汚れた部屋をどうやって片付ける?片付けのコツについて紹介します!

部屋が汚い人の多くが「掃除が苦手」「片付け方がわからない」といった悩みを抱いているのではないでしょうか。ただ、そのまま部屋を放置していたら衛生的によくありません。物がなくなりやすくなったり、人を招きにくくなったりもします。そこで、この記事では、部屋を掃除する際に意識したいポイントについて解説していきます。

汚部屋を片付けるメリット

すっかり汚くなった部屋は揶揄されて「汚部屋」と呼ばれます。人から汚部屋呼ばわりされるようになったら、真剣に掃除を考えなくてはなりません。汚部屋を掃除する大きなメリットは「探し物が楽」になることです。何がどこにあるかを把握しやすくなるので、そもそも紛失物が生まれにくくなるでしょう。また、「リラックスできる」のもポイントです。汚れている部屋だと、無駄に視覚情報が多くなりすぎてリラックスできません。くつろげるスペースも狭く、安らげなくなっていきます。片付いている部屋では心の雑音が少なく、安心感を覚えられるでしょう。

汚部屋で起こりやすい「無駄遣い」を防げるのも、きれいな部屋の魅力です。汚部屋では物がなくなりやすいので、あるものでも見つからずに買うことが増えてしまいます。本やDVD、CDといった趣味のアイテムが見つけにくくなってしまうのも汚部屋ならではの特徴です。整理整頓された部屋なら、同じ物を二度買うことは少なくなるはずです。そのほか、「健康に良い」のも汚部屋を片付けるうえで無視できないメリットです。汚部屋では空気がよどみますし、カビや細菌の温床にもなってしまいます。精神状態にも悪影響を及ぼすでしょう。心も体も健康でいるには、すっきりした空間で暮らしたいところです。

片付けが出来ない人の特徴

「物を捨てられない」のはよくある性質です。特別なことではありません。不要な物でも「いつか使うかもしれない」「高かったからもったいない」という発想が働いてしまうのです。その結果、捨てるのが怖くなってつい物を残してしまいます。こうした行動を繰り返しているうちに、部屋中が必要のない物で溢れかえってしまうのです。次に、「掃除を後回しする」のも、よくある特徴です。時間ができたとしても、掃除自体が嫌いなのですぐに動けません。忙しい時期ともなれば、なおさら「今は掃除をしたくない」という考えが強くなってしまいます。そうやって結局、いつまでも掃除をしないまま月日が経っていくのです。

ただ、本当に「時間がない」という人もいるでしょう。仕事が忙しすぎると、確かにまとまった時間を確保しにくくなります。しかも、ゴミや不用品はたまり続けるので、ますます掃除にかかる時間が長くなっていくという悪循環です。汚部屋を前に、なす術がなくなっている人は珍しくありません。そのほか、汚部屋に住んでいても「ゴミに囲まれているわけではない」と思い込んでいるケースもあります。こうしたタイプは、必要な物とゴミの区別がついていません。周囲から見れば明らかな汚部屋なのに、本人は必要な物を守っていると信じているパターンです。

片付けの前に必要な道具を用意!

掃除をスムーズに進めるためには、「ゴミ袋」が必須です。とりあえず、ゴミを袋に詰め込んでいくだけでも、汚部屋から脱却するには大きな一歩だといえます。なお、ゴミは可燃と不燃に仕分けて出さなくてはなりません。あらかじめ、ゴミの種類別に複数の袋を用意しておきましょう。次に、段ボール箱も掃除では用います。オフシーズンの物、しばらく使う予定のない物は段ボールに整理して収納していきましょう。不用品回収に出す物も段ボールに入れるのが得策です。そのほか、いらない雑誌や本を縛るための紐も買っておきたいところです。

掃除道具としては、「雑巾」「掃除機」があれば、大体の作業はこなせます。汚部屋の掃除ともなれば、雑巾は1枚で足りると限りません。念のため、できる限り多くの雑巾を用意しておきます。そのうえで、衛生面にも気を配りましょう。掃除によって舞い上がるホコリ、ダニやシラミによって健康を害する可能性も出てきます。マスクはもちろん、作業用の手袋も身に着けるようにしましょう。

汚部屋を掃除するコツ

本格的に汚部屋を片付けるのなら、意識しておくべきポイントがあります。以下、具体的に紹介していきます。

作業前にすること

モチベーションを保つために重要なのが「目的をはっきりさせること」です。すでに汚部屋になってしまった時点で、その部屋の主は掃除に苦手意識があるといえるでしょう。つまり、掃除を始めたところで嫌になってしまう可能性は十分にあります。そのとき、目的がはっきりしていれば「嫌だけどやらなければ」という発想に切り替えられます。家族に怒られたり、物がよくなくなったり、掃除を始めることになったきっかけを心に留めておく姿勢が肝心です。

そのうえで、掃除前には「スペースの確保」が必要です。足の踏み場もないほどの汚部屋なら、動けるだけのスペースをまず作らなくてはなりません。それに、ゴミ袋を固めたり、掃除機を置いたりするのにも場所を要します。いわば、掃除の前の掃除を終わらせてから、大がかりな作業に入りましょう。なお、手当たり次第に物を捨てたり、雑巾をかけたりするだけでは効率的に掃除できません。片付ける物を最初に把握しておきます。そうすれば、逆算して「本を片付けるには本棚をきれいにしないと」と、手順を考えられるようになります。

そして、ゴミ出しの日も想定しておきましょう。掃除をすると大量のゴミが詰まった袋を出さなければなりません。そして、ゴミ出しの日まで部屋に置いておく必要があります。できるだけ保管期間を短くするには、ゴミ出しの日をしっかり把握して片付けや掃除を計画することが大事です。

作業中にすること

汚部屋ほど、「害虫」の発生率は高くなります。掃除をきっかけに、ゴキブリやシロアリが出てこないとも限りません。この機会に、害虫も駆除してしまいましょう。基本的には、殺虫スプレーによって対処できます。ただ、掃除の前にバルサンをたくなどして、害虫を駆除し終わってから片付け始める方法もあります。次に、掃除中は「ゴミを袋に入れる」のが中心の作業になるでしょう。このとき、必ずゴミは分別します。ゴミが分別できていないと指定の場所に出せません。そして、袋に入れてから仕分けるよりも、仕分けながら捨てるほうがはるかに効率的です。

ある程度ゴミが片付いてきたら、床や壁の掃除へと移行します。雑巾をかけたり、掃除機で細かいゴミを吸い込んだりしてきれいにします。ちなみに、掃除に慣れていない人は部屋の隅、家具の裏などを見逃しがちなので、隅々の汚れまで注意しましょう。最後に、「ものを元通りにする」ことを意識します。衣類はクローゼットやタンスに、DVDやCDは専用のラックに、といった具合に、物を本来の場所へと帰していく作業です。あるべきところにあるべきものが収まった部屋は美しく、空間もすっきりして見えるはずです。

汚部屋にしない為に

大掃除をすると時間も体力も消耗します。そもそも汚部屋にしないよう、日常的に気を配りましょう。ここからは、汚部屋にしないための注意点を解説していきます。

定期的に掃除をする

もっとも基本的なポイントのひとつです。まとめてゴミを掃除すればいいと考えている限り、いくらでも部屋は汚れていきます。その間、また物がなくなったり、衛生状態がひどくなったりするのであれば状況は何も改善されていません。定期的に部屋を掃除するようにすれば1回あたりの作業も簡単ですし、労力も奪われないでしょう。「帰ってきたらまず部屋を片付ける」「週末には掃除をする」などの習慣が当たり前になっていくと、汚部屋になるのを未然に防げます。効率的に部屋を美しく、ストレスのない空間として保てます。

掃除を習慣化する際、役立つのがお手軽掃除グッズです。たとえば、「コロコロ」と呼ばれるような使い捨てクリーナーがあると、気がついたときにゴミや髪の毛をきれいにできます。「エアダスター」も細かい汚れを吹き飛ばせるアイテムとして重宝されるようになりました。そのほか、シート型のワイパーも人気です。床に接触するワイパーの面が使い捨てシートになっており、汚れたらすぐ捨てられます。雑巾と違い、水で絞る手間もないので掃除嫌いの人でも気軽に使えます。

物を増やさない

部屋に置くものを増やさないことも大切です。物が増えていくと、どれが本当に必要なのか判断しづらくなります。また、置き場所がないので床やベッドを占領していき、部屋の景観を乱していくのです。まず、物を買うときには必要性をしっかり吟味しましょう。流行になびいたり、一時の衝動に負けたりしているとあっという間に無駄なものが増えていきます。自分のライフスタイルに合っていない物は、始めから家に置かないほうが無難です。

次に、消耗品については「使い切ったら買う」という意識を徹底します。確かに、品によってはある程度ストックを置いておきたくなるものもあるでしょう。しかし、まだストックに余裕があるにもかかわらず、数だけ増やしても置き場所に困るだけです。そうやって物があふれたら、汚部屋への道をたどりかねません。ティッシュや美容品、食品のストックは一定数を決めておき、「減った分だけ買う」ようにします。

そのほか、長く着ていない服や、履いていない靴も処分していきましょう。およその目安は半年間です。季節がめぐったにもかかわらず、身に着けていないアイテムをこれから必要とする可能性はほぼありません。それならば潔く処分して、部屋のスペースを空けるのが得策です。不要なアイテムがなくなれば、クローゼットや靴箱の中身も把握しやすくなります。

物を置く場所を決める

何をどこに置くか決めてしまい、ずっとルールを守るようにすれば汚部屋になるのを防げます。まずは、それぞれの物にとって一番適している置き場所を考えましょう。美容品であれば、専用の箱を用意します。趣味の品に関しては、飾っておくラックを用意します。衣類もハンガーにかけるもの、引き出しにしまうもの、しっかり見極めて収納するのが得策です。部屋の中の物が規則的に置かれているというだけでも、空間はかなりすっきりするはずです。

そのうえで、使った物はすぐ元の場所に戻しましょう。帰宅後、服を脱ぎ散らかしておくような行為は厳禁です。一度散らかしてしまえば、「もうどうでもいい」「ここから整理するのが面倒」という考えに傾きかねません。そうやって、同じ行為を繰り返しているうちにどんどん部屋は汚くなっていきます。毎日、少しだけの労力で物をしまえば、汚部屋を回避できるのです。

そもそも、汚部屋に住んでいる人は物を片付けられない傾向が顕著です。置き場所が決まっていないパターンはもちろん、決められた場所に戻す努力をしていないケースも珍しくありません。物があちこちに散らかっていく前に、コツコツと片付けていくほうが結果的には楽なのです。

 片づけが困難な場合は業者に頼んでみよう

A社

即日対応を売りにしている業者です。高品質の除菌剤を使った強力除菌サービスが強みであり、ハイレベルな掃除を求めている依頼人にぴったりです。それでいて、料金も手ごろに抑えられています。万が一、作業内容が気に入らなかったり、トラブルが生じたりしたときのために返金保証制度も設けられています。

B社

追加請求のない、安心して頼める業者として注目されるようになりました。事前の見積りは無料で、そのときに提示された金額通りに作業は進んでいきます。予算を確保しやすく、気軽に依頼できるのが魅力です。そのうえ、買取値引サービスにより、さらに見積料金から安くなる可能性すら秘めています。ニュース番組などのメディアにも露出しており、関東エリアで豊富な実績があります。

ゴミ回収バスターズ

「ゴミ回収バスターズ」は低価格で部屋の掃除を引き受けている業者です。依頼内容の作業量、不用品の数などでプランが細かく決められており、予算に合わせて選べます。電話で見積りができるため、試しに料金を聞いてみてもいいでしょう。そのうえで、割引相談にも柔軟に対応しているのがゴミ回収バスターズの強みです。万が一、他社との比較で少しでも料金が高い場合、詳細を聞いたうえで価格交渉に応じてくれます。

* 2021/02/28 当社調べ

ご自身のニーズに合わせて最適な手法を選びましょう!

ご自身のニーズに合わせて、行政の指定手法で対応するか、民間の業者に依頼するかなど最適な手法を選びましょう!

関連記事

お電話の方はこちらから
電話:0120-537-999

受付時間 / 9:00〜21:00(年中無休)

フォームからのお問い合わせはこちら
無料相談・お見積もり