お困りの方必見!大きな本棚のオススメ処分方法を紹介します

引っ越しや大掃除などをした際には不用品が出ることがありますが、不用品の種類によってはどのように処分すれば良いのか迷うこともあるでしょう。たとえば、大きな本棚が不要になった場合に具体的な処分方法が分からないという人も多いのではないでしょうか。本棚を処分する方法は一つだけではなく、いくつかあります。この記事では、本棚を処分するおすすめの方法について紹介しているので参考にしてください。

本棚の処分方法

本棚の処分方法は主に4つあります。それぞれの処分方法について詳しく紹介するので、自分に合った手段を上手に選んで実行しましょう。

解体して捨てる

最も費用を抑えて処分できる方法が本棚を自力で解体して捨てる方法です。自治体が管理するごみの回収サービスを利用すれば、有料のごみ袋の購入が別に必要となる自治体もあるとはいえ、安い費用で本棚を処分できます。本棚が木製であれば、分解してサイズを小さくすることで燃えるごみとして捨てられることが一般的です。ただし、どれくらいまで分解しなければならないかは各自治体が定めているルールによって異なるため事前に確認しなければなりません。回収してもらえる具体的なごみのサイズは自分が住む自治体のホームページなどで紹介されているためチェックすると良いでしょう。

回収してもらえるサイズを確認できたら、そのサイズ内に収まるように解体作業を行いますが、その際にはのこぎりなどの作業用品を用意しなければなりません。また、本棚の扉にガラスが使用されているなど、燃えるごみとして回収してもらえない素材が少しでも使われている場合には、別の素材の部分は取り外して別に処分することが必須です。さらに、分解などの作業にはケガのリスクもあるため、特に普段からやり慣れていない方は解体時に注意が必要です。

粗大ごみとして捨てる

解体作業を自力ですることが難しい場合には本棚を粗大ごみとして捨てるのも方法です。自治体では燃えるごみなどの通常のごみとは別に有料で粗大ごみの回収も行っています。粗大ごみの処分規定も自治体によって変わるため、住んでいるところのルールを事前に確認してから本棚の処分を行いましょう。

粗大ごみを捨てる手順は自治体によって違う場合もあるものの、一般的には自分が住む自治体の粗大ごみを扱う問い合わせ先に連絡を入れて粗大ごみの回収依頼を行うことが最初のステップです。その際には本棚を捨てたい旨を伝え、回収日と回収場所を決めます。その後、回収日当日までに「粗大ごみ処理手数料券」を購入し、回収日当日になったら本棚に手数料券を貼り付けて、朝までに指定の回収場所へ出しておくというのが大まかな流れです。「粗大ごみ処理手数料券」はごみの種類によって各自治体で料金が決まっていて、通常はコンビニやスーパー、郵便局などで購入できます。

ちなみに、粗大ごみは自治体によるサービスのため回収場所までの運搬は自力で行わなければなりません。マンションなどに住んでいる場合には回収場所がマンションの入り口付近となるケースも多く、回収してもらう前に粗大ごみを自分の部屋から運ぶのに苦労する場合もあります。大きな本棚の場合、通常だと一人での運搬は難しいため運ぶのを手伝ってくれる人を手配しておくなど何かしらの運搬方法を事前に考えておくことが必要です。

リサイクルショップに持ち込む

不用品を処分できるうえ、お金が入る可能性もあるのがリサイクルショップに持ち込む方法です。リサイクルショップは不要になったものの買取をしてくれる店のため、査定の結果によっては本棚の買取額を受け取れる場合もあります。ただし、リサイクルショップの買取は約束されたものではなく、断られる可能性があることも知っておかなければなりません。買取を断られるケースとは、たとえば、製造から10年近く経過しているような古い本棚、汚れや匂い、傷などが目立ったものなどです。また、買取をしてもらえた場合でも、新品のように状態の良いものや人気のあるブランド品などでもない限り高値が付かないことが通常です。

加えて、リサイクルショップを利用する際には店までの運搬方法について事前に考えておくことも必要です。店によっては自宅まで出張して買取をしてくれるところもありますが、なかには粗大ごみと同様に自力で運搬しなければならないところもあります。サイズの大きな本棚だと通常の車に載せられないこともあり、状況に応じて軽トラックなどを用意しなければならないケースもあるため気を付けましょう。

不用品回収業者に回収してもらう

リサイクルショップで買取を断られてしまった場合でも利用できるのが、不用品回収業者に回収してもらう方法です。不用品回収業者ならブランド価値のないものや使用年数が経ったものでも引き取ってもらえます。不用品回収業者が回収しているものはさまざまであるため、本棚以外に不用品が出ている場合には一緒に回収してもらうことも可能です。

また、回収してもらうのにかかる費用は一般的に5000円ほどとなっていますが、これはあくまでも目安であり、依頼する業者や本棚のサイズなどによって金額は異なります。回収費用について業界で統一的に定めた明確な金額規定があるわけではないため、自分のケースだと実際にいくらかかるかについては、事前に見積もりを取って確認しましょう。さらに、回収業者のなかには悪徳業者もいるため、信頼できる不用品回収業者であるかを十分リサーチしておくことも必須です。見積もりを前もって取っていても、作業後に何かしらの理由をつけて金額を変え法外な請求をされるケースや回収してもらった不用品を不法投棄されるケースもあるため要注意です。

不用品回収業者がおすすめ!

不用品回収業者の利用には、解体の手間が不要だったり、査定などなく回収してもらえたりすること以外にもメリットがあります。ここでは、不用品回収業者の利用における、さらなる3つのメリットを紹介します。

即日で処分できる!

急ぎの片付けや引っ越しまでの期間が短い場合などには、早急に本棚を処分したいこともあるでしょう。不用品回収業者を利用すれば最短だと即日で、また、即日が難しい場合でも自分の都合が良い回収日を相談でき迅速に処分してもらえます。たとえば、自治体などのごみの回収を利用した場合、燃えるごみを出せる日まで待たなければなりません。また、粗大ごみの回収サービスは回収日が月1回であったり、特定の曜日や日にちが指定されていたりして、その日まで処分できないことが通常です。自分の事情に合わせたスケジュールで本棚を処分したい場合には不便となります。一方、不用品回収業者なら処分する日を自分の予定に合わせられるうえ、家具や家電製品などにも不要なものがあれば同時に回収してもらえるため便利です。処分しなければならない日までに手放せず困ることもありません。

手間がかからない!

引っ越しの際には不用品の処分以外にやらなければならないことがたくさんあるものです。また、仕事などで忙しいときの合間に処分する場合にも、できるだけ手間をかけない方法が理想でしょう。自治体が管理するごみ回収を利用し燃えるごみとして本棚を捨てる場合には、事前に解体作業を行う必要があるため面倒です。さらに、燃える素材以外のものが使用されていないかをチェックしたうえで必要に応じて分別も行わなければならず手間がかかります。

同じく自治体の粗大ごみとして出すときにも、事前に手数料券を購入し回収日に指定された回収場所まで自分で運ばなければなりません。コンパクトなサイズのものであれば運搬を負担に感じないこともありますが、大きな本棚のような大型家具は運ぶのに労力がいるうえ、部屋から出す際に分解が必要となる場合もあり、さらに大変です。そもそも運搬や解体作業は慣れていないとスムーズに作業が進まず無駄に時間がかかる可能性があります。

一方、不用品回収業者を利用すれば、依頼の電話を一本かけるだけで、自宅まで回収に来てもらえて、その後の処分をすべて任せられるため楽です。本棚などの大きなサイズの家具でも、経験豊富なプロが作業を行うため問題なくスムーズに回収してもらえます。

買取もしてくれる!

不用品回収業者の多くは回収を依頼した不用品について買取にも応じてくれます。回収品のなかにまだ使える家電や家具があった場合には再販できるからです。買取金額は回収品の状態などによって変わりますが、回収料金と相殺される場合もあります。さらに、回収料金を上回る金額で買取に応じてもらえた場合には不用品が処分できるうえお金も手に入ってお得です。手数料を払ううえに手間がかかる粗大ごみとして出す処分方法と比べると、楽に回収してもらえて本棚の状態によっては買取までしてもらえる不用品回収業者を利用したほうがメリットは大きくなります。

処分しながらお金も手に入る方法には、そのほかにもネットオークションやフリマアプリもありますが、利用に不慣れな人には面倒です。出品の手続きや配送方法、商品の写真撮影などは初心者には難しく、取引にはさまざまな手間がかかり思った以上の負担になることがあります。特に、大きな本棚の場合には慣れていないと配送の手配や準備なども大変です。

 関東の不用品回収業者

A社

東京、神奈川、埼玉、千葉の1都3県を対応エリアとしている不用品回収業者です。オンラインで依頼できる見積もりは年中無休で受け付けていて、費用は一切かかりません。さらに、不用品回収の依頼をすると多くの業者では通常出張費や車両費が別料金で請求されますが、これらの料金も定額パックプランに含まれています。そのため、後から予定外に追加料金として請求されることがなく安心です。ちなみに、定額パックプランに含まれているものは、ほかに、搬出や梱包の作業費、2階までの階段料金、スタッフの追加料金(2名まで込み)があり、希望があればエアコンの取り外しもプラン料金内として無料で行ってもらえます。

また、定額プランは4つ用意されていて、一番安いプランを選べば税抜で最低1万2000円から利用できるなどコストパフォーマンスが良い点も特徴です。最安プランは0.8立方メートルの荷台容量に収まるもので、リサイクル家電4品目とパソコン関連のものを除けば分別していないごみでも回収対象となっています。

B社

墨田区と江東区を中心に東京23区全域をカバーして対応エリアを設定している不用品回収業者です。電話だけではなくメールやLINEからも問い合わせや申込を24時間受け付けているため、いつでも気軽に利用できます。また、年中無休で営業していて年末年始や夜間なども回収の依頼ができるなど、自分のスケジュールに合わせて柔軟に対応してもらえる点も魅力です。さらに、即日対応も可能で、急ぎの処分の際にも便利に使えます。加えて、古物商許可を取得していて中古品などを転売することもできる業者であるのも特徴です。不用品の状態によっては現金支払いの出張買取にも応じてもらえます。そのほか、回収の方法によりいくつかプランが用意されているので、処分するものや予算、手間などを考慮しながら自分に合ったプランを選ぶことができます。

ゴミ回収バスターズ

「ゴミ回収バスターズ」は関東1都5県を対応エリアとし、不用品回収と粗大ごみ回収を専門に行っている業者です。不用品回収業者を選ぶ際には信頼できる業者を事前にリサーチすることが大切と先で紹介しましたが、ゴミ回収バスターズはお客様満足度98.7%を記録しているなど、利用者から高い評価を得ています。

また、電話で簡単に見積もりを依頼できるうえ、出た見積もりが他社よりも1円でも高い場合には金額を相談することも可能です。見積もりを事前に取っていても作業後に想定外の費用を追加する業者もなかにはありますが、ゴミ回収バスターズでは追加料金が一切かかりません。加えて、料金が明確に定められたパックプランも用意されていて、自分の都合や希望、予算に合わせて回収方法を選ぶこともできます。さらに、急ぎで処分したい場合にも依頼できる利便性が良い点もゴミ回収バスターズの魅力です。即日回収も可能で、現場まで最短30分で来てもらえます。回収作業は熟練したスタッフが行うため、スピーディーな対応でも安全です。

* 2021/02/28 当社調べ

ご自身のニーズに合わせて最適な手法を選びましょう!

ご自身のニーズに合わせて、行政の指定手法で対応するか、民間の業者に依頼するかなど最適な手法を選びましょう!

関連記事

お電話の方はこちらから
電話:0120-537-999

受付時間 / 9:00〜21:00(年中無休)

フォームからのお問い合わせはこちら
無料相談・お見積もり