▼対応エリアのご注意点

対応エリアご注意

東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、茨城県、栃木県1都6県のみの対応となります!

不用品となったロッカーの処分方法を徹底解説!

ロッカーは粗大ごみに該当するので、自力で処分するのは難しいといえます。以下、ロッカーを処分する際の代表的な方法を4つ、挙げていきます。

不用品となったロッカーの処分方法

処分方法1:地元の自治体に任せる

自治体が運営しているごみ処理施設に持っていく方法です。まず、自治体に連絡して回収日や料金、回収場所などの確認をしましょう。そのうえで、指定の日時にロッカーを施設まで運んでいきます。なお、回収料金は自治体が発行している「回収料金のシール」によって支払うのが一般的です。このシールはコンビニなどで購入し、ロッカーに貼り付けておきましょう。なお、施設によっては玄関先にまで粗大ごみを取りに来ることもあります。ただし、その場合も出しておく場所、時間についてのルールがあるので自治体ごとに調べておきたいところです。

自治体のごみ処理施設を利用すれば、比較的費用を抑えられるのがメリットです。そのかわり、自治体には回収が不可能なごみも少なくありません。たとえば、オフィスや店舗で使ってきたロッカーが「事業系ごみ」に含まれてしまいます。事業系ごみは一部の自治体だと回収できないので気をつけましょう。こうした自治体で事業系ごみ回収を頼むと、罰金の対象になってしまいます。

処分方法2:不用品回収業者に依頼する

自治体がロッカーを回収していないなら、不用品の専門業者に依頼していただくのもおすすめです。事業で使ってきたロッカーは「産業廃棄物」だとみなされます。そして、産業廃棄物処理の許可を得ている業者であれば、ロッカーの回収は可能です。ただ、これらの業者にいきなりロッカーを持って行っても処分できるわけではないのでご注意ください。まずは委託契約を締結する必要があります。さらに、業者はマニフェストを交付するので中身をしっかりチェックしましょう。マニフェストとは、産業廃棄物を処分する流れが記された書類です。依頼人である事業者は、マニフェストを最低5年間は保管しなくてはなりません。

専門業者に依頼するときの注意点は、「悪徳業者に連絡しないこと」です。許可を得ていないのに、産業廃棄物を取り扱っている業者もいます。こうした業者と契約してしまうと後々のトラブルにつながるので、契約前に実績を確認しておきましょう。

処分方法3:売却する

スチールロッカーなら、「鉄くず」としての需要があります。鉄くずは重量に応じた価格がつくので、買取業者まで足を運んでみましょう。こうした業者なら、処分の際に面倒な手続きをする必要がありません。営業時間内であれば予約をしなくても対応しています。ロッカーを持って行って置いて帰るだけであり、持ち主の方の負担は少なくて済むでしょう。ただし、鉄くず買取業者はスチール以外のロッカーを取り扱っていません。また、スチールの中にプラスチックが多く含まれているロッカーも、買取を拒まれてしまう可能性があります。

そのほかでは、中古ロッカーを求めている人に買取ってもらうのもひとつの方法でしょう。新品のロッカーを買うと高額になるので、古くても安い製品を探している人は少なくありません。この方法の注意点は、「必ずしも買主が見つかるとは限らない」ことです。持ち主の方がロッカーを処分したいタイミングで買主が現れないケースもあり、やや確実性に欠ける手段だといえます。リサイクルショップに買取を頼む場合にせよ、絶対に査定を通るわけではないのです。

処分方法4:解体して一般ごみにする

粗大ごみとしてロッカーを処分するには費用がかかってしまいます。少しでも出費を抑えたいなら、ロッカーを解体して一般ごみのサイズにしてみましょう。ロッカーをバラバラにすれば、粗大ごみとして扱う必要もありません。ほかの不燃ごみと同じ扱いで楽に処分できます。ロッカーを遠い施設にまで運んだり、リサイクルショップを探したりする労力も省けるでしょう。

一方で、この方法には「作業自体がたいへん」というデメリットもあります。確かに、施設や業者にまで運ぶ手間はなくなります。そのかわり、自宅でロッカーを解体することに、力を使わなくてはなりません。専用の道具がなければ用意する必要もありますし、作業そのものに危険も生まれます。万が一、作業がスムーズに行えなかったときは、「最初から不用品回収業者に頼めばよかった」と感じてしまう可能性もあるでしょう。

対応していない業者もある?ロッカーを処分する際の注意点!

ロッカーは事業系の粗大ごみに該当し、一部の自治体や回収業者では処分できないこともあります。また、誰かに買取ってもらったり寄付したりするときでも、届け方に注意しましょう。ロッカーは自力で運びにくいので、宅配便を使うのが便利です。ただ、巨大なロッカーになるとサイズや重量の制限に引っかかってしまうサービスも出てきます。処分したいロッカーのサイズや重さを計測したうえで、対応しているサービスを探さなくてはなりません。

それに、持ち主側の負担で送料を払っていると、それだけでも出費は増えてしまいます。ロッカーを処分する際は、無料で引き取りに来るサービスを選ぶのが賢明です。なお、そのほかの料金については事前に見積をとってチェックするのがいいでしょう。見積を確認すれば、ロッカーの処理にかかる費用を把握できます。納得できない金額についてすぐ質問できるので、間違って悪徳業者に処分を依頼してしまうリスクも抑えられます。

どれが得になる?ロッカーを粗大ごみで処分する方法や料金!

ロッカーを粗大ごみとして処分する際は料金が気になりますよね。ここからは、処分方法ごとに料金の目安を紹介していきます。

自治体は200~3000円

粗大ごみについてのルールは自治体ごとに異なります。また、ロッカーのサイズによっても処分費用は変わってくるので、自治体に依頼するときの相場はやや予想しにくいといえるでしょう。それでも、ほかの粗大ごみの処分費用などから考えれば、安くて200~300円程度、高くて2000~3000円程度だといえます。もちろん、ロッカーの数が多くなるなら料金はもっと高くなっていきます。

自治体でロッカーを処分してもらえれば、費用をやや抑えられるのは魅力です。そのかわり、自治体は粗大ごみの処分に関する決まりごとが多いので要注意です。事業系ごみを処分できない自治体が多いほかにも、「エリア外からの持ち込みは受け付けない」というルールもあります。すなわち、会社や店舗がロッカーを自治体で処分したいなら、そのエリア内に事業所を置いていなくてはなりません。エリア外から事業系のごみを持ち込んでも自治体には拒否されてしまいます。

不用品回収業者は5000円~

あくまでも相場として、不用品回収業者によるロッカー処分は1台あたり5000円ほどです。そこに人件費や交通費といった細かいオプションが加算されることもあります。たとえば、階段を上り下りして、ロッカーを運ばせる場合には料金が加算されることも少なくありません。ロッカーの数が多くなると作業員も増えるので、基本料金に費用が追加されます。ただ、これらのオプション料金は業者によってさまざまです。事前見積の段階で費用を細かくチェックし、疑問点があれば気軽にご質問ください。

ロッカーを大量処分するときには、不用品回収業者の「積み放題プラン」がおすすめです。不用品回収業者はトラックの積載量の範囲内なら、一定額で済むというパック料金を用意しています。積み放題プランの料金は安くて2万円ほどからです。トラックの積載量が多くなれば、パック料金も比例して高くなるシステムです。

スチールロッカーを鉄くずにするのはプラス400円

ロッカーがスチール製の場合、鉄くずを求める業者からの需要が生まれます。その際は、1キロ20円前後が目安です。つまり、小型ロッカー1台で400円ほど、大型で1000円ほどの買取価格になるでしょう。鉄くずにするメリットは、ロッカーについている汚れや傷がほとんど問題にならないことです。業者は買取った後で鉄くずにするので、ロッカーの状態を細かく見ていません。古いロッカーも新品とほとんど同じ値段で買取可能です。

そのかわり、鉄くず買取業者が扱うのはスチール製のロッカーのみです。プラスチックや木材のロッカーは対象外なので注意しましょう。さらに、鉄くず買取業者の相場は決して高くはありません。業者にスチールロッカーを運ぶ手間から考えれば、割に合わないケースも出てきます。ロッカーを鉄くず買取業者に持ち込むのなら、時間や労力も踏まえて検討しましょう。

リサイクルショップはプラス5000~1万円

純粋な値段でいえば、リサイクルショップの買取がお得になるケースは多いでしょう。リサイクルショップでは中古ロッカーが5000~1万円ほどになることも少なくありません。出張買取や宅配買取といったサービスを利用したなら、店頭までロッカーを運ぶ手間も省けるでしょう。ただし、これらの価格はあくまでもロッカーのコンディションが良好なときに限ります。中古ロッカーには汚れや傷が多くなる傾向があり、査定ではマイナスポイントになってしまいます。実際には、買取価格がつかないこともありえるのです。

そのほかでは、リサイクルショップによって「取り扱っている種類」があるのもポイントです。スチールロッカーや更衣ロッカーなど、細かく種類を指定している店舗も珍しくありません。処分したいロッカーが取り扱い対象外だと、そもそも査定すら行わないリサイクルショップもあるのです。新品と同等の状態でなおかつ、需要の多いタイプのロッカーでないとリサイクルショップ向きではないでしょう。

ネットオークションでは言い値で売却できる

ロッカーをネットオークションで処分する際には、持ち主の言い値で売りに出せます。仮に持ち主が金額を1万円に設定したとしたなら、納得した買い手が現れた時点でオークションは終了します。買い手さえつくのであれば、購入価格と同等の金額でロッカーを売ることもできるでしょう。

ただし、ネットオークションは商品にまつわるトラブルが多く、注意したいところです。「写真と実物が違った」「到着が遅い」といったクレームは珍しくありません。さらに、ロッカーを買い手まで郵送するのも持ち主側の作業です。梱包や郵送にかかる費用も考慮することが大事です。そのほかでは、買い手が現れたのになかなか入金してもらえないという問題も起こりえます。そもそも、ネットオークションでは出品期間内に買い手が出てこない可能性もゼロではありません。すぐにでもロッカーを処分したい人には適さない方法だといえます。

安全かつ確実に!ロッカーの処分を業者に依頼する方法

迅速にロッカーを処分するのであれば、不用品回収業者を利用しましょう。不用品回収業者はロッカーの種類、状態にこだわらず引き取ってきました。自治体やリサイクルショップで断られたロッカーも、不用品回収業者なら持ち帰りができます。積み放題プランやキャンペーン価格を利用すれば、処分にかかる費用も抑えられます。不用品回収業者の相場が分からないときは、複数の業者から見積をとってみましょう。基本料金やオプションの価格をチェックすれば、ロッカー処分の相場が見えてきます。そのほかでは、産業廃棄物処理の許可を得ている業者にロッカー処分を依頼することで、トラブルを避けられるのもメリットです。

業者に依頼される際は、ぜひゴミ回収バスターズにご連絡ください。ゴミ回収バスターズはまず、お電話で見積を受け付けています。ロッカー1点の回収作業から、リフォームや引っ越しにともなう大掛かりな整理にまで対応しています。仮に見積の額が他社よりも高かったなら、お客様との交渉も受け入れてきました。価格に納得していただいた時点でスケジュール調整に移ります。ゴミ回収バスターズでは最短で即日の回収が可能です。なお、相談や見積だけなら無料で引き受けています。

まとめ

いらなくなったロッカーの処分は不用品回収業者にお任せください。産業廃棄物処理の許可を取っている業者なら、自治体では扱えないごみにも対応できます。その中でも、ゴミ回収バスターズは分かりやすい料金設定とスタッフの技量で、お客様からの信頼を得てきました。作業費に関する交渉を柔軟に受け入れられるのも大きな強みです。

関連記事

お電話の方はこちらから
電話:0120935930

受付時間 / 9:00〜21:00(年中無休)

フォームからのお問い合わせはこちら
無料相談・お見積もり

 不用品ゴミ回収料金プラン

単品アイテムのみならず、大量の不用品回収もご対応できます!!
様々なご要望に応える豊富なプランをご用意しております!!

  • 10月~11月限定!

    軽トラ積み放題
    Sパック
    こちらのサービスはお客様ご自身で運んでいただくプランです!
    費用を安く抑えたいお客様のためのプランとなっております!
    トラック近く3メートルまで。
    11月30日まで!! ¥10,000(税別)
    ※リサイクル家電4品目・PC関連除く
    9,000円(税別)

    東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県

  • 軽トラ積み放題
    Sパックプラス
    こちらのサービスは不用品の運び出しからトラックへの積み込みまで全て当店スタッフが行います!
    お客様は見ているだけのらくらくパックになっております!
    14,800円(税別)
  • 軽トラ積み放題
    Lパック
    こちらのサービスはお客様ご自身で運んでいただくプランです!
    費用を安く抑えたいお客様や、体力に自信がある方へのプランとなります!大きな家具や結構量がある方へおススメ!トラック近く3メートルまで
    24,800円(税別)
  • 当店一番人気!

    軽トラ積み放題
    Lパックプラス
    こちらサービスは不用品の運び出しからトラックへの積み込みまで全て当店スタッフが行います!
    お客様は見ているだけのらくらくパックとなっております!大きな家具や結構量がある方へおススメ!
    29,800円(税別)
  • 2トン積み放題
    Sパックプラス
    かなり量がある方、ご自身で運び出し困難な回収物がある方へのおすすめのプランです!
    39,800円(税別)
  • 2トン積み放題
    Lパック
    一軒家まるまる大量な回収物がある方へのプランです!当店スタッフが運び出しすることをオススメします!
    54,800円(税別)
  • 2トン積み放題
    Lパックプラス
    一軒家まるまる大量な回収物がある方へのプランです!
    3人がけソファや大型家具、家電など一人で運び出し困難な回収物や梱包作業など全て当店スタッフが行います!
    59,800円(税別)
  • ゴミ屋敷
    かたづけパック
    どんな大規模なゴミ屋敷でもスピード解決いたします。作業時間が長くなってしまうと、お客様にも負担をかけてしまうため、できるだけ早く作業を終えられるよう努めています。
    お見積完全無料・経験豊富なスタッフがお客様にとって最適なご提案をさせて頂きます。
    50,000円(税別)~
  • 遺品整理パック
    経験豊富なスタッフが極め細やかな仕分け作業を迅速に行ないます。仕分け中に出てきた貴金属や家電など、買取可能なリサイクルやリユース品はできるだけ買取させていただき、不用品処分の軽減に努めております。お見積完全無料・経験豊富なスタッフがお客様にとって最適なご提案をさせて頂きます。
    30,000円(税別)~
【注意事項】
  • ・単品回収については作業スタッフが一名でお伺いすることがございますので、運び出しを手伝っていただいたり、玄関前に運び出していただく場合がございます。
  • ・単品回収については5000円以上から回収に伺います。
  • ・高額な処理費用や工賃がかかる不用品に関しては、別途料金がかかる場合がございます。
  • ・お見積りの連絡なしのキャンセルは交通費10000円をいただく場合がございます。

不用品回収アイテム関連記事は量や作業内容によって料金が異なる場合がございます。
お気軽に電話やフォームにてお問い合わせいただけますと幸いです。

お電話の方はこちらから
電話:0120935930

受付時間 / 9:00〜21:00(年中無休)

フォームからのお問い合わせはこちら
無料相談・お見積もり