断捨離のコツは?ミニマリストになってシンプルライフを満喫しよう!

片付けする時間が取れない人や収納場所に困る人の中には、断捨離をして最低限の物だけで生活したいと考える人もいるのではないでしょうか。一方で、そもそも断捨離についてよくわからない人もいるかもしれません。この記事では、断捨離とミニマリストの違いや断捨離のコツ、暮らしをシンプルにすることで得られるメリットなどについて解説していきます。

断捨離とミニマリストの違い

はじめに、混同しやすい「断捨離」と「ミニマリスト」の違いを説明していきます。「断捨離」とは、ただ物を捨てて片付けるということではありません。物への執着から解放されることで身軽になり、快適な生活を送るという考え方のことをいいます。また、「断捨離」とはクラターコンサルタントのやましたひでこさんが提唱している片付けメソッドであり、登録商標でもあります。「断捨離」は、本当に必要なものや自分にとって価値のある物は何かに気付き、不要な物は購入せずに生活を送ることです。

一方「ミニマリスト」とは、必要最低限の物だけで暮らす人を指します。必要最低限の物とは、生きるために必要な物ということです。衣服に関していえば最低限の下着と季節ごとの衣類数着程度で、ファッション性よりも実用性で選ぶ傾向にあります。衣類の他に持つのは仕事に使うパソコンやスマートフォン程度ということが多いですが、家電品や家具を持たないミニマリストもいます。ミニマリストは家を所有しない人が多く、一般的な賃貸物件ではなくシェアハウスのような最低限の空間で暮らす人も少なくありません。

シンプルライフのメリット

自分にとって必要な物だけに絞ったシンプルライフを送るようになると、さまざまなメリットが得られます。まず、一つはお金が貯まることです。それまで何となく欲しいと感じた物を思うままに買ってきた人なら、断捨離によって無駄使いをすることがなくなります。余計な物を買わなくなる分、お金が貯まっていくというわけです。また、不要になった物を売却できれば、それもお金に換えることができるでしょう。

もう一つは、掃除に時間がかからなくなることです。家の中に物があふれていれば、どうしても掃除に時間がかかります。ところが、そもそも物がなければ移動させたり拭いたりする手間がそれほどかかりません。そのため、掃除が簡単です。掃除にかかっていた時間が短縮されれば、その分自由な時間も増えていきます。その結果、自分の趣味やくつろぐことに費やせる時間がとれ、ストレスの解消にもなります。物が多いと何がどこに入っているかわからないことも出てきますが、そもそも余計な物がなければ探す手間もかかりません。探し物でイライラすることもなくなるでしょう。さらに、最低限の物だけ所有すれば、その分物を大切に扱うようになり、それもメリットの一つです。

断捨離をするコツ

必要な物だけにするといっても、いきなり多くの物を手放すのは難しいかもしれません。そこで、まず断捨離のコツを説明していきます。

一度にやらない

不要な物を捨てようと決断しても、一度にやらないことです。一旦決めると、すぐにでもきれいにしたいと思うかもしれません。しかし、物が多ければ多いほど短時間で片付けるのは無理があります。何より時間がかかりますから、断捨離は数日かけて行うようにしましょう。それに、あまりにも物が多いと途中で集中力が切れやすくなります。場合によっては断捨離自体をあきらめてしまう可能性も出てきます。最後まできちんと断捨離を実行するには、数日かけてじっくり行うことがコツです。

一度にやらない方がいい理由は他にもあります。慌てて何でも片付けようとすれば、判断を誤ってしまう可能性もあるためです。断捨離をした結果、自分の生活が不便になっては意味がありません。毎日使うものが見える場所に置かれていなかったり紛失したりすれば、それは逆効果です。自分の暮らしを快適にするための断捨離だからこそ、そのような失敗のないように数日かけてじっくり実行していきましょう。

悩んだら一旦保留する

前述したように、断捨離とは何でも捨てることではありません。古い物を捨てることでもなく、本当に必要な物以外を手放すことをいいます。手放すかどうかは「自分に必要なものかどうか」を基準にして進めていきましょう。必要な物とは実用性だけでなく「誰かにいただいた大切な物」なども含まれます。中には、「まだ使うかもしれない」と考えてしまい、なかなか処分できない人もいるかもしれません。ただし、この迷いも大切にすることが断捨離のコツともいえます。

なぜなら、よく考えずに捨ててしまうと、本当に必要な物まで失ってしまう可能性もあるためです。断捨離は勢いで行うのではなく、自分に何が必要なのか、じっくり考えることを大切にしましょう。もちろん、すぐに答が出ない物もあります。必要かどうか判断できずに悩んだときは一旦保留にし、少し時間を置いて考えると正しい結果を出すことができる場合があります。迷ったときに保留するために、保留用の物を一時的に置くスペースがあってもいいかもしれません。だからといっていつまでも置いてしまうと意味がありませんが、自分の気持ちを見つめるには、しばらく時間を置くことも必要です。断捨離は、自分が手元におきたい物がなにかをじっくり考え、後悔しないように進めましょう。

スペースを確保する

断捨離を上手に行うためには、収納するスペースを確保することも大切なコツです。断捨離は暮らしを快適にし、ストレスから解放されることでもありますから、実際の収納スペースを把握することを忘れてはいけません。そうでないと、せっかく不用品を処分しても収納に入りきらないものが出てしまうでしょう。あらかじめ自宅の収納がどれくらいあるか掴んでおけば、失敗を防ぐことができます。そして、収納場所に対しての適正量が確認できたら、それを目安に断捨離を行うのがコツです。

ただ、収納の適正量といっても判断に迷う人もいるかもしれません。実際にはどれくらいの物を手放すかで収納する量は変わってきます。ただし、すべての収納スペースをきっちり埋めることはやめておきましょう。奥が見えないくらい詰め込んでしまう人もいますが、できるだけ余裕を持って収納することが大切です。余裕を持たせておけば、使う物を取り出すときに動かしやすくなります。また、さらに収納する予定があるときは、せいぜい全体の7割程度のスペースに抑えておきましょう。例えば、季節ごとの電化製品など、今使っていても後でしまう物があるかどうかを考えることも必要です。

断捨離してもよい家具・家電

本当に必要かどうかは、断捨離しても生活に支障が出ないかどうかを考えると判断しやすくなります。特に、家具や電化製品は大きな物が多く場所も取ります。この2つの中でどういったものが必要ないか考えていきましょう。断捨離しても困らない物の一つにテレビがあげられます。一昔前なら、ニュースや天気予報など情報を得る手段の中心でしたし、娯楽としての要素も高いといえます。ところが、現代ではスマートフォンでいつでも最新のニュースや天気予報を閲覧できますし、動画サイトやネットテレビの視聴も容易です。考え方にもよりますが、わざわざテレビを個別に持つ必要性は低くなってきたといえるでしょう。

大きめのソファーも、人によっては不要な場合もあります。ソファーの下は意外とホコリがたまりやすく、掃除しにくいのもデメリットです。特にひとり暮らしの人は本当に必要かどうか考えてみましょう。もしかしたら大きめのクッションでも十分かもしれません。または、キッチンの椅子で代用できる人もいます。他の物で代用が可能な場合は、処分しても支障はないと判断できます。例えば、炊飯器がその一例です。土鍋やレンジでご飯を炊いている人は、炊飯器を持つ必要はありません。同じような物でいえばトースターもあります。オーブンがあればパンも焼けますし、手放しても不便になることはないでしょう。

ミニマリストはこう意識している!

生活に必要ない物を捨てることでいえば、ミニマリストの考え方を参考にするといいでしょう。ここでは、ミニマリストが意識していることを紹介していきます。

捨てることに慣れる

自分には必要のない物とわかっていても、そもそも「物を捨てる」ことを躊躇している人は多いのではないでしょうか。もちろん、捨てるこを推奨しているわけではありません。しかし、使わない物をいつまでも置いておけば家の中は物であふれてしまいます。捨てる行為に抵抗があるなら、知人に譲るという方法もあります。または、フリーマーケットに出品するのもいいでしょう。ネットオークションなども利用するのも一つの手段です。

使わなくなったら、その物を必要とする誰かに譲ることで、物を大切に使ってもらえますし無駄になることもありません。そして、何か新しく購入したら一つ手放すという習慣を身につけることです。それができないまま購入するだけでは、不用品が増え続けることになります。誰かから何かを譲り受けるときにも、代わりに何か一つ手放すようにしましょう。もちろん、何か手放してから新しく購入するという逆の順番でもいいわけです。

買う前に考える

買う前にしっかり考えることも大切です。あまり調べずに買ってしまう人や衝動買いが多い人は、買う前に一度考える習慣をつけるようにしましょう。例えば、規格の合わない照明器具や、サイズが違うカーテンなど、実用的なものでも自宅で使えない物では無駄になってしまいます。使える物に買い直すことは簡単ですが、結局不用品が増えることになります。また、装飾品や衣類など思いつきで購入するのも失敗しやすいものです。

旅先での買い物も注意しましょう。その場の雰囲気で買ってしまう人は、できるだけ冷静に判断することが大切です。後になってから後悔することも少なくはありません。家の中をすっきりさせて無駄をなくすには、できるだけ物を増やさないことです。そのためには、買う前に考える習慣をつけておきましょう。必要な物を買うときでも、まず寸法や規格を確認することです。衣類などもすでに同じような物を購入していないか確認しておくと、無駄な買い物を防げます。買い物中はレジに行く前にカゴの中身を見直し、考える習慣を身につけることがポイントです。

物を置く位置を決める

できるだけ無駄な物を排除していくには、あらかじめ物を置く位置を決めておくといいでしょう。家族がいるなら、誰もがわかりやすいことも大切です。ひとり暮らしの場合でも、乱雑に置くのではなく「どれはどこに置く」というように決めておくと片付けやすくなります。そして、使ったら必ず同じ場所に戻すことを習慣にしていくのです。そうしておけば自分の所有している物を把握できますし、家が散らかることもありません。

物の配置を決めるときは、使う頻度に応じて分けておくと楽ですし便利です。例えば、毎日使う物は取り出しやすい場所に、ときどきしか使わない物は多少取り出しにくい場所でも不便はないでしょう。物によっての置き場所が決められていると、片付けしやすい以外に毎日の流れがスムーズになるという利便性も出てきます。あまり使わずにしまいっぱなしの物があれば、処分の対象として判断することもできます。

 業者に頼むことも一つの手段!

A社

即日対応が可能な業者です。さらに料金が安いうえに、不用品の買取にも応じてくれます。使わなくなったものを捨てることに抵抗のある人は向いているかもしれません。低価格で短時間での片付けが可能です。

B社

料金が安く、しかも後払いに対応してくれます。着手金なども必要ないため、手持ちのお金がないときでも安心して依頼できます。LINEのビデオ通話で見積もりができ、現場を訪問してもらわなくても料金の把握が可能です。

ゴミ回収バスターズ

「ゴミ回収バスターズ」は、格安プランが多数用意されていて費用を抑えながらの片付けが可能です。見積もりについては、電話でも応じてもらうことができます。そのうえ、最短の場合は30分ほどで現場まで直行できますから、すぐに片付けたいときにも依頼しやすい業者です。

* 2021/02/28 当社調べ

ご自身のニーズに合わせて最適な手法を選びましょう!

ご自身のニーズに合わせて、行政の指定手法で対応するか、民間の業者に依頼するかなど最適な手法を選びましょう!

関連記事

お電話の方はこちらから
電話:0120-537-999

受付時間 / 9:00〜21:00(年中無休)

フォームからのお問い合わせはこちら
無料相談・お見積もり