粗大ごみ処分の費用はどれくらい?おすすめの処分方法と共に紹介!

粗大ごみがでたときにはどのように処分したら良いのかと迷ってしまう人は少なくありません。特に、処分のための費用について気になっている人は多いのではないでしょうか。粗大ごみの費用は、どのように処分をするのかによって変わります。この記事では、おすすめの粗大ごみの処分方法や、処分する際に必要な費用について紹介します。

粗大ごみの処分方法

粗大ゴミの処分は、各市区町村が提供している粗大ごみの回収サービスを利用する方法や、民間の不用品回収業者に依頼するという方法があります。たとえば、「自治体が提供しているサービスに依頼し、回収してもらう」「自分で清掃センターなどへ持ち込む」「民間業者に依頼して回収してもらう」などです。処分する際に必要な費用については各地域によって違うため、あらかじめ確認しなければなりません。民間の業者に依頼する場合も同様です。粗大ごみが出るタイミングとして、引っ越しがあります。引っ越し業者の中には粗大ごみの処分をしてくれるところもあるので、あらかじめ依頼しておくのも1つの方法です。

行政サービスのメリットデメリット

こちらでは、行政のサービスで粗大ゴミ処分をしてもらう場合のメリット・デメリットについて紹介します。行政サービスは、粗大ゴミ処分の方法の中でも比較的費用が安価である点が最大のメリットです。もちろん、市区町村によって費用は違いますが、無料で粗大ゴミの回収を行っている自治体もあります。その場合、粗大ゴミ処分専用の券を購入したり、現金の支払いをしたりする必要がないのでお得です。

一方、デメリットは、処分をしてもらえるまで時間がかかる、1日で回収できる量が決まっている、所定の回収場所まで運ぶ必要がある、などの点です。自治体に粗大ゴミ処分を依頼してから実際に回収されるまで、早くて数日、時間がかかる場合は数週間かかることもあります。引っ越しなどで早めに処分をしたい場合は、日程に余裕をもって依頼をしておかなければなりません。また、1日に回収できる量が決まっていることが多く、複数の粗大ゴミの依頼をしても1度にすべてを回収してもらえない場合もあります。

デメリットの中でも最も大きなものは、自治体が指定する場所まで自力で粗大ごみを運ばなければならないことです。粗大というくらいなので運ぶのが大変な重量やサイズのものが多いため、1人で運ぶことができないものに関しては誰かに頼んで一緒に運んでもらう必要があります。

回収してくれない物もある?

粗大ゴミ処分を行政サービスに依頼したくても、回収不可なものもあります。たとえば、「家電のエアコン・テレビ・冷蔵庫・洗濯機」はリサイクル法によって回収してもらうことができません。一般家庭・事務所などが処分する「エアコン」「テレビ(ブラウン管・液晶・プラズマ)」「冷蔵庫・冷凍庫」「洗濯機・衣類乾燥機」などは特定家庭用機器廃棄物となっており、有用な部品や材料がリサイクルされることになっています。そうすることで廃棄物を減量し、資源の有効利用が可能です。これは「家電リサイクル法」として定められているため、粗大ゴミとして回収できません。

ほかには「パソコン・液晶ディスプレイ」「爆発する可能性がある可燃物・有害物質」「原動機付きのものを含む自動二輪車」「長さ2m以上・重さ100kg以上の処理困難なもの」「木(根・幹)」「廃材」「コンクリート」「石や土」なども回収してもらえません。このような、行政サービスで回収不可能なものに関しては、別の処分方法を選択する必要があります。

粗大ごみ処分の費用はどれくらい?

行政で粗大ゴミの処分を依頼する場合、各市町村によって費用の相場に大きな違いがあります。回収するのが何かによって費用の設定がされており、品目ごとに300~3500円であるケースが多いです。自治体の中には最大の長さが30cm以上2m未満の不用品を粗大ごみ扱いとし、大きさを問わず、500円均一で回収してくれるところもあります。決められている費用の相場は、たとえば、ベッドは1000~2500円、ソファーは1000~2500円、タンスや食器棚は400~3000円、テーブルは400~1500円が相場です。前述したように、指定場所まで自力で粗大ごみを運ぶため、運送費などはかかりません。

不用品回収業者がおすすめ!

行政サービスに依頼する場合、自力で指定場所まで運んだり、回収してもらえない粗大ごみがあったりします。それが難しい場合は、不用品回収業者に依頼するのがおすすめです。不用品回収業者の中には、家の中にある粗大ごみを回収してくれるサービスを提供しているところもあります。重いもの・大きなサイズのものを自分で運ぶ必要がないため、不用品回収業者に依頼すると粗大ゴミ処分が非常に楽です。引っ越しをするときや、実家の遺品の処分をしなければならないとき、ゴミ屋敷状態になったときなど、不用品回収業者の利用はさまざまなシチュエーションで活用することができます。

また、処分してもらえるものも行政サービスより多く、家電と一緒に廃材やタイヤ、車の部品など処分しにくいものまで回収してもらえるのが便利な点です。たとえば、DIYをしたときなどは行政サービスに回収してもらえないものが出る場合もあるのではないでしょうか。そのようなときには、不用品回収業者に依頼をすることで処分できるケースも多いでしょう。

不用品回収業者に頼むメリット

こちらでは、不用品回収業者に依頼する場合のメリットについて紹介します。どのようなメリットがあるのかがわかれば、不用品が出たときに行政サービスか不用品回収業者か、どちらに依頼したほうが良いのかも判断しやすくなります。

自治体が回収できない物もOK!

不用品回収業者は、自治体サービスが回収できない家電リサイクル法対象物も回収・処分することが可能です。ちなみに、家電リサイクル法対象物は、家電量販店などが下取りを行って処分をすることも多いのですが、新しい家電を購入する必要がないときには処分に困ってしまうこともあるのではないでしょうか。そのようなときには不用品回収業者に問い合わせてみたり、依頼したりするのも良いでしょう。処分費用はかかりますが、処分することは可能です。不用品回収業者は電話1本で気軽に依頼できるので、体力的に自力で指定場所まで運ぶのが難しいなどの理由で行政サービスを利用できない人にも有効です。

即日で処分できる

行政サービスの粗大ゴミ処分はいつでも可能なわけではありません。指定された方法・指定された日に指定場所へ自分で運ばなければなりません。その点では、不用品回収業者は回収希望日に処分してもらえるように依頼できます。その日の依頼数などによっては、当日回収をしてくれることもあるので、早めに処分したい場合にも非常に便利です。たとえば、引っ越しするまで日数がないときや、仕事が忙しく、指定日にゴミがだせないときなど、事情があるケースでも希望日に依頼しやすいのが良いところだといえます。

買い取ってもらえる

不用品回収業者は不用品の中に価値あるものがあれば、買い取ってくれる場合もあります。自治体のサービスを利用して処分すると、売却可能なものがあったとしてもゴミとして処分されてしまいます。たとえ、価値があるものだったとしても、それを教えてくれるというケースは少ないのでもったいないです。不用品回収業者に依頼すれば、廃棄するのではなく、処分方法を見直すことでお金を得ることができる可能性もあります。業者の中には、期間限定で高額買取サービスを行っているところもあるため、その期間に依頼すれば通常の価格よりさらに高い金額で買い取ってもらうことも可能です。粗大ゴミの処分をする場合、ゴミではなく価値あるものとして売却できれば、その分を処分費用にあてられるのでお得です。

業者に頼む場合の費用は?

不用品回収業者に依頼する場合の費用は、主に対応する人数や車両によって料金が変わります。対応人数が多かったり、対応車両が大きかったりすれば、その分、料金が高くなるのです。家の中にある粗大ゴミ処分もしてくれるので手間はかかりませんが、基本料金や車両費・人件費などがかかるので自治体サービスより高くなってしまいます。しかし、家の中から粗大ごみを運び出してくれることや指定日・指定時間に回収に来てくれることを考えれば納得できるものではないでしょうか。

粗大ごみの処分費用は「エアコン3000~6000円」「冷蔵庫3500円~」「ベッドは3500~5500円」などが相場です。しかし、不用品回収業者によっては1台の車両ごとに料金を決める「積み放題パック」などが用意されているケースもあります。費用に関しては業者によって幅があるので、最初から1つの業者に決めるのではなく、複数の業者に見積もりを出してもらうのも費用面でお得に利用するための方法です。見積もりを出してもらったからといって、必ず処分の依頼をしなくてはならないというわけではありません。見積もりの金額に納得できなければ断ることも可能です。

 回収業者

A社

東京・神奈川エリアを対象として不用品回収をしている業者です。一般的に不用品回収業者に依頼する場合は、基本料金や車両料金、出張料金などが必要ですが、先着順でそれらが不要になるサービスも行っているのでお得に利用できます。また、一部の不用品を除き、回収したものは再利用しているため、その分、処分費用を抑えることができる仕組みになっているのも好評です。依頼があると、現場に最も近いスタッフを派遣しているため、早ければ即日対応してもらうこともできます。「回収に来てもらうためには、ある程度の量がなければいけないのでは」と不安に感じる人もいますが、単品から対応しているので安心です。

B社

東京都の不用品回収サービスの中でも実績が豊富で、「安い」「早い」「丁寧」をモットーに関東エリア全域に対応しています。お得に利用できる車両のサイズ別パックが用意されているので、大量に不用品があるときには特に便利です。車両関係や農機具類など、他社では断られる可能性があるものも回収する対象となっています。賠償責任保険にも加入しているため、万が一、現場で不用品以外の家財などを傷つけてしまったときにも最高3000万円まで補償してくれるので安心です。

C社

問い合わせをするとまず見積もり料金を提示し、その料金に納得したうえで実際の不用品回収作業開始となります。そのため、利用者とトラブルに発展しにくいです。また、家具や家電・楽器などを買取しているので、処分費用分にあてることもできるのが魅力となっています。東京・神奈川全域に対応しており、即日対応もしてもらえるので、急いでいるときには問い合わせしてみるのも良いでしょう。取り外しや解体などが必要な不用品に関しても、引き受けてもらうことができます。

ゴミ回収バスターズ

「ゴミ回収バスターズ」は不用品・粗大ゴミの回収専門業者です。そのお客様満足度は98.7%と非常に高く、安心して任せられる業者として好評となっています。特に、電話で簡単な見積もりを出してもらうことができるので安心できる点や、即日対応が可能な場合は最短30分で現場へ到着する点などを評価する利用者の声も少なくありません。多くの不用品を依頼する際に便利な軽トラックや2トントラックの積み放題パックが用意されており、基本料金・車両費・搬出作業費・梱包作業費・出張費などがすべて含まれてほか、見積りの金額が他社より高い場合には割引の相談にのってもらうこともできます。関東一帯を対応エリアにしており、基本的には24時間対応です。そのため、日中に時間がとれない人には夜遅くの回収も対応しているので利用しやすいです。

* 2021/02/28 当社調べ

ご自身のニーズに合わせて最適な手法を選びましょう!

ご自身のニーズに合わせて、行政の指定手法で対応するか、民間の業者に依頼するかなど最適な手法を選びましょう!

関連記事

お電話の方はこちらから
電話:0120-537-999

受付時間 / 9:00〜21:00(年中無休)

フォームからのお問い合わせはこちら
無料相談・お見積もり