部屋を片付けたい人必見!片付け業者とは?サービス内容と依頼するメリット

プライベートや仕事で忙しく、なかなか部屋を片付ける時間がないという人は多いのではないでしょうか。そんな人におすすめしたいのが、片付け業者です。部屋の持ち主に代わって、部屋の片付けと掃除を行ってくれるのです。本記事では片付け業者の種類ごとのサービス内容をはじめ、依頼するメリットなどを紹介していきます。

片付け業者とは?どんなサービス?

片付け業者とは、部屋の持ち主の代わりに部屋の片付けや掃除を行ってくれる業者のことです。自分一人では片付けることができなかったり、片付けるのに時間がかかったりする場合は片付け業者に頼むと便利です。短時間できれいに部屋を片付けてくれるでしょう。基本的には家の一部分からゴミ屋敷化した部屋全体の清掃まで対応してくれます。

片付け業者のサービス内容には大きく分けて2つあります。1つは部屋の片付けです。まず、部屋にある収納スペース(押し入れ・タンス・食器棚)から全ての物を取り出し空にします。次に、収納スペースの中を掃除します。そして、取り出した物の仕分けをし、部屋の持ち主が快適に使うことができるように整理整頓し収納し直してくれるのです。

もう1つは不用品回収です。部屋を片付けていると、どうしても使わなくなった衣類や家具家電など不用品が出てきます。通常不用品を捨てる際、自治体に事前に申し込みをする必要があります。しかし、片付け業者に頼めば部屋の片付けで出た不用品をそのまま回収してくれるのです。このほか、業者の中には部屋の片付けだけでなくハウスクリーニングやリフォーム、引っ越しなどを請け負ってくれるところもあります。片付けが終わってから別の業者に頼む必要がないため便利です。

片付け業者の種類

一口に片付け業者といってもさまざまな種類があります。そこで、次から種類ごとに片付け業者を紹介していきます。

不用品回収業者

不用品回収業者とはその名の通り家から出た不用品の回収を行ってくれる業者のことです。衣類や食器などの日用品だけでなく冷蔵庫や洗濯機といった大きな不用品も回収してくれます。通常、不用品を捨てるには時間も手間もかかるものです。まず、不用品の大きさを測ります。次に、自治体に不用品の種類や大きさを伝えて回収する日時や置き場所を決めます。そして、有料の粗大ゴミ処理シールをコンビニなどで購入する必要があるのです。しかし、依頼したからといって自治体はすぐには不用品を回収してはくれません。一方、不用品回収業者に頼めば部屋の片付けと同時に不用品も回収してくれます。

また、自治体が粗大ゴミとして回収するのが難しい物もあります。たとえば、タイヤ、ピアノ、石油、がれき、プロパンガスボンベ、大型耐火金庫などです。しかし、不用品回収業者に頼めばこうしたものも回収してもらえるのです。また、片付けの際に出た大量のゴミを分別し、そのまま回収してもらうこともできます。

遺品整理業者

遺品整理業者とは遺族に代わって故人の部屋の片付けを行ってくれる業者のことです。遺品整理業者の特徴は遺族の手元に残したい物と処分したい物の仕分けを行ってくれることです。また、部屋を片付けながら遺言書や土地の権利書などの貴重品も探してくれるのです。

遺品整理業者の場合、片付けをする前に遺族に故人の思い出や趣味嗜好などをヒアリングします。そして、それに基づいて丁寧に仕分けを行います。不用品とみなした物は危険物でなければ、衣類や食器などの日用品はもちろんのこと、冷蔵庫や洗濯機などの大きな不用品まで回収してくれるのです。また、故人の写真や思い出が詰まった品々はいくら不要といっても遺族にとっては捨てにくいものです。こうしたものも遺品整理業者がきちんと供養を行った上で回収してくれます。また、まだ使える家具や家電の買取も行ってくれます。さらに、遺族が故人の持ち家を売りたい場合は不動産の仲介まで行ってくれる業者もあります。

生前整理業者

生前整理業者とは高齢者が身の回りの片付けをしたいときに物の仕分けをしたり、不用品を捨てたりしてくれる業者のことです。高齢者は老人ホームや介護施設に入居したり、子供たちと同居するために引っ越しをしたりすることがあります。その際、部屋の片付け作業が必要になるでしょう。ちなみに、これらの作業のことを福祉整理や福祉住環境整理と言います。そして、こうした整理が必要になることから生前整理業者は福祉整理業者とも呼ばれています。

老人ホームや介護施設に入居する際、全ての家財を持っていけない場合があります。入居する部屋で使えるスペースには限りがあるからです。子供たちの家に引っ越す際も同様です。その点、生前整理業者に頼めば大量の家財を処分してもらえるため便利でしょう。

特殊清掃業者

特殊清掃業者とは孤独死や事故などで部屋の持ち主が亡くなった場合に原状回復作業をする業者のことです。孤独死の場合は時間が経って発見されることが多く、その分清掃も大変になります。素人が市販の薬剤を使っても落ちない場合もあるでしょう。また、気分的にも掃除するのがつらいかもしれません。そのようなとき、故人の親族が部屋の片付けを特殊清掃業者にお願いするのです。

孤独死や事故死の場合はフローリングに血液や体液が染みついていることもあります。特殊清掃業者はオゾン脱臭機を使って消臭・除菌を行います。場合によっては血液や体液によってフローリングの腐敗が進み、使い物にならなくなってしまうこともあります。そのようなとき、特殊清掃業者によっては、依頼主と相談した上で提携するリフォーム会社に修繕工事を依頼してくれる場合もあります。

また、長年、空き家にしていると猫などの動物が住みついてしまう場合があります。特殊清掃業者に依頼すれば、猫などの糞尿の撤去や消臭作業を行ってくれるのです。また、屋内外の害虫駆除なども依頼できます。

ゴミ屋敷清掃業者

ゴミ屋敷清掃業者とはその名の通り、足の踏み場もなくなるくらいゴミであふれかえったゴミ屋敷の清掃を請け負ってくれる業者のことです。主に体力が衰えて家の掃除やゴミの処分が困難になった高齢者や、認知症になってしまった高齢者、精神的なストレスを抱えてゴミの処分ができなくなった人たちが依頼します。清掃だけでなく不用品の回収まで行ってくれるため、一括して片付けてしまいたい人に最適です。なかには、遺品整理のように仕分けや貴重品の捜索をしてくれるゴミ屋敷清掃業者もあります。

片付け業者に頼むメリット

片付け業者にはさまざまなメリットがありますので、ここで紹介します。

仕分けしてもらえる

片付け業者は仕分けしてもらえるというメリットがあります。部屋を片付けられない人は「もしかしたら必要になるかも」と思い、物を捨てることができません。つまり、「もったいない精神」でついつい物をため込んでしまうのです。そのため、自分で部屋を片付けようとしても必要な物と不要な物に仕分けすることができません。しかし、片付け業者に頼めば客観的に判断して不要物を仕分けしてくれます。また、業者のスタッフに指示を出すだけで部屋が片付いていくため、自分自身の労力は最小限に抑えることができるのです。

重い物を運んでもらえる

通常、不用品や粗大ゴミは自治体に依頼して処分することになります。その際、自分で自治体に連絡して、コンビニなどで粗大ゴミ処理シールを購入しなければなりません。さらに、自治体との間で決めた日時に指定場所に不用品を置かなければならないのです。女性や高齢者はもちろんのこと、若い男性でもたった一人で大量のゴミや重い不用品を運ぶのは一苦労です。アパートやマンションの2階以上に住んでいる場合はなおさらでしょう。運び出せない場合もあるかもしれません。しかし、片付けを業者に依頼すれば、自分は何もしなくても不用品を運び出して処分してもらうことができるのです。

対応がスピーディ

自治体に不用品処分を依頼してもすぐには動いてもらえません。自治体との間で取り決めた指定日まで待つ必要があるのです。たとえば、東京都では依頼してから2~3カ月待つケースもあります。そのため、せっかく部屋を片付けても3カ月近く不用品が部屋の片隅に置いてある状態になってしまいます。

一方、多くの片付け業者では連絡をしたその日にうちに対応してくれるのです。まず、片付け業者に依頼をします。すると、すぐに見積書を出してくれます。費用に問題なければ最短でその日のうちに片付けをしてもらえるでしょう。部屋の片付けが苦手な人の場合、思い立ったらすぐに動くことが大切です。なぜなら期間が開いてしまうにつれ、片付けようという気持ちが徐々になくなってしまうからです。

家具や家電を買い取ってもらえる

片付け業者の多くは不要となった家電や家具を買い取ってくれます。「邪魔で処分したいけれど、まだ使えるので捨てるのはもったいない」という家電や家具が部屋にある人も多いのではないでしょうか。しかし、片付け業者を介してリサイクルしてもらえるのであれば、罪悪感なく処分することができます。不用品のなかでも冷蔵庫や洗濯機、テレビ、エアコンなどの家電はある程度の査定額がつきます。買取り金額は処分費用と相殺してもらえるため、片付け業者に依頼する費用を安く抑えることかできるのです。

周囲の人にバレずに片づけられる

友人や家族に自分の部屋が散らかっているとは知られたくないという人は多いのではないでしょうか。ましてやゴミ屋敷のようになっているなら、なおさらです。プライベートだけでなく職場の上司や同僚、取引先の人にゴミ屋敷に住んでいることが分かったら、自己管理ができていないという思われ信頼を失いかねません。しかし、あまりにも部屋が散らかっている場合は一人で片付けるのは大変です。それにゴミ屋敷の場合大量にゴミが溜まっているため、何度もゴミ出しに足を運ばなくてはなりません。時間がかかるため、周りの人に目撃されてしまいゴミ屋敷に住んでいることがバレてしまう可能性があります。恥ずかしい思いをしてしまうでしょう。その点、片付け業者に頼めばスピーディーに対応してもらえます。そのため、周りの人に知られることなく部屋をきれいにすることができるのです。

 片付け業者

A社

主に引っ越しや遺品整理、ゴミ屋敷の片付けを行っている業者です。ちょっとした片付け掃除代行は1時間3000円とリーズナブルな価格で対応しているので、気軽に依頼することができるでしょう。また、365日年中無休で、最短で即日対応可能である点も魅力です。賠償責任保険最大1億円という点でも、安心して依頼することができるでしょう。

B社

ゴミ屋敷で周りの人に部屋の片付けをしていることがバレたくない場合に使いたい業者です。なぜなら、静穏台車、静穏ゴミ袋、低騒音車両を使って、静かに作業してくれるからです。しかも、作業は高速で人目に付かないように配慮しながら、作業を進めてくれます。あらかじめ荷物がまとまっている状態であれば、ワンルームの場合、30分程度で片付くでしょう。このほか、大量ゴミの処分や遺品整理、孤独死や事故死で汚れた部屋の特殊清掃なども対応してもらえます。

C社

ゴミ屋敷の片付けに特化した業者です。ゴミ屋敷清掃士認定協会に所属しています。さらに、追加料金一切なしで、女性の依頼主の場合は女性専任スタッフが片付けてくれるため、安心して依頼することができます。

D社

さまざまな資格を保持した片付けのプロが所属しているのが特徴です。例えば、スタッフのなかには整理収納アドバイザーをはじめ、整理収納ベーシックコーチ、発達障害コミュニケーション初級指導者、遺品整理士、事件現場特殊清掃士、住宅収納スペシャリスト、遺品査定士、福祉住環境コーディネーターなどがいます。そのため、将来、自分でも片付けができるようになりたいという人に合っています。

ゴミ回収バスターズ

「ゴミ回収バスターズ」は不用品回収からゴミ屋敷の片付け、遺品整理・生前整理を行っています。この業者のお客様満足度は98.7%と高く、格安で満足度の高いサービスを受けられるのが魅力です。サービスのなかでも特に人気なのが「軽トラ積み放題パック」です。ゴミや不用品を軽トラックいっぱいに積んで処分してもらうことができます。大量にゴミがある人は依頼してみてはいかがでしょうか。

* 2021/02/28 当社調べ

ご自身のニーズに合わせて最適な手法を選びましょう!

ご自身のニーズに合わせて、行政の指定手法で対応するか、民間の業者に依頼するかなど最適な手法を選びましょう!

関連記事

お電話の方はこちらから
電話:0120-537-999

受付時間 / 9:00〜21:00(年中無休)

フォームからのお問い合わせはこちら
無料相談・お見積もり