東村山の粗大ゴミの処分方法とは?不用品回収業者に依頼を考えている人必見

大型のゴミとなると、自分で処分するのはなかなか大変なものです。行政の回収だけでは思うように出せないこともあるでしょう。東村山に住んでいて、粗大ゴミをはじめとした不用品の処分に困っている人もいるかもしれません。そこで、この記事では東村山の粗大ゴミの処分方法や費用などを説明し、そのうえで処分を依頼できる民間業者についても紹介していきます。

東村山での粗大ごみの出し方とは?

東村山での自治体への粗大ゴミの出し方は大きく分けると2種類あります。一つは自治体に依頼して回収してもらう方法、そしてもう一つは自分で処分場まで運搬する方法です。では、この2つの方法について指定場所への出し方や搬入方法などをさらに詳しく見ていきましょう。

自治体による収集

東村山で粗大ゴミの回収をしてもらうには予約が必要です。予約をせずにゴミ集積場などに出しておいても、回収されることはありませんから注意しましょう。回収されるまでの期間ですが、時期によっては1カ月〜1カ月半ほどかかる場合もあります。そのため、予定通りに回収してもらうにはできるだけ余裕を持って予約することがポイントです。また、東村山市役所や処分場「秋水園」での申し込みはできません。

粗大ゴミの回収申し込みは「粗大ゴミ・動物回収受付センター」で受け付けています。対応しているのは年末年始を除く月〜金曜日の平日で、時間帯は午前8時30分〜午後5時までです。申し込みは電話で、住所、氏名、電話番号、粗大ゴミの品目と数量などを伝えましょう。その際、回収日と回収場所、必要な手数料などを教えてもらえます。手数料は品目によって異なり、指定収集シールを購入することで支払います。指定収集シールを粗大ゴミの目立つ箇所に貼ったら、回収日の朝8時30分までには指定された回収場所に出しておきましょう。

処分場への持ち込み

粗大ゴミを自分で持ち込むときは、「秋水園」と呼ばれる処分場まで運びます。こちらへ持ち込むときは、事前の申し込みは要りません。ただし、受付してもらえるのは年末年始を除く月〜金曜日の平日で、時間帯は午前8時30分〜午後4時です。また、正午〜午後1時までは原則としてお昼休みとなっており、この間は受け付けできませんから注意しましょう。「秋水園」の住所は、東村山市秋津町4丁目17番地1です。

「秋水園」に持ち込む場合でも、可能なのは東村山在住の本人であることが原則となっています。そのため、持ち込むときには身分証明書が必要です。支払いは現金のみで、指定収集シールの利用はできません。粗大ゴミの搬入は車を使うのが一般的ですが、荷下ろしは自分で行うのが原則です。また、分別がされていない物や東村山の処分対象になっていないものは受け付けてもらえませんから、あらかじめ確認しておくといいでしょう。

東村山で粗大ごみとして出せないものとは?

粗大ゴミであれば、何でも東村山で処分してもらえるわけではありません。自分で処分場まで持ち込む場合でも同じです。では、処分されないものにはどのような品目があるのか見ていきましょう。処分されないのは家電リサイクル法の対象になっている家電品が主です。例えば、エアコンやテレビ、洗濯機、冷蔵庫、衣類乾燥機などはそれぞれメーカーによるリサイクルが義務付けられています。そのため、これらの家電品を処分したいときは、購入した店舗に持ち込むか回収してもらう必要があります。

しかし、中には購入した店舗がすでに閉店していることもあるでしょう。そのような場合は自分で指定場所まで持ち込むことで、処分することが可能です。その際の手数料は、郵便局備え付けの家電リサイクル券に必要事項を記入して支払います。その後、家電リサイクル券を対象の家電品に貼って指定場所に持ち込みましょう。また、パソコンやオートバイ、ピアノやバッテリー、消化器なども粗大ゴミとして処分することはできません。粗大ゴミとして扱われない品目については、リサイクルコールセンターで確認し、指示に沿って適切に処分しましょう。

東村山の粗大ごみ回収の費用は?

東村山で粗大ゴミを処分してもらうときは、市による回収か自分で持ち込むかに関わらず、いずれの場合も手数料が必要です。回収と持ち込みによっても手数料は違いますし、回収の場合でも品目に応じて手数料が設定されています。持ち込みの場合は、2020年12月時点で10kgあたり350円です。また、持ち込みには指定収集シールは使えませんから事前に貼らないように注意しましょう。持ち込みでの手数料は原則として現金払いです。万が一不足することのないよう、事前に重さを確認しておくと安心できます。

市に回収してもらう場合、照明器具、掃除機、ストーブはそれぞれ300円です。ソファーは1人用が900円、2人以上の大きさは1300円となっています。ベッドはシングルが1300円、ダブルだと2400円です。タンスについては大きさに応じて細かく分類されています。もっとも安いものでは300円で回収してもらえますが、大きなものになると2400円かかります。詳細な手数料については東村山市のホームページで確認はできますが、サイズや形状によって異なることがあるため疑問があるときは問い合わせた方がいいでしょう。

回収してもらうときの手数料は指定収集シールの購入によって支払います。指定収集シールの種類は100円券、300円券、500円券、1000円券、2000円券の5種類で、指定された手数料に応じて組み合わせて使います。また、一度貼ってしまうと再利用できない工夫がされていますから、間違えないよう注意が必要です。

不用品回収業者の料金体系は?

東村山に粗大ゴミの処分をお願いするのが難しいときは、民間の不用品回収業者に依頼するという選択肢もあります。その際、気になるのは料金ではないでしょうか。では、民間の不用品回収業者の料金体系を見ていきましょう。不用品回収業者の料金は、主に車両費と人件費、処分費で構成されています。車両費にかかるのは車両の維持費や手配する費用、ガソリンなどです。不用品の量に応じて車両の大きさは変わるため、費用にも違いが出てきます。

人件費は、不用品を回収してくれる作業員に支払う報酬相当分です。こちらも車両費と同じように、処分する不用品の量に応じて必要な作業員の人数が変動します。作業の難易度によっても変わるため、不用品の種類にも左右されます。そして、処分費とは廃棄する際に発生する費用のことです。廃棄物によって工程が異なりますが、目安としては一般廃棄物の場合で10kgあたり300円、産業廃棄物となると10kgあたり500円程度が一般的です。

不用品回収業者の料金体系は主に2種類あります。一つは車両ごとで設定されている「トラック積み放題プラン」で、定額を支払うことでトラックに積み込めるだけの不用品を処分することができます。ただし、条件によっては追加料金が発生することもありますから、事前に見積もりをとっておくといいでしょう。もう一つは、基本料金に品目ごとの料金が加算されるプランです。品目ごとの料金は一覧表示されていることが多く、利用者にとってわかりやすいといえます。ただし、設定されている単価がやや高い傾向があるため、利用する際は注意が必要です。

不用品回収業者に安く依頼するコツとは?

一口に不用品回収業者といっても、その数は非常に多くなっています。その中から業者を選ぶには、どのような点を基準にしたらいいか迷う人は多いかもしれません。そこで、不用品回収業者を選ぶ際のポイントや安く依頼するコツについて紹介していきます。

複数社の見積もりを比較する

まず一つは、複数の業者から見積もりをとることです。見積もりを見比べることで、異常に料金が高いなどの悪質な業者を外すこともできますし、適切な料金の目安を知る手がかりにもできます。見積もりは、最低でも3社はとりましょう。2社程度では、適切かどうかの判断が難しくなります。そして、あまりにも安い業者も避けた方が無難です。見積もりが安い場合、中には不法投棄を行う業者もいるかもしれません。また、実際に作業を行ってから追加料金を請求される可能性もあります。作業自体の質がよくないこともあるため、見積もりをもらったら必ず内訳を確認し、追加料金についても聞いておきましょう。その方がトラブルを避けられます。

追加料金を抑える

不用品回収業者によく見られるのがオプション料金です。オプション料金は一見お得な印象を受けやすいですが、結果的に総額が上がってしまう傾向があります。そのため、できるだけオプション料金や追加料金がない不用品回収業者を選ぶといいでしょう。追加にかかる料金は、自分で工夫するだけで抑えることが可能です。例えば、2階以上の部屋にある不用品を下ろしておくだけでも料金は違ってきます。人件費については、友人や親族の手を借りるなどして抑えるのもいいでしょう。また、即日対応が可能な業者の場合、急いで作業してもらえる分、料金が割高になっていることもあります。そういった業者ばかりではありませんが、即日料金がかかるかどうか事前に確認し、できるだけ余裕を持って予約をすると料金を安く抑えることができます。

不用品やごみの量を事前に減らしておく

どの不用品回収業者に依頼するにしても、不用品の量に応じて料金が上がることに変わりはありません。その中でできるだけ良心的な業者を選ぶことがポイントですが、事前に不用品やゴミの量を減らしておくことも安く依頼するコツです。その際、自治体で回収できる物や条件を確認しておくといいでしょう。例えば、布団や毛布などの寝具類でも、指定の可燃ゴミ用の袋に入れば回収されることもあります。この場合、自分で適切な大きさに切断しておけば指定の袋に入れることも可能になり、不用品の量を減らすことができます。また、どうしても不用品の量が減らせないときでも、できる範囲内で分別を行い、さらに袋詰めまで行っておくと人件費を節約できるかもしれません。

 東村山の不用品回収業者

A社

東京都と神奈川県全域に対応している不用品回収業者です。広範囲にわたって回収に応じてくれますから、23区以外でも気軽に利用できる点で高い評価を受けています。東京都内の場合、マンションなど2階以上の集合住宅で暮らす人が多い傾向があります。その場合、料金が上がってしまうことも少なくはありません。その点、見積もり以外に料金が発生することがなく、安心です。小さな不用品の回収にも応じてくれるため、量に関係なく依頼しやすいでしょう。実績が豊富でその分ノウハウもあり、安心して依頼できます。

B社

東京都内と神奈川県全域に対応しており、わかりやすい料金プランを提示している不用品回収業者です。対応してくれる品目も多く、東京都内の回収実績はトップを誇っています。3種類の定額プランがありますから、不用品の量に応じて選ぶことができます。もちろん1点からの回収にも応じてくれるため、ちょっとした片付けから大掃除のような大規模な片付けまで幅広く依頼することが可能です。また、平日や土日祝日も関係なく見積もりや回収に応じてくれるうえに、不用品に関する相談ができることも特徴といえます。対応エリアが広く、回収実績も豊富で安心できる業者です。

ゴミ回収バスターズ

不用品回収はもちろんのこと、ゴミ屋敷の片付けや掃除、さらにリフォームやハウスクリーニングと幅広い作業を一手に引き受けてくれます。引っ越しの手伝いや解体作業にも応じてくれるため、不用品をはじめとした住まいに関するさまざまな問題を相談できる業者です。見積もりは電話でも対応可能で、丁寧なヒヤリングをしながら依頼者に合ったプランを提案してくれます。見積もり以上の金額が発生する心配もありません。

日中仕事をしている人など時間がなかなか取れない人は、不用品回収業者の利用もままならないでしょう。その点、ゴミ回収バスターズは夜間も対応していますから、日中以外の依頼でも応じてもらえます。即日での対応も可能で、最短で30分で現場までかけつけることもできます。そのため、予定を組みにくい人や急な引っ越しなどで時間がない人も安心して依頼することが可能です。ゴミ回収バスターズの不用品回収は、生前整理や遺品整理にも応じてもらうことができ、自分ではなかなか片付けができない故人の所有品の処分や終活にも心強いでしょう。

* 2021/02/28 当社調べ

ご自身のニーズに合わせて最適な手法を選びましょう!

ご自身のニーズに合わせて、行政の指定手法で対応するか、民間の業者に依頼するかなど最適な手法を選びましょう!

関連記事

お電話の方はこちらから
電話:0120-537-999

受付時間 / 9:00〜21:00(年中無休)

フォームからのお問い合わせはこちら
無料相談・お見積もり