お部屋掃除をしてくれる業者?利用するメリットから料金の相場まで徹底解説

仕事などで時間がとれないと、なかなか片付けができずに困ることはないでしょうか。そんなときに便利なのが、お部屋の掃除を代行してくれる業者です。お掃除業者を利用すると、片付け以外にもメリットがたくさんあります。この記事では、お掃除業者に依頼できることやメリット、利用する際の注意点などを解説し、そのうえでおすすめの業者を紹介します。

部屋の掃除をしてくれる業者とは?

お部屋掃除をしてくれる業者とは、不用品の処分なども行いながら部屋の片付けと掃除を代行してくれる業者のことです。掃除に関する専門知識を持つプロッフェショナル集団で、自分で片付けるよりも短時間できれいにしてくれます。長年の汚れがしみついてしまった部屋は、とても自分ではなかなかきれいにすることができません。お部屋掃除業者は、業務用の洗浄剤や器具なども用いながら掃除にあたるため、素人では手がつけられないようなひどい汚れの部屋でも美しく磨き上げてくれます。

さらに、整理整頓を徹底的に行ってくれますから、ゴミ屋敷のような家でも安心してまかせることができます。家そのものの傷み具合にも左右されますが、プロの手できれいな状態にしてもらうことが可能です。回収されたゴミの廃棄はもちろん、中には不用品の買取にも応じてくれる業者もあります。お部屋掃除業者の仕事はそれだけではありません。遺品整理や生前整理に対応してくれる業者もあります。高齢者だけの世帯が増えている現代では、部屋の片付けが自分ではできないことも珍しくはありません。終活で所有品の整理をしておきたい人や故人の遺品に困っている遺族にとって、遺品整理や生前整理に対応してくれる業者は心強い存在です。

業者に頼むメリット

お部屋掃除業者に依頼することで、具体的にどのようなメリットがあるのか紹介していきます。

短時間で綺麗になる

部屋を掃除する際、片付けに時間を取られやすいのが不用品の処分です。中でも、粗大ゴミはついついそのままにしてしまう人もいるのではないでしょうか。市区町村によって回収にかかる日数に違いはあるものの、自治体に粗大ゴミの回収をお願いする場合、通常は2週間程度かかります。中には、それ以上かかる地域もあるでしょう。その点、お部屋掃除業者に依頼すれば最短の場合で頼んだその日のうちに片付けてもらえます。もちろん、見積もり金額に合意することが前提です。ただし、自治体に依頼するときも有料での回収が一般的ですから、費用がかかることに変わりはありません。

部屋の片付けがままならない人の中には、仕事が忙しく時間が取れない人もいるでしょう。そのようなときに、お部屋掃除業者が代わりに掃除をしてくれるのもメリットです。また、夜間や休日も対応してくれる業者もいるため、仕事がない場合には立ち会うこともできます。お部屋掃除業者は、掃除や不用品の処分に関する専門知識とゴミの処理方法について理解しています。ですから、普段の掃除できれいにならない場合でも心配は要りません。たとえゴミ屋敷でも、手際よく短時間での片付けと掃除が可能です。

粗大ごみも処理してくれる

不用品やゴミは、小さなものだけではありません。自分で片付けをするとき、家具や電化製品の運び出しに困ることはないでしょうか。電化製品や家具はもちろん、タイヤなど1人での運び出しが困難なものや、大きなものもお部屋掃除業者に依頼すれば回収してもらえます。自治体が回収に応じてくれる場合でも、指定場所までは自分で運んでおくのが原則です。アパートやマンションのような集合住宅でも条件は同じで、障害など身体上の事情を抱えている人でもなければ、部屋まで立ち入ってくれることはありません。そのため、2階以上の部屋から運び出すのがむずかしい場合もあるでしょう。

お部屋掃除業者なら、十分なスタッフ数を確保しているうえに廃棄物を運搬する機材も所有していますから、大きな廃棄物の運び出しもスムーズです。もちろん、依頼者が自分で運ぶ必要はなく、不用品や廃棄物は適切に処理してもらえます。大きなものを運ぶとき、家族や友人に協力してもらう方法もありますが、粗大ゴミのような重いものの搬出は気軽には頼みにくいものです。しかし、お部屋掃除業者なら料金を支払ってお願いするため、気兼ねする必要はありません。自分の希望をそのまま依頼することができます。

仕分けもしてくれる

不用品を処分する際に必要なのが、仕分け作業です。部屋を片付けるときは、まず必要なものと不要なものに仕分ける作業があります。しかし、ものが増えれば増えるほど仕分け作業は困難になるでしょう。さらに、不要なものをゴミとして廃棄するには、そこからさらに細かい仕分けが求められます。可燃ゴミと不燃ゴミ、さらに粗大ゴミにリサイクル可能なゴミなど、カテゴリー分けするだけでも大変な労力です。そのうえ、自治体によってゴミの出し方は異なりますから、細かい仕分けを求められると混乱する人もいるかもしれません。

お部屋掃除業者に依頼すれば、仕分け作業の一切を任せることができます。依頼者は業者に指示を出すのが主なため、片付けの労力を最小限に抑えられます。自分では仕分けができずに困っていた人でも、簡単でスピーディーな片付けが可能です。片付けがままならない人の中には、そもそも細かい仕分けが苦手な人もいます。その点、お部屋掃除業者に依頼すれば、プロの目線で細やかな仕分けが期待できるのがメリットです。

買取もしてくれる

もう必要なくなったものの中には、実際にはまだまだ使えるものもあります。電化製品や家具などは、つい捨てられずにそのまま置いておく人もいるのではないでしょうか。お部屋掃除業者の中には、買取に応じてくれる業者もあります。ニーズや状態に応じて買取価格は変わってきますが、まだ利用できるものは売却するのもいいでしょう。例えば、冷蔵庫や洗濯機、エアコン、テレビといった電化製品は、不用品として廃棄するとなるとリサイクル料金が発生します。しかし、まだ使えるものなら買取してもらうことで、リサイクル料金を浮かせることも可能です。

不用品の中から買取品として値がつくものがあれば、回収料金から差し引いてもらうこともできます。買取サービスのメリットを活かせば、結果的にお部屋掃除業者への依頼費用を安く抑えることも無理な話ではありません。電化製品や家具だけでなく、ブランド品や貴金属、食器類などの買取に対応している業者なら、さらによい条件での買取も期待できるでしょう。貴金属なら地金ごとのレートが価格に反映されますから、壊れたものでも買取は可能です。使えなくなってしまったままのジュエリーもまとめて処分できます。

プライバシーを保護してもらえる

部屋の片付けがなかなかできないと、重い腰を上げて片付けをすることを身近な人に気づかれたくない人もいるかもしれません。いわゆるゴミ屋敷といわれるような家の場合、近隣からゴミについて苦情が寄せられている可能性が高く、身近な人にそのことを知られたくない人もいます。そのため、家族や友人など近しい人に協力をお願いできない人もいるでしょう。本来であれば、身近な人に手伝ってもらうことで費用の節約も可能ですが、自分の恥をさらしてしまうことにもなりかねません。

そういった心配がある人も、お部屋掃除業者なら安心です。仕事として受ける以上、ほとんどの業者はプロ意識を持っています。それは、掃除のノウハウや不用品処分に必要な知識だけではありません。お客様のプライバシーについても厳守することを第一にしています。誰かに知られるという心配もなく、部屋をきれいに片付けることが可能です。これまで、誰かに頼みたいと思いながら迷ってきた人でも、気にせずに掃除をお願いできます。

業者に頼むデメリット

お部屋掃除業者に依頼することはメリットが多い反面、デメリットもあります。ここでは、どのようなメリットがあるのか紹介していきます。

費用が掛かる

お部屋掃除を業者に依頼するデメリットといえば、費用がかかることでしょう。可燃ゴミや不燃ゴミに限らず、自治体に回収してもらう場合でもほとんどが有料です。もちろん、粗大ゴミともなればさらに料金はかかります。しかし、人件費などの部分は税金で補填されていることが多く、せいぜい負担する費用は数百〜2000円程度といったところです。もちろん、自治体に依頼するときは、指定された場所まで自分でゴミを運ばなければなりません。自治体が対応してくれるのは、あくまでゴミの回収と処分ですから、解体が必要なものも自分で作業を行う必要があります。手間はかかりますが、その分処分費用を抑えることができます。

お部屋掃除業者に依頼すれば仕分けから運び出し、不用品の処分とすべてプロにお願いできますが、自治体よりも費用が高くなることがほとんどです。ただし、業者に依頼すれば自分ではできないことまで代行してもらえます。粗大ゴミでも自分で動くことなく部屋からトラックまで運び出してもらえるため、費用がかかるのは仕方ないでしょう。さらに、業者次第では自治体が対応していない買取にも応じてもらえます。

悪質な業者もいる

お部屋掃除に対応してくれる業者の中には、悪質な業者もいます。例えば、回収した不用品や粗大ゴミを適切な処分をせず、不法投棄をするのがその一例です。もしも、もとの所有者が特定できるようなものを不法投棄された場合、発見されれば依頼者が罰せられることもあるため注意しましょう。または、作業内容に見合わないような高額な料金を請求してくるケースもあります。買取に応じている業者の中には、実際には売れるものであっても「買値がつかない」という嘘をついてお金を支払わずに持っていく業者もいます。

特に、無料で不用品回収に応じている業者は悪質な場合が多く、危険性が高いといえます。どの業者に依頼するときも、あらかじめ見積もりをとることが重要なポイントです。見積もりを発行しない業者や身元がよくわからない業者は、基本的に利用しないようにしましょう。ホームページの存在も一つの判断材料になりますが、そもそも、どこにも所在地を載せていない業者は要注意です。実際には悪質な業者は少ない傾向ではありますが、だまされてしまう可能性もゼロではありません。

依頼料金の相場は?

実際には、サービス内容や出張費などで業者によって違いは出るものの、お部屋掃除を依頼する料金が決まる基準は主に部屋の大きさです。作業に必要なスタッフの人数や所要時間は、部屋の大きさに応じて変わってきます。つまり、部屋が大きければそれだけお部屋掃除の料金も上がるということです。ただし、中には運搬する車両の大きさやスタッフの人数で、あらかじめ料金を設定している業者もあります。

では、一般的な相場を見ていきましょう。1Rの場合だと不用品の整理や廃棄、ごみの処分も含めて7〜10万円前後で応じてくれる業者が多く、家具や処分が必要なものの量、片付ける対象物の量などに応じて金額が変動します。地域によっても料金には違いが見られますが、関東地方の場合でいえば3LDKの場合で20万〜30万円ほどがお部屋掃除の相場です。ただし、業者に依頼するには必ず事前に見積もりをとってからにしましょう。どこまで依頼するかでも料金は変わってきますから、相場を目安に依頼内容を考慮して判断することが大切です。

 掃除をしてくれる業者

A社

ゴミ屋敷を専門とした掃除業者です。料金設定がお手頃な点が人気で、大きな家の片付けに合っているといえます。不用品回収はもちろん、買取からハウスクリーニングまで応じてもらえます。女性スタッフが多数在籍しているのも特徴の一つです。

B社

お部屋掃除から家全体の掃除に特化しています。通常の片付けだけでなく、遺品整理が必要な片付けまで幅広く対応してくれます。遺品の片付けがなかなかできないときに依頼しやすいお部屋掃除業者です。

C社

ワンルームの片付け料金が1万5000円からと手頃で、業界最安値での利用ができます。お財布にやさしいため、年末の大掃除など気軽に依頼できるでしょう。低価格の理由は広告費の削減や少人数での対応で、手頃さをセールスポイントとする業者です。

D社

作業実績が1万件突破という豊富な経験を持っています。件数を数多くこなしている分、信頼できる業者です。片付け以外に不用品の買取にも応じており、使えるものが多くて困っている人に向いています。

ゴミ回収バスターズ

「ゴミ回収バスターズ」は、不用品回収や粗大ゴミ回収の専門業者として知られています。即日での対応が可能で、すぐに片付けたい人の強い味方といっていいでしょう。最短の場合、わずか30分で現場への到着が可能です。さらに作業実績が豊富で、お客様満足度は98.7%という高さを誇っています。遺品整理やハウスクリーニング、解体工事にも対応してくれます。

* 2021/02/28 当社調べ

ご自身のニーズに合わせて最適な手法を選びましょう!

ご自身のニーズに合わせて、行政の指定手法で対応するか、民間の業者に依頼するかなど最適な手法を選びましょう!

関連記事

お電話の方はこちらから
電話:0120-537-999

受付時間 / 9:00〜21:00(年中無休)

フォームからのお問い合わせはこちら
無料相談・お見積もり