杉並区で粗大ごみはどう処分する?おすすめの不用品回収業者も紹介!

引っ越しや模様替えで粗大ごみが出たけれど、どうやって処分したらいいかわからない…というお悩みはありませんか。粗大ごみの回収方法や処理にかかる費用は、お住まいの自治体によって異なります。今回は、杉並区に住んでいる方が粗大ごみを処分するときの処理方法について詳しくご紹介します。自分が住んでいる地域の回収ルールを知り、適切に粗大ごみを処分しましょう。

杉並区で粗大ごみとして回収してくれるもの

まずは杉並区で粗大ごみとして回収してくれるものについて見ていきます。杉並区では他の多くの自治体と同じように、ごみの大きさによって粗大ごみと普通ごみを区別しています。具体的な粗大ごみの基準は「家庭から出る家具や家庭用品のうち、ごみの最大辺がおおむね30cmを超えるもの」です。つまり、ごみの1番長い部分を測って30cmを超えていたら、普通ごみではなく粗大ごみに出すべき大きさだとわかります。

最も長い1辺が基準となるため、物干し竿や突っ張り棒など幅が狭くて細長いものも粗大ごみの扱いです。粗大ごみを誤って普通ごみの日に出すと、回収されずに放置されることも考えられます。ぱっと見て小さく思えても、長さのあるものをごみとして処分する前はサイズを測っておくと安心ですね。この他、粗大ごみの主な例としては、布団・テーブル・たんす・椅子・ソファー・ストーブ・衣装ケース・自転車などが挙げられます。

回収してくれない物もある?

杉並区では粗大ごみとして回収してくれないものもあります。前項では粗大ごみの大きさの基準を「最大辺が30cm以上のもの」としましたが、220cmを超えると今度は大きすぎて粗大ごみとして受け付けてもらえません。また、家電リサイクル法が適用される洗濯機・エアコン・乾燥機・テレビ・冷蔵庫などの家電製品も、回収不可です。家電リサイクル法とは、家庭や事務所から不用品として出された家電製品の部品や材料をリサイクルすることにより、廃棄物の削減と資源の有効利用を推進するための法律です。

パソコンも法律によって自治体での回収ができないごみの1つです。パソコンには、資源を循環させる社会を作るために必要な3R(リデュース・リユース・リサイクル)の取り組みを推進するための法律、資源有効利用促進法が適用されます。デスクトップパソコン本体・ノートパソコン・液晶ディスプレイ・ブラウン管ディスプレイがその対象です。これらに加えて、タイヤ・ピアノ・自動車のバッテリーなども杉並区では回収できません。購入した店や製造元に相談するか、適正に処理してくれる専門業者の相談窓口に問い合わせるよう促しています。

杉並区の粗大ごみの処理方法

杉並区で粗大ごみを捨てるには、実際にどのような手続きを踏めばいいのでしょうか。ここでは「回収」と「持ち込み」の2種類の粗大ごみ処理方法について紹介します。

回収してもらう場合

それでは、杉並区で粗大ごみを回収してもらう方法について説明します。杉並区の粗大ごみの回収には事前の申し込みが必要です。粗大ごみ受付センターに電話・FAXで申し込むか、ホームページからインターネットで申し込みを行います。
手順としては、
・ごみの大きさを測り、数値をメモしておく。(幅・高さ・奥行きの全てを計測)
・粗大ごみ受付センターに連絡し、回収日の予約をする。このとき、ごみの種別、大きさから処分に必要な費用が案内される。
・案内された金額に応じて、杉並区の有料粗大ごみ処理券を購入する。
・回収日の朝8時までに、有料粗大ごみ処理券を貼り付けた粗大ごみを回収場所に出す。
となります。

杉並区の有料粗大ごみ処理券は区役所のごみ減量対策課のほか、杉並区内の「ごみ処理券取扱所」マークを掲示しているスーパーやコンビニなどで販売しています。杉並区のホームページにはごみ処理券を取り扱う店舗の一覧があるため、最寄りの販売店を探すといいでしょう。有料粗大ごみ処理券を粗大ごみに貼り付ける際には、必ず申込時の「受付番号」か「名前」を明記して、見えやすい位置に貼り付けます。

粗大ごみの回収場所は一戸建てなら自宅玄関前や道路に面した敷地入り口など、集合住宅の場合は専用のゴミ置き場や1階入口付近です。かさばる粗大ごみを回収場所まで出すのが難しい高齢の方や障がい者の方のみの世帯の場合には、所管の清掃事務所の職員が運び出しを手伝ってくれる制度もあります。

持ち込む場合

次に、杉並区で粗大ごみを自動車などを使って自分で持ち込み、処分する方法について説明します。杉並区の粗大ごみ持ち込みにも、やはり事前の申し込みが必要です。また、杉並区では粗大ごみ搬入希望日の5日以上前に連絡するというルールがあります。
手順としては、
・粗大ごみ受付センターに電話、またはFAXで申し込みを行い、粗大ごみを搬入する日程を決める。
・案内された金額に応じて、有料粗大ごみ処理券を購入し貼り付けておく。
・自動車などで、指定された日に持ち込み場所へ直接粗大ごみを搬入する。
となります。

ここで注意が必要なのは、粗大ごみの持ち込みは日曜日の午前9時~午後4時の間のみであることです。月曜から土曜に粗大ごみを捨てたい場合は、持ち込みでなく回収を申し込みましょう。ちなみに、1回の持ち込みで受け入れてもらえる粗大ごみの数は5点までと決まっています。杉並区民であることを確認するために、搬入当日は運転免許証などの住所・氏名が確認できるものが必要です。持ち込み場所は環七通り沿いの「堀ノ内中継所」という場所で、杉並区のホームページに詳しい地図情報が載っているほか、申込時にも場所の案内があります。持ち込み場所付近は交通量が多い地域のため、交通安全に気をつけて搬入を行いましょう。

杉並区の処分費用

それでは、杉並区の粗大ごみ処理費用を見ていきます。粗大ごみの処理手数料は全て、これまでの説明にも登場した「有料粗大ごみ処理券」で支払う必要があります。有料粗大ごみ処理券は200円のA券・300円のB券の2種類です。それぞれ1枚単位で販売されており、指定された金額になるよう組み合わせて使用します。粗大ごみを捨てるときに気になるのはやはり、費用がどのくらいかかってしまうのか?ということですね。粗大ごみを回収してもらう場合の例としては掃除機が400円、自転車が800円、シングルベッド(マット別)が1200円など、サイズの大きなものほど費用も高くなる傾向があります。

杉並区のホームページには主な品目に対する粗大ごみ回収の処理手数料一覧表が公開されているため、事前に費用をチェックするといいでしょう。主な品目に掲載されていないごみについては、サイズを測って粗大ごみ受付センターに連絡すると、正確な手数料を教えてくれます。

粗大ごみを持ち込みで処理する場合はごみの大きさや種別に関係なく、粗大ごみ1点につき一律400円の手数料がかかります。この際も支払いは現金でなく、必ず有料粗大ごみ処理券で行います。自分で搬入できるなら、大きな粗大ごみほどお得に捨てることができますね。また、杉並区が定める基準を満たした世帯では粗大ごみの処理手数料が減額や免除になる場合があります。対象条件は、生活保護を受けている方、児童扶養手当や特別児童扶養手当を受けている方、火災や自然災害を受けた方、老齢福祉年金を受けている方などです。

回収業者の利用もおすすめ!

粗大ごみを処分したい場合、自治体の回収や持ち込み以外にも民間の不用品回収業者を利用する方法があります。不用品回収は、業者がトラックで自宅まで不用品を引き取りに来てくれるサービスです。行政の粗大ごみ回収とは異なり、各業者によって粗大ごみ処理にかかる費用やサービス内容は実にさまざま。不用品回収業者によっては基本料金に出張費や車両費が含まれていなかったり、別途で処理費用やオプション料金などがかかる場合もあるため注意が必要です。

多くの業者は自社のホームページを持っているため、掲載されている情報をじっくり比較検討するといいでしょう。条件に合いそうな不用品回収業者が絞り込めたら、電話やインターネットで見積もりを依頼し、料金に納得できるところに申し込みをすればOKです。不用品回収の基本料金の相場は3,000円~5,000円くらいが一般的で、そこに追加でかかるその他の費用の料金相場は業者により異なります。

回収業者のメリット

不用品回収業者には杉並区など自治体が運営する粗大ごみ回収にはない、民間ならではのメリットがあります。その具体的なポイントを見ていきましょう。

手間がかからない

まず第1のメリットは、圧倒的に手間がかからないことです。引っ越しのための荷物整理で大量に不用品が出たり、ベッドやたんすなどの重たい大型家具を捨てたりしたい場合は粗大ごみを回収場所まで出すのも一苦労です。費用が割安の持ち込みも、大きな粗大ごみを持ち上げて車に載せたり降ろしたりするのはかなりの重労働です。予約日の朝8時までに粗大ごみを出しておかなくてはならないのも面倒ですね。

不用品回収業者なら重たい荷物の運搬に慣れたプロの手で、大量の不要品も大型家具も難なく運び出してもらえます。特に年配の方や腕力に自信がない女性は普段持ち慣れない重たいものを持って怪我をすることがないよう、無理をせず不用品業者を利用するのがおすすめです。自分の都合がいい日時に予約を取り、余裕を持って粗大ごみを出せるのは便利です。

自治体が不可の物でも回収可能

第2のメリットは、不用品回収業者なら自治体では回収してもらえない品目も受け入れてもらえるという点です。記事内でも紹介したように、杉並区では家電リサイクル法対象品目のテレビ・エアコン・冷蔵庫・洗濯機などの家電製品や、タイヤ・ピアノなどを粗大ごみとして出すことができません。不用品回収業者は、自治体が不可としているものでも回収が可能ですから「これは粗大ごみで、こちらは製造元に問い合わせて…」などと品目ごとの細かい対応を考えずに済みます。捨て方のわからないごみの心配をせずにごみを丸ごとまとめて不用品回収業者に任せられれば、ストレスがなく気持ちも楽ですね。

即日で処分も可能

第3のメリットは、不用品業者なら即日で粗大ごみを処分することも可能だという点です。杉並区を含む自治体の粗大ごみ回収はスケジュールが混み合っていることが多く、申込みをしても回収日は1カ月先などということもよくあります。持ち込みで処理するにも希望日の5日以上前に予約する必要があり、日曜日の午前9時~午後4時までと曜日と時間の制限つきです。

引っ越しの日が迫っているときや大量の不要品が出たときはすぐにでも処分してすっきりしたいのに、なかなか粗大ごみに出せないようでは困ってしまいますね。その点、不用品回収業者に依頼すれば最短で即日回収してもらうことも可能です。引っ越しや自分のスケジュールに合わせてごみの処分ができるのは大きな利点です。

 杉並区の回収業者

A社

年中無休で深夜24時まで対応してくれ、LINEで不用品の写真を送るだけで手軽な見積もり依頼が可能で、2回目の依頼では20%の割引が受けられます。

B社

単品のごみでも即日対応で顧客満足度が高く、これまでの実績の中で顧客とのトラブル件数が0件というのも安心できるポイントですね

C社

不用品回収のついでにハウスクリーニングも済ませることができます。ごみ袋1つからの少量回収にも対応しており、単身者や学生の引っ越しにぴったりの不用品回収業者です。

ゴミ回収バスターズ

顧客の依頼内容に合った格安プランが充実しているのが「ゴミ回収バスターズ」です。なんと最短で30分の早さで駆けつけてくれるスピード感が特徴で、追加料金が一切かからないのもうれしいポイントです。他社より1円でも高い場合は料金の相談に応じてくれます。

* 2021/02/28 当社調べ

ご自身のニーズに合わせて最適な手法を選びましょう!

ご自身のニーズに合わせて、行政の指定手法で対応するか、民間の業者に依頼するかなど最適な手法を選びましょう!

関連記事

お電話の方はこちらから
電話:0120-537-999

受付時間 / 9:00〜21:00(年中無休)

フォームからのお問い合わせはこちら
無料相談・お見積もり