▼対応エリアのご注意点

対応エリアご注意

東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、茨城県、栃木県1都6県のみの対応となります!

杉並区で粗大ゴミはどう出す?品目や料金・依頼手順は?頼れる業者も紹介

杉並区で粗大ゴミを出したいと考えている場合でも、正しい粗大ゴミの出し方が分からないという人は意外と多いものです。粗大ゴミだと思っているものであっても、実は粗大ゴミではなかったということもあるため、杉並区の粗大ゴミの品目例などについて正しく理解しておきましょう。そこで今回は、杉並区で粗大ゴミを出す場合の依頼手順や料金、注意点などについて詳しく解説していきます。

杉並区で「粗大ゴミ」として扱われるもの・品目の例

杉並区が粗大ゴミとして扱っているものに関しては、家庭から出る家具や家庭用品などのうち、最大辺がおおむね30cmを越えるもので、220cm以内のものと細かく指定されています。たとえば、机や椅子、ソファーなどの家具や、自転車、ストーブなどで、このサイズに当てあまるものであれば、杉並区では粗大ゴミとして処分できます。

杉並区に粗大ゴミを回収してもらうには

杉並区に粗大ゴミを回収してもらう場合の方法について理解しておき、スムーズな処分を目指しましょう。ここでは、杉並区に粗大ゴミを回収してもらう際の申し込み方法や、粗大ゴミの出し方について紹介します。

申込み方法

杉並区に粗大ゴミを回収してもらいた場合は、事前に電話やインターネット、ファックスのいずれかの方法で、粗大ごみ受付センターに問い合わせて申し込みをする必要があります。そのため、申し込みをせずに集積所に粗大ゴミを勝手に出すようなことは絶対にしてはいけません。申し込みの際には、粗大ゴミとして出すものの大きさを把握しておく必要があるので、あらかじめ高さ・幅・奥行きを測っておきましょう。また、杉並区に粗大ゴミの回収を申し込む場合で、手数料の減額・免除を希望するのであれば、14日以上前に申し込みを済ませておくことがポイントです。杉並区では、粗大ゴミの回収は申し込み順に受付を行っているため、特に年末や引っ越しシーズンは余裕を持って申し込みをしましょう。

粗大ゴミの出し方

杉並区で粗大ゴミを出す場合は、出し方のルールを守ることが欠かせません。まず、粗大ゴミを出す場合は、杉並区の「有料粗大ゴミ処理券」を購入します。この処理券を購入すると、杉並区では粗大ゴミの処理手数料を納付したという扱いとなります。有料粗大ゴミ処理券はコンビニエンスストアなどで販売しているため、事前に必要な枚数を購入しておきましょう。このとき、間違えて必要以上の枚数を購入した場合でも手数料の払い戻しはできないため、必要な枚数をチェックしたうえで処理券の購入をすることがポイントです。

そして、指定された日の午前8時までに、回収してもらう粗大ゴミに有料粗大ゴミ処理券を貼ったうえで、自宅の玄関や敷地の入り口など、道路に面した場所に出しておきます。集合住宅やアパートに住んでいる場合は、1階の入り口付近に置いておくとよいでしょう。ただし、粗大ゴミを出す時間や置き場所を守ったとしても、有料粗大ゴミ処理券の金額が不足している場合は、粗大ゴミを回収してもらえません。加えて、有料粗大ゴミ処理券を2枚以上並べて貼るときは重ねずに、並べて分かりやすい位置に貼るようにしましょう。

杉並区での粗大ゴミ収集における注意点

粗大ゴミを回収してもらう場合は、杉並区の注意点についても理解しておきましょう。杉並区で粗大ゴミを回収してもらう場合は、事前に申し込んだ人から順番に収集されるのがルールです。そのため、年末年始や3~4月の引っ越しシーズン、5月のゴールデンウィーク明けなどの時期は混み合うことが予想されるので、スケジュールに余裕を持って申し込みをするようにしましょう。また、杉並区の場合は、収集時間の指定はできませんが、土曜日・日曜日・祝日であっても収集可能です。

粗大ゴミに関しては、日曜日のみ直接持ち込むこともできます。自家用車などを利用して指定の場所に持ち込みができるのであれば、受付センターに電話連絡して申し込みをしたうえで粗大ゴミの持ち込みをしましょう。また、杉並区では、生活保護受給者や児童扶養手当・特別児童扶養手当などを受けている方に対して、手数料を減額・免除する減免制度があるため、粗大ゴミを捨てる際には確認しておきましょう。

杉並区で粗大ゴミとして出せないもの

粗大ゴミだと思っているものでも、粗大ゴミとして出せない物はたくさんあります。たとえば、テレビやエアコン、冷蔵庫、冷凍庫、保冷庫、冷温庫、洗濯機、衣類乾燥機、パソコンなどの家電製品は、粗大ゴミとして処分してはいけません。杉並区ではこれらの製品は家電リサイクル法に基づき、リサイクル料金を支払ったうえでリサイクルすることになっています。また、有害性・危険性・引火性のあるものや、著しく悪臭を発するものも粗大ゴミで出すことはできません。具体的に、殺虫剤や漂白剤、ペンキ、シンナーなどの中身が残っている場合、杉並区では収集できないという決まりがあります。ほかに、消火器や車のバッテリーなども、粗大ゴミとして出すことは禁止されています。

さらに、店舗や会社などの事業活動に伴って排出される大型のごみも、粗大ゴミで処分できません。これらのごみは「事業系ごみ」と呼ばれており、大きく「事業系一般廃棄物」と「産業廃棄物」の2種類に分類されます。事業系ごみに関しては、排出量などによって廃棄物処理業者に委託するなどの処分方法も検討する必要があります。

杉並区における粗大ゴミの持ち込みについて

杉並区で粗大ゴミを持ち込む場合は、自分で指定の場所へ粗大ゴミを運搬する「区民持込」制度があります。この制度は、杉並区民しか利用できません。区民持込は、日曜日のみ、自家用車等を利用して指定の場所に直接粗大ゴミが持ち込めるという制度です。この制度を利用する場合は、事前に粗大ゴミ受付センターへ連絡をして、申し込みをしておく必要があります。ただし、1回に持ち込める粗大ゴミは5点までと決められています。また、区民持込の際には、運転免許書など本人確認(住所・氏名の確認)ができるものを用意しておきましょう。

区で粗大ごみ処分の手数料!減免制度は?

杉並区で粗大ゴミを処分する際の手数料は、品目によって異なります。たとえば、オイルヒーターは800円、空気清浄機は400円、洗面化粧台は1,200円というように、品目で手数料は細かく変わってきます。杉並区で粗大ゴミを出す場合は、事前に有料粗大ゴミ処理券の購入が必要になるため、事前に確認しておきましょう。椅子や机など、大きさや形によって手数料が変わるものも複数あるので、この点はしっかりと確認しておく必要があります。ただし、自分で指定の場所に持ち込む場合の手数料は、1点につき一律400円です。生活保護受給者や児童扶養手当・特別児童扶養手当を受けている方などは、減免制度の利用ができるので、この点もあわせて確認しておきましょう。

粗大ゴミは回収業者に依頼すると楽!

粗大ゴミが大きかったり、重かったりする場合、自分一人で処分をするのはとても大変です。粗大ゴミを処分したいなら、回収業者に依頼すると楽に処分ができるというメリットがあります。粗大ゴミのサイズが大きい場合、回収業者に依頼しておけば家から搬出を行ってくれます。また、ゴミの種類によっては、行政では回収してもらえないものもあります。行政が収集を行っていないゴミや、行政での処分を考えていたにもかかわらず処分できる日が遅いなどの事情がある場合でも、回収業者であれば即日対応してくれることもあるため、業者への依頼も検討してみましょう。

 杉並区の粗大ゴミ収集民間業者

A社

即日対応を行っている不用品回収業者であるため、スピーディーに粗大ごみを収集してもらいたいときには適しています。また、無料による見積もり対応もしているので、回収料金を把握したいときには問い合わせてみるとよいでしょう。加えて、機密情報を含む機材の処分が可能です。オフィス移転の際などには、「忙しいにもかかわらず、機密情報の処分の仕方がわからなくて困っている」ということはよくあります。

B社

即日対応が可能であるため、急な引っ越しなどの際には依頼してみるとよいでしょう。無料で見積もり対応をしているだけでなく、電話対応は年中無休、24時間受け付けているという特徴があります。そのため、仕事やプライベートが忙しい人の場合、平日の夜でも気軽に問い合わせが可能です。また、お得な定額パックプランもあります。定額パックプランには搬出作業費や車両費、出張費などの費用が含まれているだけでなく、見積もりをした後に追加で費用が発生する心配もありません。さらに、重要書類の細断やパソコン破棄も行っているため、安心して依頼ができます。

C社

即日から回収可能という点に加えて、無料で見積もり対応をしています。また、定額プランが設定されている点も特徴の一つです。定額プランには、「軽トラックのせ放題」や「1.5tトラックのせ放題」などがあり、大量の粗大ゴミがある場合にこれらのプランを利用すると、比較的安く処分ができるというメリットがあります。定額プランには搬出作業費や車両費なども含まれているため、粗大ゴミがたくさんある場合の利用には特に適しています。

D社

即日から回収可能であることに加えて、LINEや電話での見積もりも無料で行なっています。24時間年中無休で対応しているので、回収を希望する粗大ごみがある場合は気軽に問い合わせをしてみましょう。また「軽トラック乗せ放題」などの定額プランがありますが、見積もりをしたうえでもっとも安いプランを提案してくれる点もメリットの一つといえます。片付けや清掃の対応も行っているため、急な引っ越しや遺品整理などが必要な場合に依頼をしてもよいでしょう。

E社

事前に丁寧な見積もりを行ってくれるという特徴があるため、見積もり後に請求される追加料金が発生する心配はありません。問い合わせは、電話や問い合わせフォームからできますが、このとき処分する粗大ごみの量や排出場所などを伝えておけば、見積もりから回収までのやり取りがスムーズです。また、機密文書やPCデータの適切な処分を行っています。たとえば、重要な機密文書は箱に入れたまま工場に運ばれ、そこで箱ごと溶解処理をします。処理が終了したら、溶解証明書が返送されるので、安心して依頼ができるでしょう。

ゴミ回収バスターズ

ゴミ回収バスターズなら、電話で事前に無料見積もりをとることが可能です。加えて、見積もり後の追加料金は一切かかりません。また、ゴミ回収バスターズの場合は、即日から回収可能であるだけでなく、最短30分で現場に到着できるという特徴があります。

「軽トラ積み放題Lパックプラス」や「軽トラ積み放題Sパック」、「2t積み放題Sパック」など、回収する不用品の量に応じたプラン設定が行われています。

* 2021/02/28 当社調べ

ご自身のニーズに合わせて最適な手法を選びましょう!

ご自身のニーズに合わせて、行政の指定手法で対応するか、民間の業者に依頼するかなど最適な手法を選びましょう!

関連記事

お電話の方はこちらから
電話:0120935930

受付時間 / 9:00〜21:00(年中無休)

フォームからのお問い合わせはこちら
無料相談・お見積もり