▼対応エリアのご注意点

対応エリアご注意

東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、茨城県、栃木県1都6県のみの対応となります!

江戸川区の粗大ゴミ収集・持ち込みの方法!手数料や出せない物は?

引っ越しや大掃除などの際には粗大ゴミが発生します。その処分方法は、江戸川区による収集や区民による持ち込みが基本です。ただ、急いでいるときや買い取りを依頼したいときなどには民間の回収業者に依頼するほうが得策である場合もあります。ここでは、江戸川区による粗大ゴミの収集方法や区民が持ち込む際の場所、粗大ゴミとして出せないものや手数料などを紹介するとともに、民間業者に依頼する際のおすすめ業者を紹介します。

江戸川区において「粗大ゴミ」に分類されるもの

江戸川区の分類による粗大ゴミとは、一辺が30センチ以上のものをいいます。たとえば、家具や電化製品(家電リサイクル法やパソコンリサイクルに該当する製品は除く)、寝具やストーブ、自転車などが該当します。

江戸川区での粗大ゴミ収集の依頼方法・出し方

江戸川区で粗大ゴミ収集を依頼するには、まずインターネットか電話で「粗大ごみ受付センター」へ申し込みます。インターネットの場合は、24時間受付が可能で、パソコンだけでなく、スマートフォンからも申し込み可能です。なお、インターネットによる申し込みは、事前のメールアドレス登録が必要です。登録完了後に確認のメールが届くので、本文記載のURLをクリックして申し込み内容を入力します。入力完了後、再度メールが届けば登録完了です。メールアドレスの登録は申し込みごとに必要です。電話の場合は、月曜日から土曜日の午前8時から午後7時までの受付となっています。申し込みを行う際には、まず「持込」か「収集」のどちらを希望するかを伝えます。そのうえで、持込指定日・収集日・手数料・粗大ごみ処理券の種類と枚数を必ず確認してください。

江戸川区で粗大ゴミの収集を依頼するには、申し込み手続きとともに、「江戸川区有料粗大ごみ処理券」(シール)を購入する必要があります。このシールを持込指定日・収集日までに購入し、名前か受付番号を記入して粗大ごみに貼ってください。収集を希望する場合は収集日の朝8時までに、通常のゴミ集積所には出さずに玄関先など(集合住宅の場合は1階の保管場所など)に粗大ゴミを出しておきます。また、引っ越しや家の解体などで多くの粗大ゴミが出る場合は、なるべく早めに管轄の清掃事務所へ相談したうえで申し込むことが必要です。持込の場合は「粗大ごみ持込施設」へ持っていきましょう。

江戸川区は粗大ごみの日曜日収集がある!

江戸川区には、粗大ゴミの日曜日収集があります。日曜日に粗大ゴミの収集を希望する場合は、朝8時までに玄関先などに出しておきます。集合住宅では、粗大ゴミの保管場所にカギが掛けられている場合があります。カギが掛けられていると収集されないことがあるため、申し込む前に必ず確認しておくことが必要です。なお、日曜日収集は申し込み順の収集になるため、希望日に収集してもらえるとは限りません。

江戸川区で粗大ごみとして出せないもの

江戸川区では、粗大ゴミとして出せないものがあります。江戸川区で出せない主な粗大ゴミは、収集運搬困難品、適正処理困難物、家電リサイクル法の対象品です。収集運搬困難品とは、長さが概ね180cmを超えるものです。たとえば、物干し竿、サーフボード、ウッドカーペットなどが該当します。また、太さが概ね30cmを超える木の幹なども収集不可能な粗大ゴミです。

適正処理困難物は、自動車(バッテリーやマフラーなどの部品も含まれる)、オートバイ、自動車のタイヤ、ピアノ、耐火用金庫、コンクリートブロック、ガスボンベ類、消火器、小型焼却炉などが該当します。家電リサイクル法の対象品は、エアコン、テレビ(ブラウン管・液晶・プラズマ)、冷蔵・冷凍庫、洗濯機、衣類乾燥機などです。

江戸川区での粗大ゴミの持ち込みについて

江戸川区で粗大ゴミを持ち込む際には、いくつかのルールがあります。ここでは、粗大ゴミを持ち込む際の注意点や持ち込む場所、手数料などを紹介します。

持ち込みの注意点

江戸川区で持ち込みができる粗大ゴミの個数は、1世帯につき1回10個までで、年度内に3回までとなっています。また、粗大ゴミの持ち込みは、年末年始を除く毎日午前9時から午後3時30分まで持ち込むことが可能になっています。

持ち込みの場所・方法について

江戸川区で粗大ゴミの持ち込みができる「粗大ゴミ持込施設」は、北部と南部の2カ所にあります。この2つの施設で、それぞれの管轄地域の粗大ゴミ処理を担当しています。両施設とも、年末年始を除く日曜日から土曜日までの午前9時から午後3時30分の間に、粗大ゴミを持ち込むことができます。持ち込む際にも、粗大ゴミに「江戸川区有料粗大ごみ処理券」(シール)を貼る必要があります。そのうえで、指定された日時に該当する「粗大ゴミ持込施設」に持ち込んでください。

江戸川区での粗大ゴミの手数料

江戸川区の粗大ゴミ処理の手数料には、A券(200円)とB券(300円)の2種類があります。手数料には、品目別に幅があるため、江戸川区の「粗大ごみ受付センター」のウェブサイトで事前に確認することが大切です。

江戸川区ではなく民間の粗大ゴミ回収業者を選ぶメリット

江戸川区ではなく、民間の粗大ゴミ回収業者を選ぶことで、行政にはないメリットを得られることがあります。民間業者に依頼する主なメリットは、(1)リサイクルできるものは買い取りしてもらえる(2)即日回収など急な依頼にも対応してもらえる(3)値引きをしてもらえる場合がある(4)日時指定、スケジュールに合わせた対応が可能といった4点です。

 江戸川区の粗大ゴミ回収業者

A社

引っ越し前後の粗大ゴミ処分から遺品の整理まで行っている業者です。引っ越しの場合であれば、当日であっても対応してくれます。たとえば、「荷造りしていたら予想以上に粗大ゴミが出てしまった」といった場合などに、電話で見積もりしたうえで即日回収が可能です。また、いわゆるゴミ屋敷化した家の片付けや、家電リサイクル法対象品の回収も行っています。他にも、事務所や店舗の移転にともなう什器類の引き取りにも応じてくれます。遺品の整理に関しては、粗大ゴミの処分だけでなく、遺品の仕分け、土地や建物の権利書の捜索から個人の供養まで、幅広い相談ができます。

明瞭かつ多彩な料金体系が用意されています。たとえば、1品だけの回収であれば、その品目ごとに料金が設定されていますし、複数品目の回収であれば、荷物や粗大ゴミの量によって5つのパック料金が設定されているため、安心して依頼することができます。問い合わせは、電話とメールに対応しています。電話の場合は、8時から21時までの受付になりますが、メールであれば24時間いつでも送信することができます。

B社

粗大ゴミの回収・買取、引っ越し前後の粗大ゴミや、いわゆるゴミ屋敷のゴミ処分、遺品整理を行う業者です。依頼があると最短で当日駆けつけ可能なのが特徴です。また、不用品の買い取りも行っているため、その買取料から粗大ゴミ回収料金を支払うことができます。1Rや1Kであれば、3万円前後が目安となっており、比較的良心的な価格設定になっています。

問い合わせは、電話とメールで受け付けています。電話の場合は、7時から21時までですが、メールは24時間送信可能です。電話やメールで問い合わせると、簡単な見積もりを聞いたり受け取ったりすることができます。その後、自宅での聞き取りと粗大ゴミや不用品の確認を行ったうえで、最終的な見積もりが提示されます。このように、、速さとともに丁寧な対応を大切にしている業者です。

C社

年間1000件を超す不用品回収実績を誇る業者です。引っ越しの際に不要となった家具や家電といった大物から、服や靴といった小さな日用品まで、丁寧な見積もりを行なったうえで買い取ってくれます。もちろん、古物商許可を受けている業者であり、買取の査定を行っているのは、古物商に関する講習を定期的に受講しているプロフェッショナルです。買取以外にも、粗大ゴミの回収・処分や遺品の整理といった業務を行っています。粗大ゴミの回収・処分は、1品から2トントラックパックまで、それぞれのゴミの量に合わせて選択することが可能です。

問い合わせは、電話とメールに対応しています。電話の場合は、8時から22時までと比較的遅くまで受け付けていて、メールは24時間送信可能です。無料見積もりは、電話やメールでも行えますが、大まかな回答になってしまいます。このため、後日不用品や粗大ゴミを確認したうえで、最終的な見積額が提示されます。料金設定は明朗で、ウェブサイトから確認することができます。

D社

遺品の整理を中心に事業を展開する不用品回収業者です。遺品の整理事業には、生前整理と遺品整理があります。生前整理は、高齢の親族などが遠方で暮らしている場合に、社員が定期的に訪問して現況を聞き取り、依頼者へLINEを使って報告するサービスです。遺品整理の場合は、親族が亡くなって空き家になった実家などを依頼者に代わって定期的に訪れ、写真を撮って報告します。こういった業務を担う女性の遺品整理士が所属しています。このため、高齢の親族が女性である場合も安心して依頼することができます。また、遺品の見積もりも重要な業務の1つです。遺品整理認定協会の会員で、買取業者としての長い経験を誇ります。この経験と確かな鑑定眼を活かした遺品の見積もりは無料で、鑑定者が現場に出向いて、依頼者立ち会いのもとで最終見積りを行ってくれます。

問い合わせと見積もりは、電話が9時から20時まで、メールの場合は24時間受け付けています。また、LINEによる見積もりも可能なため、気軽に問い合わせや見積もりを依頼することができます

E社

家庭や事務所で不要になったものを連絡1つで回収に来てくれる不用品回収業者です。その取り扱い品目の豊富さにあります。家庭で不要になった家電や家具から、工場で不要になった産業廃棄物までを取り扱っています。その他にも、引っ越しの際に出る粗大ゴミの回収、いわゆるゴミ屋敷の片付け・清掃、遺品整理の依頼も可能です。このため、不要品の回収から清掃までを、オールインワンで依頼することが可能になります。

対応エリアは、東京・埼玉・神奈川・千葉です。東京と埼玉といった近隣地域の場合は、最短1日というスピード対応が可能です。問い合わせは、年中無休の365日対応で、電話の場合は9時から21時まで、メールは24時間受け付けています。見積もりは、気軽に依頼できるウェブサイト上の「お見積もりフォーム」が便利です。

ゴミ回収バスターズ

ゴミ回収バスターズは、粗大ゴミや不用品の回収、いわゆるゴミ屋敷の片付け・清掃、ハウスクリーニング、遺品整理といった多彩な業務を展開している不用品回収業者です。ゴミ回収バスターズの特徴は、さまざまな要望に合わせた料金プランがあります。ゴミ回収バスターズには、9つの積み放題パックプランがありますが、回収品の量に合わせた料金設定が明確でわかりやすくなっています。たとえば、最も量の少ない「軽トラ積み放題Sパック」は1万円、最も人気のある「軽トラ積み放題Lパックプラス」は2万9800円となっています。他の業者のように、料金に幅を持たせていないため、利用者は安心して依頼することができるのです。他にも、車両・搬出・梱包・出張料金が無料なのも、ゴミ回収バスターズならではです。また、ゴミ回収バスターズは、最短30分というスピーディーな即日対応が可能で、清潔な身なりの熟練作業員が、迅速・安全に各種作業を行います。

問い合わせ方法は、電話とメールの2種類です。電話の場合は、フリーダイヤルが年中無休で9時から21時まで対応しており、メールは24時間受付可能となっています。

* 2021/02/28 当社調べ

ご自身のニーズに合わせて最適な手法を選びましょう!

ご自身のニーズに合わせて、行政の指定手法で対応するか、民間の業者に依頼するかなど最適な手法を選びましょう!

関連記事

お電話の方はこちらから
電話:0120935930

受付時間 / 9:00〜21:00(年中無休)

フォームからのお問い合わせはこちら
無料相談・お見積もり