川崎市の粗大ゴミ処分方法!運べない場合はどうする?おすすめの業者も紹介

引っ越しをしたり家具家電を買い替えたりしたときに粗大ゴミが出てきて、処分に困ったことがある人は多いのではないでしょうか。実は、粗大ゴミは自治体によって回収ルールが異なります。また、処分の方法に関してもそれぞれ特徴があるのです。そこで、今回は川崎市の粗大ゴミ回収ルールをはじめ、料金相場などを紹介していきます。

川崎市の粗大ゴミの定義とは?

ゴミが粗大ゴミの定義に合わないと、粗大ゴミとして処分してもらえません。粗大ゴミの定義は自治体によって異なり、川崎市では30センチ以上の金属製品や50センチ以上の家具類などを指します。しかし、こうした条件に当てはまっても処分してもらえない場合があります。それは家電リサイクル法対象品目である場合です。たとえば、テレビや冷蔵庫、エアコン、洗濯機などが挙げられます。これらは購入した店または家電リサイクル協定店で引き取ってもらうことになります。また、処理困難物も粗大ゴミとして処分することができません。たとえば、重量が100キロ以上ある重いものや有害物質、ガスボンベなど処理作業に危険が伴うものなどが当てはまります。

粗大ゴミであれば川崎市に申し込みを行い、収集してもらうことができます。ただし、収集日は月に2回で、住んでいる地域ごとに決められています。いつでも引き取ってもらえるわけではないため、気をつけましょう。住んでいる地域で、いつが収集日なのか知りたいときは、川崎市のホームページにアクセスすれば確認できます。

川崎市で回収できないモノは?

川崎市では粗大ゴミとして回収できないものがあります。1つ目はボタン型電池や充電式電池です。ボタン型電池を処分するときは電気店や時計店に置いてある回収缶に入れましょう。ニカド電池などの使用済み充電型電池の場合はリサイクル協力店に持って行きましょう。2つ目は消火器です。消火器は販売店と相談しながら処分することになります。3つ目は使用済みの注射針や不要な薬といった在宅医療廃棄物です。これらはかかりつけの医療機関に連絡して処分します。薬局で購入した場合は薬局で処分可能です。ただし、いきなり持っていくのではなく、あらかじめ薬局に処分方法について確認しておきましょう。

このほか、資源有効利用促進法によってパソコンの処分も禁止されています。そのため、川崎市では回収をしていません。パソコンのメーカーや回収業者のリサイクルを利用することになります。また、事業活動によって排出されるゴミも処分できません。どうすればよいか分からない場合は川崎市の減量推進課などに相談してみましょう。

川崎市の粗大ゴミ回収ルールは?

川崎市で粗大ゴミを捨てる場合は事前の申し込みが必要です。電話で申し込む場合は「粗大ゴミ受付センター」に連絡します。受付時間は月曜日から土曜日の午前8時から午後4時45分までです。スケジュールを確認して余裕があれば申し込むことができます。インターネットで申し込む場合は、まずは電子申請サービスである「ネット窓口かわさき」に登録します。登録すると24時間以内であれば申し込み可能です。粗大ゴミ収集日よりも4日以上前であれば申し込み後のキャンセルもできます。

収集日は月2回地域ごとに決められていて、それ以外の日に捨てることはできません。また、料金は収集日前に支払う必要があるのです。料金はコンビニや郵便局などで粗大ゴミ処理券を購入することで支払ったことになります。処理券はシールになっており、裏面に氏名や受付番号などの必要事項を記入します。そして、粗大ゴミごとに見やすい場所に処理券を貼ればOKです。

川崎市では原則として持ち込み不可です。ただし、何か特別な事情がある場合は相談してみましょう。認めてもらえれば、各地域の生活環境事業所に持ち込めたり、戸別回収するサービスを利用できたりします。

処分したい粗大ゴミが運び出せない場合の対処法とは?

粗大ゴミは基本的に指定場所まで自分で運ばなくてはなりません。重量もありサイズも大きいタンスやベッドなどの大型家具の持ち運びは大変です。女性や高齢者、2階以上に住んでいる場合は特に難しいでしょう。そこで、少しでも軽くすることが大切です。たとえば、運び出す前に大型家具を分解するのです。たとえば、食器棚の場合は棚板を、整理タンスの場合は引き出しを抜くと軽くなるでしょう。

大型家具の運搬が厳しい場合は、川崎市が提供している「ふれあい収集」サービスがあります。このサービスに申し込めば、スタッフが自宅または指定の場所までゴミを回収しに来てくれます。ただし、利用できるのは65歳以上で一人暮らしの人、同居する家族がいても一定の場所まで運べない人、一人暮らしの障がい者です。利用条件に当てはまらず、大型家具などが運び出せないときには、不用品回収業者や便利屋さんへの依頼を検討するとよいでしょう。

川崎市の粗大ゴミ処分にかかる料金相場は?

自治体に粗大ゴミの処分を頼む場合、料金が発生します。料金設定は自治体によって異なります。川崎市では「1番長い部分が30cm以上50cm未満で全部または一部が金属のもの(カセットコンロ、ジューサー、ミキサー、炊飯器、トースター、ビデオデッキ、プレーヤーなど)」は200円、「1番長い部分が50cm以上180cm未満のもの(衣装箱、いす、カーペット、カラーボックス、ゴルフクラブ、座いす、座卓、自転車、ストーブ、扇風機、棚、タンス、机、テーブル、テレビ台、電子レンジ、布団、マットレスなど)、または180cm以上で幅が10cm未満のもの(カーテンレール、材木、釣竿、パイプ、物干竿など)」は500円、「1番長い部分が180cm以上で幅が10cm以上のもの(障子、スプリングマットレス、ソファー、棚、タンス、ベッド枠など)」は1000円です。

上記の料金設定に合ったゴミ処理券を購入すれば、川崎市に回収を依頼することができます。ただし、折りたたんだり解体したりまとめたりすれば安くなる場合もあります。たとえば、プラスチック製の衣装ケースの場合は同じ種類のものであれば5つを1つにまとめることで、1つ分の処理券で済みます。食器棚はバラバラにして小さくすればサイズダウンするため、処理券の料金も安くなるでしょう。また、生活保護などを受けている場合は申請すれば減免の可能性もあります。生活環境事業所に問い合わせてみましょう。

粗大ゴミの処理券はコンビニや郵便局で購入することが可能です。販売している店舗についてはステッカーで表示しているため、すぐに分かります。1000円の処理券は販売されていないため、200円券5枚または500円券2枚を購入することになります。ただし、一度購入すると返品できないため、注意しましょう。とはいえ、有効期限がないので次に使用するときのために取っておくことはできます。

不用品回収業者を選ぶ際のポイントとは?

川崎市に粗大ゴミの処理を依頼したくても、運搬の関係で諦めないといけないこともあるでしょう。そのようなときの選択肢としておすすめしたいのが、不用品回収業者に依頼することです。しかし、不用品回収業者は数が非常に多くなっています。どこに依頼すればよいのか迷うのではないでしょうか。そこで、依頼する不用品回収業者を選ぶポイントについて解説していきます。

料金体系を確認する

不用品回収業者の料金体系は大きく分けて2つあります。1つ目は基本料金に加えて品目ごとに料金が発生する料金体系です。冷蔵庫やエアコン、タンスなど単品で重さがあるものに関してはこの料金体系で依頼する方が安く処分できるでしょう。ただし、エアコンの取り外しまで依頼する場合は別途料金が発生する可能性があります。2つ目は定額制の料金体系です。トラックにいくら不用品を詰め込んでも料金が変わらないというものです。さらに、エアコンの取り外しも梱包作業費も全て含まれている場合もあるため、その場合は追加料金の不安がありません。不用品が大量にある場合、何個処分したいのか把握できない場合などに利用するとよいでしょう。

注意したいのが、不用品回収業者によって料金体系が異なることです。処分したい不用品の量によって、どちらの料金体系を選べば安く済むかが違います。自分自身の状況と照らし合わせて、事前に不用品回収業者に確認しましょう。1円でも安くするためには1社だけでなく複数社に見積りを出してもらうことも大切です。その際、無料見積もりで料金に納得できなければ断ることが可能な業者を選ぶようにしましょう。さらに、あとで追加料金が取られないかどうかもチェックしましょう。

許可の有無を確認する

不用品の回収処分は誰でもできるわけではありません。不用品を回収するには許可が必要になります。まず、不用品回収業者は不用品の中に有価物がないかどうかを確認した後に不用品を処分しなければなりません。こうした作業を行うためには自治体から「一般廃棄物収集運搬業許可」を得ている必要があるのです。次に、白物家電は家電量販店やリサイクルショップと提携して家電リサイクル法4品目(エアコン・テレビ・冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機)を回収しなくてはなりません。そのため、「産業廃棄物収集運搬許可」が必要になります。

このほか、不用品の処分だけでなく買取まで行っている場合は都道府県の公安委員会から「古物商」の許可を取っていなくてはなりません。これらの許可がないにも関わらず、不用品を処分することは違法です。のちにトラブルになってしまう可能性があるのです。

依頼する前に不用品回収業者が必要な許可を得ているかどうか確認するようにしましょう。大半の不用品回収業者では取得している許可に関してホームページに記載しています。

 川崎市の不用品回収業者

A社

川崎市はもちろんのこと、関東全域に対応している不用品回収業者です。ベッドやタンスなどの大型家具をはじめテレビや洗濯機などの白物家電、楽器、自転車、パソコン、オーディオ機器などさまざまな不用品に対応しています。料金体系は定額パックを採用しています。パック利用金の中には、他社では追加料金に設定されることが多い搬出・梱包作業費や出張費をはじめ人件費なども含まれているのです。そのため、あとで追加料金が取られる心配がありません。

見積もりは電話にて24時間、年中無休で受け付けています。所有しているトラック台数が多いため、見積もり後すぐに来てもらうこともできます。また、他社よりも1円でも高ければ相談可能です。このほか、不用品回収だけでなくエアコンクリーニングをはじめ、キッチン、浴室のハウスクリーニングも行っているのも魅力といえるでしょう。

B社

関東全域で対応している不用品回収業者です。最大の魅力は価格設定にあります。たとえば、横79センチ・奥行59センチ・高さ147センチのカゴ台車に積み放題プランはなんと9800円というリーズナブルな料金設定なのです。さらに、見積もり時に「サイトを見た」と伝えると最大10%割引してもらえます。また、即日並びに深夜・土日対応も行っているため、すぐに不用品を処分したいという人に向いています。簡単なゴミ回収であれば30分から1時間程度で可能です。また、女性スタッフに自宅まで来てもらうこともできるため、女性の一人暮らしでも安心して依頼することができるでしょう。このほか、不用品回収のほかにも、ゴミ屋敷清掃や遺品整理なども行っています。

ゴミ回収バスターズ

「ゴミ回収バスターズ」は不用品回収はもちろんのこと、ゴミ屋敷清掃、遺品整理、生前整理、引っ越し、解体工事などのサービスを提供しています。不用品を回収してもらったついでに清掃をしてもらいたい、引っ越ししたいなど、他の目的がある場合には一度に行ってくれます。

また、「ゴミ回収バスターズ」はスピーディーで24時間対応です。最短で30分で自宅に到着します。そのため、周りに知られずに不用品を片付けたい、緊急事態が発生したというときなどに便利です。見積もりは電話でも可能で、他社よりも1円でも高ければ相談可能です。また、利用者の不用品の状況をヒアリングした上で最適な格安プランを提案してくれます。

* 2021/02/28 当社調べ

ご自身のニーズに合わせて最適な手法を選びましょう!

ご自身のニーズに合わせて、行政の指定手法で対応するか、民間の業者に依頼するかなど最適な手法を選びましょう!

関連記事

お電話の方はこちらから
電話:0120-537-999

受付時間 / 9:00〜21:00(年中無休)

フォームからのお問い合わせはこちら
無料相談・お見積もり