▼対応エリアのご注意点

対応エリアご注意

東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、茨城県、栃木県1都6県のみの対応となります!

不用品となった植木の処分方法を徹底解説!

この記事では植木の処分方法として考えられるものを見ていきましょう。

不用品となった植木の処分方法

処分方法1:定期収集ごみとして捨てる

植木はサイズや量によっては、自治体の定期収集ごみとして捨てることができます。指定のごみ袋に詰め、決められた収集日に収集場所に出すという流れです。普通のごみとして捨てられるので手軽な処分方法と言えます。ただし、ごみに出す際は自治体ごとのルールに則る必要があります。例えば1度に出せる指定袋の数が決まっている場合もあります。大量の植木を処分する場合は、一気に処分するのは難しいかもしれません。また、枝や幹は定期収集に出せる太さ・長さが決まっていることも。そのサイズを超過するものは出せないので、伐採時に自分で捨てられる大きさに切るなどの対応が必要になるでしょう。自治体のルールに沿うための手間が発生することはデメリットと言えます。なお、植木に土がついている状態もよく見られますが、土は処理困難物として収集不可にしている自治体がほとんどです。土付きの植木は収集してもらえない可能性があるので注意が必要です。

処分方法2:欲しい人に譲る

欲しい人がいれば捨てずに譲るという方法もあります。植木は苗木から育てると成木になるまで年月がかかります。かと言って成木を買うとなると安いものでも価格は数万円。もらえるならもらいたいという人もいるでしょう。植木をそのまま捨てるのは惜しいと考える人には適した方法かもしれません。ただし、植木はポットで育てることはまず不可能なので、木を植えられる庭が必要です。つまり、庭付きの住まいを持っていて、かつ植木が欲しいという人を探さなければなりません。また、譲る相手が見つかったとして、植木を移設できるような状態で撤去し、譲る相手に渡すという作業が必要ですが、植木はサイズが大きいので手軽にできるような作業ではないでしょう。渡すまでの過程に大きな手間がかかると考えられます。

処分方法3:リサイクルする

植木を捨てるのではなく、リサイクルに回すという処分方法もあります。自治体によっては剪定された樹木を集め、チップや肥料など資源として再利用する事業を行っているところもあります。また、不用になった植木を受け取り、ほかの欲しい人に渡す事業を行っている業者なども。自分の家にあった植木が有効活用されるという点はメリットと言えるでしょう。ただし家庭の植木のリサイクル事業を行っている自治体や植木の仲介を行う業者は多くないので、この処分方法を採用するのは難しい方もいます。

処分方法4:フリマサイトなどで売る

さまざまな不用品を売ることができるフリマサイトの利用も処分方法の1つです。家具・家電・アパレルアイテム・雑貨・日用品などの出品がよく見られますが、苗木や樹木なども売られています。フリマサイトのメリットは全国のユーザーの中から欲しい人が見つかるかもしれないことです。自分の周辺には欲しい人がいなくても、フリマサイトを使えば購入者が現れる可能性はあります。不用な植木をお金に変えられるという点もポイントです。ただし、フリマサイトに出品したからと言って必ず誰かに購入されるわけではありません。購入者がなかなか見つからなければ、その分処分のタイミングは後ろにずれこみます。また、フリマサイトで売れたものは主に郵送・宅配便で購入者に発送しますが、植木はサイズが大きく、また状態が変わりやすいため発送の際も配慮が必要で手間がかかるでしょう。

植木を処分する際の注意点

植木は自然界に存在する天然の素材なので、不用になり伐採したものをそのまま庭に置いておけば良いのではと考える方もいるかもしれません。しかし、植木を放置しておくと白アリの巣になるなどの恐れもあります。白アリは家屋の天敵。発生してしまうと駆除に多大なコストがかかるので、シロアリを寄せ付けないよう住処になる可能性のある植木はすぐに処分しましょう。

なお、植木は人工物ではないことから、そのまま山林などに捨てても土に還るのではと考える可能性もありますがそれは危険です。その土地の所有者の許可なく、勝手に物を捨てるのは不法投棄です。捨てる物が人工物でも自然界の物でもそれは変わりません。不法投棄は違法行為であり、懲役刑や罰金などの罰則が設けられています。軽い気持ちで行ったことが罪に問われる結果にならないよう、しっかり処分を行いましょう。

植木を粗大ごみで処分する方法、料金

それでは次に、植木を粗大ごみとして処分する方法を紹介します。

処分方法+料金1:自治体に戸別収集を依頼する

自治体の定期収集に出せないような量・サイズの植木は、粗大ごみとして戸別収集を依頼する方法があります。自治体の設置している粗大ごみの受付窓口に連絡して申込を行い、収集日に自宅の前や最寄りの収集場所に出して回収してもらうという流れが一般的です。収集手数料は事前納付と収集日に直接納付する方法があり、自治体によって異なります。手数料額も自治体によりけりですが、400~600円ほどが相場です。なお、1度に収集可能な粗大ごみの数量が決まっている場合があるので、大量の植木を処分しなくてはならない場合は処分完了まで少し時間がかかる可能性があります。また、戸別収集が混雑していると、収集日が少し後ろにずれこむことも。

処分方法+料金2:自治体の指定場所に直接搬入する

自治体の指定する処分場に粗大ごみを直接搬入するという方法も考えられます。自分で希望する日に搬入が可能なので、戸別収集よりも早く処分を進めたい方に適しているでしょう。搬入に際し、申込が必要か不要かは自治体によって対応が異なります。手数料は戸別収集と同じか少し安い料金、あるいは無料という自治体もあります。なお、戸別収集と同じく1度に持込める粗大ごみの数量が決められている場合もあります。
また、指定場所が自宅からかなり近距離にない限り、植木の持込みのためには車などの移動手段が必要になるでしょう。荷物の運搬の手間がかかることがデメリットです。

処分方法+料金3:造園業者に処分を依頼する

植木の処理と言えば造園業者を思い浮かべる方も少なくないでしょう。もし造園業者に庭木の剪定などをお願いした際に処分が必要な枝木が発生したなら、造園業者にそのまま引き取ってもらうのも1つです。庭をきれいに整えた後、切り落とした枝木がすぐにきれいに片付けられる点がポイントです。ただし、剪定料金の相場は1~8万円程度と決して安くはありません。剪定は自分で行い、植木の処分だけをお願いしたいなど、できる限りリーズナブルに処分したい人にとっては少しハードルの高い方法かもしれません。造園業者を選ぶ手間も発生します。

処分方法+料金4:解体業者に処分を依頼する

現在住んでいる家を処分する関係で、庭の植木を捨てたいというケースもあるかもしれません。このようなタイミングの処分なら、家を解体する業者に植木の処分も依頼するという方法もあります。家の解体時、家の中に残った不用品の処分まで請け負ってくれる解体業者は少なくありません。植木も不用品の一部として対応してくれる可能性は高いでしょう。解体工事の一環として植木を回収する場合、料金は解体費と合算になります。解体費は1坪あたり3~8万円ほど。ただし、この処分方法は家を解体するタイミングでしか活用できないことに注意してください。

処分方法+料金5:不用品回収業者に処分を依頼する

手軽に植木を処分したいという場合は、不用品回収業者に回収依頼を行う方法をおすすめします。弊社を例に挙げると、家具・家電・生活用品など幅広い品目を回収対象にしており、植物も回収が可能です。なお、先に述べた通り、土は処理困難物にあたるため土が付いた状態の植木は自治体などで回収不可能です。しかし、弊社は処理困難物の回収も行っているため、植木の状態に関わらず対応できます。

また、すぐに処分できるところも不用品回収業者の強みです。弊社は関東エリアに複数の支店を構えており、そのネットワークを駆使してご依頼いただいたお客様のもとへ迅速に伺います。作業スケジュールなどにもよりますが、ご連絡いただいた当日の作業も可能です。お急ぎで回収が必要な場合でもしっかり対応させていただきます。そのほか、電話・メールなどで簡単にご依頼でき、回収完了までお客様の手間が少ないこともポイントです。植木の回収料金は数千円ほどが相場。なお、ほかの不用品も合わせて依頼するとさらにお得に利用できるプランなども用意しています。

植木の処分を業者に依頼する方法

植木の処分を業者に依頼する方法を、弊社の利用の流れを踏まえながら説明します。まず始めに弊社に植木回収のご相談をいただきます。植木のサイズや数量、回収日程の希望などを伺い、作業料金の見積もりをお伝えします。見積もりは作業後にお客様との認識違いが生じないようにするため非常に重要です。見積もりの提示を拒否したり、ごまかしたりする悪質な業者には気を付けてください。弊社は作業前に必ず見積もりをお知らせします。見積もり内容を確認いただき、ご納得いただけたら正式に依頼済みとして作業の手続きを進めます。

回収当日までお客様に特別していただくことはありません。回収日に弊社の作業スタッフがご自宅に伺いますので、当日は作業の立ち会いをしていただきます。作業が全て終わったら、作業漏れなどがないか状態を確認いただき、問題がなければお支払いをお願いします。お支払いの方法は現金・クレジットカードなど複数用意しているので、希望のお支払方法があればお知らせください。お支払いが済んだらご依頼は全て完了です。

まとめ

植木の処分方法はさまざまですが、「スピーディーに処分したい」「大量の植木を一気に処分したい」「処分に手間をかけたくない」という場合は不用品回収業者への依頼がおすすめです。弊社は不用品回収の豊富なノウハウを駆使しながら、迅速かつ丁寧な作業を心がけております。植木の処分でお悩みの方は、ぜひ私たちゴミ回収バスターズにご相談ください。

関連記事

お電話の方はこちらから
電話:0120935930

受付時間 / 9:00〜21:00(年中無休)

フォームからのお問い合わせはこちら
無料相談・お見積もり

 不用品ゴミ回収料金プラン

単品アイテムのみならず、大量の不用品回収もご対応できます!!
様々なご要望に応える豊富なプランをご用意しております!!

  • 10月~11月限定!

    軽トラ積み放題
    Sパック
    こちらのサービスはお客様ご自身で運んでいただくプランです!
    費用を安く抑えたいお客様のためのプランとなっております!
    トラック近く3メートルまで。
    11月30日まで!! ¥10,000(税別)
    ※リサイクル家電4品目・PC関連除く
    9,000円(税別)

    東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県

  • 軽トラ積み放題
    Sパックプラス
    こちらのサービスは不用品の運び出しからトラックへの積み込みまで全て当店スタッフが行います!
    お客様は見ているだけのらくらくパックになっております!
    14,800円(税別)
  • 軽トラ積み放題
    Lパック
    こちらのサービスはお客様ご自身で運んでいただくプランです!
    費用を安く抑えたいお客様や、体力に自信がある方へのプランとなります!大きな家具や結構量がある方へおススメ!トラック近く3メートルまで
    24,800円(税別)
  • 当店一番人気!

    軽トラ積み放題
    Lパックプラス
    こちらサービスは不用品の運び出しからトラックへの積み込みまで全て当店スタッフが行います!
    お客様は見ているだけのらくらくパックとなっております!大きな家具や結構量がある方へおススメ!
    29,800円(税別)
  • 2トン積み放題
    Sパックプラス
    かなり量がある方、ご自身で運び出し困難な回収物がある方へのおすすめのプランです!
    39,800円(税別)
  • 2トン積み放題
    Lパック
    一軒家まるまる大量な回収物がある方へのプランです!当店スタッフが運び出しすることをオススメします!
    54,800円(税別)
  • 2トン積み放題
    Lパックプラス
    一軒家まるまる大量な回収物がある方へのプランです!
    3人がけソファや大型家具、家電など一人で運び出し困難な回収物や梱包作業など全て当店スタッフが行います!
    59,800円(税別)
  • ゴミ屋敷
    かたづけパック
    どんな大規模なゴミ屋敷でもスピード解決いたします。作業時間が長くなってしまうと、お客様にも負担をかけてしまうため、できるだけ早く作業を終えられるよう努めています。
    お見積完全無料・経験豊富なスタッフがお客様にとって最適なご提案をさせて頂きます。
    50,000円(税別)~
  • 遺品整理パック
    経験豊富なスタッフが極め細やかな仕分け作業を迅速に行ないます。仕分け中に出てきた貴金属や家電など、買取可能なリサイクルやリユース品はできるだけ買取させていただき、不用品処分の軽減に努めております。お見積完全無料・経験豊富なスタッフがお客様にとって最適なご提案をさせて頂きます。
    30,000円(税別)~
【注意事項】
  • ・単品回収については作業スタッフが一名でお伺いすることがございますので、運び出しを手伝っていただいたり、玄関前に運び出していただく場合がございます。
  • ・単品回収については5000円以上から回収に伺います。
  • ・高額な処理費用や工賃がかかる不用品に関しては、別途料金がかかる場合がございます。
  • ・お見積りの連絡なしのキャンセルは交通費10000円をいただく場合がございます。

不用品回収アイテム関連記事は量や作業内容によって料金が異なる場合がございます。
お気軽に電話やフォームにてお問い合わせいただけますと幸いです。

お電話の方はこちらから
電話:0120935930

受付時間 / 9:00〜21:00(年中無休)

フォームからのお問い合わせはこちら
無料相談・お見積もり