を無駄にしてしまいます。片付ける際には、持っている物をすべて確認するのがスタートであると心得てください。

物を区別する

物がすべて出せたら、物を一つひとつ区別するステップへと移行します。物を区別する基準として「必要」「不要」「一時保留」の3つに分けるとわかりやすいでしょう。今使っている物は必要に分類し、今使っていない物は不要に分類します。今は使っていないものの、処分するかどうか判断が難しい物は一時保留としてください。片付けるのが苦手な人は、なんでももったいないと感じがちですが、一旦その気持ちは捨てましょう。1年以上使っていない物は今後も使う機会が少ないです。判断に迷ったら、この1年で使ったかどうかを思い返してみるのがポイント。特に、子どもの玩具などは、年を経るたびに興味が変わりやすいのであまり長く持っていても仕方がないことが多いです。

一時保留として置いている物も、その後1カ月間使わないようであれば、処分の対象としましょう。まだまだ使えそうな状態であれば、処分ではなくフリマアプリやリサイクルショップに売却するのもひとつの手です。友人に譲るのもよい方法かもしれません。ただし、こういった方法を取るとすぐに処分できず、時間と手間がかかるのがネックとなります。

片付けの区別は面倒な作業かもしれませんが、判断力が上がってくれば即決できるようになってくるはずです。区別する能力を養うと普段の生活でもいろいろなメリットがあります。必要な物を見分け、無駄な買い物をしなくなります。物が最小限になれば、部屋が散らかる頻度も減るでしょう。

物を収納する

最終ステップは「物の収納」です。物を収納するときのポイントは使用頻度に分けること。毎日使うような物は手前におき、すぐに取り出せるようにしておきます。使用頻度が低い物は多少奥になってもかまいません。高い場所に閉まってもよいでしょう。収納する際には、どこになにが置いてあるのかをしっかりと把握しておくことが重要です。箱になにが入っているかわかるように、マスキングテープを貼って書いておくのもよいアイディアです。あるべき場所にそれぞれの物を収納できれば、探す時間や手間を省けます。

業者に依頼することも一つの手段

どうしても自分で片付けるのが難しい人は、業者に依頼するのもひとつの手段です。業者に依頼すれば、必要な物かどうかを業者が判断してくれます。プロとしての的確なアドバイスが期待できるため、仕分け作業が順調に進むはずです。ゴミをスタッフに運んでもらえる点も便利でしょう。ゴミを処分するのは、指定のシールを貼ったり、指定の場所に運んだりとなかなか大変な作業です。マンションの2階以上となると大量のゴミを運ぶのは一苦労でしょう。これらの作業をスタッフに任せられるのは大きなメリットです。

業者のサービス内容次第にはなりますが、まだ使用可能な家具や電化製品を買取してもらえる場合もあります。種類によっては高価買取も期待できるでしょう。買取が成立すれば、依頼費用を安く抑えることができます。また、自分で片付けをするとなると、自治体が不用品を処分する日を考慮しなくてはなりませんが、業者であれば基本的にいつでも問題ありません。費用さえ払えば、最短即日で片付けをしてもらえるでしょう。

 業者

A社

即日対応、料金が安い業者で、すべてのトラックにGPSが搭載されているため、最寄りのトラックがすぐに対応してくれます。回収料金は業界最安値を目指しており、メールフォームによる無料見積もりを受け付けています。サービスも充実しており、ただ処分するだけではなく、提携リサイクルショップの活用やオークションサイトへの代理出品も可能です。対応地域は東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県が中心となっています。

B社

清掃のプロ集団であり頼りになる存在です。見積もりは無料で、返金保証制度もあります。作業品質に問題があれば、作業代金を返金する仕組みです。これは自分たちのサービスに強い自信を持っている証拠でしょう。さらに、料金が安く、気軽に申し込めます。料金が他社よりも高ければ、値引き交渉もできる仕組みです。短時間で強力な除菌ができるサービスも提供しています。日本除菌サービス協会が認定したプラズマ+オゾン生成機と専用除菌剤を使用し、各種ウイルスを除去します。新型コロナウイルスが流行していますので、気になる人は依頼してみてもよいでしょう

ゴミ回収バスターズ

ゴミ回収バスターズでは多くの格安プランが用意されており、電話で気軽に見積もり依頼ができます。最短30分で自宅までかけつけてくれるので、スピーディな片付けが期待できます。ゴミ回収バスターズはお客様からのさまざまなニーズに対応してきた実績があり、自社で行ったお客様満足度アンケートでは98.7%を記録しました。サービスの質は折り紙付きですので、安心して任せることができるはずです。

* 2021/02/28 当社調べ

ご自身のニーズに合わせて最適な手法を選びましょう!

ご自身のニーズに合わせて、行政の指定手法で対応するか、民間の業者に依頼するかなど最適な手法を選びましょう!

関連記事

お電話の方はこちらから
電話:0120-537-999

受付時間 / 9:00〜21:00(年中無休)

フォームからのお問い合わせはこちら
無料相談・お見積もり