どうしたら上手に片づけられる?片付けのコツとは?場所別の片づけ方法も

部屋が散らかっていると、休日にリラックスしたり友達を呼んだりすることがしずらくなります。また、ホコリやカビなどで身体に悪い影響が出るかもしれません。心身ともにベストな状態を保つためには、整理整頓されたきれいな部屋で暮らすことが大切なのです。そこで、この記事では片付けのコツや場所別の片付け方法を紹介していきます。

片づけを始めるコツ

片付けるのが苦手な人はどこから手をつければよいのか分からないものです。そこで、ここからは片付けを始めるコツについて紹介します。

片付けの計画を立てる

片付けをする前にきちんと計画を立てることは大切です。なぜなら、計画を立てなければ長時間ダラダラと作業することになりかねないからです。その結果、途中で疲れてしまい放り出してしまうかもしれません。まず、作業時間を決めましょう。そもそも片付けは一度で終わりません。1時間と決めたなら、その間に決めたスペースを片付けることに専念するのです。終了時間が見えていると、作業ペースも早くなります。また、ゴールが分かることで片付けに対する嫌なイメージも払拭できます。

目標を設定する

片付けに対するモチベーションを上げるためには、目標を設定することが一番です。誰しも片付けに取りかかるのは面倒なものです。「今日は疲れたら明日にしよう」と先延ばしにした結果、全く片付けることができなかったということもあり得ます。しかし、片付けた後にどのような未来を得られるのか、目標を定めることで重い腰を上げることができるでしょう。目標はささいなことでかまいません。例えば、「友達を部屋に呼びたい」「きれいな部屋でリラックスして過ごしたい」「探し物に時間をかけたくない」といったものでもよいでしょう。

また、ビフォーアフターの写真を使うのも一つの手です。まず、散らかった部屋の写真を撮影します。そして、1時間片付けたら再び部屋の写真を撮影します。2つの写真を見比べることでどれだけ片付いたかが一目瞭然です。効果が出たことが分かると、もっともっと頑張ろうという励みになるでしょう。

小さいところから始める

片付けは最初の取りかかりが一番大変です。しかし、いったん片付けを開始すると、他のところも片付ける意欲が湧いてきます。まずは、トイレや玄関などの小さいスペースから片付けましょう。小さなスペースは収納する物が少ないため、時間がかかりません。その上、片付けることができたという達成感を得ることができます。一度達成感が得られれば、次も次もという意欲が湧いてきます。また、片付けることで得られるメリットを頭の中でしっかりとイメージできれば、片付けに対する苦手意識もなくなるでしょう。

片付けのコツ

実際に片付けを行うときは、次に紹介するポイントを押さえるようにします。効率的に片付けることができるでしょう。

使っているものと使っていないものに分ける

部屋が散らかっている人は捨てるのがもったいないと物をため込む傾向にあります。しかし、部屋をきれいに片付けるためには、不要なものを捨てることが大切。まずは、いらないものかといるものを分けましょう。いらないものを判断する基準は使っているものかどうかです。1年以上使っていない場合はこれからも使わない可能性が高い、つまりいらないものと言えるでしょう。また、1年以内に使っているものであったとしても普段使う頻度が少ないものや、今は使っていないけれど将来使う予定があるものは出しっぱなしにするのではなく、収納スペースに保管しましょう。

最初はいらないものを判断するには時間がかかりますが、やっていくうちに素早く判断できるようになります。判断力がついてくると、無駄な買い物をしなくなるでしょう。なぜなら、使わないものは初めから買わなくなるからです。節約につながりますし、ものが増えて再び部屋が散らかってしまうといったことも防げます。

ものを分類する

効率的に片付けを行うポイントは、ものを分類することです。まずは、家の中にあるものを衣類・本・食器といった具合に分けます。このように種類ごとに分けることで、ものを整理しながら収納しやすくなります。種類ごとに分け終わったら、今度は使うシーンごとに分けて片付けましょう。例えば、衣類の場合は仕事用のスーツとプライベート用のカジュアルに分けることができます。使うシーンごとに収納すると、いざ使うときに取り出しやすくなります。

キレイを保つコツ

せっかくきれいに片付けたのにリバウンドしては意味がありません。片付けがおわったら、きれいな状態を維持する必要があります。そこで、次からはキレイを保つコツを紹介していきます。

モノを増やさない

ものが多いと部屋は散らかってしまいます。きれいな部屋を維持するためには、ものを増やさないことが重要なのです。まず、1つものを買ったら1つものを捨てるようにしましょう。捨てるかどうか決断できない場合に役に立つのが保留ボックスです。保留ボックスにひとまず収納し、半年間使わずにいたら不要なものと判断し捨てるようにするのです。次に、収納スペースにものがあふれないようにします。もしあふれそうになったら、収納スペースの中から不要なものを見つけ出し、捨てます。さらに、すぐにものを買わないことも大切です。欲しいと思ってもすぐに買わず、3日ほど期間を空け検討します。そうすれば衝動買いを防ぐことができるでしょう。このほか、日々、不要なものがないかどうか見直すことも必要です。

定位置に戻す

ものの置き場所をそれぞれ決めて、種類ごとに整理しておくようにしましょう。定位置の決め方にはコツがあります。使う場所の近くにすることです。例えば、リモコンであればテレビの上に置くといった具合です。このようにあらかじめどこに戻すかを決めておいて使った後に必ず戻すという習慣をつければ、部屋が散らかることはありません。

場所別!片づけの方法

同じ家でもどこの場所を片付けるかによって、きれいにするコツは違います。そこで、玄関・キッチン・リビング・洗面所と場所ごとに片付け方法を紹介していきます。

玄関

まずは下駄箱の中のいらない靴を捨てます。例えば、子供のサイズアウトした靴や、履きつぶしてボロボロになった靴は必要ありません。不要な靴を捨てたら、靴をブーツ・スニーカー・ヒールといった具合に種類別に分けて収納していきます。また、玄関のたたきに多くの靴が置いてあると散らかった印象を持たれてしまいます。たたきに置くのは原則1人1足のみです。しかし、賃貸の場合は靴の収納スペースが十分でない場合もあります。この場合は新たに靴を収納するスペースを作ります。例えば、下駄箱の下のデッドスペースを活用するなどするとよいでしょう。

また、玄関のそばにはゴミ箱を置いておきます。それは郵便受けから取ってきたDMやチラシを家の中に持ち込まずに、その場で捨てるためです。さらに、ホウキなどの掃除道具を置いておくようにしましょう。例えば、靴についたホコリなどをその場で払うことができるからです。

リビング

リビングは散らかりやすい場所です。すっきりと見せるためには、収納ボックスを使っておもちゃやメイク道具など日々使うものを出しっぱなしにしないようにしましょう。例えば、ソファの下は収納ボックスを置くのに最適です。また、家族がそれぞれ違うところにものを収納すると、何がどこにあるのか分からなくなり、収拾がつかなくなります。そのためには、家族全員で収納する場所をあらかじめ共有することが大切です。また、いらないものといるものも家族で話し合って決め、ものを減らしていくようにしましょう。

キッチン

食器棚を片付けるときは、食器の断捨離から始めましょう。食器棚に収納している食器を取り出し、必要な食器と使っていない食器に分けるのです。使っていない食器は捨てるようにします。また、食器は重ねて収納すると取り出しにくくなります。食器の収納には、100均で売られているディッシュスタンドを使うとよいでしょう。そして、毎日使う食器は手前に置くようにします。

シンク下も収納ケースを使えば、ものを置くことができます。ただし、シンク下は湿気が多いため、食器類を収納するのには適していません。スポンジや排水ネット、キッチンタオルなど、水回りのものを置くとよいでしょう。収納するときは種類ごとに分けます。

調味料などのよく使用するものはコンロの横に置いておくと、料理がしやすいでしょう。ただし、調味料の種類が多いと、コンロ周りがごちゃごちゃしてしまいます。全ての調味料を統一感のあるシンプルなケースに詰め替えておくときれいに見せることが可能です。その際、マスキングテープに中身と賞味期限を書いて、ケースの上に貼っておくようにします。また、たまにしか使わないものは冷蔵庫にしまっておきましょう。

洗面所

基本的に洗濯機の近くには洗剤を、洗面台の近くにはタオルや歯ブラシを収納します。また、洗濯機と洗面台の間が空いている場合、ラックなどを置けば収納スペースとして活用できます。また、洗面台の上や下のスペースも収納場所として使うことが可能です。その際、隠したいものは目につきにくい洗面台の下に置くとよいでしょう。一方、タオルなどをしまうのに便利な深型バスケットはオシャレなため、見せる収納ボックスとして使えます。

 回収業者

A社

年中無休24時間見積もりを行っています。そのため、仕事で忙しい人には便利です。また、見積もりは電話でもオンラインからでも可能です。荷物の量が不明な場合は自宅まで無料で出張見積もりに来てもらえます。しかも、見積もりに納得すればその場でごみを回収してもらうことができます。サービスの対応エリアは埼玉・神奈川・千葉・東京で当日予約も可能です。

また、粗大ごみ回収、遺品整理、ごみ屋敷の掃除などのサービスを提供しています。作業中にものを壊してしまったときのための損害保険にも対応しています。サービスによって料金は異なりますが、人気なのはお得な定額パックプラン。搬出作業費・お掃除作業費・スタッフ追加料金・車両費・出張費・エアコン取り外し費用が全て込みになっています。

B社

見積もりというと、電話やオンラインで行っているところが多いのですが、LINEで写真を送って見積もりができます。そのため、気軽にどのぐらいの費用がかかるのかを知ることができます。また、現地に出張して見積もりを行うことも可能。その際の料金は無料になります。さらに、見積もりに納得できなければ、キャンセル料金無料で断ることができ、見積もり後には追加料金は発生しません。埼玉・神奈川・千葉・東京であれば最短25分で手配します。

また、テレビや洗濯機、空気清浄機などの家電を高額で買取しています。部屋の片付けの際、これらの家電を処分しようと考えているのであれば、依頼するとよいでしょう。

ゴミ回収バスターズ

どこの回収業者に頼もうか迷ったら「ゴミ回収バスターズ」に依頼してみてはどうでしょうか。なぜなら、ハウスクリーニングから粗大ごみ回収、引っ越し、生前・遺品整理、ごみ屋敷の掃除までさまざまなプランが揃っているからです。しかも、他社では断られることの多い1点のみのごみの処分にも対応しています。

「ゴミ回収バスターズ」では基本料金をはじめ、車両料金、梱包作業費などが一切かかりません。さらに、東京・埼玉・神奈川・千葉エリアであれば出張費も無料です。ただし、プランによってかかる費用は違います。しかし、実際の作業に取りかかる前に見積りを出してくれるので安心です。提示した見積もり以上の料金を請求されることもありません。また、見積もりが高いと思えば、その場で断ることも可能です。見積もりの段階でキャンセル料はかかりません。さらに、他社よりも1円でも高い場合は相談に応じてもらえます。「ゴミ回収バスターズ」は関東を中心にサービスを提供しており、最短30分で自宅まで来てもらえます。しかも、夜遅くのサービス提供も可能です。

* 2021/02/28 当社調べ

ご自身のニーズに合わせて最適な手法を選びましょう!

ご自身のニーズに合わせて、行政の指定手法で対応するか、民間の業者に依頼するかなど最適な手法を選びましょう!

関連記事

お電話の方はこちらから
電話:0120-537-999

受付時間 / 9:00〜21:00(年中無休)

フォームからのお問い合わせはこちら
無料相談・お見積もり