引っ越し前はどこを掃除する?掃除をして快く新居に引っ越そう!

賃貸契約をするとき、書類によって「原状回復」が義務付けられていることもあります。つまり、契約した部屋から退出して引っ越すときは元通りの状態にしなくてはなりません。しかし、引っ越し前の掃除をどこまですればいいのか、迷う人は多いでしょう。この記事では、引っ越し前に行う掃除の場所や注意点について解説をしていきます。

引っ越し前に掃除はしないといけないの?

まず基本的に、引っ越し前の掃除は「絶対にしなくてはならない」行為ではありません。賃貸契約はあくまでも契約書の内容に左右されます。その中で明記されていない限り、掃除が義務付けられることはないのです。仮に前の借主が掃除をしないまま退去したとして、後片付けは不動産業者や大家が手配したクリーニング業者が行ってくれます。そのため、汚い状態で出ていったとしても、そのまま次の借主が引っ越してくるわけではありません。

ただし、ひとつの区切りとして、掃除を積極的に行おうとする借主はたくさんいます。彼ら、彼女らは次の借主へのマナーとして、最低限の汚れを落としてから退去しようとします。それに、契約内容によっては、掃除をすることで敷金が返却される場合もあります。そうした場合は、多少、手間に感じたとしても、引っ越し資金を少しでも楽にしようと掃除をする意味は大きいといえるでしょう。

引っ越し前の掃除はどこまでやる?

不動産取引では「原状回復」という言葉がよく使われます。これは「入居時の状態にまで物件を戻す」という意味です。そして、引っ越し前の掃除では原状回復がなされるまで行うことが基本です。掃除によって敷金が返ってくるケースでも、原状回復がなされているかどうかが基準になります。一方で、賃貸物件では時間が経てば状態が変わってしまい、元に戻せないものも出てくるでしょう。木材の変色や建材の弱体化などは、入居者の力ではどうにもできない部分です。そこで、国土交通省のガイドラインでは、経年劣化した部分については原状回復させる必要がないとしています。

中には、「敷金が返ってこなくてもいいので掃除をしたくない」という借主もいるでしょう。しかし、あまりにも汚いまま部屋を出ていこうとすると、契約内容に引っかかってしまう危険が出てきます。その場合、大家が呼んだクリーニング業者の費用を負担させられてもおかしくありません。可能な限り、引っ越し前の掃除は自分で行うのが賢明です。

掃除する場所

いざ「掃除」といっても、きれいにしなくてはならない場所はいくつもあります。また、場所によって「どこまでが原状回復なのか」という見極めも大切になってくるでしょう。以下、主なポイントを解説していきます。

原状回復の中でも、特にホコリや汚れが目立ってしまう部分です。丹念に掃除しないと印象が変わらないので、力を注ぎましょう。専用の洗剤や除菌剤を使用しながら、ホコリや汚れを磨き落としていきます。なお、喫煙者が住んでいた部屋だと、壁全体が黄色く変色していることも少なくありません。これは長年のヤニがしみこんでしまい起こる現象です。いくら拭いても色が落ちない場合が多く、その場合は壁紙そのものを交換する必要性が高まります。

何気なく行っていた行動が、原状回復の際に問題となることもあります。たとえば、壁に木ネジや釘などを抜いた穴が開いていると、目立つことがあります。これらの穴は不動産業者や大家からのクレームになりかねません。ホームセンターなどで補修剤を用意し、埋めるようにしましょう。ただし、あくまでも経年劣化による壁紙の変化、汚れは掃除する必要がありません。ヤニのように、自分が生活することで加わった汚れだけを無くせば十分だといえます。

汚れがつきやすい箇所として床も挙げられます。物をこぼしたり、カビが生えたりして、床が汚れている部屋も多いでしょう。原状回復のためには床も念入りに磨いていくことが必要です。雑巾がけ、掃除機などの基本的な掃除はもちろん、可能ならワックスがけまで行うのが得策です。床にツヤが戻ってくれば、入居時と同じくらいの美しさになることもあります。

また、壁と同じく床も傷がつきやすいのが特徴です。普通に歩いていただけでも、床の素材がへこんでしまうことは珍しくありません。そのほか、テーブルやタンスなど、重い家具を長年置いておくとどうしても素材は沈んでいきます。これらを修正するため、ホームセンターで補修材を購入してみてもいいでしょう。なお、フローリングは時間とともに色が落ちていきます。ただ、この現象は経年劣化に該当するので、原状回復の領域には含まれません。あくまでも、目立った汚れやホコリを取り除く作業に集中しましょう。

キッチン

いわゆる「水まわり」はしつこい汚れが生まれる傾向にある場所です。キッチンを掃除するときは、シンク周辺の水垢を最初にチェックしましょう。水垢は単にこすってもなかなかとれません。レモン、クエン酸、お酢を使って洗えばこすり落とせます。次に、換気扇の汚れも除去します。換気扇は油汚れが集中するので、掃除では大がかりな作業となります。フィルターを外し、油落としを実践しましょう。中性洗剤をかけて、スポンジでこすっていくのが基本です。最終的には、乾いた雑巾で汚れを完全にふき取ります。

浴室

「上から下」が浴室掃除の心がけです。最初は天井でカビを探しましょう。見つけ次第、カビ取り剤によって除去していきます。ただ、浴室は滑りやすいので、脚立などを使って掃除する場合は慎重に進めましょう。クイックルワイパーなどを使い、床に立ったまま掃除するのがおすすめです。それから壁や鏡の汚れに移り、最後に床を磨きます。

浴室の掃除が手間なのは、さまざまな成分の汚れが混在しているからです。アルカリ性の汚れであれば、クエン酸を使ってきれいにしましょう。鏡の水垢、床のカビなどにはクエン酸が有効です。一方、賛成の汚れには重曹が効きます。酸性の汚れにあてはまるのは、浴槽の垢などです。浴槽を掃除するなら、いっぱいに水を張ります。そこに重曹をワンカップ入れてしばらく放置しておくと、自然に汚れは落ちていくでしょう。

高額請求されることもある?

きちんと原状回復がなされれば、契約書に基づいて敷金が返還される確率は高いでしょう。しかし、敷金が返ってこないばかりか高額請求されてしまうこともあります。もし、借主が部屋を大きく破損させてしまい多額の修理費が発生したとすれば、その分を大家から支払うよう求められるのです。そのときは、国土交通省の「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」を確認しましょう。その中では、原状回復に関するよくある問題、対処方法が説明されています。請求された理由が分からない人も、ガイドラインを読むことで状況を把握できます。

そのうえで、大家、管理会社と話し合うようにします。原則的には、請求された額はしっかり支払わなければなりません。ただ、分割にしてもらったり、減額してもらったりすることは交渉次第で可能です。あるいは、国民生活センターに連絡して相談してみましょう。センターでは生活に関する悩み全般を受け入れてくれます。相談料は無料であり、不動産のトラブルにもアドバイスをもらえます。ただ、請求そのものに納得できないのであれば、民事調停に申し込むのもひとつの方法です。請求が不当であることを証明できたなら、支払いの義務がなくなります。

どのくらい前から掃除を始める?

余裕がない中で掃除をしても、思うようにはかどりません。それどころか、時間切れでやり残してしまうと大家に認めてもらえません。敷金が返還されなくなる恐れも出てきます。そこで、掃除をするなら計画的にスケジュールを組んでいきましょう。引っ越しの2週間ほど前から、掃除を少しずつ進めるのが得策です。ただし、きれいに部屋を使っていて汚れがそれほど目立たないのであれば、1週間前からでもかまいません。

なお、気をつけたいのはキッチンやトイレ、浴室などの掃除です。これら、使用頻度が高い場所は一度掃除をしても再び汚れてしまうことがあります。せっかく掃除をしたにもかかわらず、大家から「何もやっていない」とみなされてしまえば、トラブルにつながりかねません。これらの場所はまず、念入りに掃除した後で引っ越し直前にもう一度確認しましょう。そのうえで、汚れが新しくできているようなら、掃除をやり直します。こうして、部屋を出る時にもっとも美しくなるよう努めましょう。

 業者にも依頼することが出来る

A社

無料で見積り対応してくれる専門業者です。金額を聞くだけなら料金は発生しません。しかも、即日で訪問することもできるので、スケジュールを合わせやすいのがメリットです。売りは「処理できるゴミの種類の豊富さ」でしょう。掃除の業者はゴミを自分たちが回収することになるので、処理ルートが確立されているものしか持ち帰れません。中には、限られたゴミしか取り扱えない業者もあります。家具や家電のほか、粗大ゴミも請け負ってくれます。スマホやパソコン、貴金属も回収してくれるため、大がかりな引っ越しに利用したいところです。

さらに、格安のプランが設けられているのもうれしいポイントです。ゴミの量によってパック料金を変えています。その中でも、「軽トラパック」は最安値がついており、荷物の少ない引っ越しでは便利でしょう。また、買取品があった場合は料金を割引いてくれるなどのサービスも人気です。時期によってさまざまな特典、キャンペーンを実施しているので、まずは相談してみましょう。

B社

活動エリアは関東県内に限られるものの、即日対応ができる業者として支持を集めてきました。その仕組みは、全トラックに搭載されたGPS機能です。本部では常にトラックの位置を把握しています。依頼が来た時点で近くのトラックを探し、即座に駆け付けるよう指令が下される流れです。しかも台数が多いので、大量のゴミであっても複数に分けて回収できます。

料金プランの安さもアドバンテージとなっています。海外やオークションサイトに対し、独自のルートを確立させています。回収したゴミを利益に変える方法を知っているので、依頼者から高額料金を受け取ることをはしていません。あくまでも手ごろな価格で回収するよう心がけています。しかも、家電や家具に加えて、一部の産業廃棄物を取り扱う資格も有しています。ゴミ回収の際には、スタッフが自宅を訪問し、細かいヒアリングをしてからプランを提案してくれます。「電話だけで相談するのは不安だ」「直接プロの話を聞きたい」という、依頼者の心に寄り添っています。

ゴミ回収バスターズ

最初に電話で見積りをしてもらえる業者です。依頼内容を伝えると、その場で料金を算出してくれます。そのため、まずは他社との料金を比較する程度の軽い気持ちで連絡してみましょう。値段交渉も柔軟に対応しており、他社より1円でも高い場合は再度、料金を考え直してくれます。肝心の掃除スキルにも定評があり、経験豊富なスタッフが丁寧に作業をほどこします。しかも、ゴミ回収バスターズは即日対応も可能で、最短30分で現場へ駆けつけてくることも珍しくありません。急な依頼もスピーディーに引き受けてくれるため、支持を伸ばしてきました。

料金プランのバリエーションも魅力です。粗大ゴミ回収、ゴミ屋敷の掃除、ハウスクリーニングなどが明確に体系化されており、予算を確保しやすくなっています。電話口で、目的に合ったプランを聞けば格安で掃除を依頼できるでしょう。壁紙張り替え、生前整理といった専門的な作業も経験豊富です。いずれもプロが丁寧に作業を進めていくので、知識のない依頼者でも安心して相談できます。掃除に関する資格保有者が多数在籍している業者だけに、安全性とスピードの両方を求めたい人にはピッタリです。

* 2021/02/28 当社調べ

ご自身のニーズに合わせて最適な手法を選びましょう!

ご自身のニーズに合わせて、行政の指定手法で対応するか、民間の業者に依頼するかなど最適な手法を選びましょう!

関連記事

お電話の方はこちらから
電話:0120-537-999

受付時間 / 9:00〜21:00(年中無休)

フォームからのお問い合わせはこちら
無料相談・お見積もり