ソファの回収ってどうやるの?ソファの処分方法や買い替え時期まで

家具を処分する際、大きなアイテムになればなるほど、効率的な方法に困ってしまうところです。たとえば、ソファは屋内から持ち出すだけでも手間がかかるでしょう。どうすれば、楽にソファを処分できるようになるのでしょうか。この記事では、ソファを回収してもらう方法や、買い替えるべきタイミングなどについて解説していきます。

ソファの買い替え時期は?

表面の汚れ、シミが目立ってきたら、ソファの買い替えを検討しましょう。あるいは、ソファの生地の傷み具合、座り心地の違和感などによっても処分を考えるべきです。ソファの種類によっては、表面の生地さえ張り替えれば使い続けられる場合もあります。しかし、内部のクッションが劣化してしまうと、座り心地は元に戻りません。ソファを買い替えなければならないタイミングだといえます。

ソファの中でも、布製の品はシミや汚れが落ちにくく、どうしても劣化が目立ってしまいます。寿命の目安は7~10年程度になるでしょう。それに対して、本革ソファは耐久力が高いことで有名です。10年以上使えるケースも珍しくありません。それでも、革の表面がひび割れたり、ボロボロに剥がれてきたりすれば、新品に替えることが必要です。少しでも本革の寿命を延ばすには、直射日光を避け、水気のない環境へと置くようにします。ちなみに、合皮ソファも本革ソファと、買い替えるときのサインは似ています。ただ、合皮は本革よりも耐久力が低く、8年ほどで買い替えのタイミングを迎えるでしょう。

ソファの処分方法とは?

実際にソファを処分するとき、どのような手順を踏むべきなのでしょうか。ソファは粗大ゴミに該当するので気軽に捨てられるわけではなく、処分にあたるには特別な段取りを踏まなくてはなりません。ここからは、ソファを処分する方法をいくつか紹介します。

自治体に粗大ごみとして処分してもらう

直接搬入と戸別回収の2種類で、自治体はソファを粗大ゴミとして処分してくれます。まず、直接搬入の場合は、指定場所までソファを自力で持ち込まなくてはなりません。労力こそかかるものの、施設の受付時間内であればいつでも持ち込める点はメリットです。次に、戸別回収では、自治体に依頼したうえでソファを回収してもらいます。持ち主が高齢者や障害者であれば、担当者が自宅まで来てくれてソファを持ち帰ってくれることもあります。なお、自治体に頼むときの手数料は高くて2000円程度です。

自治体に回収を頼むと、他の方法よりも費用を節約できます。そのかわり、戸別回収では自治体側の都合で日時が決められるので、処分までに時間がかかることもあります。また、戸別回収では有料ごみ処理券を自主的に用意し、ソファに貼っておくルールです。そのうえで、玄関先など、道路から見える位置にソファを出しておきます。なお、この位置は自治体によって取り決めが異なります。そして、予約した日になればスタッフがやって来て、ソファを回収するのがおおまかな流れです。

不用品回収業者に依頼する

ソファの処分先としては、不用品回収業者に任せるのも現実的です。不用品回収業者でソファを買取ってもらえることもあるものの、料金そのものは自治体よりもやや高くなります。そのかわり、ソファ以外の不用品を幅広く取り扱っているので、たくさんの品をまとめて回収してもらえます。そのため、不用品回収業者は引っ越しや大掃除の際、重宝されているといえるでしょう。不用品を持ち主が分別しなくても、業者に任せられるのも魅力です。

不用品回収業者は基本的に事前見積もりを行っているので、まずは料金を聞いてみるのが得策です。その際、買取ができるかどうか、できるならいくらになるのかも確認しておきましょう。そして、不用品回収業者はソファの搬出作業も請け負ってくれます。運び出しに困るほど、人手が足りていないときにぴったりの依頼先です。階段の昇り降りも基本料金に含まれている場合があり、持ち主の負担は軽減されます。

フリマアプリなどを活用する

インターネットを介して、個人売買サービスを利用するのもひとつの選択肢です。フリマアプリ、オークションサイトなどでソファを探しているユーザーもいるので、条件が合えば古いソファを売却できます。買取価格によっては、大きく儲けられることもありえます。その一方で、状態の悪いソファには買い手がつきにくいため、要注意です。

しかも、ネット上の個人売買サービスに品物を出すには、新しくユーザー登録を行わなくてはなりません。その後も、出品するソファの説明文を作成したり、画像を掲載したりするなど、作業がたくさんあります。そこまで苦労してソファを売却できたとしても、買い手からクレームが入り、個人間のトラブルに発展する恐れも出てきます。特に、ソファのコンディションや発送時期は、問題になりやすいポイントです。安全にソファを売却するには、サイトのルールを守って慎重に手順を進めることが肝心です。

買い替え時に店舗引取をしてもらう

ソファを買い替える際、新品を購入する店舗で引取サービスを実施していることもあります。このサービスを利用すれば、購入先と回収先を別々に探す必要がなくなります。1店で買い替えも処分もできて、持ち主の手間が省けるでしょう。なお、店舗によっては新しいソファを届けるときに古いソファを引取ってくれる仕組みができています。自力でソファを回収場所まで持ち運ぶ労力がなくなるので、便利なシステムだといえます。

そのかわり、店舗での引取サービスは基本的に有料です。ソファの代金とは別に、処分の手数料を支払わなければなりません。最初に料金を確認したうえで、買い替えの予算内に収まるかどうかをチェックしましょう。ただ、お金がかかるサービスだとはいえ、ソファを楽に処分できるのは大きなメリットです。

リサイクルショップでの買取処分をしてもらう

中古品の買取を実施している店舗で、ソファを回収してもらう方法です。この場合、買取料金は店舗ごとにまったく異なります。店舗の買取条件を調べておかないと、査定のために持ち込んだとしても安い額しかつかないこともありえるでしょう。ちなみに、店に持ち込むのが面倒だったり、自動車などの手段がなかったりするケースでは、出張買取サービスを探してみるのが賢明です。このサービスでは、店舗スタッフが自宅まで訪問し、ソファを査定してくれます。電話やインターネットで査定の予約をしておくと、日時も指定できます。

注意したいのは、ソファの状態を可能な限り清潔に保っておくことです。汚れや傷が目立つソファは安く査定されるだけでなく、買取を拒否されるときも少なくありません。さらに、サイズが大きくてドアを通らないなどの理由で搬出が困難なソファも、買取ってもらえない可能性が出てきます。査定をしてもらう前に、ソファを掃除したり搬出を妨げるものを取り除いたりしておきましょう。

引っ越し業者に引き取ってもらう

もしも引っ越しの際に古いソファを処分したくなったのであれば、業者に相談してみましょう。引っ越し業者の中には、不用品回収サービスを設けているところもあります。その場合、業者に依頼すればソファの回収まで一括して行ってくれます。引っ越しの作業を進めている間に、いらなくなったソファも処分できるので効率的な方法だといえるでしょう。ただし、不用品回収サービスを選ぶことで引っ越し料金に加え、追加料金も発生します。後で金額を聞いて驚かないよう、頼む前に見積もりを出してもらうことが肝心です。

寄付する

本来の状態からは劣化してしまったソファであっても、需要がまったくなくなるわけではありません。たとえば、発展途上国ではどのようなソファであれ、重宝してもらえる地域があります。大きな災害に見舞われた場所でも、ソファは貴重品のひとつです。買取が困難なソファであれば、これらの人、地域を支援する団体に寄付してみるのも検討しましょう。寄付をすれば、不用品を処分できるだけでなく、社会に貢献できるというメリットもあります。金銭を寄付することにためらう人も、使わなくなった家具であれば提供しやすいといえます。

それに、寄付には送料以外の費用がかかりません。現地にソファを送るだけで作業が済むため、すぐソファを手放したい人には適している手段です。ただ、寄付をするには梱包したり、送り先を調べたりするなどの作業を行わなければなりません。忙しい人にとっては、寄付の準備を進めるのが負担になることもありえます。

 ソファを回収してくれる不用品回収業者

A社

不用品回収はもちろん、ゴミ屋敷の清掃や遺品整理など、幅広いサービスを提供している業者です。その中でも、特に強みとしてきたのは、家具やオフィス用品の処分です。オフィスを移転したり、店舗が閉まったりするときには大量の不用品が発生します。1点からの回収や特殊な厨房機器などの処分を引き受けられるため、多くのユーザーから支持を得てきました。もちろん、ソファも取り扱い可能な家具に含まれています。

さらに、即日対応のシステムで、急ぎのケースにも駆けつけてきました。まずはメールや電話で状況をヒアリングした後、すぐに見積もりを提示できます。品目が多く、依頼人が正確な料金を知りたがっているときには、現地に訪問して見積もりを作成します。そして、不用品回収においては依頼人の手を煩わさず、スタッフだけで作業を完結させてきました。ソファをはじめとする粗大ゴミをスムーズに回収してもらえるという点で、魅力的な依頼先です。

B社

無料項目の多さで知られている不用品回収業者です。基本料金や出張費が0円であるうえ、価格交渉にも積極的な対応をしています。仮に他社の見積もりより少しでも高い項目があったとすれば、気軽に相談できる相手だといえます。これらの配慮ができるのは、企業として、親切であることと柔軟性を徹底してきたからです。さらに、定額制による格安プランを提案してくれるのも大きな魅力です。見積もり後、追加料金が請求されることはありません。車両費や2階までの階段料金も定額に含まれているので、ソファのような大きい家具を処分したいときにぴったりです。そのほか、搬出作業費やスタッフ追加料金も無料です。

ちなみに、定額プランは全部で4種類設けられています。「お任せパック」「軽トラパック」「1トントラックパック」「2トントラックパック」を、荷物量によって選べる仕組みです。あるいは、部屋の広さから逆算してもらい、得になるプランを考えてもらうのも得策でしょう。ただし、定額パックの料金が絶対というわけでもなく、状況によって微妙なカスタマイズが行われます。まずは、窓口に問い合わせて希望を伝えてみましょう。

ゴミ回収バスターズ

不用品回収から遺品整理、ハウスクリーングまで、手広く作業を請け負える業者です。電話での問い合わせには年中無休で対応しているため、まずは連絡してみるのがいいでしょう。そのまま電話口で見積もりを提示してもらうことも可能です。しかも、ゴミ回収バスターズは即日対応を心がけています。連絡してから最短30分で現場へと駆けつけてくれるので、急ぎの案件にぴったりです。そのほか、ゴミ回収バスターズでは訪問スタッフに対し、事前の服装チェックを行っています。別件の作業で汚れたまま依頼人のところに現れないよう、徹底して注意が払われています。

そのほか、料金プランの豊富さも魅力です。たとえば、不用品回収においてはトラックへの積荷量に応じてパック料金が用意されています。それぞれのパックごとに用意された車両であれば、不用品を積み放題にできます。また、依頼人自ら搬出作業を行えば、料金を安くすることも可能です。期間限定のキャンペーンが開催されている時期もあるので、問い合わせの際に詳しく料金を聞いてみましょう。希望するサービス、予算などを伝えれば、スタッフが最適のプランを提案してくれます。不用品1点から作業を頼めるので、「ソファだけ回収してほしい」というということもできます。

* 2021/02/28 当社調べ

ご自身のニーズに合わせて最適な手法を選びましょう!

ご自身のニーズに合わせて、行政の指定手法で対応するか、民間の業者に依頼するかなど最適な手法を選びましょう!

関連記事

お電話の方はこちらから
電話:0120-537-999

受付時間 / 9:00〜21:00(年中無休)

フォームからのお問い合わせはこちら
無料相談・お見積もり