ゴミ処分のおすすめの方法とは?かかる費用や業者選びのコツまで解説

部屋の模様替えや年末の大掃除、引っ越しなどの際、大量のゴミがでて処分に頭を悩ませることは珍しくありません。すべてのゴミをひとりで処分するのは労力がかかり、非常に大変です。また、大きさや素材によっては家庭ゴミとしてはだせず、何らかのゴミ処理サービスを利用する必要があるでしょう。そこで、この記事では大量のゴミを処分する方法や業者選びのコツ、おすすめの業者などについて解説します。

ゴミの処分方法

ゴミの処分を独力でするのが難しいときは、どこに依頼すると良いのか悩むものです。そこで、ここではさまざまなゴミ処理方法について解説します。

自治体が提供するサービスの利用

テーブルやベッドなどの大型家具を処分するときは、自治体の粗大ゴミ回収サービスを利用することが一般的でしょう。もちろん、勝手にだすことはできず、県や市が定める手続きをきちんと踏む必要があります。地域によって多少の違いはあるものの、事前に自治体の粗大ゴミ回収センターなどに連絡して回収日を決め、指定店で粗大ゴミ処理券を必要額だけ購入して捨てたい不用品に貼り、回収日に指定の場所にだすという流れになることが一般的です。ただし、自治体によって処分できるゴミの大きさや種類が決まっているため、事前によく確認する必要があります。自治体の粗大ゴミにだす方法は、不用品回収業者にお願いするより安くすむ点が大きなメリットです。

なお、自治体によっては、回収に来てもらうのではなく自分でゴミ処理施設に持ち込むと処分費用や手数料が割安になったり免除されたりすることもあります。この方法では、先に粗大ゴミ処理センターに連絡して持ち込み日時を決めておく、予約なしで直接施設に持ち込んでも良い、土日に持ち込む場合のみ予約が必要など自治体によって対応が異なるため、よく確認することが必要です。

引っ越し会社への依頼

引っ越しの際にでた粗大ゴミであれば、サービスのひとつとして回収を行っている引っ越し業者もあります。回収に対応している業者であれば、公式サイトから依頼するか、見積もりをとるときに相談するといいでしょう。自治体の粗大ゴミ回収に比べると料金はかかりますが、引っ越しの当日に不用品を処分でき、回収場所まで運ぶ手間もかからない点が大きなメリットです。引っ越しででた粗大ごみをなるべく負担の少ない方法で処分したい人に良い方法でしょう。

ただし、粗大ゴミの回収を行っていない引っ越し業者も多く、回収サービスを行っている業者でも対象品目は限られます。引き取ってもらえない不用品については、処分方法を別途考えなければなりませんので注意しましょう。

不用品回収業者への依頼

不用品回収業者に回収を依頼するのも1つの方法です。自治体の粗大ゴミ回収を利用する場合は、自分で不用品を回収場所まで運ばなければなりません。回収場所は自宅の近くを指定してもらえることが多いですが、それでもタンスやテーブルなどの大きなものを自力で運搬するのは大きな負担となるでしょう。その点、業者に依頼すれば自宅まで来てくれます。さらに、家主の了承を得て部屋から外まで不用品を運び出してくれるため、非常に楽です。養生するなど十分に配慮して不用品を運び出しますので、壁や廊下などが傷つく心配もありません。

依頼する際は、電話やメールで申し込み、日時を決めて訪問見積もりに来てもらい、不用品を確認したうえで見積もり金額の提示が行われることが一般的です。価格の折り合いがつけば不用品を回収してもらい、料金を支払います。なお、電話やメールで不用品の詳細を伝えると簡易的な見積もりができる業者も多いです。

リサイクルショップでの売却

リサイクルショップに不用品を売る方法もあります。ほかの処分方法とは異なり、お金が手に入る可能性がある点が大きなメリットでしょう。とはいえ、相場は変動しやすく、高額買取になることはあまりありません。それでも買い取ってもらえればいくらかの料金は受け取れるため、ほかのゴミの処分費用と相殺でき、結果的に安くすませられるでしょう。ただし、リサイクルショップに持ち込んだとしても必ずしも買い取ってもらえるとは限りません。たとえば、年式が古いもの、壊れているものや汚れているものは買取を断られるでしょう。その場合でも、状態によっては無償で引き取ってもらえるケースもあります。

そこで、店頭に持ち込む前に電話して詳細な品目を伝え、買取してもらえるかどうか、買取不可の場合は引き取ってもらえるか確認しておくのがおすすめです。買取は無理でも引き取ってもらえるのであれば、ほかの方法で処分する必要がなく、スムーズに進みます。

オークションサイトなどでの取引

オークションサイトやフリマアプリを使って不用品を処分することも可能です。ただし、出品すれば必ず売れるわけではないため、過度に期待しないようにしましょう。また、一般には購入時の価格と比べて売却時にはかなり値段が下がるものです。サイトやアプリによっては年会費や利用料金を払う必要があり、出品者が送料を負担するケースもあります。そのため、売却価格によってはマイナスになる可能性もある点に注意しましょう。

なお、オークションサイトやフリマアプリは個人間での商品取引となります。自由にやり取りできる点が大きな魅力ですが、商品の状態についてクレームがくるなどトラブルが起こる可能性もないわけではありません。なかには、美品にこだわり、小さな傷がついているから返品しろといいだすような人もいるでしょう。商品の写真を何枚も掲示したり詳しく状態を記した説明をつけたりするなど、トラブル回避の対策をしておくことが不可欠です。

また、オークションサイトやフリマアプリを利用する場合は、入念にスケジュール管理することも欠かせません。出品してから入札や売買が終了して無事に発送できるまでどれだけの日数がかかるか、落札者がいなかったり売れ残ったりした場合はどのように処分するかなどについても考えておく必要があります。

依頼する先によって変わるゴミの処分にかかる費用

粗大ゴミは、どのような方法で回収・処分するかによってかかる費用が異なります。たとえば、自治体に依頼した場合はテーブルやタンス、食器棚は300~2500円程度で処分可能です。ベッドやソファであれば1000~1800円といったところでしょう。引っ越し会社の場合は、そもそもゴミ回収を行っていない業者も多く、対応している業者も処分価格は公表していません。そのため、まずはゴミの回収をしてもらえるか確認し、対応しているようであれば料金の見積もりをお願いしましょう。状態が良く再販できそうな家具や家電などは買取してくれるケースもあります。そのため、買取対応しているかも併せて問い合わせてみると良いでしょう。

不用品回収業者に依頼する場合、どこに頼むかによって大きく価格が異なります。単品で出す場合の相場は、テーブルが2000円から、タンスは3000円から、食器棚やベッドは3500円から、冷蔵庫は4200円からといったところでしょう。不用品がたくさんある場合は、トラック積み放題プランを選ぶと割安になることが多いです。業者によって異なりますが、軽トラック積み放題プランで2万円前後が相場でしょう。

不用品回収業者選びのポイントは?

好きなときに身体的に負担の少ない方法で処分したいのであれば、不用品回収業者がおすすめです。ただし、業者は非常にたくさんあり、なかには質の良くない業者も存在します。そのため、どこに依頼するかを慎重に見極めることが大切です。そこで、この段落では不用品回収業者を選ぶ際に注意したいポイントについて解説します。

料金体系

業者のなかには、契約が成立した後で法外な金額を請求してくる悪質なところもあります。そのため、契約を結ぶ前に料金体系を十分に確認しておくことが大切です。必ず、複数の業者に依頼して見積もり金額をだしてもらい、そのなかから選ぶようにしましょう。できれば無料見積もりに対応している業者に頼むことが望ましいです。なお、見積書はでたものの、項目がおおざっぱで内訳がわからないようなものは良くありません。詳細な項目にわかれ、何にどれだけの費用がかかるのかが明確な見積書を提示してくれる業者が良いでしょう。

また、見積もりの内容に不明な点があるときは、遠慮せず業者に説明を求めることが大切です。納得いくまで丁寧に説明してくれる業者であれば、信頼できる可能性が高いでしょう。利用者と業者の双方が料金に納得したうえで契約を結ぶことが大切です。なお、なかには見積もりをだしたあとで高額な追加料金を請求してくる業者もいます。特に不用品の種類や数が多いときは十分に注意し、追加料金がないかどうかしっかり確かめ、言質をとっておくようにしましょう。

臨機応変な対応ができる業者かどうか

引っ越しの日程が迫っているなどで粗大ゴミを早急に処分しなければならないときや、訪問見積もりに対応する時間がとれないときなどは、柔軟に対応してくれる業者を選ぶことが大切です。業者のなかには、申し込むと即日対応してくれるところもあります。そのような業者を選べば、なるべく早くゴミを処分しなければならないときでも安心でしょう。また、訪問見積もりをしてもらうのは面倒なものですが、業者のなかには電話やオンラインでの見積もりに対応し、概算の見積金額を伝えてくれるところもあります。

年末の大掃除ででた粗大ゴミを処分する場合、ほかにもすべきことが多く訪問見積もりに時間がさけないこともあるものです。引っ越しででた粗大ゴミを処分する場合は、引っ越し準備に追われて時間がなかなか取れないでしょう。そのようなときは、特に柔軟に見積もり対応してくれる業者が便利です。

回収できる品目

「どのようなものでも回収します!」と謳う不用品業者はたくさんいます。魅力的なフレーズですが、実際には不用品回収業者によって取扱い品目には違いがあり、捨てたいものをすべて回収してくれるとは限りません。一般的な家電や家具だけでなく、さまざまな種類のゴミも処分したいのであれば、頼む予定の業者がどのような品目を回収対象としているかを事前に調べておく必要があります。たとえば、生ゴミや砂、液体などは回収できないところが多いです。異臭がするもの、腐敗物なども回収してもらうのは難しいでしょう。

不用品回収業者の公式サイトで回収できない品目を掲載していることもあります。とはいえ、それだけでは判断できない場合もあるものです。回収してくれるか心配であれば、事前に電話やサイト上のフォームから問い合わせておくと良いでしょう。

 不用品回収業者

A社

24時間365日対応している不用品回収業者です。電話やメールでいつでも好きなときに見積もりを依頼でき、即日対応はもちろん、年末年始でも夜間でも来てもらえる対応力の高さが好評を得ています。不用品の内容を伝えて相談すると、量に応じて適切なプランを提案してもらえる点も大きな魅力です。古物商許可証を取得ずみで、状態が良く年式の新しいものであれば買い取ってもらえることもあります。

B社

家電・金属製品専用の不用品回収業者です。東京都23区限定で、家電や金属製品を1トントラックに積めるだけ積んで5000円と、激安の料金で回収を行っています。故障や破損していたり古いものだったりしても問題はありません。また、出張費は無料で、追加料金なしにエアコン外しもしてもらえます。ただし、冷蔵庫やエアコン、テレビ、そのほかの小型家電や金属製品が回収対象のため、注意しましょう。タンスや食器棚などの家具や、そのほかの不用品は回収していません。料金重視で不用な家電や金属製品を処分したい人向けの業者です。

ゴミ回収バスターズ

ゴミ回収バスターズは、不用品回収だけでなく、ハウスクリーニングや引っ越し、ゴミ屋敷の清掃、遺品整理などさまざまなサービスを提供している業者です。依頼内容に幅広く対応できる格安プランがそろっています。即日対応も可能で、地域によっては申し込みから最短30分で現場に到着するなど対応の早さも魅力の1つです。電話による簡易見積もりにも対応しているため、およその料金が知りたい人は問い合わせてみると良いでしょう。

また、訪問見積もりなど依頼者の自宅に行く際は、清潔な服装を心がけるなど配慮が行き届いている点も大きな特徴です。スタッフの丁寧な仕事ぶりには定評があり、気持ちよく任せられます。

* 2021/02/28 当社調べ

ご自身のニーズに合わせて最適な手法を選びましょう!

ご自身のニーズに合わせて、行政の指定手法で対応するか、民間の業者に依頼するかなど最適な手法を選びましょう!

関連記事

お電話の方はこちらから
電話:0120-537-999

受付時間 / 9:00〜21:00(年中無休)

フォームからのお問い合わせはこちら
無料相談・お見積もり