知っておくべき!家具の処分方法は?おすすめの不用品回収業者まで紹介

引っ越しや家具の買い替えをしたとき、「古いものをどのように処分すべきなのかわからない」と困っている人もいるのではないでしょうか。家具を処分する方法はさまざまあるため、状況に合わせた適切な方法を選択する必要があります。そこで、この記事では「家具の処分方法」「おすすめの不用品回収業者」について紹介します。

家具の基本的な処分方法は?

家具は大きなサイズのものも多く、処分方法に困ってしまう人が少なくありません。そういう場合には、自分の状況や予算から「どのような方法を選択するのか」を決めるのも良いでしょう。こちらでは、さまざまある処分方法の中でも基本的なものについて紹介します。

粗大ごみとして処分する

一般的な家具の処分方法は、自治体に依頼して粗大ごみとして処分してもらう方法です。粗大ごみの扱いになるものは、1辺あたりの長さが30cm以上ある家具や電化製品です。粗大ごみの処分を依頼するためには、事前に「自治体の粗大ごみ回収センターに電話をかける」「HPから申し込む」のいずれかの方法で申し込むことができます。その後、粗大ごみ専用シール購入して処分したい家具に貼り、指定日に指定場所に運んでおきましょう。専用シールの購入場所は自治体によって違いますが、一般的には、コンビニやスーパー、清掃事務所で購入可能です。

注意点は、「家電リサイクル法の対象となっている電化製品はリサイクルしなければならない」と決められていることです。たとえば、エアコンやテレビ、冷蔵庫、冷凍庫、洗濯機、衣類乾燥機があります。これらの電化製品に関しては、リサイクルセンターもしくは購入店で処分をしてもらう必要があり、粗大ごみとして出すことができません。どのように処分すれば良いのかわからない場合は、電話で問い合わせるのがおすすめです。

不用品回収業者に依頼する

家具を粗大ごみとして出す以外の方法で処分する場合、不用品回収業者に依頼するのも良いでしょう。ソファや棚など大きなものから衣装ケースのような小さめのものまで、幅広い種類の家具を1度に処分をしてもらうことができます。処分の際には家具のサイズや状態によって料金が高額になるケースもあるため、あらかじめ見積もりを出してもらうほうが安心です。業者の中には違法な方法で処分を引き受けているところもあります。依頼する際は、必ず「一般廃棄物収集運搬業許可」を得ている業者を選びましょう。また、1つの業者にすぐに依頼するのではなく、複数の業者に見積もりを出してもらい、比較してから依頼することが大切です。

自治体に粗大ごみとして処分をしてもらう場合は低価格ですが、指定日に出し、指定場所まで自分で運ぶデメリットがあります。特に、早めに処分をしたい場合などは不便です。不用品回収業者であれば、早ければ当日に処分してもらうことができるので、自分の都合に合わせやすいのがメリットになります。

リサイクルショップに買取を依頼する

処分を考えている家具の状態が良ければ、リサイクルショップで買い取ってもらうこともできます。リサイクルショップで処分をすると「買取」という形になるため、収入が得られるのが良いところです。まだ使用できる家具を捨てるのはもったいないと感じる場合は、リサイクルショップであれば、その家具を必要としている人に使ってもらうことができます。ただ、家具自体を使用することができたとしても、古過ぎる家具や大きな傷がある場合は買取対象外になる場合があります。買い取ってもらうことができるかわからない場合は、あらかじめリサイクルショップに問い合わせるのがおすすめです。

査定額をなるべく高くなるように工夫をするのも良いでしょう。たとえば、汚れは専用洗剤を使用して落とし、付属品もすべて一緒に持っていくことで査定額アップにつながることがあります。自分自身でリサイクルショップまで持ち込むとスタッフの手間を省くことができるため、その分、査定額に反映されやすくなります。

ネットオークションなどに出品する

使用可能な家具については、リサイクルショップ以外にもネットオークションやフリマアプリに出品するという方法もあります。オークションは個人間の取引なので、自分の希望に近い金額で買い取ってもらうことができる点が魅力です。取引次第ではリサイクルショップなどで買い取ってもらうよりも高額になるケースもあります。ネットオークションに出品する際のポイントは「事前に同じ商品の価格相場を調査し、実際に取引された金額をチェックすること」です。

また、大型家具は配送料だけで1万円以上かかる場合もあるため、「なるべく配送料を抑える方法を考えておくこと」も重要です。大型家具は定価が安い場合、ネットオークションで購入するのではなく、新品を購入しようと考える人も少なくありません。そうなってしまうと、いつまでも売れ残って処分ができないときもあります。そういった家具は、リサイクルショップなどで買い取ってもらうことも考えましょう。

引っ越し業者へ依頼する

引っ越しをする際に処分をしたい家具がある場合は、引っ越し業者に引き取ってもらうこともできます。この場合は、引っ越す当日まで使用することができる点がメリットです。自宅にある状態のものをそのまま引き取ってもらうことができるので、粗大ごみのように自分で指定場所まで持ち運ぶ必要もありません。大きな家具は重量があるので、女性や年配者が運ぶのは一苦労です。しかし、引っ越し業者に引き取ってもらうのであれば、そういった手間を省くことができます。

ただし、不用品の処分は有料なので、あらかじめ費用を確認しておかなければなりません。引っ越し業者の中には使用可能な不用品を買い取ってくれるサービスを行っているところもあります。不要な家具の処分ができるうえ、収入が得られるので、その分、引っ越し費用にあてることも可能です。買い取ってもらいたい場合はそういったサービスがある業者を複数比較してから選びましょう。

家具処分にかかる費用

家具の処分は有料な場合が多く、あらかじめ相場を知っておくことで予算の参考にできます。一般的に利用されることが多い自治体の回収サービスは地域によって違いますが、相場としてテーブルが500~1000円、大型家具が1000~2000円です。また、処分のための専用シールが販売されている地域とされていない地域があり、後者の場合、直接施設へ持ち込んで処分をしてもらうことになります。不用品回収業者に依頼をする場合は各社で費用が違うため、複数の業者に見積もり依頼をして比較することが重要です。見積もりや出張費が無料の業者であれば、家具の処分をする際に余計な費用がかかることもありません。処分費用を抑えるためにも、対応が良い業者を見つけましょう。

 家具処分の不用品回収業者

A社

柔軟性と定額で不用品の処分ができることで好評です。東京都や神奈川県、千葉県、埼玉県を対象エリアとしています。年中無休、24時間対応、当日予約可能のほか、料金プランを自分でカスタマイズできる点が人気です。「古物商許可」「産業廃棄物収集運搬許可」どちらも取得している正規の業者であり、利用者の相談件数も23万件を超えているほど経験豊富なので、安心して依頼することができます。

不用品回収業者にはパックプランが用意されている場合も多いですが、自分に合ったプランがない場合もあります。処分する品数やサイズによって料金プランのカスタマイズができるのです。あらかじめ電話やオンラインで見積もりを出してもらうこともできるので、ほかの業者と比較しやすいメリットもあります。直接処分してほしい不用品を見てもらい、正確な見積もりを出してもらいたい場合には出張見積もりも可能です。見積もり後にそのまま回収・処分をすることもできるため、なるべく早めに処分をしたいときには出張見積もりを依頼するのも良いでしょう。

引っ越しが多い春先や年末掃除などで不用品が出やすいときなどには不用品回収の依頼が多く、当日予約ができない業者もあります。回収に使用しているトラックの台数を多めに用意しているため、即日対応ができないというケースはほとんどありません。損害保険にも加入しており、作業中に万が一、家具や室内を傷つけてしまったときにもきちんと対応をしてもらうことができます。基本的に丁寧・迅速な作業を心がけていますが、そういったことが100%ないとは言い切れません。そのため、いざというときに備えて損害保険に加入していることは依頼人にとっても安心材料の1つとなります。

B社

東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県が対象エリアです。サービス内容が幅広く、不用品や粗大ごみの回収、ごみ屋敷の清掃、遺品整理などを行っています。魅力としては、WEBサイト限定割引があげられます。WEBサイトから依頼することで、通常価格から2000円オフで利用できるようになるのです。また、2回目以降の利用者には15%オフ、リピーター割引といった割引サービスが用意されている点から費用面でもお得です。

電話見積もりにも対応しているので他社と費用面の比較をしやすく、業界最安値を目指した料金体制となっているのが特徴です。一般的に、不用品回収業者は品目別に費用が発生するプラン、不用品の個数によって費用が決まるパックプランがあります。どちらの料金体制も用意しているため、自分に合ったプランを選ぶことができるのです。

また、忙しいことから業者に回収してもらう時間をできるだけ短くしてほしいと希望する人もいるのではないでしょうか。そのようなケースでも、現場到着まで最短30分という短さなのが魅力となっています。不用品によってはどのようなものを処分しているのか、近所の人に見られたくない場合もあるのではないでしょうか。そのようなときにも、不用品を搬出する際に見えないように1つ1つ梱包作業を行ってから運び出します。梱包を希望する場合は、あらかじめ相談しておきましょう。

ゴミ回収バスターズ

「ゴミ回収バスターズ」の対象エリアは、東京、埼玉、神奈川、千葉、栃木、群馬、茨城と幅広くなっています。電話による簡単見積もりができるため、事前に必要な料金の目安がわかるのが魅力の1つです。粗大ごみ回収、ごみ屋敷の片付けや清掃など、依頼人の要望に合わせてさまざまなサービスを行っているほか、それぞれが格安プランになっています。「他社より1円でも高ければ相談可能」という点も好評となっている理由です。不用品の品数が多いときには少しでも費用を抑えたいものですが、他社より高いときに相談できるため、ほかの業者に依頼するより安く処分できる可能性が高いといえます。

しかも、即日対応もしており、経験豊富な熟練スタッフが迅速・安全に作業を行ってくれます。依頼人の中には、作業スタッフの外見や服装が気になる人もいます。たとえば、作業スタッフが汗だくで見た目が清潔とはいえないような状態だったり、服や手が汚れていたりするのは良い印象を与えにくいです。しかし、ゴミ回収バスターズでは、安心して利用をしてもらうために、作業スタッフは毎回清潔な服装や身なりで現場へ向かうように入念なチェックを行っています。そのため、利用者が不快な気分を感じずに作業を任せることが可能です。

プランの中には、すべて作業スタッフが不用品の運び出し、トラックへの積込も行ってくれるプランがあります。大きめの家具や複数の不用品があるときにはそういったプランを利用することができます。軽トラに積み放題なので、引っ越しなどで大量に処分したいものが出たときには特に便利でしょう。ゴミ回収バスターズでは基本料金や出張費、車両料金などが無料となっており、追加料金も発生しないので、作業しているときに処分したいものが増えた場合も安心です。

* 2021/02/28 当社調べ

ご自身のニーズに合わせて最適な手法を選びましょう!

ご自身のニーズに合わせて、行政の指定手法で対応するか、民間の業者に依頼するかなど最適な手法を選びましょう!

関連記事

お電話の方はこちらから
電話:0120-537-999

受付時間 / 9:00〜21:00(年中無休)

フォームからのお問い合わせはこちら
無料相談・お見積もり